ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「働き方改革」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「働き方改革」に関する情報が集まったページです。

データ活用は「ボトムアップ」がカギ パナソニック ホームズ、社内日報をデータ化 社員教育などで成果
住宅メーカーのパナソニック ホームズでは2019年から、ビジネスチャットツール「LINE WORKS」を使ったデータ活用に取り組んでいる。社員の活動実績をデータ化し、社員教育などで成果を得ているという。旗振り役を担った担当者に導入までの経緯を聞いた。(2023/3/13)

PR:激増する経理業務の負荷を軽減するには? ウイングアーク1stが解説する請求書電子化のススメ
(2024/2/28)

働き方の「今」を知る:
60歳の消防士がバス運転手に? 「2024年問題」で存続が危ないバス業界、救いの一手はあるか
2024年4月から適用される働き方改革関連法によって生じる「2024年問題」により、物流・運送業界、建設業界、医療業界が厳しい現実に直面している。その中でも本記事ではバス事業者に焦点を当てる。23年末には年間利用者がおよそ110万人にも上るバス企業が廃業するなど、バス事業者が直面する現実は厳しい。果たして救いの一手はあるのだろうか――。(2024/2/29)

PR:「DX研修やって満足」のワナ 企業リスキリングで投資対効果の高い“学び”をどう生むか
(2024/2/28)

2024年問題:
「8割超が“担い手不足”に課題、DXで労働生産性の改善に期待」建設業の働き方で実態調査
rakumoは、建設業の働き方について実態を調査した。その結果、8割超が「担い手不足」 に課題があり、DX推進で解決を期待していることが判明した。(2024/2/26)

訪問してみた:
「スタジアム」のようなオフィス サイボウズが広島進出で得たメリットとは?
クラウドサービス「kintone」などを提供するサイボウズが23年7月に新設した広島オフィス。オフィスのコンセプトや、開設によって生まれた営業効率だけではないメリットとは。(2024/2/26)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
「トヨタグループ」連続不正への提案 なぜアンドンを引けなかったのか
2022年の日野自動車を皮切りに、4月のダイハツ工業、明くる1月の豊田自動織機と、トヨタグループ内で不祥事が続いた。立て続けに起こった不正はなぜ起こったか。そして、その原因を考えていくと、トヨタにはこの問題を解決できる素晴らしいソリューションがあるではないか。(2024/2/26)

日本の賃金は上昇傾向に 経済を「マクロで見る見方」
経済状況を「マクロで見る見方」がもっと浸透していけば、もっと強い日本経済を構築できる。経済状況をマクロで見る視点、データを見るポイントを、伝えていくき。(2024/2/22)

緊急寄稿「時間外労働の上限規制」を徹底解剖:
建設業を悩ます“2024年問題”【後編】完全適用を前に、今備えるべきこと
2024年4月1日、5年間の適用猶予期間を終え、建設業でもいよいよ罰則付きの時間外労働の上限規制が始まる。違法と認められた場合、罰則が科されるおそれがあり、悪質なケースでは厚生労働省が企業名を公表することになる。法適用まであと数カ月と迫った今、建設業が何をすべきかを考える。(2024/2/22)

キャリアニュース:
サーベイ後にアクションを起こした企業の約77%が「生産性が向上した」
中途採用サービス「ミイダス」が「エンゲージメントサーベイ」に関する比較調査の結果を発表した。サーベイ後に判明した課題に対してアクションを起こした企業の76.9%が、社員の生産性が向上したと回答した。(2024/2/20)

好感度が高い環境:
若手社員がすすめる企業トップ30は? ランキングから見えてきた、3つのポイント
20代の社員は、どのような会社で働きたいと思っているのだろうか。クチコミを分析すると「3つのポイント」が見えてきた。(2024/2/20)

建設業の働き方の課題、「長時間労働」を上回ったのは?
 rakumoが建設業の働き方に関する実態調査を実施した。「2024年問題」が迫る今、建設業界の抱える働き方の課題とは?(2024/2/20)

内田洋行と東京学芸大学が「包括的事業連携協定」を締結 「1人1台端末」の次を見据えて
小中学校に通う全ての児童/生徒に1人1台端末を──日本の教育現場は、GIGAスクール構想が掲げた1つのマイルストーンに到達した。しかし、その端末の3割は“使いこなせていない”という。その状況を打破すべく、国内で最も多くの付属学校を持つ東京学芸大学と、古くから教育現場を支援してきた内田洋行がタッグを組む。(2024/2/16)

働き方の「今」を知る:
日本経済にはびこる「下請けいじめ」 巧妙化するその実態
ある企業が、自社で販売・使用する商品や製品を発注している下請け企業に対して、不当な値切り行為や支払遅延をしたり、相手側に非がないにもかかわらず、受け取り拒否や返品などをしたりする行為を総称して「下請けいじめ」と呼ぶ。この下請けいじめが、多くのビジネス現場において深刻な問題となっている。下請けいじめに遭わないためには、どうしたらいいのか? その実態と解決策に迫る。(2024/2/16)

それ、時短ハラスメントかも……「残業するな」と指導する上司に欠けている視点
(2024/2/15)

キヤノンIT、公立小中学校向け新サービス「in Campus School IS」の提供を開始
キヤノンITソリューションズは、教育機関向けソリューション「in Campusシリーズ」の公立小中学校向け新サービス「in Campus School IS」の提供を2024年2月29日より開始する。(2024/2/9)

緊急寄稿「時間外労働の上限規制」を徹底解剖:
建設業を悩ます“2024年問題”【前編】違反者は社名公表リスクも
2024年4月1日、5年間の適用猶予期間を終え、建設業でもいよいよ罰則付きの時間外労働の上限規制が始まる。違法と認められた場合、罰則が科されるおそれがあり、悪質なケースでは厚生労働省が企業名を公表することになる。法適用まであと数カ月と迫った今、建設業が何をすべきかを考える。(2024/2/9)

1100人に調査:
「休日は対応しない」3割 つながらない権利、進展してる?
「つながらない権利」への関心が高まる中、国内でも「就業時間外は業務に対応しない」という考え方を持つ人が増えていることが、NTTデータ経営研究所の調査で分かった。(2024/2/9)

働き方の「今」を知る:
「遺憾である」「誤解を招いた」などと言わないために――企業を守る「炎上対応3ステップ」
炎上が大きく広がってから事態収拾するために要する労力、お金、時間などはあまりに膨大であり、組織の貴重なリソースを激しく無駄にしてしまう。本記事では、炎上の火種が生まれてしまった際、どのように対応するのがいいかを3つのステップに沿って解説する。(2024/2/15)

2024年問題:
建設業“2024年問題”の認知は7割も、対策の成果は2割のみ ITでペーパーレス化が急務
アンドパッドは、建設業界が直面する「2024年問題」について建設業従事者に対し、認知や対応状況を独自調査した。その結果、「時間外労働の上限規制厳格化」の認知は67.1%、残業削減の効果を実感しているのは23.4%となった。(2024/2/8)

メカ設計ニュース:
会社ではノートPC、現場ではタブレット――CAD利用者の要求に応える2in1PC
デル・テクノロジーズは、JR東日本メカトロニクスが“働き方改革”の一環として、2in1型ノートPC「Dell Latitude 7430 2-in-1」を導入したことを発表した。(2024/2/8)

働き方の「今」を知る:
【炎上対応まとめ】その時、どうしたらよかった? パワハラ、性加害、寄付金着服……企業の対応を振り返る
「炎上」を目にする機会が年々増えている。一時に大きく注目されても、時間が経つと忘れ去られてしまうものも多いが、過去の失敗を学ぶことは重要だ。毎年同じような炎上が繰り返されており「過去から学んでいればこんなことにはならなかったのに」という事案がたくさんある。本記事では2023年の主な炎上をおさらいし、「企業は炎上にどう向き合い、どのように予防していけばよいのか」について考える。(2024/2/14)

下請けの本音を代弁する「言いづら印」登場 「そんなに安く出来ません」など11種 LINEスタンプも
岡田商会は6日、下請け企業の言いづらい本音を遠回しに表現したはんこ「言いづら印」を発売した。(2024/2/6)

今日のリサーチ:
ITフリーランスエンジニアの平均月額単価ランキング
DXの進展でIT・テクノロジー領域の人材需要が拡大しているようです。(2024/2/5)

製品動向:
画像から厚さを自動算出、2024年度に建設現場へ本格導入
長谷工コーポレーションはNHK財団が保有する映像処理技術を活用した「厚さ計測システム」を開発した。施工前後に撮影した画像データを解析して厚さを自動算出する。今後、建設現場のさまざまな施工工程でシステムの検証を進め、2024年度中の本格導入を目指す。(2024/2/5)

製造マネジメントニュース:
三井化学が副業制度を正式に導入
三井化学は社員の多様な働き方促進を目的に同月から副業制度を正式導入したと発表した。(2024/2/1)

人間の技術進化を支える生成AI/LLM:
PR:ヒトの分身を生み出す“EQ”重視の「TwinLLM」とは何か――AIが人間の価値と可能性を拡げる未来
ChatGPTの登場以降、多くの企業で「生成AI」を新たなビジネスチャンスや働き方改革に活用する動きが活発化している。その中でも代表的な技術となる「LLM(大規模言語モデル)」の分野で今、注目を集めているのが2023年3月に創業したばかりの気鋭のAIスタートアップ、Spiral.AIだ。同社はなぜ誕生し、この先どこを目指しているのか。同社 代表取締役の佐々木雄一氏に伺った。(2024/1/31)

PR:効率化と生産性向上、進む長時間労働の是正でどうする? あらためて伝えたい「業務可視化」の具体的な効果
(2024/2/2)

「事業部長のおごり自販機」「ペットロボ」活用 TOPPANが“5つの仕掛け”で狙った社内改革に迫る
TOPPANが進めた社内コミュニケーション改革。「雑談倍増」を掲げて取り組んだユニークな“5つの仕掛け”を紹介する。(2024/1/30)

羽ばたけ!ネットワークエンジニア(73):
住友商事が独自のポリシーで「電話基盤をダウンサイジング」、年間コストを90%削減
住友商事はMicrosoft 365によるグローバルなコラボレーション基盤を構築するとともに、独自の設計ポリシーで電話基盤を刷新し、働き方改革に適した利用環境と大幅なコスト削減を実現した。(2024/1/29)

石野純也のMobile Eye:
三木谷氏が語る「2024年の楽天モバイル」 プラチナバンドは5月開始、家族割引の構想も
楽天グループは、1月25日に楽天市場の出店者向けイベント「楽天新春カンファレンス2024」を開催した。同イベント後には、三木谷氏が一部報道陣からのグループインタビューに答え、楽天モバイルの今後の戦略や見通しについて語った。料金プラン、衛星通信、プラチナバンドなど、その話題は多岐にわたる。(2024/1/27)

導入事例:
オリンパス、本社統合移転に伴う働き方改革をICT活用で加速 内田洋行が支援
オリンパスは本社統合移転を契機に、働き方と働く場を最適化する内田洋行のプラットフォームを採用し、さまざまな設備の利用状況を可視化できるオフィス環境を構築した。ICTインフラの導入やオフィス空間のデータ活用を通じて、オリンパスが目指す「新しい働き方」を推進する。(2024/1/25)

タニタの「働き方革命」  原動力となった3代目の多彩なキャリア
(2024/1/25)

もう令和なのに「飲み会セクハラおじさん」が減らないワケ
(2024/1/26)

副業という言い方はやめろ タニタ社長に聞く「社員の個人事業主化を始めた理由」
タニタは2017年から社員の個人事業主化に取り組んでいる。谷田千里社長に現状と課題を聞いた。(2024/1/23)

Yahoo!ショッピング、“置き配指定だけ”でPayPayポイントを付与するキャンペーン 再配達率低下で配達員の負担軽減へ
LINEヤフーが1月22日にYahoo!ショッピングで新たなキャンペーンを開始した。置き配指定だけでPayPayポイントを付与する。再配達率低下につながり、配達員の負担が軽減されるという。(2024/1/22)

新工法:
プレキャスト化で基礎梁の施工を合理化 PCa半部材を後打ちコンクリで一体に
安藤ハザマはプレキャスト(PCa)化により基礎梁の施工を合理化する「PCaパラレル基礎梁工法」を開発した。プレキャスト鉄筋コンクリート半部材(ハーフPCa部材)を使用し、施工現場で後から打ち込んだコンクリートで一体化することで、構造体/部材として機能させる。(2024/1/23)

PR:従業員にもサイフにも優しい これからのビジネスに必要なオフィス機器とは? 有識者に聞く
(2024/1/22)

「裸の王様だった」 サイバーエージェント新卒社長は挫折から何を学んだのか
新卒1年目に「社長」の役割を任せる企業がある。サイバーエージェントだ。新卒で子会社の社長となった若手は、当時を「裸の王様だった」と振り返ったが、何を学んだのか。同社の「任せる文化」に迫る。(2024/1/19)

日本にはない「混雑しないファストフード」 シンガポールで見つけた“ささやかな”リテールDX
筆者はシンガポール旅行で”ささやかな”リテールDXをいくつも体験した。一つ一つが画期的で想像もしていなかったわけではないが、日本国内では実現できていないものが多かった。シンガポールのリテールDXを踏まえて、顧客体験(CX)向上について考えてみたい。(2024/1/18)

紙を扱うエプソンが、客にあえて「ペーパーレス」を勧めるワケ 社内では反発も
DXにリモートワークと、着々と社会でペーパーレスが進む。その潮流に逆らうことなく、乗っかっているのがプリンタ大手のエプソンだ。どういう狙いがあるのか。(2024/1/18)

キャリアニュース:
リバウンド需要やDX拡大を背景に2024年上半期の転職市場は求人数が増加
転職サービス「doda」が「転職市場予測2024上半期」を発表した。2024年上半期は、求人数がコロナ禍の水準を上回る「リバウンド需要」を背景に、多くの分野で求人が増加すると見込まれる。(2024/1/18)

「幸せ」に働きたい――万人の願いをかなえるヒントとは?
(2024/1/18)

「幸せ」に働く若手社会人に共通する特徴とは?
(2024/1/19)

働き方の「今」を知る:
「初動が遅い」「企業は金を取るな」――震災対応への批判から見る、日本のGDPが上がらないワケ
元日に石川県能登地方を襲った最大震度7の大地震は、能登半島を中心に深刻な被害をもたらした。震災の対応に対し「初動が遅い、小規模だ」「企業は金を取るな」――といった意見が散見されるが、こうした「お客様マインド」ともいうべき態度がめぐりめぐって日本の生産性を下げてしまっているのではないか。どういうことかというと……。(2024/1/18)

新成人に聞いた:
Z世代が関心を持つニュース 3位「子育て支援」、2位「働き方改革」、1位は?
「Z世代」の関心ごとや価値観、各種サービスの利用状況などについて、マクロミル(東京都港区)が調査を実施した。(2024/1/16)

管理職をイヤがる女性部下 上司に必要な「5つの働きかけ」
女性は管理職になるに当たって多くの不安を抱えている。上司はどのように向き合い、働きかけるべきなのか。(2024/1/16)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
ドメスティック企業からグローバル企業へ変革する中で見出したノウハウ―― NTTデータが実践した、新たな時代のセキュリティ対策
この5〜6年でNTTデータ自身が実践してきたセキュリティ変革の歩みを紹介し、対策のヒントを示した。(2024/1/16)

「休めない日本人」がこれほどまでに多いワケ
(2024/1/15)

新春トップインタビュー 〜ゲームチェンジャーを追う〜:
組織改革したくば、まず味方を探せ タニタ3代目が明かす“幹部との全面対決”
社員の個人事業主化など、さまざまな働き方改革を進めているタニタ。創業家3代目の谷田千里氏に、社長就任後に勃発した幹部との全面対決の真相を聞いた。(2024/1/15)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。