ニュース
» 2017年11月13日 14時26分 公開

リコージャパンと日本マイクロソフト、中堅中小企業の働き方改革を支援

リコージャパンと日本マイクロソフトは、中堅中小企業の働き方改革を支援する取り組みを発表。Microsoft 365のサポートを遠隔で行う「リコー Microsoft 365 支援センター」を設立する。

[ITmedia]

 リコージャパンと日本マイクロソフトは11月13日、中堅中小企業の働き方改革を支援する取り組みを共同で発表した。

 リコージャパンは日本マイクロソフトの技術支援を受け、Microsoft 365のサポートを遠隔で行う「リコー Microsoft 365 支援センター」を2017年12月1日に設立。センター側からの遠隔操作でさまざまな設定や機能追加などの顧客支援を行っていく。さらに、中堅中小企業向けに「Microsoft 365 Business」を中核にしたクラウドサービス基盤の導入から運用支援までをワンストップで提供していく。

 また中堅中小企業向けの働き方改革セミナーの開催も予定。2018年6月までに全国で250回、5000社を対象に開催するとしている。

関連キーワード

Microsoft | 支援 | リコー | 企業 | 働き方改革


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう