ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「働き方改革」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「働き方改革」に関する情報が集まったページです。

RPA×OCRで平均削減率87.2% NTT東日本がさいたま市の実証実験結果を発表
NTT東日本は、RPAとOCRを活用した業務効率化の実証実験について、検証結果を発表した。人手での処理時間を全体で約73%削減できた。RPAのみの業務の削減効果は平均60%だったのに対して、OCRを併用した業務の削減率は平均87.2%だった。(2019/12/13)

プレミアムコンテンツ:
少人数空間「ハドルルーム」が“未来の会議室”になる
「ハドルルーム」と呼ばれる少人数制の会議スペースへの支持が、オフィスワーカーの間で広がりつつある。従来よりも自由度の高い会議や働き方を可能にするからだ。(2019/12/13)

合計320個の観点でチェック:
自社はどこまでDXが進んでいる? 日本CTO協会が自己診断ツール「DX Criteria」公開
日本CTO協会は、国内企業のDX推進に向けた基準「DX Criteria」第1弾を公開した。320個の観点から自社のDX進捗度を自己評価する。企業が現状を把握して、指針を立てたり、ベンチマークに設定した企業との違いを数値で把握したりできる。(2019/12/13)

RPA化のその前に、今日からはじめる業務可視化:
「けしからん!」「規則主義」「属人化」は生産性向上の敵!? 事例で分かる業務可視化の必勝法
ある大手企業は、「会議中の議事録作成はNG」という旧態依然とした文化を一新させ、ある中小企業は管理業務のほぼ全てを担う担当者の退職を乗り越えて、効率的な業務フローを実現しました。企業規模別の「効率化を阻む壁」とその乗り越え方を、事例で紹介します。(2019/12/13)

遠隔コミュニケーションのモダナイズを
快適な会議が生産性を上げる リモートコミュニケーションシステムの脱レガシー
テレビ会議システムは、離れた拠点をつなぐ手段として企業に浸透している。今後は働き方の多様化に伴い、さらに利用が活発化するだろう。しかし現状のリモート会議についてのアンケートからは、システムの使い勝手や品質への不満が見える。(2019/12/13)

PR:テレワーク実現への道のり、先駆者NECに聞く──“1枚のフィルター”がもたらす大きな価値
(2019/12/13)

沖電気、自治体職員向けテレビ電話をリリース 書類スキャナーも付属 遠隔地から住民の相談に対応
沖電気工業が、自治体職員向けの遠隔対話システム「相談上手」を発売。テレビ電話と書類スキャナーをセットにしたもの。職員は窓口以外の場所から地域住民の相談に乗ったり、提出書類を確認したりできる。(2019/12/12)

情報・通信業界「休日の満足度」ランキング 1位は夏に“週休3日制”を実施したあの企業
ランキングの2位以下は、ニフティ、NTT東日本、グーグル、NTTドコモ。(2019/12/12)

午後6時半でPC強制オフ「残業アカン」は定着するか
大阪府は働き方改革の一環で、午後6時半に業務用パソコンを強制的にシャットダウンできるシステムを来年度から導入する。吉村洋文知事は残業を減らして生活の質を高めてほしいとしているが、業務に支障が出ないか、根本的解決になっていないのではないかという声もある。(2019/12/12)

“低体温化組織”をどう変えればいいのか 業務過多とデジタル偏重コミュニケーション
仕事が忙しくて、「同僚とうまくコミュニケーションがとれない」といった人も多いのでは。思いを共有できない組織は、どのように対応すればいいのか。架空企業を事例に挙げて、考える糸口を探っていく。(2019/12/12)

EDRだけじゃない、Microsoft Defender ATP を使い倒すための近道:
PR:Microsoft Defender ATP による脆弱性管理と Microsoft 365 E5 との連携により一層広がる活用の幅をご紹介
本稿では、インシデントレスポンスに必要な機能の一つである「Endpoint Detection and Response(EDR)」の機能を統合的に管理、運用できる「Microsoft Defender Advanced Threat Protection(Microsoft Defender ATP)」による脆弱性管理と「Microsoft 365 E5」との連携による活用方法を紹介します。(2019/12/13)

ローンスター大学、Merrill、Accentureが挑む「DX」への道【後編】
アクセンチュアがAWS、Azure、GCPを全て使う理由 マルチクラウドの成果は
コンサルティング企業のAccentureは、DX実現に向けた取り組みを進めるために社内システムをクラウドに移行した。部署ごと、システムごとに分断されていた同社のIT環境は、クラウドへの移行でどう変わったのか。(2019/12/12)

午後6時半でPC強制オフ「残業アカン」は定着するか
 「24時間戦えますか」はバブル時代の遠い昔の話。令和の時代は長時間労働抑制が喫緊の課題で、それは行政マンも例外ではない。大阪府は職員の働き方改革の一環で、午後6時半に業務用パソコンを強制的にシャットダウンできるシステムを来年度から導入する。民間で同様の取り組みはあるが、都道府県では全国初とみられる。(2019/12/11)

働き方改革の実施率は75.3%、IDC Japanが働き方改革動向調査の結果を発表
IDC Japanは働き方改革動向調査の結果を発表した。働き方改革の実施率は75.3%。産業別では、製造が84.2%でトップ。企業が働き方改革を実施する目的とは。(2019/12/11)

「ユーザー企業を上流工程から支援すべき」:
サーバのビジネスモデルに変化の兆し IDCが国内IT市場の2019〜2023年の予測を発表
IDC Japanは、IT市場の2019〜2023年の予測を発表した。2021年以降は全産業分野でプラス成長と予測するが、サーバ市場はマイナス成長に転じる見込み。同社はITサプライヤーに対して、ビジネスモデルの変化に則して変革することが急務だと指摘する。(2019/12/11)

マットレスとIoT家電が連携して眠りをサポート、パナソニックとふとんの西川
寝具メーカーの西川とパナソニックがセンサー内蔵マットレスとネットワーク対応の家電が連携する「快眠環境サポートサービス」を発表した。利用料は月額990円(税込)。(2019/12/10)

国内IT市場は2019年の約18兆円規模から2023年まで年率プラス1.9%で成長 ビジネス変革の支援に新需要――IDC調べ
2019年の国内IT市場は、前年比4.0%のプラス成長で17兆9394億円規模に達する見込み。PCの更新需要や既存システムの刷新需要などが市場をけん引し、2023年まで全産業分野でプラス成長で推移する。サブスクリプション型など、新たなビジネスモデル創出の支援サービスも需要が高まる予測だ。(2019/12/10)

i-Construction:
パスコの最新ICT測量や請負契約の電子化など、生産性向上につながるセミナー
ヒューマンタッチ総研は、「建設業界のための、ICTを活用した生産性向上と働き方改革セミナー」を開催した。会場では、i-Constructionに対応するために必要な最新のICT測量技術をはじめ、realwearのスマートグラス、建設業でも広がりが期待される電子契約など、さまざまなソリューションの導入事例が紹介された。(2019/12/10)

PR:テレワークのためのノートPC選び 現場が求めるリアルな条件は?
総合人材サービス大手のパーソルグループでテレワーク導入支援の企業コンサルティングに携わる“テレワークのプロ”こと有田武人氏に、導入・運用のコツやデバイス選びのヒントを聞く。(2019/12/9)

PR:働き方を変えるPCサブスク シネックスが展開する「Device as a Subscription」の魅力とは?
(2019/12/10)

RPAも“as a Service”化:
PR:「bot開発は上級者のもの」はもう古い、誰でも簡単に開発できるRPAが目指す先とは
多くの企業で導入が進むRPA。しかし、大きな成果を挙げている企業はまだ少ない。果たしてRPAを企業に浸透させるにはどうすればいいのだろうか。(2019/12/13)

モノづくり業界転職トレンド(15):
福利厚生は「何を」チェックするべき?
転職時に福利厚生を重視するケースが増え、企業側も充実を図ろうとしている。さまざまな福利厚生があるなかで、具体的にどのようなことに着目して転職先を検討すべきか、転職コンサルタントに話を聞いた。(2019/12/9)

これが猫界の働き方改革にゃ! 「ニャーのついでにあくび」「あいさつは耳を動かすだけ」 にゃんこ課長の効率的な働きっぷり
人間界も見習いたい。(2019/12/9)

VPNだけではカバーし切れない課題を解消
「野良無線LANもOK」情シスが安心してテレワークを推奨できるPCに必要な機能は
働き方改革の推進やテレワークの普及によって、企業に求められるIT環境は高度化している。その一方で、多様な環境での業務を実現できていないままの企業も少なくない。もし、便利で安全なビジネス環境が「ノートPC1台」で構築できるとしたら?(2019/12/9)

PR:PCレンタルの新しい形――運用力で勝負するオリックス・レンテックのDaaSビジネス
PCをはじめとしたレンタル事業で43年の実績を誇るオリックス・レンテックは「DaaS」(Device as a Services)をどのように考え、取り組んでいるのか。同社ソリューション営業部の石塚氏と田中氏に伺った。(2019/12/9)

上場企業の早期・希望退職者募集が急増 18年の約3倍に
東京商工リサーチが、上場企業の早期・希望退職者の募集状況(2019年1〜11月)を発表。募集を実施した企業は36社、対象人数は1万1351人と、18年1〜12月の結果から約3倍に増えた。(2019/12/6)

大和ハウス、工事作業員を8割削減へ ロボットとAI活用で
大和ハウス工業は、住宅施工現場の作業員を8割程度削減するため、ロボットやAIを活用した実証実験を始めると明らかにした。(2019/12/6)

「働き方改革と情報共有ツール」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様にAmazonギフト券5000円分をプレゼント。(2019/12/4)

PR:モバイル・SaaS時代のセキュリティ対策は、VDIしかないのか? ソリトンの新提案
(2019/12/6)

法人向け端末をサブスクリプション化する「DaaS」、菱洋エレクトロが2020年春に提供開始
菱洋エレクトロは、企業で使う端末やソフトウェアをサブスクリプション形態で提供するDaaS(Device as a Service)を発表した。高性能プロセッサ、OS、Microsoft 365、業務支援サービスを含めてPCをカスタマイズして提供し、機器の導入から運用支援、保守までをトータルでサポートする。(2019/12/5)

建設業の働き方改革:
鴻池組が社内資料をモバイル化、会議をスマートに年200時間の工数削減
鴻池組は、モバイル向けコンテンツ管理システム「Handbook」を導入して、13種類の社内ミーティングをペーパーレス化し、約200時間の作業時間を削減させたという。(2019/12/5)

意外な結果の理由とは:
「残業が少ない職種」ランキングで「美容系」がなぜ1位? 残業時間のメカニズムに迫る
dodaが「職種別の残業時間ランキング」を発表。「残業が少ない」1位が美容関連職などちょっと意外な結果に。残業時間の奇妙なメカニズムについて専門家が解説する。(2019/12/5)

利益成長する「生産性向上」のためにやるべきこと:
働き方改革で“消えた”残業代はどこへ? 真にやるべきことは「効率化」「コスト圧縮」ではない
続々と進む「働き方改革」。2019年4月の関連法施行もあり、現場では効率化が進み残業時間も削減傾向にある。一方で、浮いた残業代はいったいどこへいっているのか。また、経営陣は人件費をどのように配分すればよいのか。企業アナリストの大関暁夫氏が解説する。(2019/12/5)

PR:Windows 10 デバイスの導入展開をクラウド経由で自動化する「ゼロタッチ」とは?
IT分野で幅広い実績を持つダイワボウ情報システムは、Windows 10 デバイス(以下、デバイス)のゼロタッチ展開サービスを提供している。ゼロタッチというのはどういうものか、そのメリットは何か、同社で販売商品の推進戦略を統括する坂下博之氏に話を伺った。(2019/12/5)

PR:テレワーク、本当に導入しないままでいいですか?
テレワーク制度を導入する際に重視すべきポイントは何か。テレワークに関するトータルソリューションを提供し、豊富な導入実績で幅広い業界から支持されている富士通マーケティングの田中氏に話を聞いた。(2019/12/5)

働き方改革受け開発:
加熱式たばこみたいな“吸うカフェイン”、発表してすぐに初期ロット完売
JTグループのBREATHERが12月3日に、カフェインなどを電子たばこのように吸うことができるデバイス「ston」を発表。同日夜に初期ロットが完売し、現在は在庫切れになっている。(2019/12/4)

PR:RPA導入に満足している企業は約半数にとどまる 本格活用に向けた切り札とは?
(2019/12/4)

「HoloLens 2」でコールセンターの働き方改革 製品を3D化、客の「使い方教えて」に自宅から対応
日本マイクロソフトなど4社が「HoloLens 2」を活用してコールセンター業務を支援する実証実験を開始。製品を3Dオブジェクト化して表示し、オペレーターが社外から内容を確認できるようにする。自宅などからの顧客対応を実現し、働き方の柔軟性を高める狙い。(2019/12/3)

PR:横河レンタ・リースが考える「真のDaaS」とは何か?
(2019/12/3)

実は共通している「漠然としたITの悩み」
関西であれこれITに悩むなら、まず専門家に相談――IT戦略立案の支援とは
IT活用や業務の効率化を進める過程で「この課題にはどう対処したらいいのか」と漠然とした悩みを抱えることは少なくないだろう。こうした企業の「お困りごと」を解決するサービスが誕生した。(2019/12/2)

「Let's note」がサブスク化 月額4030円から人気モデルが導入可能に
パナソニック システムソリューションズ ジャパンは、ノートPC「Let's note」とソフトウェアをサブスクリプションで使えるサービスパックを発表した。(2019/11/29)

「最強の組織」が陥った罠:
ワタミは本当に「ホワイト化」したのか? 「ブラック企業批判」を否定し続けてきた“黒歴史”を振り返る
創業者である渡邉美樹氏が10月1日、ワタミに復帰。復帰会見では離職率の低下など、「ホワイト企業化」が宣言された。「ブラック企業」と批判され続けてきたワタミだが、本当に環境はよくなったのか。ブラック企業アナリストの新田龍氏が2回にわたり、ワタミの過去を振り返るとともに現状を検証する。(2019/11/29)

「オフィス以外」のどこにコーヒー売り込む?:
ネスレ日本、「アンバサダーの次」のコーヒーマーケティング戦略とは 
アンバサダー活用でオフィス需要を取り込んできたネスレ日本。今回、決済機能を搭載したコーヒーマシンで新市場を狙う。ネスレアンバサダーの「次」のマーケティングとは?(2019/11/29)

カギは「コミュニケーションプラットフォーム」:
PR:デジタル時代の“7つ道具” 短期間・低コストで顧客コミュニケーション向上と業務改革を実現するTwilioのサービスとは
(2019/11/29)

SEはいまだ「長時間労働」? 人材不足は労働環境の改善やイメージアップが不可欠か
参入ハードル高めなイメージある。(2019/11/28)

パナソニック、Let's noteを定額制で提供する企業向けの働き方改革支援サービス
パナソニックは、Let's note本体と働き方改革支援ソフトを定額制で提供する「Let'snoteの働き方改革支援サービス」を提供する。(2019/11/28)

ノートPC「Let's note」が“サブスク”に 働き方改革支援パッケージ
パナソニック システムソリューションズ ジャパンは、ノートPC「Let's note」本体と管理部門向けサービスを定額制で利用できる企業向けサービスを開始する。(2019/11/28)

大阪府職員PC、午後6時半に強制オフ 働き方改革、時間外勤務を削減
 大阪府の吉村洋文知事は27日、長時間労働を抑制するため、職員の業務用パソコンを午後6時半に強制的にシャットダウンできるシステムを来年度から導入すると発表した。府によると、都道府県での導入は初めてという。(2019/11/28)

大阪府、職員のPCを午後6時半に強制シャットダウン 時間外勤務を削減
大阪府は、働き方改革の一環として、職員の業務用PCを午後6時半に強制的シャットダウンするシステムを来年度から導入すると発表した。午後6時半以降に利用するには時間外勤務の申請が必要となる。(2019/11/28)

キャリアニュース:
自動車、輸送用機器業界の給与満足度ランキング、1位はデンソー
企業口コミサイト「キャリコネ」が「自動車、輸送用機器業界の給与の満足度が高い企業ランキング」を発表した。1位は自動車部品メーカーの「デンソー」だった。(2019/11/28)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。