ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「異常気象」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「異常気象」に関する情報が集まったページです。

子ども服「motherways」運営会社が破産へ 競合激化で不振に
リーズナブルな自社企画商品で知られています。(2019/7/1)

トヨタ「シエンタ」13万7000台リコール 最悪の場合エンジン破損も
「アクア」など約2万台のリコールも発表(2019/6/26)

温暖化がビジネスチャンスに? 気温上昇でごはんがおいしくなるワケ
この5月、北海道では観測史上初めて気温が39度を超えました。この影響はさまざまなところに表れていて、その1つがコメ作りです。北海道がおコメの名産地となった背景には、この温暖化が関係しています。(2019/6/15)

製造業IoT:
PR:「毎日が消火活動」になりかねない製造業サプライチェーン、 解決策は自律化するSCMにあり
製造業サプライチェーンがますますグローバル化、複雑化し、変化の速度も加速する中、サプライチェーン上の混乱や遅延は経営に大きな影響を与えかねない問題だ。しかし、問題や遅延を立て直す調整作業には多くの時間と労力を必要とする。グローバル市場で勝ち抜くためには、事が起こってから対策を講じるのではなく、事前に起こり得る事象を予測し、未然に対応できるサプライチェーンを構築することが求められる。サプライチェーンを自動化、自律化するという理想を実現するSCMの近未来像を探る。(2019/5/29)

日本の猛暑日、パリ協定の目標を達成しても1.8倍に 気象研究所などがシミュレーション
(2019/5/24)

PR:オレオパンダが突然のキレキレダンス 教育番組風からまさかの展開を見せる「パンダンス」動画が超ハイテンション
バブリーダンスの登美丘高校ダンス部OGたちと共演。(2019/5/23)

副業:
逆風の紳士服 はるやまの勝負手は
紳士服大手の業績が悪化している。大手4社の2019年3月期連結決算は、全社が減収減益に陥った。こうした中、はるやま商事はスーツ販売以外の収益で底支えしようと、“副業”を本格化させている。(2019/5/23)

ブーム終了? 大苦戦する「しまむら」は挽回できるか
魅力的な店作りが急務か。(2019/4/2)

Microsoft 365で実現するクラウド時代のセキュリティ(1):
PR:知っていましたか? Microsoft 365で簡単に実現できるブラウザでの安全なリモートワーク環境
本稿は、Microsoft 365に含まれる「セキュリティ関連機能」にスポットを当てるシリーズです。公式ドキュメントからは読み取れない便利な機能を、⽇本マイクロソフトの技術営業チームが紹介します。今回のテーマは、読み取り専⽤モードでExchange OnlineとSharePoint Onlineを外部に公開する⽅法です。(2019/3/8)

稲穂の育成をIoTで見守る:
水田の水管理をセンサーで省力化 水位の変化をスマホで管理――飛騨市とKDDIが“スマート農業”の実証実験
飛騨市とKDDIは、水田の水管理を省力化するスマート農業システムの実証実験を2019年4月から開始する。水田に「水田センサー」と「自動水門装置」を設置し、水管理の省力化と作業負荷の軽減を図るとともに、米の生育ムラを解消して収穫量の向上や品質の安定化を目指す。(2019/2/22)

「ハリウッドと銭湯のコラボ」ってなんだよ! 「この映画宣伝がすごい! 2018 〜勝手に日本宣伝アカデミー賞」イベントレポート
村上佳菜子もB‘zも銭湯も!? 愛あるカオスがもりだくさんな2018年の映画宣伝を振り返る。(2019/2/26)

スマトラ島の防災センター、火山噴火や洪水などの災害を一元管理する富士通の「総合防災情報システム」を導入
インドネシアの北スマトラ州防災局の防災センターが、富士通の「総合防災情報システム」を導入。災害現場で職員がスマホアプリで報告する被災状況を、防災センターの大型ダッシュボードにリアルタイムに表示する。複数箇所で発生した災害も一元管理でき、災害発生時の迅速な初動体制の確立を支援する。(2019/1/30)

