ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「働き方改革」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「働き方改革」に関する情報が集まったページです。

「ベンダー丸投げ」「多重下請け」にも厳しい指摘:
DXレポート2“中の人”が語る現状と未来 日本の経営陣やベンダーの課題はどこにあるのか
2020年末に経済産業省が発表した「DXレポート2(中間とりまとめ)」は、コロナ禍も反映した形で日本企業が採るべき具体的なDX戦略に踏み込んだ。しかし、95%が「DXに十分取り組めていない」と回答する現状の中で、企業はDXレポート2をどう生かせばいいのか。同レポートのとりまとめを担当した南山大学の青山教授に話を聞いた。(2021/4/15)

NJSの事例:
70歳定年を導入「ベテランのやる気を高める」企業 等級・報酬をどのように設定したのか
NJSは2019年4月から「70歳定年制」を導入している。その背景や導入経緯、実際の制度をうかがいながら、シニア社員を活用する際に人事担当者が心得ておくべき点やスムーズな導入につながるコツを探っていこう。(2021/4/15)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(76):
格差が広がるテレワーク。「働き方の変化に対応できない」と焦っているあなたへ
新型コロナウイルス感染症の感染拡大で、働き方が大きく変わり始めています。しかし、「うちの会社、テレワークNGなんだ」と実践できなくて焦っている人、いませんか?(2021/4/14)

スーパーシティは立ち上がるか:
会津若松市がアクセンチュアと取り組む産業DX「CMEs」とは
 中小企業の「非競争領域」の効率化を支援する仕組みとして機能するプラットフォームが稼働した。全国中小製造企業の生産性向上に貢献するとしている。(2021/4/12)

コロナ禍で出社率50%以下に:
固定席を廃止、役員もフリーアドレス化 ブラザー販売の「回遊型オフィス」
ブラザー販売が、名古屋本社オフィスをリニューアル。アフターコロナを意識した新オフィスは固定席を廃止し、役員も含めてフリーアドレス化。コミュニケーションが生まれやすくした「回遊型オフィス」だ。(2021/4/13)

緊急事態宣言1年 テレワークなど企業の働き方も変化
2020年4月の緊急事態宣言後、企業では新しい働き方が定着した。大企業がテレワークを導入、中小企業でもIT化が進む。オフィス面積を縮小する動きも出ている。一方、コミュニケーション不足による孤独感や連帯感の希薄化など、課題も残る。(2021/4/12)

デジファブ技術を設計業務でどう生かす?(11):
3Dスキャナーと3D設計による効果的な検査アプローチ、そして製造業DXの実現へ
3Dプリンタや3Dスキャナー、3D CADやCGツールなど、より手軽に安価に利用できるようになってきたデジタルファブリケーション技術に着目し、本格的な設計業務の中で、これらをどのように活用すべきかを提示する連載。第11回は、3D CADで設計した3Dデータと現物の3Dスキャンデータを基に“形状比較”を行う「検査」について取り上げ、その重要性とアプローチ、検査ソフトウェアの選定基準などを解説する。(2021/4/12)

維持検査・点検:
JR東日本、新幹線構造物の大規模改修に向け実物大の模擬設備を構築
JR東日本は、橋りょうやトンネルなどの新幹線構造物の大規模改修に向け、JR東日本総合研修センターの敷地内に、コンクリート橋、トンネル・土工設備、線路などの実物大の模擬設備を構築したことを発表した。(2021/4/9)

富士通とパロアルトネットワークス、ゼロトラストネットワークで協業 SASE活用の安全なテレワーク環境を提供
ゼロトラストネットワーク事業で協業した富士通とパロアルトネットワークスは、SASEを活用したセキュアなネットワークサービス「Zero Trust Network powered by Prisma Access from Palo Alto Networks」を提供する。国内外の拠点やモバイルユーザーなどをシームレスに接続し、安全なテレワーク環境の整備を支援する。(2021/4/9)

ガートナー、2021年以降のテレワーク戦略を提言 リモートファーストの実現に向け
ガートナーによると、日本企業の30%が2025年までにテレワークを当たり前とする「リモートファースト」に移行するものの、推進企業の65%は2024年まではツールの導入やインフラ整備にとどまり、従業員エンゲージメントを強化できないという。日本企業は、テレワークを戦略的に見直すべき局面に来ているという。(2021/4/7)

RPAベンダー各社が公共機関向け体制を強化 デジタル・ガバメント実行計画を受け
政府によるデジタル・ガバメント実行計画やRPA導入実践ガイドブックの発表を受けて、RPAベンダーに公共機関を対象とした体制強化の動きが出ている。RPAベンダーのBlue PrismとUiPathが発表した施策の詳細とは。(2021/4/7)

「リモートファースト」の企業への転換:
ツールの導入やインフラ整備だけにとどまらない変革が必要 ガートナーが「日本のテレワークに関する展望」を発表
ガートナー ジャパンは、「日本のテレワークに関する2021年の展望」を発表した。2025年までに企業の30%がテレワークを当たり前のものにすると予測している。(2021/4/7)

働き方の「今」を知る:
育休判明でローン融資拒否! 高飛車な銀行は、これから滅ぶと思えるワケ
男性が育休であることが判明し、ローンを断られた事例が話題に。いまだに金融機関の審査では、硬直的な審査が続いている。しかし、今後はこうした高飛車な銀行は、滅んでいくのではないだろうか。(2021/4/7)

3D計測・AIレコメンド・アバター接客:
5秒で身体をスキャン、ぴったり下着提案 ワコールがすごすぎるデジタル店舗を作る理由
“下着選び”に、デジタルトランスフォーメーションが起きている。インナーウェア大手のワコールが、3D計測・AIレコメンド・アバター接客と最新技術を盛り込み、デジタル化した店舗を作っている理由とは?(2021/4/8)

スマートファクトリー:
ローカル5Gでロボットを遠隔操作、人の遠隔作業支援も実現――NEC甲府工場
NECとNECプラットフォームズは、NECプラットフォームズ甲府事業所において、ローカル5Gを活用したピッキングロボットの遠隔操作と遠隔作業支援の有効性が確認できたと発表した。今後、実用化に向け2021年度は価値検証を進め、2022年度中に本格導入を目指す。(2021/4/6)

働き方改革時代の「ゼロトラスト」セキュリティ(11):
どこから始める? ゼロトラストの第一歩、全体像を考えるヒント
デジタルトラストを実現するための新たな情報セキュリティの在り方についてお届けする連載。今回は、企業や組織がどこからゼロトラストに取り組んでいけばよいのかを考えます。(2021/4/6)

副業のほうが本業より収入が多い 5人に1人
エイチームフィナジー(大阪市)は副業経験者男女330人に、「副業に関する実態調査」を実施した。それによると、「副業のほうが収入が多い」という人が21.8%にのぼり、副業の普及と効果が見えてきた。(2021/4/5)

モノづくり革新のためのPLMと原価企画(1):
「効率化」に明るい未来はない、DX時代に目指すべきシステムコンセプト
本連載では“品質”と“コスト”を両立したモノづくりを実現するためのDX戦略などを解説する。第1回目の今回は、DXを通じて実現すべきシステムコンセプトの在り方を解説する。システムは「効率化」と「高度化」のどちらを目指すべきなのか。(2021/4/6)

「12時間労働は当たり前」「残業代なし」 文科省主導のハッシュタグ「教師のバトン」に現役教師から窮状を訴える声相次ぐ 文科省の受け止めは?
プロジェクト担当者の1人に聞きました。(2021/3/31)

AI:
AIが設計者の代わりに、過去案件から設計課題の解決策を提示「AI設計部長」
大成建設は、設計技術に関する過去情報をデータベース化し、AIが解析することで、構造設計方針の提示や諸元表自動作成などで、設計業務の効率化を図 るAIを活用した設計支援システム「AI設計部長」を開発する。(2021/3/31)

単なる「見える化」では終わらせない:
PR:PoC地獄から製造業を解放するIoT本格活用に向けたトータルソリューションを提案
国内製造業のIoTへの取り組みが加速する一方で、多大な時間やコストをかけてPoCを繰り返しているにもかかわらず、いつまでたっても実用に至らず力尽きてしまう現場も少なくない。そうした現場に対して、HPCシステムズとPTCジャパンは、すぐに生産現場に導入して運用を開始でき、“見える化”の実現だけで停滞しがちなIoT活用を着実にステップアップできるトータルソリューションを提案する。(2021/3/31)

特集:Microsoft & Windows最前線2021(5):
Windows環境のセキュリティ対策はどうする、どうなる?――Microsoftクラウドセキュリティの現在と未来を追う
ニューノーマルな時代に向けたMicrosoft&Windowsテクノロジー活用の新たな道筋を探る本特集。コロナ禍で働き方が一変したといわれて久しいが、そうした時代に合わせた情報セキュリティの在り方について、具体的なMicrosoftのサービスとともに解説する。(2021/3/31)

非正規雇用をめぐる現状【前編】:
「同一労働同一賃金」は何を目指すのか? “均衡”と“均等”を理解せよ
「同一労働同一賃金」関連法を読み解くために必要なキーワード、“均衡”と“均等”とは? 労働人口の約4割を占める、非正規労働者をめぐる現状を解説する。(2021/4/1)

レッドハット伊藤氏とマイクロソフト寺田氏が語るクラウドネイティブ(2):
DXの実現を目指す企業がクラウドネイティブの取り組みを推進すべき理由
レッドハットでソリューションアーキテクトを務める伊藤智博氏とMicrosoftでクラウドアドボケイトを務める寺田佳央氏が第3回にわたってクラウドネイティブを語る本連載。第2回はクラウドネイティブに注目が集まる理由、クラウドネイティブの最終目的について。(2021/3/30)

ニューノーマル時代のセキュリティ対策を考える:
PR:導入して終わりではない――テレワークの見える化と運用を支援するマネージドセキュリティサービスとは
新型コロナウイルス感染症の拡大による影響でテレワークが広がった結果、あちこちにセキュリティ対策のほころびや漏れが生じている。だが、テレワークの重要性は高まるばかりだ。運用負荷を軽減しながらセキュリティ対策を回していくポイントとは。(2021/3/30)

トライバルメディアハウスの全株式売却も発表:
NTTデータと共に進める「攻めのDX」 石黒不二代氏が語るネットイヤーグループの成長戦略とは?
NTTデータの連結子会社になって2年の進捗と子会社トライバルメディアハウスの全株式売却、NTTデータと取り組むDX推進などについて代表の石黒不二代氏が語った。(2021/3/29)

クライアント仮想化、国内で導入率上がる その背景と懸念は――IDC
IDC Japanは、国内クライアント仮想化市場の動向に関する分析結果を発表した。2021年のクライアント仮想化導入率は、対前年比12.7ポイント増の40.4%に達し、仮想デスクトップの利用率も増加した。(2021/3/29)

競争力を高めるクラウド時代のビジネスモデル
「クラウド」「テレワーク」でのデータ保護に悩むユーザー企業 どう支援する?
クラウドサービスやテレワークの浸透によって、管理対象のデータやPCが社内外に点在する環境が生まれている。これはSIerがユーザー企業のシステムのセキュリティを確保する上で大きな課題だ。これを解消し、管理を一元化する方法とは。(2021/3/29)

スキルアップ支援、働き方改革、長く働ける環境:
PR:エンジニアのスキルアップと働きやすさを支援する「KDDIエボルバ」:働く環境編【2】
どうすれば長く健康に働き、エンジニアが成長し続けられるのか。(2021/3/31)

製造ITニュース:
5Gで2500km離れたグアム島の車両を遠隔操縦、ソニーとNTTドコモが実証で
ソニーとNTTドコモは2021年3月24日、米国領グアム島に設置したエンタテインメント車両を約2500km離れた東京から5Gを活用して遠隔操作をする実証実験に成功したと発表した。(2021/3/25)

.NET 5モダナイズ入門(4):
クラウド移行でアプリ独自のSLAとクラウドの各機能を深く理解することの重要性とは
既存の.NET Frameworkアプリの.NET 5への移行に関する考慮事項やレガシーアプリのモダナイゼーションについて解説する連載。今回は、SLAの重要性およびAzure App Serviceと組み合わせる機能における注意点を紹介します。(2021/3/25)

伊那市役所、リモートアクセス導入で職員のテレワーク環境を1カ月で構築 その方法は
長野県伊那市役所は、職員のテレワーク環境を早期構築するため、運用中の仮想デスクトップ環境にシトリックスのリモートアクセスソリューションを導入。併せて、BYODを取り入れ、長期的コストの大幅削減も実現した。(2021/3/23)

製造業の調達にデジタル革命、先駆者・ミスミに続け 最適な発注先を自動選定
モノづくりに不可欠な部品調達でデジタル革命が進行している。機械大手のミスミグループが部品調達工程を90%以上短縮するプラットフォームを立ち上げて以来、非効率な調達業務を見直す完成品メーカーが増加している。(2021/3/23)

製造マネジメントニュース:
日立のLumadaが外部のDNAを取り込み、東京駅直結のフラグシップ拠点を開設
日立製作所はデジタルソリューション「Lumada」の協創活動を推進する新たなフラグシップ拠点「Lumada Innovation Hub Tokyo」を報道陣に公開。同拠点をはじめとする「Lumada Innovation Hub」の活動を進めるために日立社外から招聘した加治慶光氏と澤円氏も紹介した。(2021/3/23)

平均給与、管理職になった年齢、残業時間ランキングを“見える化”する企業――デメリットはないのか?
自社の年齢別平均給与、管理職になった平均年齢、部署ごとの残業時間のランキングなどを見える化している企業、タカミヤに話を聞いた。社内各所に設置されたサイネージや、社員が持つPCのスクリーンセーバーでこれらの情報を共有しているという。なぜ、このような取り組みをしているのか。また、デメリットはないのか。(2021/3/31)

コニカミノルタジャパン、企業向けITソリューション「サクセスパック」提供 自社ノウハウの外販に商機
コニカミノルタジャパンは、企業の課題に応じたソリューション商品と導入・運用のノウハウを組み合わせた「サクセスパック」サービスを開始した。(2021/3/22)

BIM:
YKK APが窓のBIMパーツをホームページで公開、リアルな形状と属性の情報を搭載
これまで顧客からBIMパーツ提供の依頼が来た時に対応していたYKK APは、取引先の建設会社などがタイムリーにBIMパーツを利用できる環境の構築を目的に、ビル用の窓シリーズ「EXIMA 31」とシステムウインドウシリーズ「SYSTEMA」のBIMパーツを開発し、ホームページで公開をスタートした。今回のBIMパーツは、一般的なBIMパーツでは表現できないリアルな形状情報と属性情報を保有している。(2021/3/22)

休業中の賃金は?:
育児休業中の就労について、労務担当者が知っておきたいこと
育児・介護休業法上の育児休業制度は、休業期間中に就労することは想定されていませんが、労使の話し合いにより短期間であれば可能となり、育児休業給付金が支給されます。その概要を解説します。(2021/3/22)

本質を見極めて:
テレワークで東京を脱出、都心を離れて地方移住すべきか
ついに東京の人口が、前年を下回ったという。これはまぎれもなく新型コロナウイルス感染拡大による、テレワークや在宅勤務の推進、つまり都心のオフィスに行かなくてもよくなったことなのだろう。(2021/3/20)

出張連載:『マンガでわかる!驚くほど仕事がはかどるITツール活用術』:
なんでもチャットで送ればいいわけじゃない! ファイル共有の“あるある”失敗談、四コマ漫画で学ぶ
KADOKAWAグループの働き方改革をもとに生まれた、社内のITリテラシーを上げる四コマ漫画『マンガでわかる!驚くほど仕事がはかどるITツール活用術』がITmedia ビジネスオンラインに登場。今回は、ファイル共有の“あるある”失敗談をお届けします。(2021/3/19)

株式会社日本HP、株式会社システナ提供ホワイトペーパー:
事例に学ぶクラウド活用、働き方改革で直面する「8つの課題」を一気に解決
新型コロナウイルスの影響によるテレワークの急拡大など、企業を取り巻く環境が大きく変化する昨今。こうした中で生まれるさまざまな課題を、最適なクラウドツールの組み合わせにより解決へと導くサービスが注目されている。(2021/3/19)

CIM:
CIMモデルをMR化して施工手順を可視化、大林組が鉄道工事で有効性を確認
大林組は、DataMeshが開発した3次元モデルの施工手順をMRで投影するツール「ataMesh Director」を導入し、既に2件の鉄道工事に適用して工程管理での有効性を実証した。ataMesh Directorは、CIMモデルを専門知識が無くても手軽にMR化し、現場で作業の流れを複数人で共有することにより、施工計画の理解や手戻り削減につながり、さらに発注者への説明などにも役立つ。(2021/3/18)

出張連載:『マンガでわかる!驚くほど仕事がはかどるITツール活用術』:
チャット導入の“あるある”失敗談とは? 社内のITリテラシーを上げる四コマ漫画!
KADOKAWAグループの働き方改革をもとに生まれた、社内のITリテラシーを上げる四コマ漫画『マンガでわかる!驚くほど仕事がはかどるITツール活用術』がITmedia ビジネスオンラインに登場。今回は、チャット導入の“あるある”失敗談をお届けします。(2021/3/18)

感染リスク低減:
焼肉きんぐ、幸楽苑、ワタミに「配膳ロボット」が続々登場 変わる従業員の働き方
大手外食チェーンで配膳ロボの導入が進んでいる。人手不足解消や、感染リスクの低減が目的。働き方はどう変わるのか。(2021/3/17)

デジファブ技術を設計業務でどう生かす?(10):
そのままでは使えない!? 3Dスキャン後に必要となるデータ処理
3Dプリンタや3Dスキャナー、3D CADやCGツールなど、より手軽に安価に利用できるようになってきたデジタルファブリケーション技術に着目し、本格的な設計業務の中で、これらをどのように活用すべきかを提示する連載。第10回は、3Dスキャン後に必要となる基本的なデータ処理作業について詳しく解説する。(2021/3/16)

働き方の「今」を知る:
結局バレる! 企業のトラブル対応は「2次被害」こそが重要なワケ
後を絶たない企業の不祥事・炎上だが、対応一つで影響を大きく変えることも可能だ。具体的に、どのように対応するのがよいのか、あるいは悪いのか。過去の有名企業での事例とともに解説する。(2021/3/15)

今の業務環境、そのままで大丈夫ですか?:
PR:「突貫テレワーク環境」を無理なく今すぐ改善し、業務変革を加速する方法とは
2020年4月に発令された緊急事態宣言からはや1年。当時、急ぎテレワーク環境を導入したものの、今もコミュニケーションやセキュリティに課題や不安を抱えている企業は多い。では、安心して働ける「恒常的な業務環境」を一刻も早く、無理なく構築するにはどうすればよいのだろうか。(2021/3/15)

Microsoft Focus:
離島の患者を「ホログラム」で診察 MSと長崎県の遠隔医療システムは未来の医療をどう変える?
高齢化や医療の過疎化が進むへき地や離島に専門医療を提供する――。MicrosoftのクラウドやAI、MRの最新技術を使った遠隔医療の取り組みが、離島の多い長崎県で進んでいる。高精細な映像を使ってリウマチ患者を診断でき、医師も患者も長距離を移動せずに済む。日本マイクロソフトの幹部が「世界初では」と語る取り組みは、遠隔医療をどう変えるというのか。(2021/3/15)

働き方の「今」を知る:
不祥事・炎上はなぜ絶えない? スタートアップ企業のトラブル事案から考える、危機管理広報の在り方
企業の不祥事や炎上は、後を絶たない。最近でも、スタートアップ企業で薬機法や景表法に関するトラブルが起こった。どうすれば、こうしたトラブルをなくせるのか。今の時代に、あるべき危機管理の姿を探る。(2021/3/12)

いまさら聞けない建築関係者のためのFM入門(10)::
最新のFMに触れる、そして学ぶ方法(下)−資格試験を受ける。部会活動に参加する−
本連載は、「建築関係者のためのFM入門」と題し、日本ファシリティマネジメント協会 専務理事 成田一郎氏が、ファシリティマネジメントに関して多角的な視点から、建築関係者に向けてFMの現在地と未来について明らかにしていく。今回は、会場を用意して開催していたこれまでのファシリティマネジメントフォーラムと、今回初の試みとなったオンライン版との比較、さらに認定ファシリティマネジャー資格の有用性を解説する。(2021/3/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。