ニュース
» 2012年10月23日 22時13分 UPDATE

海外モバイルニュースピックアップ:iPhone 5とGalaxy S3、ミキサーで粉々に

海外のモバイル系ニュースを短信でお伝えします。今日のトピックは、ミキサーで粉々になったiPhone 5とGalaxy S III、ボンド魂を試される自販機、アップルの新製品にカラフルなオプションパーツ登場か? など。

[中野恵美子,ITmedia]

iPhone 5とGalaxy S III、ミキサーで粉々に

Photo 恐ろしいテストが始まる……

 落とされたり、銃撃されたり、レーザーで焼かれたりと、スマートフォンやタブレットにはさまざまなな「テスト」が行われるが、ミキサーメーカーBlendtecの「Will It Blend?」も有名だ。今回はiPhone 5とGalaxy S IIIが「被験者」となっている。

 2つのミキサーにそれぞれの端末を入れ、スイッチを同時にオンにするというだけの実験だが、同社のミキサーは恐ろしいくらい強力なようで、映像を見る限り、どちらの端末もキレイさっぱりと粉にまで粉砕されている。若干、Galaxy S IIIの方がふんばって形を保っていたようではあるが、引き分けが妥当、というよりもミキサーの圧勝だ。

 Blendtecは以前、iPadもミキサーに投入している。小さなiPadがリリースされたら、やはりかわいそうなことになるのだろうか?

アップルの新製品にカラフルなオプションパーツ登場か

 発表目前とされるiPad miniだが、9to5macが入手した価格表に、Smart CaseとSmart Coverに似た在庫管理用の品番を持つパーツがあるという。

 これらが小さいバージョンの保護ユニット類なのか、まったく新しい製品なのかは不明だが、さまざまなカラーが用意されていることがナンバーから推測される。新しい標準サイズのiPad向けケースの可能性もありそうだ。

Apple Store王府井店がオープン

 先週末、北京の王府井にアジア最大のApple Storeがオープンしたが、開店の模様をM.I.C. Gadgetが映像と豊富な写真で紹介している。

 驚くほどの大行列に並ぶ人々は楽しそうだが、それとは対照的に警備の人たちの顔つきはものすごく険しい。最初の1000人の入店者には、Appleマークと王府井という文字が入った限定版Tシャツがプレゼントされたという。

ボンド魂を試される自販機

 モバイルとは関係ない「今日の自動販売機」シリーズ。今回は、内なるジェームズ・ボンド魂を試される自動販売機だ。

 Coke Zeroのキャンペーンによるもので、駅構内の自動販売機でCoke Zeroを購入した人は、007の新作映画「Skyfall」のチケットがもらえるゲームに参加できる――というもの。自分の名前を入力したら70秒以内に、駅のホームにある他の自販機まで走って行き、自販機の前で007のテーマソングを歌う。すると見事「Skyfall」のチケットが獲得できる、という仕組みだ。

 しかし、このゲームは一筋縄ではいかない。途中で謎の美女に呼び止められたり、本来いるはずのないジョギングの人に行く手を阻まれたり、大量の果物に足を取られたり……といった具合で、ジェームズ・ボンド魂をかき立てなければ到達できないような罠が仕組まれている。到達した人たちの見事な走りっぷりや、007のテーマソングを手助けして歌う見物人たちなどの楽しい映像が公開されている。

Siri、違法サービス紹介で中国当局の怒りを買う

 Siriが売春婦やポルノなどを見つけるのに使用され、これらの行為を法律で禁じている中国当局の怒りを買っている。

 Siriに「売春婦を訪問したい」と中国語で告げると、中国でもその他の国でもエスコートサービスやポルノショップなどのリストが提供されるという。英国で同様の実験してみたところ、「何をおっしゃっているのか分かりません」と回答したものの、質問を「売春婦を見つけたい」にすると、いくつかのサービスが表示されるという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.