ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「adCenter」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「adCenter」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

Microsoftと米Yahoo!、Web検索契約を改正
Microsoftと米Yahoo!が、2009年に締結した10年間のWeb検索契約を改正し、Yahoo!がGoogleの広告ネットワークを採用することが可能になった。(2015/4/17)

特集:ノンコーディングでユニバーサルWindowsアプリを作ろう:
無償のオンライン型開発環境「Windows App Studio」入門
ユニバーサルWindowsアプリを、1行のコードも書かずに開発できるツール「Windows App Studio」。その開発からストアへの公開、Visual Studioでの編集までを解説する。(2014/11/7)

連載:Windowsストア・アプリ開発入門:
第11回 アプリに広告を出す(後編: 実践編)
Windowsストアアプリに広告を実装してみよう。今回は、マイクロソフトの「Windows 8アプリ内広告」を組み込んでみる。(2014/2/7)

連載:Windowsストア・アプリ開発入門:
第11回 アプリに広告を出す(前編:基礎知識編)
Windowsストアアプリの機能が完成したら、実際にストアで公開する前に、アプリをお金に換えるための機能を実装しよう。今回はマネタイズの仕組みを解説する。(2014/2/6)

欧州委員会、Googleの改善案を受け、独禁法違反調査を終了へ
欧州委員会は、Googleが検索結果を自社に有利になるよう操作したという競合の申し立てを受けて2010年から行ってきた独禁法調査の終了に踏み出した。(2014/2/6)

知らないと損するアプリをWindows ストアに登録するべき、これだけの理由:
PR:やられたらやり返す! アプリ事業で“倍返し”ができるWindows ストアの特徴とは
「Windows 8端末の全てに店舗がある」といえる、Windows 8からのアプリストア「Windows ストア」。配布方法や管理方法が変わり、アプリによるマネタイズの方法が多種多様に加わった、これまでのデスクトップアプリケーションにはない「Windows ストアアプリ」の特徴についてエバンジェリストに聞いた。(2013/10/1)

Googleと米Yahoo!がディスプレイ広告で提携 Y!がAdSenseとAdMob採用へ
昨年Googleの広告責任者を引き抜いた米Yahoo!が、Googleとディスプレイ広告で提携したと発表した。(2013/2/7)

Microsoft、Windows Phone 「Mango」アプリ登録を8月22日に開始
Microsoftが、次期モバイルOS向けのアプリの登録開始予定や日本向けのアプリストアの開店を発表した。(2011/7/21)

米Yahoo!、米国とカナダでMicrosoft adCenterへの広告プラットフォーム移行を完了
8月の検索エンジン移行完了に続き、ロードマップ通りホリデーシーズン前に有料検索をadCenterに移行した。(2010/10/28)

Twitterアプリのデモも:
Microsoft、「Windows Phone Developer Tools」の最終版を公開
「Windows Phone 7」向けアプリ開発ツールの最終版のダウンロードがスタート。独自の広告マーケットプレイス「Microsoft Advertising Exchange for Mobile」も同時に発表された。(2010/9/17)

米Yahoo!、米国とカナダの一般検索でのBing移行を完了
Yahoo!の広告主をMicrosoftのadCenterに移行させる作業は、ホリデーシーズン前に完了するとしている。(2010/8/25)

powered by Bing:
Yahoo!、有料検索の25%でMicrosoftのBingを利用
MicrosoftとYahoo!のGoogle対抗提携に基づくアルゴリズム移行作業が始まった。Webサイト管理者は自社サイトをBingの結果に正しく反映させるため、サイトを修正する必要があるかもしれない。(2010/7/22)

MicrosoftとYahoo!、検索提携のロードマップを明らかに
Yahoo!の広告顧客は、今夏の終わりごろからMicrosoft adCenterへの移行プロセスを開始する必要がある。(2010/5/10)

日本のヤフーも「Bing」採用へ 米Yahoo!とMSの検索提携で
「Yahoo!JAPAN」の検索エンジンも「Bing」に――米Yahoo!とMicrosoftの提携に伴い、日本のヤフーも、MSが開発したBingの検索プラットフォームを採用する可能性が高いという。(2009/7/30)

MicrosoftとYahoo!が提携発表 Yahoo!がBing採用
10年契約の下、Yahoo!は検索アルゴリズムと検索広告プラットフォームに、MicrosoftのBing検索エンジンを採用する。(2009/7/29)

