メディア
トップインタビュー
特集
» 2020年08月19日 05時00分 公開

ジョブ型への移行、オフィス半減 富士通・平松常務に聞く「真のDX企業へと脱皮する要点」アフターコロナ 仕事はこう変わる(5/5 ページ)

[中西享,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4|5       

「任に能わなければ外す」ことが必要

 また、社内に手を挙げる社員がいるか、ジョブ・ディスクリプションを満たす人材がいるか、といった点も課題となる。会社間の人材流動がまだまだ少ない中にあっては、自社社員のキャリアの自律やスキルアップに対し、これまでにないレベルで投資をしていく必要がある。長谷川ディレクターは言う。

 「実力主義であれば、任に能わなければ外すことをルーティン化せざるを得ない。そこでポイントになるのは、評価の納得感だ。富士通のように、場所を問わない働き方とセットでジョブ型を導入する場合には、なおさら現場の上司・部下間における、多頻度で中身のあるコミュニケーションが重要になる」

 富士通だけでなく日立製作所、資生堂などの大手企業も、相当な覚悟をもってジョブ型への移行を始めたことだろう。これらの動きが、日本企業の活路を切り開いていくことを期待したい。

前のページへ 1|2|3|4|5       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -