インタビュー
» 2021年08月15日 14時12分 公開

清水建設が仕掛ける「ニューノーマル時代のオフィス」 社員のタグから位置情報を可視化単なるコスト増か? 生産性向上か?(1/4 ページ)

大手ゼネコンの清水建設が、ニューノーマル時代の新たなオフィスの在り方を打ち出している。デジタル技術を活用して、リモートワークとコロナ禍に対応した、パフォーマンスの向上につながる「Shimz Creative Field」(シミズ・クリエイティブ・フィールド)を公開した。

[中西享,ITmedia]

 大手ゼネコンの清水建設が、ニューノーマル時代の新たなオフィスの在り方を打ち出している。デジタル技術を活用して、リモートワークとコロナ禍に対応した、パフォーマンスの向上につながる「Shimz Creative Field」(シミズ・クリエイティブ・フィールド)を公開した。

 当面は本社の設計、営業フロアを全面改修し、Shimz Creative Fieldのモデルフロアとして、オフィスの新築・改修を計画しているビル所有者の見学を受け入れる。今後について奥山昌則・プロポーザル・ソリューション推進室、FMソリューション部長は「施主にこの考え方を提案して、案件受注に結び付けたい」と話す。

改装された清水建設の設計本部フロア(以下、同社提供)

高精度の位置情報システム

 コロナ禍の長期化を受けてゼネコンやデベロッパーは新しいオフィスの在り方を検討している。ニューノーマル時代に先駆けて新しい商品としてオフィスを提案したのは、ゼネコン業界では清水建設が初めてだ。今後1年をかけて、本社のほかの部門のフロア改修も進め、地方支店社屋などについても計画を進めるとしている。

 Shimz Creative Fieldの最大の特徴は、高精度測位が可能な位置情報システムだ。社員のタグから個々の社員を認識し、各勤務地の座席配置を示したフロアのレイアウト図上に個人の所在を表示し、誰が今どこにいるかをライブ配信できる。オフィス利用者は、レイアウト図をパソコンやスマートフォン、タブレットで共有することによって、画面上で関係者の所在や各ゾーンの空き状況を確認できる。

 また氏名を入力すると所在検索も可能。このため、社員は勤務地を問わず、あたかも同じ空間にいるような感覚で同僚や上司の居場所や仕事の状況を確認できるのだ。加えてタイミングを見計らって面談のアポイントを決めたり、カジュアルなコミュニケーションを交わしたりすこともできる。

 この位置情報システムはフィンランドのハルティアン社のもので、位置情報の精度が高いことから導入を決めた。

改装前の設計本部フロア
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -