ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「デジタル化」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「デジタル化」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

PR:新システムの開発は不要 顧客とのやりとりにSMSやSNS、チャットを“シンプルに”導入できるソリューションとは
企業と消費者とのやりとりが急速にデジタル化している。スマートフォンで受け取れるSMSやチャット、SNSなど、さまざまなチャネルをうまく使い分けて消費者にアプローチするために、企業は何をすればよいのか。(2020/5/28)

IT革命2.0〜DX動向調査からのインサイトを探る:
DXが進捗している企業は2025年に向けて人材採用・定着戦略を持つ
人材難、採用難の時代に、DXを推進できる組織は何をしているだろうか。調査で浮かび上がったのはデジタル化の対極にあるアナログな取り組みだ。(2020/5/20)

BIM:
設計から維持管理まで一気通貫のBIM連携を新築ビルで実現、鹿島のデジタルツイン構想
鹿島は、建物の企画・設計から、施工、竣工後の維持管理・運営までの建物情報を全てデジタル化し、仮想空間上にリアルタイムに再現する「デジタルツイン」を大阪市中央区のオービック御堂筋ビル新築工事で実現した。(2020/5/19)

日本アイ・ビー・エム株式会社提供Webキャスト
非定型の書類までデジタル化、「RPA×コグニティブOCR」がもたらす新たな可能性
ITによる自動化が模索されている中で、RPAは一早く導入されてきた。しかし、その利用が拡大する一方で、紙のデジタル化がボトルネックとなっているケースも見られる。従来のOCRでは読み込みが困難な非定型帳票に、どう対応すればよいのか。(2020/5/18)

「デジタル化」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様にAmazon ギフト券3000円分をプレゼント。(2020/5/14)

家庭用プリンターでオタク応援 キヤノンの「おうちでつくる同人誌」が好評
新型コロナウイルス感染症の影響で同人誌即売会が中止になる中、キヤノンやセイコーエプソンが同人作家を支援する動きを見せている。デジタル化が進む中、出荷台数が減るプリンタ市場だが、外出自粛の影響で販売が伸びる可能性もあり、同人市場には各社が関心を寄せている。(2020/5/7)

ファシリティマネジメント フォーラム 2020:
FMに携わる人全員をハッピーにする“人フォーカス時代のFM”とは?
住友セメントシステム開発は、施設の設備や修繕履歴といったFMに関するデータをデジタル化して一元管理する研究を進めている。FMに関する情報が1箇所に集約されれば、管理者だけでなく、オーナーやPMにとってもコストを抑えた修繕計画の立案などに役立てられると期待されている。その先にはBIMとの連携も視野に入れ、BIMモデル上で建築や設備などの各種情報が集約されることで、建物のライフサイクル全体を見渡したFM戦略が立てられると提言する。(2020/5/4)

製造業にダイナミズムをもたらすデジタル変革(1):
デジタル化が加速する世界、製造業が革新を生み出すには何が必要か
デジタル化がどのように製造業の企業活動の変革を導くのかを解説する本連載。第1回は、企業収益の次の柱となり得る、革新的な製品やビジネスをどのように創出するかについて考察する。(2020/4/23)

「オンプレミスでCI/CD実装」は可能か:
PR:クラウドシフトはまずソフトウェアから 「開発生産性の向上」はもはや経営課題
あらゆる業界でデジタル化の動きが活発になっている。そうした中で「新たな価値」を生み出すソフトウェアの重要性は高まっている。だが、「価値を生み出すソフトウェア開発」に集中できないエンジニアは多い。それはなぜだろうか。(2020/4/21)

製造マネジメント インタビュー:
機械は人を追い詰めるのか、日本とドイツに見る“人と機械の新たな関係”
デジタル化が進む中で人と機械の関係はどう変わっていくのだろうか――。こうした疑問を解消すべく日本とドイツの共同研究により「Revitalizing Human-Machine Interaction for the Advancement of Society(デジタル社会における人と機械の新たな関係)」が発行された。共同発行者である日立製作所 研究開発グループ 生産イノベーションセンタ 主管研究長の野中洋一氏に話を聞いた。(2020/4/21)

ITmedia DX Summit 2020年春・ITサービス編:
「政府が作ったSaaS」で行政をデジタル化 内閣官房IT総合戦略室の狙いとは
お役所のシステムは古く、使いにくく、分かりにくい――そんな声は「中の人」にとっても同感のものだった。内閣官房IT総合戦略室は現在、ユーザー中心のインターフェース構築とAPIを利用した民間サービスの利用による「デジタル・ガバメント」の実行を目指している。政府のDXを支えるべく宣言された「クラウド・バイ・デフォルト宣言」が具体的に何を進めているのか。第一線に立つ政府CIO補佐官が語った。(2020/4/23)

Gartner Insights Pickup(153):
2020年の“デジタル化”、転機を勝機に変える企業はどこが違うのか
「デジタルに取り組んでいる」というだけでは足りない。このままでは転機を乗り越えられない。企業が不確実性を乗り越えて成功を収めるための10の重要な能力とは何か。(2020/4/10)

組み込み開発ニュース:
画像処理システムの世界市場予測、2022年は1兆5000億円まで拡大
富士経済は、画像処理システムの世界市場に関する調査結果をまとめた「2019 画像処理システム市場の現状と将来展望」を発表した。省人化や本格的なデジタル化、深層学習の活用などで市場が拡大し、2022年には1兆5024億円に達すると予測する。(2020/4/9)

千葉市、行政手続きや教育のデジタル化を推進 職員のテレワークも強化 新型コロナ対策で
千葉市が新型コロナ対策で行政手続きのオンライン化などを進めている。職員のテレワーク体制を強化し、会議などは遠隔で実施する。(2020/4/2)

ITmediaエンタープライズ セキュリティセミナーレポート:
「アジャイルを知らなければ、お役所仕事もできません」――官民混成で縦割りを突破、ようやく動き出した政府のDX
日本の公共サービスは非効率で、デジタル化の試みは他国と比べて遅れがちであるとされている。しかし近年になり、いよいよ「止まった10トントラックを手で押して動かすように」政府のDXが始まった。(2020/4/2)

「技術、組織、人」の三位一体の対策を実現するには?:
PR:生産ラインを止めないために! “人も育てる”製造業のセキュリティ対策実現のポイント
製造業にとって最も大きな懸念は、原因が何であれ、計画通りに生産ラインが動かないことだ。モノづくりのデジタル化が進み、これまで以上にセキュリティリスクが高まる中で、製造業は“事業を止めない”サイバーセキュリティ対策をどのように進めるべきなのか。(2020/3/31)

インターネプコン ジャパン2020:
「データを生かす力」は既に「現場力」の1つ、コニカミノルタのモノづくり革新
エレクトロニクス製造および実装技術の展示会である「インターネプコン ジャパン2020」(2020年1月15〜17日、東京ビッグサイト)の特別講演に、コニカミノルタ執行役生産本部長の竹本充生氏が登壇し、「デジタル化と現場力の融合による新たなモノづくり革新への挑戦」をテーマに講演した。(2020/3/26)

IT革命 2.0〜DX動向調査からインサイトを探る:
日本企業が掲げるDXのテーマは「破壊的変革」ではなく「現実的改善」だけなのか
DXで扱うテーマは企業によりさまざまです。革新的なものもあれば、普通のIT施策と思えるのもあります。「デジタル化投資」と「IT化投資」は何が違うのでしょうか? 「なぜシステムが老朽化してしまうのか」という問題を題材に考えていきます。(2020/3/25)

公共機関のデジタル化を支援するマルチクラウド対応のマネージドサービスを開始――NTTデータ
NTTデータは、官庁や自治体などの公共機関向けにマルチクラウド対応のクラウド基盤「Digital Community Platform」の提供を開始した。ニーズに合わせてクラウドサービスを選択でき、既存システムのクラウド化や新規導入などの検討段階から、運用、活用までトータルで支援する。(2020/3/17)

テレワーク「特需」の懸念:
ガートナーがテレワーク導入時に注意すべきポイントを発表、「資料のデジタル化」「労務管理」など
ガートナー ジャパンは、テレワークを導入する企業が注意すべきポイントを発表した。「単にシステムを導入して使うだけでは不十分で、ビジネス文化や習慣、マネジメント層の意識改革も求められ、一朝一夕で成功するものではない」と注意を促している。(2020/3/16)

「ペーパーレス職場」の展望と課題【前編】
「RPA」と「機械学習」を活用 今すぐ始める職場のペーパーレス化
ドキュメントのデジタル化にRPAや機械学習を生かす動きが広がり始めた。こうした取り組みを進める企業が目指すのは、コスト効率が良く、環境に優しいペーパーレス職場だ。(2020/3/12)

アナログFAXのままで本当に業務改善できますか?
「FAXのデジタル化」が最新技術との親和性を高め、業務改善を進める鍵に
最新技術が仕事や生活をどんどん便利にする一方で、古い技術が使われ続けることがある。古い技術が根強く残るのは、それが最も適した現場があるためだ。世代の異なる技術を無理なくつないでビジネス改革を実現する方法とは。(2020/3/12)

Gartner Insights Pickup(148):
企業の「デジタル化の均衡点」はどこにあるか
不確実な時代に企業の成功をサポートするため、CIOは自社にとっての「デジタル化の均衡点」を見いだす必要がある。ではデジタル化の均衡点とは何か。どう見いだせばよいのか。(2020/3/6)

Computer Weekly製品ガイド
分断化されたセキュリティリスクを一元管理する方法
デジタル化の時代は組織に新たなリスクをもたらす。従ってセキュリティ対策も連携性を強化する必要がある。(2020/3/3)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
「終息さえすれば」が遠い……、業界はどうなる?取材活動は?広がる新型コロナの影響
デジタル化の取り組み加速は歓迎しますが。。(2020/3/2)

紙の帳票処理業務に縛られないために
毎月1万5000円で請求書をデジタル化 中小企業の現場を支えるサービスとは
経理担当者を悩ます毎月の請求書処理業務。月末、月初に残業して納期に間に合わせた経験はないだろうか? この状況を変えたくても「予算がない」と諦めるのはまだ早い。月額1万5000円から始められるサービスがある。(2020/2/26)

経産省が「Microsoft Power Apps」で行政手続きをデジタル化――MS、Winテクノロジと共同実証へ
経済産業省は「2025年の崖」の克服に向け、行政手続きのデジタル化を目指す実証実験を開始。日本マイクロソフト、Winテクノロジの協力の下、Microsoftのビジネスアプリケーション作成ツール「Microsoft Power Apps」を活用して、行政手続き用のアプリケーションを内製する。(2020/2/13)

開発ライフサイクルの早め方
AWSに聞いた、ビジネスの俊敏性を高めるために開発現場が考えたいこと
あらゆるものがデジタル化し変わろうとする中、企業には環境変化への対応力が求められる。俊敏性を高めるために、開発現場と組織が考えるべきこととは。(2020/2/7)

「サプライヤーポータル」で透明化、一元化、データ蓄積:
PR:製造業の調達・購買業務、将来のために今やるべきこと
製造業の調達・購買部門でも人材不足は深刻な課題。だが業務を見ると電話やメール、Excelなど手間がかかる上に属人化した作業が非常に多く、デジタル化による情報共有も進んでいない。調達・購買部門の現状を打開し、業務の効率化、コスト削減、そして将来に向けた取り組みを進めていくためには、どうすればよいのか。(2020/2/5)

増大する「デジタルリスク」:
セブンペイ問題の「二の舞」にならないために 知っておくべきたった2つのこと
データ活用やデジタル化の必要性が高まる昨今。デジタル化でスピーディーになるビジネスで増大する「デジタルリスク」を企業はどう軽減すればよいのか。取りあえず知っておくべき2つのこととは?(2020/1/31)

3Dプリンタニュース:
日本HP、成長を担う新たな中核事業の1つとして3Dプリンティング事業に積極投資
日本HPは、報道関係者向けに事業説明会を開催し、2019年のハイライトと今後の事業戦略について発表。新たな成長のキーとなる中核事業として、商業・産業印刷のデジタル化と、3Dプリンタによる製造業の変革を挙げる。(2020/1/23)

三菱UFJ新社長・亀沢宏規氏 デジタル化の波に危機感
東大大学院理学系修士課程を修了し数学を専攻した経歴は、文系トップが続く銀行業界で異彩を放つ。(2020/1/20)

DXを成功させるための組織論(2):
「製造のデジタル化」に挑むマネジャーが知った「従来型組織のDX推進」の秘策とは
製造業においてもDXの推進は重要な施策だ。しかし、実際には製造業ならではの壁にぶつかることも少なくない。本田技研工業で「製造のデジタル化」に挑むマネジャーが取った解決方法とは何だったのか。(2020/2/4)

「完全に取り残される」危機も:
ガートナーが調査結果発表 日本企業のデジタル化は世界からの遅れが拡大
ガートナー ジャパンは「優秀な人材を育成してイノベーションを始めるべきだ」と指摘している。(2020/1/15)

23年ぶりの社長交代を控えるイオン デジタル化による市場変化に危機感
イオンは2020年に23年ぶりとなる社長交代をする。背景にはネット通販業者との競争激化など、デジタル化による市場環境の急激な変化に対する危機感がある。(2020/1/15)

世界との差が開くばかり:
日本企業の「デジタル化の遅れ」が顕著に ガートナーが調査結果を発表
ガートナー ジャパンによると、日本企業がデジタル化の取り組みについて世界の企業に後れを取っており、その差が拡大しているという。特に「国に保護されている業界」でその差が顕著になっている。(2020/1/15)

エンタープライズの特性を踏まえたスクラムのアレンジは正義:
SOMPOの実例に学ぶ、大企業がアジャイル/スクラム、マイクロサービス、コンテナを導入する際の最適解
社会のあらゆる領域で「デジタル化」が進む現在、企業には、社会状況や消費者動向の急速な変化に、デジタル技術を武器としてビジネスを迅速に対応させる「デジタルトランスフォーメーション」(DX)への取り組みが求められている。アイティメディアが、2019年12月11日に開催したセミナー「ITmedia DX Summit 2019年冬・PaaS編」の基調講演では、SOMPOホールディングス デジタル戦略部の西野大介氏が、エンタープライズに「アジャイル」「マイクロサービス」「コンテナ」といった新たな手法や技術を取り入れ、DXを推進していく際のポイントについて、自社での事例を交えつつ紹介した。(2020/1/15)

「やりたいことが多過ぎて、何から手を付けて良いか分からない」の解消を支援:
PR:デジタル変革は成功例から想像せよ ワンチームで実践する共創型デジタル革新プログラム
大企業でもスタートアップでもない企業のデジタル変革は誰が進めるのか。事業運営や人材確保に疲弊する組織がデジタル化や変革を望むなら、どうすればよいか。そのノウハウを持つ組織に取材した。(2020/1/17)

MONOist 2020年展望:
「モノ+データ」の新たな製造業へ、成果創出のポイントは「データ専門会社」
製造業のデジタル変革は加速する一方で2020年もさらに拍車が掛かることが予想される。その中で立ち遅れが目立っていたデジタル化による「モノからコトへ」の新たなサービスビジネス創出がいよいよ形になってきそうだ。ポイントは「専門の新会社設立」だ。(2020/1/7)

「もはやコスト」――デジタル化で来客数減る銀行支店 店舗の有効活用に頭を悩ます
銀行の店舗は顧客との接点になる重要なインフラだが、収益力の低下とデジタル化による来客者数の減少でコストになっていることも多い。各行は店舗の有効活用に向け、さまざまな試みを実施している。(2020/1/6)

モバイル決済の裏側を聞く:
○○Payとは競合しない アプリも個人情報も不要な「QUOカードPay」が狙う市場
全国共通のギフトカード「QUOカード」をデジタル化してバーコード決済で使えるようにした「QUOカードPay」が2019年3月に始まった。QUOカードPay1億円分が1人に当たるプレゼントキャンペーンも話題になった。なぜ、あえてコード決済を取り入れたのか。(2019/12/20)

Hitachi Social Innovation Forum 2019 TOKYOレポート:
PR:メーカーとユーザーをつなげるメンテナンス、デジタル化で設備価値を最大化
日立製作所のプライベートイベント「Hitachi Social Innovation Forum 2019 TOKYO」のメンテナンスコーナーでは、「メーカーとユーザーをつなげるメンテナンス」をテーマにさまざまな展示を行った。昭和電工やニチレイロジグループ本社との共同実証に関連した顧客事例が来場者の注目を集めた。(2019/12/20)

ものづくり白書2019を読み解く(3):
第4次産業革命で取るべき戦略、スキル人材の活用と技能のデジタル化
日本のモノづくりの現状を示す「2019年版ものづくり白書」が2019年6月に公開された。本連載では3回にわたって「2019年版ものづくり白書」の内容を掘り下げる。第3回となる今回は、第4次産業革命において製造業が取るべき戦略の内「スキル人材の活用」と「技能のデジタル化、省力化」について取り上げる。(2019/12/20)

製造ITニュース:
タブレットPCで作業指示などをデジタル化、中規模製造業向けに発売
日立産業制御ソリューションズは、タブレットPCを使って作業指示や実績収集ができる中規模製造業向け「製造オペレーター作業支援ソリューション」を発売した。(2019/12/6)

Weekly Memo:
デジタルビジネスならではのサイバーリスクとは――これまでのITセキュリティと何が違うか?
ビジネスがデジタル化する中でサイバーセキュリティにおけるリスクはどう変わってきているのか。また、そのリスクにどう対処すればよいのか。パロアルトネットワークスの調査結果を基に考察したい。(2019/12/4)

製造マネジメントニュース:
ニコンとDMG森精機が業務提携、製品開発や販売でシナジー
ニコンは、DMG森精機との業務提携を発表した。提携により、両社の強みを生かして、工作機械の高精度化やデジタル化、自動化を進めていく。(2019/12/2)

クラウドシフトを成功に導くエキスパート集団「アピリオ」に聞く:
PR:「2025年の崖」を回避するために企業が今すぐ踏み出すべきステップとは?
社会のあらゆる領域でデジタル化が進む中、企業には、「デジタルトランスフォーメーション(DX)」の実現が求められている。企業が、より柔軟性とコスト合理性が高いクラウドへの移行を進めつつ、DX実現のロードマップを進んでいくために解決すべき課題は何か。エンタープライズ向けクラウドコンサルティング事業をグローバルで展開する、アピリオ社長の渡邉崇氏に聞いた。(2020/1/27)

スマートファクトリー:
オムロンが描いたデジタル化による“リアルな”製造現場への価値とは
MONOistはダッソー・システムズ DELMIAブランドと共に2019年11月7日、「現場改革の実践例から学ぶ! 製造デジタル変革が実現する持続可能な未来像」をテーマにセミナーを開催した。本稿では基調講演に登壇したオムロン インダストリアルオートメーションビジネスカンパニー 企画室 IoTプロジェクト 谷慶之氏の講演「オムロンが推進する最もリアルなデータドリブンの製造現場」の内容を中心に、セミナーの内容をお伝えする。(2019/11/26)

手書き文書をクラウド経由でデジタル化できるサブスク型サービス「おまかせAI OCR」
AI insideと西日本電信電話は、サブスクリプション型OCRサービス「おまかせAI OCR」の提供を発表した。ディープラーニングを活用した高い識字率が特徴。(2019/11/26)

RFID物流管理システム:
PR:現場の運用を変えない物流管理のデジタル化、北野病院に見るRFIDの活用法
多くの病院は、医療物品の発注、運搬、在庫管理などに多くの人員や時間を取られ本来の業務が圧迫されがちだ。この課題を解決すべく、帝人と小西医療器は、クラウドを活用した医療機関向けのRFID物流管理システムを共同開発。北野病院で段階的な実運用を開始し、オンタイムの支出の見える化、工数削減などの成果を上げ始めている。(2019/12/16)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。