Microsoft、Web解析サービス「adCenter Analytics」閉鎖へ
サービス打ち切りを発表する公式ブログには、Google Analyticsなど代替ツールへのリンク一覧が掲載されている。(2009/3/13)

Microsoft、次世代オンライン広告プラットフォーム開発で大手メディアと協力
Dow Jones OnlineやNew York Timesなどが「Microsoft PubCenter」の開発段階から機能に関するアドバイスを提供する。(2009/2/24)

MS、テレビ広告サービスのNavicを買収
MicrosoftはNavic買収により、テレビ広告事業を強化する。(2008/6/19)

MS、モバイル広告戦略の拡大を発表
Microsoftが携帯電話向け広告配信戦略の強化を明らかにした。(2008/5/22)

MSの組織再編で昇進した14人の幸運な幹部たち
Microsoftは社内の多数の部門に関係する大規模な組織再編で14名の幹部を昇進させた。(2008/2/20)

MS、「次世代デジタル広告技術」を紹介
マルチタッチスクリーンを使ったマーケティング技術や、動画内の邪魔にならない場所に広告を表示する技術などのデモが行われた。(2008/2/7)

MS、Excelで広告分析できるadCenter用ツールを発表
Microsoftは広告サービス強化を目指し、adCenterユーザーに向けたキーワード分析ツールや資格制度を発表した。(2007/12/4)

Microsoft、Facebookに2億4000万ドルを出資
GoogleかMSか、で注目を集めていた「Facebook争奪戦」で、MSが大きくリードしたことになる。(2007/10/25)

MS、コンテンツマッチ広告「Content Ads」をβ公開
Microsoftが、adCenterの一環として、コンテンツマッチ広告サービスのβテストを米国で開始した。(2007/9/1)

MS、広告関連部門を新設
Microsortが、買収完了したaQuantiveの事業のほか、AdCenter、ゲーム内広告などをまとめた新部門を設立した。(2007/8/14)

MS、07年Q2業績はVistaとOfficeの売上繰り延べで低調な数字に
Microsoftの2007会計年度第2四半期(2006年12月31日期末)の売上高は、ホリデーシーズン中のXboxコンソールの販売急伸と引き続き好調なサーバ製品に支えられ、125億4000万ドルを記録した。ただし、主要製品の売上高の計上を来期に繰り延べたために、数字の上では大幅減益となっている。(2007/2/16)

MSのオンライン検索サービスがモバイル対応に
携帯電話からMicrosoftのオンライン検索サービスを利用できるWindows Live Search for mobileのβ版が公開されている。多面的なアプローチで検索サービスのモバイル化を進め、広告オーディエンスの獲得を図っている。(2006/12/29)

MS、包括的な広告ソリューションを提供する新プログラムを発表
Microsoftは、複数の同社製品上での広告を包括的に提供する新しい広告プログラム「Digital Advertising Solutions」を発表した。検索連動型広告分野での不振を穴埋めできるだろうか。(2006/11/28)

クライアント、ビジネス部門は伸び悩むも、サーバとXboxが健闘、予想を上回る好成績を収めたMSの2007年度第1四半期
Microsoftの2007年度第1四半期は、好調なSQL ServerとXbox 360の販売により、前年同期比11%の収益成長と純益拡大を実現した。今期業績を受けて同社は2007年度予想を上方修正しているが、新製品の優待アップグレードプログラムに伴う繰り越し計上の実施を示唆している。(2006/11/27)

北米日産、Microsoftとのオンライン広告提携を拡大
北米日産がMicrosoftとの提携関係を強化。MSN、Windows Live、Xboxなど様々なツールを用いて、オンライン広告活動を拡大する。(2006/11/21)

Microsoft、オレゴン州ポートランドで無料Wi-Fiネットワーク構築
MSは広告プラットフォームとコンテンツでWi-Fi無料アクセスの専門企業と協力する。(2006/11/15)

MSのデータ収集はプライバシー侵害――消費者団体、FTCに調査要請
2つの消費者団体が、オンライン広告の手法にはプライバシー侵害の疑いがあるとして、米連邦取引委員会に苦情を申し立てた。(2006/11/2)

Googleに続き、MSが人気SNS「Facebook」と提携する狙い
Microsoftは米国で人気のSNS Facebookに広告を配信する契約を結んだ。今回の提携は、Microsoftのオンライン事業の業績向上につながる可能性がある。また同社は、QwestおよびVerizonとの提携を拡大しており、これはWindows Liveへのトラフィック増加につながるだろう。(2006/9/20)

Microsoftの新体制は今どうなっているのか?――コンシューマー分野編
Microsoftはオンラインサービスから撤退することも、Yahoo!などの大手競合を獲得することもしないが、利益を生むビジネスになるまで投資を続けることを明言している。また、Xbox事業は2008年度には黒字化が見込めるが、Zuneは当面赤字でのスタートになる。(2006/9/11)

米MicrosoftとFacebookが広告配信で提携
大学生を中心としたソーシャルネット、Facebookの広告配信にはMSのadCenterが使われることになった。(2006/8/23)

絶好調のWindowsクライアント部門と収益を圧迫するXbox/MSN
Microsoftの2006年度第4四半期は、複数年ライセンス契約の好調な販売により、前受収益が大幅に拡大した。その一方で、ホーム&エンターテイメント部門およびMSN部門の経費が、堅調な収益を圧迫することになった。(2006/8/2)

Gmailに対抗するActive Search機能、メール内のキーワード広告で差別化
提供が予定されている無償の電子メールクライアントWindows Live Mail Desktopに、ユーザーの電子メールに含まれる単語を基に検索語句の候補とテキスト広告を表示する機能“Active Search”が搭載される見込みだ。これはGmailに対抗する強力な武器となり得る。(2006/6/16)

MSNの轍は踏まない、Windows Liveはオンライン事業を救えるか?
急成長中のインターネット広告市場を狙うWindows Liveの投入は、Microsoftのオンラインサービス史上における大変革ではあるが、同社のビジネスのあり方を根本的に変えるものではない。MSNの轍を踏むことなく、業績不調が続く現在の状況を打破することはできるか?(2006/5/26)

Xboxの生産コストが圧迫、新興事業は赤字に再転落
2006年第3四半期は、オンラインサービスなどいくつかの分野での投資拡大のため、経費が予想を上回る結果となった。サーバー部門の業績は堅調に推移しているが、Xboxなどの新興事業は赤字に再転落している。(2006/5/16)

Microsoft、ゲーム内広告のMassiveを買収
Massiveの技術では、ゲームに出てくるソフトドリンクの缶や屋外広告、テレビ画面といった場所に広告ブランドを挿入できる。MicrosoftはXbox Liveなどのサービスで同社の技術を利用する。(2006/5/6)

Microsoft、米国でadCenterを全面導入
Microsoftは米国で、自前の新しい広告付き検索システム「MSN adCenter」を全面導入した。いずれMicrosoft傘下のサイトの広告を一手に管理できるようにする。(2006/5/5)

MSN広告料金の目減りは自社開発adCenterが影響
次世代の“Live”サービス上でのディスプレイ広告の販売、adCenterパイロットプログラムの段階的な拡大など、広告事業の拡充を進めるMSN。苦戦は続くが、市場勢力図の塗り替えを虎視眈々と狙っている。(2006/4/12)

MS、adCenterを米国でテスト開始
(2006/3/7)

MS研究機関がオンライン広告研究の新プロジェクトを続々と立ち上げ
Microsoftは同社の研究機関であるMicrosoft Research(MSR)とMSNを協力させることで、オンライン市場の新たな傾向を見極め、同社のオンラインサービスに速やかに組み込める技術革新に注力している。(2006/2/21)

Microsoft、最先端の広告技術研究所を設置
Microsoftはネットやテレビ、携帯を活用した広告技術の研究所「adLab」を開設。ビデオハイパーリンク広告などの新技術を披露した。(2006/1/14)

GoogleにならったMSのWebソフトサービス
Microsoftの「サービスとしてのソフト」戦略では、広告収入でまかなう無料サービスも提供する。これはGoogleにならったやり方だ。(IDG)(2005/11/2)

MS、「adCenter」で検索広告市場を席巻?
Microsoftの新しい検索広告システムでは、広告主が訴求相手を年齢、性別、住所で絞り込むことができる。(2005/9/28)

Microsoft、広告付き検索サービスの提供開始
Microsoftは10月、MSNの広告付き検索サービス「adCenter」の米国での試験導入を始める。(2005/9/27)

MS、広告付き検索システム「MSN adCenter」披露
Microsoftが新しい広告付き検索システム「MSN adCenter」を発表した。(2005/3/17)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。