ニュース
» 2013年05月10日 00時30分 UPDATE

スマートフォン&モバイル EXPO春 2013:FileMakerとiPadでここまでできる――中小企業向けの安価なソリューション、あれこれ (1/2)

ゲーム感覚の在庫管理システム、これまで使っていた紙の伝票を反映させる経費精算システム、リアルタイムで経営分析できる電子カタログ、年配の営業スタッフでも使える受発注システム――。こんなiPad向け業務ソリューションが展示されていた。

[後藤祥子,Business Media 誠]
Photo

 iPadを使った業務効率化の波が、中小企業にも波及している。導入を検討する企業が急増する一方で、数あるソリューションの中から「費用対効果」「使いやすさ」「運用のしやすさ」といった導入条件を満たすソリューションを見つけるのは難しいのが現状。中小企業の中には情報システム部を設置する余裕がないケースも多く、自社のシステムに最適化したシステム作りで難航するケースも少なくないという。

 こうした中、iPad対応の業務システムを比較的安価なコストで構築できるソリューションとしてFileMakerシリーズが注目を集めている。最大の魅力は、iPadへの展開のしやすさ。PC/Macに対応する「FileMaker Pro」で開発した業務システムは、無料のiOSアプリ「FileMaker Go」を通じてiPadで利用できるため、アプリ開発にかかるコストを大幅に軽減でき、それが業務システム全体の開発コストの低減にもつながっている。

 5月8日に開幕したモバイルソリューションの展示イベント「スマートフォン&モバイル EXPO春」のファイルメーカーブースでは、FileMaker製品を使った業務システムの開発を手がける11社のベンダーがブースを構え、iPadに対応する自社サービスを紹介している。その中から、中小企業の導入条件に合うソリューションをピックアップしてみた。

iPadで在庫管理、ゲーム感覚で楽しく

 在庫管理をゲーム感覚で楽しく――。こんな在庫管理ソリューションを展示しているのがU-NEXUSだ。

 在庫管理は、理論在庫と実際に数えて確認した在庫を照らし合わせる作業。従来は紙のチェックシートに記入していくのが一般的だったが、ここでiPadを使おうという動きが高まっている。

 紙のシートを使ったチェックでは、紙とペンで両手がふさがってしまうために在庫数を確認しづらく、シート上のどこからどこまでを誰が担当しているかも分かりづらい。また、U-NEXUSの担当者によると、単調な作業が続くため、いかに集中力を持続させられるかも課題になっているという。

 こうした現場の課題を解消しようと開発されたのがiPadに対応する在庫管理システム「在庫整備ing」(ざいこせーびんぐ)だ。タッチ操作で在庫の数を入力できるのでペンを持つ必要がなく、iPadをケースに入れて首にかけて使えば両手がふさがることもない。作業者の担当エリアはあらかじめ設定でき、ほかのスタッフがチェックしようとするとアラートが出るのでダブってチェックするのを防げる。本部システムとのネットワーク接続にも対応しており、数が異なる場合にすぐ連絡できるのもメリットの1つだ。

 さらに作業を楽しくするための工夫も盛り込まれている。このシステムでは、チェック画面に理論在庫の数を表記せず、入力した在庫の数と異なる場合にアラートが出るようにしたのだ。「入力してみないと数が合っているかどうかが分からないので、ゲーム感覚でチェックできる」(説明員)。この機能は現場のスタッフから好評を博しているという。

sa_fm02.jpgPhoto 入力した在庫の数と理論在庫の数が合わないとアラートが出る(画面=左)。?マークをタップするとあるべき在庫の数が表示される(画面=右)

 導入コストも比較的安価に抑えられている。カスタマイズの内容によって料金は異なるが、初期費用が5万円からで、システムの月額利用料は1〜2万円。FileMaker Proは最低1本あれば導入でき、これに1IDあたり1000円前後の月額利用料がかかる。ネットワーク接続する場合にはもう少しコストがかかるが、中小企業でも無理なく導入できる価格に押さえられるという。

 「作業を見える化できて、50人、100人規模の会社でも安く簡単に導入できるので、中小企業の経営者に受けている」(説明員)

sa_fm05.jpgPhoto 同社はiPadで点検作業を行うための「点検整備ing」(てんけんせーびんぐ)も提供している(画面=左)。iPadで撮影した画像を点検結果として利用する機能も備える(画面=右)

いつでもどこでも電子決済、紙の伝票をそのままiPadに

 今、使っている紙の伝票をiPadで使えるようにします――。テクニカル・ユニオンの「Account Note」は、こんなサービスをうたう電子決済システムだ。経費/交通費の精算や出張/休暇などの申請、稟議書など、“紙を回して印鑑で承認する”ワークフローを電子化し、iPadで使えるようにした。

 ターゲットは、これらのワークフローを紙で行っている中小企業。紙からiPadに移行しても違和感なく使えるよう、親しみやすいUIデザインを採用し、発注の際に利用している紙の伝票を渡せば、それを反映させた形でカスタマイズするという。

 導入コストは、カスタマイズの度合いによって異なるが、システムの料金が30万円前後から。FileMaker Proは最低1本導入すればよく、iPadで使う場合は無料のFileMaker Goをインストールする。

sa_fm07.jpgPhoto 時間や場所を選ばず申請や承認が可能になる。PCからの確認も可能だ

       1|2 次のページへ

Copyright© 2015 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.