ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「518日間のはい上がり」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「518日間のはい上がり」に関する情報が集まったページです。

518日間のはい上がり:
「あびがどうございまず」
いよいよ間近に迫った出版記念パーティー。立ち直らなきゃと決めた日、2002年8月23日から数えて518日目だった。(2012/3/23)

518日間のはい上がり:
ここまでやるかあ?
ついに出版記念パーティーをやることを決め、ますます忙しくなる金田。ところがそんな金田に新たな出会いと仕事が舞い込むのであった。(2012/2/24)

518日間のはい上がり:
出版記念講演はやらないの?
なんと出版社の目に留まり、悪習慣改善をテーマにした書籍を出版することになった金田。とはいえ初めてのことで執筆は難航。しかも販促のためにブログを書け、出版記念パーティーをやれと仕事は増える一方であった。(2012/2/10)

518日間のはい上がり:
人生の光明
大失敗の禁煙セミナーから立ち直った金田。週1回のセミナー開催を自分に課し、続けていたところ、なんとある依頼が舞い込んできたのである。(2011/12/15)

518日間のはい上がり:
やっとかみさんが認めてくれた!
初めての禁煙セミナーは大失敗。三日三晩泣きじゃくった金田は、道路工事の警備員のバイトを始める。もっと汗をかく必要があると思ったからだ。(2011/10/21)

518日間のはい上がり:
やっぱり俺はダメなのか?
人と会わなければ――そう決心して、開催したセミナーだったが、実際に集まったのは5人だけ。緊張する金田だが……。(2011/10/14)

518日間のはい上がり:
人に会わなきゃ
調子にのって、禁煙するための教材販売を始めた金田だったが結局売れたのは最初の数件のみ。この状況を打開するために会ったのは、金田の禁煙法で最初に成果を出した友人の竹下だった。(2011/9/16)

518日間のはい上がり:
よっしゃ! 人生逆転……と思ったら
アンケートの返信がメルマガを発行したその日だけで5通、翌週は20通の返事が返ってきた。調子にのって、教材の販売も始めた金田だったが……。(2011/8/26)

518日間のはい上がり:
反応がない…… 誰も読んでいないのか?
一念発起で始めた“禁煙成功のためのメルマガ”だったが、3000人の読者を集めたのに読者からの反応がない。心配になった主人公の金田が取った行動とは――。(2011/7/6)

518日間のはい上がり:
どうしたら人の気を引き付けられるのだろう?
禁煙法の読者を獲得するため、メルマガをはじめようとした主人公の金田。ところが、メルマガを登録することになったら何となく気が進まない。「俺はなんのためにこんなことをしているんだろう」(2011/4/6)

518日間のはい上がり:
こんなボタンがなぜ押せない?
毎日気絶するぐらいまで、禁煙の教材作りに没頭した主人公の金田。教材はできたものの、ほかの人が認めてくれなければどうしようもないし、販売ルートもない。教材ができただけで有頂天になるなんて、俺はなんて馬鹿なんだろう……。(2010/12/9)

518日間のはい上がり:
しがみついてやる
終電近くまで飲み続けていたが、ずっとウイスキーのボトル1本を開け続けてきた俺だから、二日酔いはなかった。ヘビースモーカー3人に囲まれていたけど、本当にタバコを吸う気が起きなかったんだ。不可能だと思っていた禁煙ができたのはよかったけど、状況はなにも変わっていないんじゃないか?(2010/10/22)

518日間のはい上がり:
やればできるじゃん
くわえタバコが腹に落ちて、焼け死にしかけた――というと大げさだけど、このままではいけないと思ったのは確かだ。そもそもいろんな“不幸”の原因って俺にあるんじゃないのか?(2010/9/17)

518日間のはい上がり:
このままじゃ焼け死に?
毎日パチンコと酒で気を紛らわす主人公の金田。ほかの誰ともほとんど話をせず、準引きこもり状態。パチンコに負けたある日、思わずヤケ酒をしてしまい、くわえタバコのまま寝てしまった――。(2010/9/2)

518日間のはい上がり:
なぜ誰も雇ってくれない?
起業した会社を結局倒産させてしまった主人公の金田。残ったのは1500万円の借金だったが、このままではどうしようもない。とにかく中途採用の就職活動を続けるのだった。(2010/8/17)

518日間のはい上がり:
人の下では働きたくないんだ!
今度という今度は、つくづくサラリーマンがイヤになった。所長にも噛みついたけど、そもそも人を育てるという感覚がないから、俺の言うことなんか左の耳から右の耳へ素通り。こんな会社辞めてやる!(2010/7/23)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。