“IoT除雪車”全国で続々 大雪で「街の機能がほぼ停止」、教訓を糧に
石川県加賀市が、IoTを活用した、除雪車の運行状況をリアルタイムで把握するシステムを導入した。2018年2月、30年ぶりの大雪に見舞われたことがきっかけという。(2019/1/23)

中小企業が大企業に勝つ方法:
マツコが絶賛した予約殺到の「できたてポテトチップ」! “神がかったうまさ”の舞台裏に迫る
1953年創業の小さなポテトチップメーカー菊水堂。同社の「できたてポテトチップ」はマツコ・デラックスが絶賛したことで話題となった。そのおいしさはどのように生み出されているのか。舞台裏に迫った。(2018/12/26)

冬物衣料も苦戦:
三陽商会、約250人希望退職で特損22億円計上 18年12月期は6億円の最終赤字
三陽商会が、12月31日付で247人が希望退職すると発表。これに伴い、退職関連費用として約22億円を特別損失として計上する。2018年12月期の通期業績予想も下方修正し、最終損益は6億円の赤字を見込む。(2018/12/25)

ICT施工の実績や関心度をアンケート調査、「関心あり」が半数以上に
ヒューマンタッチ総研は国内の建設業の人材市場動向をまとめた2018年11月分のマンスリーレポートをリリースした。今回のレポートでは、建設業におけるICTの実施経験の有無と、関心度について建設技術者にアンケート調査した結果をまとめている。調査によると、ICT施工の実績はわずか8%にとどまった一方で、関心度については国土交通省が進めるi-Constructionの影響もあってか、「関心あり」の回答が半数を超えた。(2018/12/4)

原因不明 ニュージーランドの砂浜に大量のクジラが打ち上げられる
どうしちゃったの?(2018/12/1)

折り込みチラシなし! ポイントカードなし!:
午後7時閉店でも店長年収1000万円超え! 愛知県「地元密着スーパー」絶好調の秘密
愛知県東三河地方だけに5店舗しか展開していない「絶好調」のスーパーがある。「社員第一主義」を掲げ午後7時には閉店しているのに、店長の年収は1000万円を超える。その秘密に迫った。(2018/11/20)

「ポストパリ協定時代」における企業の気候変動対策(1):
世界で広がるESG投資、企業も気候変動対策を無視できない時代へ
気候変動対策への取り組みが、企業価値にも影響を与える時代になりつつある現在。本連載では「パリ協定」以降における企業の気候変動対策の動きについて概説し、各種イニシアチブの紹介や、それらが設立に至った背景、そして実際の企業の動きについて実例を交えて紹介する。(2018/10/17)

既存店売上高が不振:
ファミレス「ココス」が業績予想を下方修正 台風・豪雨で売り上げ減、人件費も上昇
ファミレスのココスジャパンが通期業績を下方修正。夏季に天候不順が相次いだ影響で、既存店売上高が不振だったことが響いた。人件費上昇も利益を圧迫した。(2018/10/15)

太陽光:
災害で損傷した太陽光発電所、発電損失リスクを残さない再生手法とは?
さまざまな災害によってダメージを受けた太陽光発電所では、太陽光パネルなど設備の交換が必要になる場合もある。しかし、目視で確認できる部分だけを交換するだけでは、将来の発電損失のリスクを見逃す可能性も。(2018/10/5)

総務大臣政務官/内閣府大臣政務官・小林史明氏:
必要なのは地方分権ではなく「標準化」、これからの行政に求められるITインフラ施策とは
自然災害を大きく印象付ける年となった2018年。災害時および事後の情報インフラの重要性が高まっているが、行政のシステムは使い勝手が悪い。"政界きってのIT通"小林史明氏に、いま必要なITインフラ施策について聞いた。(2018/9/28)

超初心者のための株講座:
上場以来の最高益なのに評価はイマイチ? マクドナルドの事例で学ぶ株価の謎
2001年に上場して以来の最高益となった日本マクドナルドホールディングスだが、足元の株価は好調とはいえない。知っているようで知らない株価の仕組みを分かりやすく解説する。(2018/9/27)

