ニュース
» 2010年10月18日 23時06分 UPDATE

iPhoneが“プリンタ付き、カード決済対応”のモバイルPOSに――「iAPS」

iPhoneをモバイルPOS端末として利用可能にする、プリンタ/バーコードリーダー/磁気カードリーダーの一体型ユニット「iAPS」を、シーエフ・カンパニーが発売する。

[ITmedia]
Photo プリンタ/バーコードリーダー/磁気カードリーダーの一体型ユニット「iAPS」

 シーエフ・カンパニーは、iPhoneやiPod touchをPOS端末として利用可能にする、米Daily Systems製のプリンタ/バーコードリーダー/磁気カードリーダー一体型ユニット「iAPS」の販売を開始した。

 iAPSはiPhone/iPod touchを装着して使うジャケット型ユニット。2インチのレシートプリンタと磁気カードリーダーを装備しており、オプションでバーコードリーダーやスマートカードリーダー搭載モデルも選べる。

 小規模店舗や移動店舗など、場所やコストの都合でPOSの設置が難しいケースでも、iPhoneの通信機能とiAPSのバーコード読み取り機能を利用することで、販売した商品のバーコードを読み取ってPOSデータに反映させたり、在庫状況を確認したりすることが可能。磁気カードリーダーとプリンタを使えば、販売した商品のクレジットカード決済やレシートの発行も行える。

 シーエフ・カンパニーではiAPSを、小規模店舗や野外店舗、移動店舗、催事場、宅配業、修理サービス業、タクシー会社などに訴求したい考えだ。

 カード決済ソリューションについては、アスタリスクのPitPayによる対応を予定している。一連のシステムやiPhone向けアプリの開発については、シーエフ・カンパニーが窓口となり、同社のパートナーであるソフトウェア開発会社が担当する。

Photo 2インチのレシートプリンタと磁気カードリーダー(JIS1対応)を装備
Photo オプションでバーコードリーダー搭載モデルも選べる

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.