ニュース
» 2013年05月13日 20時38分 UPDATE

マニュアルの電子化も支援:ソフトバンクテレコム、JR東日本に「iPad mini」7000台を納入

JR東日本の運転士と車掌にiPad miniを配布し、輸送障害時の迅速な対応や案内サービスの向上を目指す。

[平賀洋一,ITmedia]

 ソフトバンクテレコムは5月13日、東日本旅客鉄道株式会社(以下「JR東日本」)に「iPad mini」(Wi-Fi+Cellularモデル)を7000台納入すると発表した。

 JR東日本はICTを活用した業務革新に取り組んでおり、乗務員(運転士、車掌)にiPad miniを配布して、輸送障害時の迅速な対応や案内サービスの向上を目指す。すでに2012年10月から2013年1月にかけて85台の端末を先行導入しており、これまでに良好な結果を得ているという。

 iPad miniの本格導入は2013年度中に首都圏から開始。列車の遅延などで乗務員の担当列車が変更になる場合、iPad miniに新たな列車の時刻表を送付して情報を即時に共有、ダイヤ回復にかかる時間の短縮を図る。

 タブレット端末を導入にともない、輸送障害発生時やサービス向上に活用できるコンテンツやアプリケーションの活用を目指すほか、乗務員が常時携行するマニュアル類の電子化も進める。通常2キログラム以上あるさまざまなマニュアルを400グラム程度に削減でき、コンテンツの更新・管理作業も軽減できるという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.