防災・減災やインフラ老朽化対策に大幅な予算計上、国交省の2019年度当初予算
ヒューマンタッチ総研は、国土交通省の2019年度(平成31年度)予算概算要求から分析した建設業の将来見通しをまとめた。(2018/9/25)

災害対策×ICT:
BIMで災害時にビル地下の“浸水リスク”を可視化、最短の「避難経路」と「所要時間」を提案
大成建設は、建物内部の浸水リスクを評価・判断するシステム「T-Flood Analyzer」に、避難経路と避難にかかる所要時間を算出する機能を追加した。新機能により、集中豪雨や台風など、近年都市の排水能力を超え、甚大な被害をもたらす水害に対して有効な防災計画が立案できる。(2018/9/14)

ヘルメットにセンサーを取り付けるだけの体調管理システム、2019年春に現場へ導入
戸田建設は村田製作所と共同で、IoTを活用した建設現場の作業者の生体データをヘルメットに取り付けたセンサーで取得する「作業者安全モニタリングシステム」を開発した。センサーデバイスは、作業用ヘルメットに装着するだけで、生体・環境情報を取得することができる。このシステムにより、健康状態を“見える化”することで、現場監督者が適切な管理を行い、作業者の安全確保が確実に行われる労働環境が実現する。(2018/9/5)

材料技術:
“軽やかな”耐震補強を実現するカーボンファイバー、建築でも採用広がる
小松精練と東京大学 工学部 建築学科 隈研吾研究室は、東京大学構内でイベント「この先に繋げる都市環境のアイディア」を開催。新たな建築材料として、カーボンファイバーによる耐震補強などについて紹介した。(2018/8/22)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
夏の甲子園に潜む“無限ループ”は「最悪の事態」が起きるまで続くのか
酷暑が続く中、高校野球の熱戦だけでなく、その大会運営に対する議論も白熱している。ただ、これまでの伝統や球児、関係者の思いを考慮すると、大きな変革は望めない。「夏の甲子園」と暑さ対策、“無限ループ”が続いていくだろう。(2018/8/17)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
“毎日安売り”のオーケーとコスモスが着々と進める“西友包囲網”
ウォルマートによる売却報道が飛び出た西友は、毎日安売りをするEDLP(Everyday Low Price)で苦戦している。しかし、同じスーパー業態のオーケーや、ドラッグストアのコスモス薬品のように、EDLPで成功しているケースもある。どこで差がついたのだろうか。(2018/8/7)

リンガーハット、8月10日から価格改定 天候不順で野菜の確保厳しい
人件費及び物流費も今後上昇することが予想されるため。(2018/8/3)

「昔はエアコンがなくても大丈夫だったのは今より気温が低かったから」は本当か 日本気象協会に聞いた
答えは気象庁の「ヒートアイランド監視報告2017」にありました。(2018/7/18)

日本だけじゃない:
7月は世界各地で異常気象 WMO報告 「最低気温が42度」の地域も
世界気象機関(WMO)は7月10日、7月に入ってから世界各地で異常気象が起きているという報告を発表した。(2018/7/11)

ハッシュレートが低下:
世界の異常気象、仮想通貨のマイニングに影響か 「中国の大洪水だけのせいじゃない」
世界の異常気象が仮想通貨マイナーを苦しめているようだ――7月8日、Financial Timesが報じた。中国四川省で起きた大洪水や、ヨーロッパの熱波などがマイニングのハッシュレート(採掘速度)を低下させたという。(2018/7/9)

NEXCO西日本、高速道路を無料開放 集中豪雨による通行止め迂回路として一部区間で実施
通行止めを迂回するための特例措置。(2018/7/9)

平年より22日早い:
関東甲信が早くも梅雨明け 6月中は初 景気にプラス?
気象庁によると、関東甲信地方が6月29日に梅雨明けしたとみられる(2018/6/29)

道でとける雪女「かき氷おごってほしいぞ」 真夏に出会った雪女がかわいい漫画に尊い夏の一日を覚える
こんな夏なら待ち遠しいな……。(2018/6/5)

気象庁がスパコン刷新 18ペタFLOPSの「Cray XC50」 台風予測など精度アップへ
気象庁がスパコンを刷新。理論最大性能は約18ペタFLOPSと従来の約21倍に上り、台風の影響や集中豪雨の可能性などの予測精度を高められるとしている。(2018/5/17)

引き合い強まる:
野菜高騰でキノコは堅調 ホクトが業績予想を上方修正
キノコの生産・販売などを行うホクト(東証1部)は5月8日、2018年3月期の業績予想を上方修正すると発表した。悪天候による野菜価格の高騰により、キノコ販売が堅調に推移した。(2018/5/8)

「食べ放題」攻勢も:
かっぱ寿司、最終黒字 “崖っぷち”のかっぱはよみがえるか
「かっぱ寿司」を展開するカッパ・クリエイトが18年3月期の連結業績を発表。減収なるも最終黒字に転換した。「食べ放題」などの施策はどのような結果を生んだのか。(2018/4/27)

「彗星でみんな窒息する」 天文学者「そんなこと言ってない」 昔からある”彗星デマ”とは?
はた迷惑なデマは今も昔もなくならない。(2018/4/9)

なぜ花粉の飛散量は毎日こんなに変わるのか 「1週間で500倍」の地域も
スギやヒノキの本数自体は、そこまで増減しないはずなのに。(2018/4/6)

多摩川花火大会、10月へ開催時期を変更 夏の集中豪雨や落雷の多発を踏まえて【訂正あり】
「来場者のさらなる安全・安心を最優先に運営するため」と川崎市は説明しています。(2018/2/27)

いまさら聞けないデザイン思考入門(後編):
コマツとランドログの事例に見る「デザイン思考」の実践
前編では、デザイン思考が求められている理由、デザイン思考の歴史、デザイン思考と従来型の思考との違いについて解説した。後編では、デザイン思考を実践するにあたり、押さえておきたいプロセスやその手法を、コマツが直面した課題やランドログのアプローチを中心に紹介していく。(2018/2/23)

「プライスロック」期間は3カ月に:
西友、食品・日用品500品目を平均7%値下げ
西友が食品・日用品約500品目を平均約7%値下げする。対象は、敷島製パンの「パスコ 超熟6枚切」(138円→128円)など。「プライスロック」期間は期間は3カ月に短縮する。(2018/2/22)

地元の産業育成:
沖縄の葉野菜不足を解消できるか? 沖縄セルラー子会社が目指すもの
沖縄セルラー電話から会社分割し、植物工場を利用した農産物生産・販売や観光情報サイトなどを運営する沖縄セルラーアグリ&マルシェ。その取り組みについて國吉社長に聞いた。(2018/2/8)

車載情報機器:
国内コネクテッドカー市場は2025年に2兆円規模に、2016年比で約5倍
矢野経済研究所は国内コネクテッドカー関連市場の調査を実施し、このほど調査内容を発表した。調査によると、2016年のコネクテッドカー関連市場の規模は3980億円で、2025年には2兆円規模に成長する見込みだという。(2018/2/1)

ビールは1986年並みの水準:
昨年のビール類出荷は過去最低更新、新ジャンルでアサヒが首位
ビール各社が発表した2017年のビール系飲料(ビール・発泡酒・新ジャンル)の課税出荷数量は前年比2.6%減だった。(2018/1/16)

人材不足も影響:
“シャンシャン特需”は? “パンダ銘柄”の東天紅、赤字転落へ
“パンダ銘柄”として話題になることが多い、上野に本店を構える中華料理店「東天紅」が今期は赤字に転落へ。(2018/1/11)

17年は6%減:
キリン、苦戦の新ジャンルに新商品 攻勢で立て直し急ぐ
キリンビールは、苦戦する新ジャンルカテゴリーに新商品「本麒麟」を投入。ビール市場全体の縮小傾向が続く中、低価格商品の立て直しを急ぐ。(2018/1/11)

熱電素子から下水監視の展示まで:
ここまできた!日本のエネルギーハーベスティング
「Embedded Technology 2017(ET2017)/IoT Technology 2017」で、エネルギーハーベスティングコンソーシアムがブースを出展。エネルギーハーベスティング技術を持つ国内企業、団体が共同展示を行った。(2017/12/1)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。