ニュース
» 2018年08月28日 12時40分 公開

エプソン、CAD図面や商用POP出力に向く大判インクジェットプリンタ「SureColor」3シリーズを投入

エプソンは、同社製の大判インクジェットプリンタ「SureColor」シリーズのラインアップを拡充、A1対応省スペースモデルなど3シリーズを投入する。

[ITmedia]

 エプソンは8月28日、同社製の大判インクジェットプリンタ「SureColor」シリーズのラインアップを拡充、計3シリーズの販売を9月11日から順次開始する。

photophoto
photo SC-T3150(左上)、SC-T5450(右上)、SC-T7255(下)

 いずれも耐水性に優れる全色顔料インクを採用する大判出力対応のインクジェットプリンタで、省スペースなA1出力対応モデルの“エントリーシリーズ”、CAD図面やポスターなどの高速印刷が可能な“スタンダードシリーズ”、POPやポスターなどの高品質な出力にも対応する“ハイパフォーマンスシリーズ”の3グレードをラインアップした。

 エントリーシリーズは小型軽量設計を実現しているのが特徴で、スタンド付属モデルの他に事務用デスクなどに設置して使えるスタンドなしモデルも用意。A4/A3判とロール紙の出力を切り替えなしで行えるオートシートフィーダーを搭載しており、書類印刷などにも利用できる。価格はいずれもオープンだ。

 スタンダードシリーズは、A1判CAD図面を約22秒(「SC-T5450」の場合)で出力できる高速印刷を実現。拡大コピー出力を実現できるスキャナー付属モデルも取りそろえた。価格は25万8000円〜55万8000円(税別、以下同様)。

 ハイパフォーマンスシリーズは、用途に応じ2種類のブラックインクの切り替えに対応し、さまざまな用途での高品位出力を実現。ロール紙を2本同時にセットできるダブルロールモデル、手書きCAD図面のデジタル化などに向く大判複合機モデルなど幅広いラインアップを用意している。価格は25万8000円〜99万8000円。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう