ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  3

  • 関連の記事

「3K」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「きつい 汚い 危険」 「きつい 帰れない 給料が安い」

IT革命2.0〜DX動向調査からのインサイトを探る:
DXが進捗している企業は2025年に向けて人材採用・定着戦略を持つ
人材難、採用難の時代に、DXを推進できる組織は何をしているだろうか。調査で浮かび上がったのはデジタル化の対極にあるアナログな取り組みだ。(2020/5/20)

「外国人労働者受け入れ」は人手不足解消の解じゃない:
「シンギュラリティには一生行きつかない」 安川電機・津田会長に聞く「ロボット産業の未来」
ロボットメーカー大手の安川電機会長で、国際ロボット連盟(IFR)の会長でもある津田純嗣氏にロボットの果たすべき役割について聞いた。(2018/6/28)

0.5歩先の未来を作る医療IT
2018年度診療報酬改定における医療現場の「働き方変革」、医師の勤務体制が柔軟に
2018年度診療報酬改定では、医師の勤務体制を改善する取り組みが強化されます。「対面」を算定要件にしていた一部の診療報酬も要件が緩和され、IT活用の範囲が広がります。(2018/3/20)

“介護版ビットバレー”をつくりたい:
介護施設が「プロレス」「お寺」とコラボする理由
介護業界の課題解決に向けて、新しい切り口で挑んでいる介護業界の“アクションリーダ―”斉藤正行氏。彼がこれまで取り組んできたこと、そしてこれから仕掛けようしている「お寺×介護」とは?(2018/3/8)

【連載】SalesTechの時代 第2回:
SalesTech最前線 世界の主要サービスを一気見
AdTech、Martechに続く注目分野であるSalesTechの現状はどうなっているのか。各領域の主要ソリューションについて概要を紹介します。(2017/11/22)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
魔法のグローバル化「外国人スタッフ」のうまい活用!
トレーニングにより、対応ミスや独自判断によるトラブルを防ぐことができる。(2017/8/24)

“失禁”が生んだ新技術:
「排せつ予知」に世界が注目 介護業界をどう変える?
2017年にサービスを開始した排せつ予知ウェアラブルデバイス「DFree」――。既に全国の介護施設から申し込みがあり、海外からも30カ国以上から引き合いがきているという。DFreeは介護業界をどのように変えていくのか。中西敦士社長に話を聞いた。(2017/5/18)

医療機器 メルマガ 編集後記:
血管外科のゴッドハンドが語る“昭和回帰”の組織論
製造業にも活用できるかは分かりませんが、成功事例ではあります。(2016/11/7)

えんじにあ解体新書(5):
「クイズ$ミリオネア」に学ぶ、仕事の進め方〜仕事術の「りある」
「ファイナルアンサー?」で仕様確定(できたら、どんなにいいか……)――SEの現実を分かりやすく解説する本連載。今回は仕事の進め方のコツを、テレビ番組「クイズ$ミリオネア」になぞらえて解説します。(2016/2/4)

えんじにあ解体新書(4):
SEは「7K」って本当?〜労働環境の「りある」
SEは「きつい」「帰れない」「給料が安い」「規則が厳しい」「休暇がとれない」「化粧がのらない」「結婚できない」って本当?――SEの現実を分かりやすく解説する本連載。今回は、現役SEがエンジニア100人に聞いたアンケートを基に、労働環境の「りある」を紹介します。(2016/1/7)

えんじにあ解体新書(1):
「忍」と書いてシステムエンジニアと読む〜仕事の「りある」
「システムエンジニアってどんな仕事をするの?」「IT業界は3Kって本当?」――現役SEがエンジニア100人に聞いたアンケートを基に、エンジニアの「りある」を紹介します。(2015/10/8)

ITソリューション塾:
SIerが直面する2つの構造的危機
SIerは今、2つの構造的危機に直面している。1つは「生産年齢人口減少の危機」、もう1つは「スキル塩漬けの危機」だ。(2014/8/8)

仕事をしたら“珍しい花”を見つけた(後編):
全く興味がなかったのに、なぜ「花の魔力」に取りつかれたのか
世界中の珍しい花を採りつづける――職業「プラントハンター」。あまり聞き慣れない仕事をしている西畠清順氏は学生時代、花には全く興味がなかったという。しかし、ある山を登って、そこで目にしたものは……。(2014/4/16)

パックンが絶賛するトークが上手すぎる経営者とは?
「パックン」としてバラエティー番組などで人気のパトリック・ハーランさん。彼が圧倒されるほどのトークスキルを持つ経営者とは。書籍『ツカむ!話術』から紹介します。(2014/4/15)

働くこと、生きること(後編):
「奇跡の現場」を生み出した男に聞く、働くとは?
新幹線の車内清掃を7分で終わらせるJR東日本テクノハートTESSEIの技術が、世界的に注目されている。かじ取りをしている矢部輝夫氏は、どのようにして社会の仕組みを学んでいったのだろうか。(2014/2/28)

沖縄の若いパワーをITに IT津梁まつり 2013が開催
沖縄県はIT産業への雇用促進などを目的としたイベントを開催。多くの学生やIT企業関係者が訪れた。(2013/2/4)

どんな違いがあるの? 幸せな人・不幸な人の間取り
間取りが原因で夫婦げんかをしたことがある人はどのくらいいるのだろうか。既婚者に聞いたところ、13.2%の人が「ある」と回答した。ハイアス・アンド・カンパニー調べ。(2011/8/4)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
ココで差がつく エグゼクティブのコミュニケーション
「関心がある」「気にかけている」という気持ちを伝えれば、信頼関係が深まる。(2011/3/31)

生き残れない経営:
3K、7K、24K「IT人材不評」の犯人はだれ?〜その1
極端な例かもしれないが、IT人材不評の原因を説くひとつのヒントを示してみたい。(2011/2/1)

情報マネージャとSEのための「今週の1冊」(11):
ソフトウェア開発を「肉体労働」にしたのは誰だ?
「肉体労働」「3K」などと評されることも多いソフトウェア開発。しかし、それは間違いだ。いま、IT技術者はそうした世間からの“刷り込み”を払拭したうえで、この職業を正しく認識し直すことが大切なのではないか。(2010/9/14)

月刊エンジニアライフ(21):
IT業界≠3K?
(2010/5/6)

セールス&オペレーションズ・プランニングの方法論(4):
資料から見るERP導入の“大きな忘れもの”
本連載では、日本企業の経営者が直面している重要な経営課題を取り上げていますが、今回は経営を支援するIT(情報技術)面の課題として、巨額のERPシステム投資を経営に生かす方法を取り上げて、S&OPプロセスがどのような役割を果たすのかについて筆者の意見をご紹介します。(2010/3/24)

NTTデータ社長とNRI会長が対談:
海外に後れを取る日本、官民一体となり産業を育てよ
ライバル会社のトップが競演――。NTTデータの山下社長と野村総研の藤沼会長がIT業界ならびに日本の産業全体にかかわる課題に対して共通の見解を示した。(2010/3/2)

あるプロジェクトマネジャーの“つぶやき”【第1回】
新しいプロジェクトメンバーを迎える際に気を付けたいこと
“きつい”“帰れない”“給料が安い”の「3K」ともやゆされるIT業界だが、毎年新入社員がやって来る。彼らが開発現場で即戦力になってもらうために、プロジェクト管理者は何をすればよいのだろうか?(2009/8/27)

連載コラム「あるプロジェクトマネジャーの“つぶやき”」
システム開発の現場は今、どのような状況なのか? 本連載コラムでは、現役のプロジェクトマネジャーが、日々の管理業務を通して気付いたことや感じたことを「Twitter」のように“つぶやいて”いく。(2009/11/26)

エグゼクティブ会員の横顔:
「新しい発明は努力ではなく技術者の楽しみから生まれるのだ」――タイトー・三部CTO
「根っからの技術オタク」だと自身を評するタイトーの三部氏は、ゲーム産業の発展に寄与したほか、世界初の通信カラオケを生み出した。日本では冷遇されつつあるエンジニアたちにエールを送る。(2009/8/5)

日本のIT人材不足、「量」より「質」に課題あり
企業競争力を高めるためにIT基盤の強化は不可欠だ。ところが日本企業では、昨今ITに携わる人材の不足が叫ばれており喫緊の課題となっている。企業の現状を聞いた。(2009/6/22)

経済研究所 研究員は見た! ニッポンのキカイ事情(1):
3Kから5Sへ。華麗なる変身を遂げた町工場
経済研究所の研究員が、さまざまな切り口で加工技術や現場事情を分かりやすくレポートするシリーズ。よりよい設計をしていくために、加工事情について知識の幅を広げていこう。(編集部)(2009/6/19)

嶋田淑之の「この人に逢いたい!」:
一次産業を、かっこよくて感動があって稼げる3K産業に――みやじ豚.com 宮治勇輔さん
神奈川県は藤沢で飼育されているブランド豚「みやじ豚」をご存じだろうか。「一度食べたらほかの豚肉は食べられない」と胸を張る社長の宮治勇輔さんは、SFC出身の30歳。年商6800万円、養豚業では利益率トップを誇るみやじ豚の強さとは?(2009/5/9)

経営革新の担い手たち:
「プロジェクト成功の鍵を握る現場力」――三菱東京UFJ銀行・根本常務【後編】
ピーク時には6000名もの開発メンバーを動員して進められた、三菱東京UFJ銀行のシステム本格統合プロジェクト「Day2」。成功に導いたのは、同社で脈々と受け継がれてきた強い「現場力」だった。(2009/4/8)

何かがおかしいIT化の進め方(42):
“変化”を模索する世界(後編)
世界同時不況のいま、各国が光明を求めてあらゆる方向性を模索している。長年、海外に頼ってきた日本も、そろそろ自立・自律を目指すべきだろう。ITを通じて世界にかかわるわれわれは、いま何をなすべきか、深く考えてみたい(2009/4/2)

安藤幸央のランダウン(45):
IT業界で楽しく仕事をするための10カ条
「Java News.jp(Javaに関する最新ニュース)」の安藤幸央氏が、CoolなプログラミングのためのノウハウやTIPS、筆者の経験などを「Rundown」(駆け足の要点説明)でお届けします(編集部)(2009/3/11)

IT企業のための人事制度導入ノウハウ(1):
IT企業を襲う「優秀なプロマネ不足」の打開策
IT企業の人事担当者に読んでほしい、人事制度導入ノウハウ。導入プロジェクト開始の準備から設計、導入、実際の運用まで、ステップごとに詳細に解説する。(2008/11/13)

月刊エンジニアライフ(3):
下流プログラマ、IT産業の空洞化を嘆く
(2008/11/5)

泥のように働かないために――マイクロソフトから高専生にもたらされた福音
国立高等専門学校機構とマイクロソフトが世界に通用するIT人材の育成で新たな一歩を踏み出した。大規模な形で「高専始まったな」を感じさせる取り組みとして注目される。(2008/8/8)

産学官連携によるIT人材育成で国際競争に打ち勝て
人材不足に悩む日本のIT産業が危機を脱する方法は何か。「将来のITトップ候補生」を目指し、経団連を中心に産学官連携による人材育成が進められている。その成果はいかに……?(2008/7/28)

New Generation Chronicle:
開拓者から改革者へ ネタで未来を切り開く男 大沢和宏
10年以上前から、斬新な“ネタ”を率先して実装し、世界を驚かせてきたトリックスターがいる。そんな彼が最も追い求めたのは、足す美学ではなく、「引く美学」……。今回のNew Generation Chronicleは、ネタを革新に昇華させた、Yappoこと大沢和宏の物語。(2008/6/16)

New Generation Chronicle:
クジラ飛行机――「なでしこ」に込められた鷹の勇気と蛇の知恵
クジラ飛行机というハンドルネームの奥には、古い思考パターンを捨て、新たな世界を開かんとする人間の姿があった。日本語プログラミング言語「なでしこ」の開発者、酒徳峰章氏の世界に迫る。(2008/5/27)

New Generation Chronicle:
新藤愛大――欲望という幻想を現実に変えるActionScripter
ソフトウェアとハードウェアの両方に精通し、世の中を変革しようと牙を研ぐバイナリアンたちを紹介していく「New Generation Chronicle:バイナリアンスレッド」。第3回は、若くして国内のFlash/ActionScript界をけん引する新藤愛大氏に登場いただいた。(2008/5/12)

トレンドフォーカス:
日米のオフショアの差は、インドのとらえ方にあった
人件費高騰や米国景気後退などによる影響で、大手グローバルITベンダーのインド進出が本格化する中、インド企業はこれまでの欧米偏重を見直す動きが顕著になってきた。低迷していた日本市場へのテコ入れもその1つ。しかし、日本企業ではオフショアがアウトソーシングの域を出ず、インド企業をうまく使いこなせていないという。(2008/4/28)

New Generation Chronicle:
谷口公一――「にぽたん」と呼ばれし剛勇の新たな挑戦
谷口公一を形容する呼び方は一意に決まらない。それは、彼が歩んできた道のりが一本調子ではない証左だ。Perlハッカーとして活躍する一方で、日本でも最大級のポータルサイトで常にユーザーをワクワクさせるサービスを提供し続けてきた彼が米国に行くことを決めた理由は――。(2008/4/2)

職場再考のススメ:
「IT野麦峠」「うさぎ症候群」を改善した在宅勤務の魅力
劣悪な労働環境が問題となっているIT業界において、大手企業を中心に在宅勤務制度の導入が進んでいる。各企業の制度導入までの道のりはさまざまだったが、共通の効果も見えた。制度化に当たり外せないポイントは何だろうか。(2008/3/27)

New Generation Chronicle:
山口徹――カクテル片手に才能を紡ぎ上げる唯才の人
ハッカーは先天的な能力か? ZIGOROuこと山口徹氏は「ものの考え方をどう養っていくかと、単純に努力したか」であると話す。自分の特性を知った上で、自分を最大限に生かして人生を切り開く彼は、過去2回に登場したハッカーたちをその道に進ませた優れたコーチャーでもある。(2008/3/18)

制作者に聞く:
ITセレブは最終目標なのか? SEすごろくの真意
SEの職業を疑似体験できる「SE出世双六(すごろく)」が注目を集め、その内容には賛否両論が巻き起こった。「SEは出世すれば幸せか」「ITセレブはゴールなのか」――すごろくの真意を制作者に聞いた。(2008/3/15)

MS、ITエンジニア向け支援を強化 技術ドキュメントを日本語化
マイクソロフトがITエンジニア向け支援を強化する。今年9月をめどに、ITエンジニア向けサイトのリニューアル、技術資料の日本語化などを進める。(2008/3/5)

IT企業の9割が人材不足、3K職場のイメージ定着――IPA調べ
「IT企業の9割が人材不足」「新卒採用の課題は3Kに代表される業界のイメージ」――IPAの調査で日本のIT企業の実態が明らかになった。(2008/1/30)

西野弘のとことん対談:
棚橋康郎「お客様が神様なんて、とんでもない」(後編)
いまだ“カオス”である日本の情報システム開発――他にも大小のトラブルが相次いでおり「このままでは情報サービス産業は日本経済のアキレス腱になりかねない」と言い放つ“警世の士”がいる。(2008/1/25)

ITエンジニアの働く環境を考える:
サイボウズ、「育児休業6年」の真意は
在宅勤務、短時間勤務、休職して復帰……。多様化するITエンジニアのワークスタイル。これらを支えている企業の取り組みを紹介する。今後の働き方を考える際のヒントとしてほしい。(2008/1/23)

エンジニアスジャパン 加藤社長インタビュー:
メカ設計者たちよ、ニッポンの製造業を救え!(下)
韓国企業の強みは、生産技術を日本から学び、設計技術を欧米から学んでいること。「ニッポンが一番!」だと思っているのは日本人だけなの?(2007/11/30)

ハッカーはものを作り、政府は指針を作る?
総務省が中心となって取りまとめ、この7月に施行される「情報システムに係る政府調達の基本指針」によって、官公庁のOSS導入に弾みがつくだろうか。オープンソース産業ではなくソフトウェア産業全体というトーンで語られるとき、一抹の不安がよぎる。(2007/6/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。