ニュース
» 2010年05月27日 22時20分 UPDATE

iPhoneとiPadのセーブデータをクラウドで同期――CRI・ミドルウェアの「栞」

外出時にiPhoneで遊んでいたゲームの続きを、自宅のiPadでプレイする――。そんな仕組みが簡単に実現できるソリューション「栞」をCRI・ミドルウェアが発表した。

[ITmedia]

 CRI・ミドルウェアが5月27日、同社のiPhone/iPadアプリケーション向けインアプリ告知型PRソリューション「CLOUDIA」のファミリー製品として、同じくクラウドを活用するソリューション「栞(CIORI)」を発表した。

 栞は、iPhoneやiPadアプリのセーブデータなどを、クラウド上のサーバを使って共有するサービスで、例えば外出中にiPhoneで遊んでいたゲームの続きを、帰宅後にiPadで遊ぶ、といった利用方法を想定している。

 なおこのサービスはiPhoneやiPadに限らず、Windows phoneやAndroidなどともデータの共有を可能にしたい考え。具体的な発売時期は明言しなかったが、鋭意開発中とのこと。同社iPhone & SmartPhone推進室長の幅朝徳氏は「iPadが浸透するスピードに合わせて、遅れない程度に提供したい」と意気込んだ。

Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-