ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「アラン・チューリング」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「アラン・チューリング」に関する情報が集まったページです。

AI時代の人間は「ガンダム」や「聖闘士星矢」のようになる:
パッと見ただけで年収が分かる時代が来る?――DMM亀山会長らが見通す未来
DMM.com会長の亀山敬司氏、gumi会長の國光宏尚氏、グリー会長兼社長の田中良和氏、ウォンテッドリー代表取締役CEOの仲暁子氏らが未来を見通す――。(2019/6/12)

セキュリティ・アディッショナルタイム(31):
君のコンパイラや開発環境は侵害されていないか?――開発者が「サプライチェーン攻撃」に加担しないためにすべきこと
セキュアな開発やコードスキャンに取り組むだけでは防ぎ切れないリスクとして「サプライチェーン攻撃」がある。Kaspersky Labは、2019年4月9〜10日に開催した「Security Analyst Summit 2019」で、その実態を紹介した。(2019/5/7)

チューリング賞、ディープラーニングに貢献のGoogleのヒントン氏、Facebookのルカン氏、モントリオール大のベンジオ氏に
“コンピューティングのノーベル賞”とも称せられるチューリング賞が、2018年度は3人の“ディープラーニング革命の父たち”に贈られる。Googleのジェフリー・ヒントン氏、Facebookのヤン・ルカン氏、モントリオール大のヨシュア・ベンジオ氏だ。(2019/3/28)

車両デザイン:
PR:リアルタイムがデザインを変える、RTXが再創造するビジュアライゼーション
CGが物理的に正しい光の表現を手に入れた。恩恵を受けるのは映画やゲームの世界だけではない。デジタルとVRを活用したモノづくりから、「バーチャルショールーム」のような新しいマーケティング戦略まで、自動車についても大きな変化が生まれる。そのためには、CADデータと最新のCG技術を組み合わせて活用することが不可欠だ。CGI(Computer Generated Imagery)のグローバルマーケットリーダーであるドイツのMackevision(マケビジョン)に話を聞いた。(2018/10/29)

組み込み開発ニュース:
NVIDIAの第8世代GPU「Turing」は、レイトレーシングとAI向けで2つのコアを採用
NVIDIAは、コンピュータグラフィックスのイベント「SIGGRAPH 2018」において、第8世代のGPUアーキテクチャ「Turing(チューリング)」と、Turingを搭載するプロ向けGPUボードの新製品「Quadro RTX 8000/6000/5000」を発表した。(2018/8/16)

4年前の「AIがチューリングテスト合格」騒動は何だったのか
2014年に、チューリングテストで初の合格者が出たと話題になった。しかし、このテストによって人工知能は知能を持つといえるのか。チューリングが意図したテストの内容とは。(2018/7/26)

NTT DATA Innovation Conference 2018レポート:
テクノロジーが自律的に拡張する時代に、いかにビジネスの勝機を捉えるか
人類は、歴史上何度かの転換点を乗り越えて進化を続けてきた。コンピュータがあらゆる領域で人類を超えるシンギュラリティの到来が叫ばれる今、破壊的に成長を続けるテクノロジーを企業はいかにビジネスに取り込んでいくべきなのか。(2018/2/21)

「AI/IoT時代のソフトウェア開発」講演レポート:
機械学習システムは「高金利クレジット」、ソフトの品質保証は難しいが可能性も
@ITとMONOistはセミナー「AI/IoT時代のソフトウェア開発〜ITとOTの出会う場所〜」を開催。同セミナーの「MONOist Quality Track」のレポートをお送りする。(2017/12/27)

Ethereum徹底入門
よく分かるブロックチェーン〜Ethereum(イーサリアム)とは?
ブロックチェーン技術の入門として、ブロックチェーン上でアプリケーションを構築し、実行できるプラットフォーム「Ethereum」(イーサリアム)、分散型自律組織(DAO)、スマートコントラクトについて解説する。(2017/8/25)

Over the AI ―― AIの向こう側に(13):
弱いままの人工知能 〜 “強いAI”を生み出すには「死の恐怖」が必要だ
AI(人工知能)には、「人間のアシストをする“弱いAI”」と「知性を持つ“強いAI”」があるという考え方があります。私は、現在の「AI」と呼ばれているものは、全て“弱いAI”と思っています。では、私たちは“強いAI”を生み出すことができるのでしょうか。それを考えるには、人間にとって、恐らくDNAレベルで刻まれているであろう普遍的な感覚、「死への恐怖」がヒントになりそうです。(2017/7/27)

統合が進む半導体業界:
ムーアの法則の終息でIDMの時代に“逆戻り”か?
米国サンフランシスコで開催されたコンピュータ関連のイベントで、半導体業界の専門家たちがパネルディスカッションを行い、「ムーアの法則」を中心に業界の今後について議論した。専門家の1人は、Appleの動きや、近年の大規模なM&Aの動きから、半導体業界はIDM(垂直統合型)に近い形に“逆戻り”するのだろうか、との疑問を投げかけた。(2017/7/6)

人工知能には“苦手分野”もある:
「AIへの過度な期待を懸念」、専門家らが議論
コンピュータサイエンス分野の団体が開催したイベントのパネルディスカッションにおいて、AI(人工知能)の専門家たちは、「ビッグデータやディープラーニングが、人類のあらゆる問題を解決するという見方が、強調され過ぎてはいないか」という懸念を示した。(2017/6/30)

“Webの父”ティム・バーナーズ・リー氏にチューリング賞
「WWWは歴史上最も大きなコンピューティングの革新の一つだ」と評価している。(2017/4/5)

東京工科大学 創立30周年記念公開講座:
AI研究の第一人者、松原教授が語る「人工知能は未来をどう変えるのか」
「人工知能は近く人間を超える」といった論もあるが、そもそも人工知能とは何であり、どのように発展し、どのような課題に直面しているのか。人間社会は人工知能とどのように付き合っていくべきか。AI研究の第一人者、松原教授が語る。(2016/11/15)

ロボットをビジネスに生かすAI技術(1):
人工知能とは何か――強いAIと弱いAI、チューリングテストとチャットボット、中国語の部屋
Pepperや自動運転車などの登場で、エンジニアではない一般の人にも身近になりつつある「ロボット」。ロボットには「人工知能/AI」を中心にさまざまなソフトウェア技術が使われている。本連載では、ソフトウェアとしてのロボットについて、基本的な用語からビジネスへの応用までを解説していく。初回は、人工知能/AIという言葉について、あらためて整理する。(2016/11/28)

Snapdragon 830を3個搭載する謎の「Turing Monolith Chaconne」、画像とスペック公開
米新興スマートフォンメーカーTuring Robotic Industriesが、液体金属フレームで「Snapdragon 830」を3個搭載する6.4型ファブレット「Monolith Chaconne」の構想を発表した。(2016/9/7)

アニメ監督×漫画家×小説家:
これからの人類はAIとどう向き合っていくべきか――「AIの遺電子」山田胡瓜と「イヴの時間」吉浦康裕、水市恵が語る現在と未来
これまでSFにしか存在しなかった、人間と見分けのつかない知性を備えたAIが近い将来、本当に実現するのかもしれない。そんなAIが実用化された社会はどんなものになるのだろうか。(2016/4/14)

スーパー科学者大戦!? 偉大な科学者たちが戦う格ゲー「Science Kombat」正式リリース
8連戦を勝ち抜いた先には「この世の真理」が?(2016/3/30)

人工知能研究の大家、マービン・ミンスキー氏が死去
24歳で世界初のニューラルネットワークラーニングマシンを開発し、MIT人工知能研究所を立ち上げたマービン・ミンスキー教授が88歳で亡くなった。(2016/1/26)

今どきの人工知能:
人工知能は、人間と同じ「思考」ではない
最近では、人工知能が入った家電が珍しくありません。掃除をしてくれたり健康的なメニューを推薦してくれたり――いかにも人間のような動作をしますが、少し怖いと思うことも。なぜなら、人工知能の中には人間は入っていないからです。(2014/10/31)

ドS美人面接官vs.モテたいエンジニア 転職十番勝負!:
PR:最終回 面接官が無慈悲で冷酷なマシーンでした
ドSで美人な面接官と1年以上にもわたる死闘を繰り広げてきたエンジニア(29歳)、今日こそは転職も恋愛も成就なるか、ならないのか???(2014/8/1)

史上初:
人工知能の13歳の少年、チューリングテストに“合格”
アラン・チューリング博士の命日に英レディング大学が開催したチューリングテストイベントで、初の合格者が出た。審査員の33%が人工知能のユージーンくんを人間だと判断したのだ。(2014/6/9)

分散コンピューティングの研究者、レスリー・ランポート氏がチューリング賞を受賞
Microsoft Researchの研究者、レスリー・ランポート氏(73)が、分散/並列システムの理論と実践への貢献を評され、2013年のチューリング賞を受賞する。(2014/3/19)

「IoTは大きな将来性を秘めている」
ARMチップ共同設計者ファーバー氏、チップ業界のイノベーションを語る
ARMチップの共同設計者、スティーヴン・ファーバー氏がComputer Weeklyのインタビューに応じた。彼が見るモノのインターネットの展望とチップ業界の現状とは?(2014/3/3)

津田建二の技術解説コラム【歴史編】:
PR:半導体の温故知新(2)――トランジスタ、ICとマイクロプロセッサの発明
今日のIC半導体の発展の元は、トランジスタの発明であることには間違いありません。半導体とは導体と絶縁体との中間の材料ですが、なぜ半導体トランジスタが発明されたことで、産業へのインパクトが大きいのでしょうか。集積回路やマイクロプロセッサの発明に対するインパクトはどうでしょうか?(2014/2/10)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/12/2)

マウスの発明者、ダグラス・エンゲルバート氏が88歳で死去
マウスの発明やハイパーテキスト、グラフィカルインタフェースの開発で知られる米国の発明家、ダグ(ダグラス)・エンゲルバート氏が88歳で亡くなった。(2013/7/4)

Database Watch(2012年10月版):
DBチューニングのキモはSQLにあらず!?
The Microsoft Conference 2012のDB関連セッションや、database.comサービスの勘所をウォッチ!(2012/10/11)

D89クリップ(47):
超エンジニアミーティングに集ったテクノロジ
ゴールデンウィークに行われたニコニコ動画のイベント「ニコニコ超会議」から「超エンジニアミーティング」の模様をお伝えする(2012/6/11)

スマート文具サミット:
スマホ連係文具でデジタル化するもの、あえて現物で残すもの
スマートフォンを使って手書きメモをデジタル化できる文具が今以上に普及したとき、どこまでをデジタル化するか、アナログとデジタルの境界線について議論してみました。(2012/5/25)

C言語の開発者、デニス・リッチー氏が死去
C言語とUNIXの開発で知られるデニス・リッチー氏が70歳で亡くなった。(2011/10/14)

「コンピュータの父」チューリング博士の論文、救われる
オークションに出されていたチューリング博士の論文が、ネットのキャンペーンに応えたGoogleや市民、英国民文化財記念基金の協力で縁ある場所に所蔵されることになった。(2011/2/28)

チューリング博士の論文を救え――ネットで寄付募るキャンペーン
オークションに出された「コンピュータの父」アラン・チューリング博士の論文を入手し、ふさわしい場所に展示するため、ネットで寄付を募るキャンペーンが実施されている。(2010/11/25)

PCの元祖「Alto」設計者のチャールズ・タッカー氏がチューリング賞を受賞
2009年のチューリング賞受賞者は、Microsoft Researchの技術フェローで、かつてXerox PARCで「Alto」を開発し、イーサネットの構築にもかかわったチャールズ・タッカー氏に決定した。(2010/3/10)

コーディングに役立つ! アルゴリズムの基本(8):
データ量を操る圧縮/展開を究めよう
プログラマたるものアルゴリズムとデータ構造は知っていて当然の知識です。しかし、教科書的な知識しか知らなくて、実践的なプログラミングに役立てることができるでしょうか(編集部)(2009/3/4)

RSA Conference 2008 Report
ITインフラ化して実現する“考えるセキュリティ”
面倒なだけのITセキュリティは、発想の転換と人間主導の基盤作りでビジネスチャンス創造の原動力となる。「RSA Conference」の基調講演では、ITセキュリティが抱える課題と今後の在り方について語られた。(2008/4/24)

瀬名秀明に聞く「仮想世界」「ケータイ小説」「初音ミク」
自分そっくりのアバターが、仮想世界で恋愛するとどうなるか――瀬名秀明さんの新作小説で挑んだテーマだ。SF作家で人工知能やロボットも研究する瀬名さんに、「ケータイ小説」や「初音ミク」をどう見ているかも聞いた。(2008/3/31)

インターネットは「統治」できるか?
インターネットは「誰か」が統治しているわけではなく、コンセンサスで成り立っている。そして関係者たちは、自分の利益のために動いている。(2007/11/28)

まつもとゆきひろのハッカーズライフ:
第6回 言語の重要性
ハッカーは、プログラミング言語にこだわる人がとても多いことで有名です。その理由はおそらく、プログラミング言語がハッカーの力と密接な関係があるからだと思います。言語は人間の思考をコンピュータに理解できる形で表現する手段なわけですが、同時に思考の道具でもあるのです。(2007/8/27)

業界変われば著作権も変わる? 落語、同人誌、ソフトウェアの場合
著作権をどう扱うかは業界によって異なる。落語はネタを無償で弟子に教えるから著作権料は取らないし、ソフトウェアはライセンスでしっかり契約する。著作権法という1つの法律で決めてしまうことの難しさ。(2007/4/13)

女性チューリング賞受賞者が語るIBMと技術と女性
1957年のIBMには多くの女性がいて、女性が管理職になるのは珍しいことではなかった。だがそれから10年で変わった――初の女性チューリング受賞者がIBMでの経験やテクノロジー分野における女性の役割を語る。(2007/3/7)

女性初のチューリング賞受賞者誕生
コンピュータ界のノーベル賞と呼ばれるA.M. Turing賞が、初めて女性に贈られることになった。(2007/2/22)

インターネットの先駆者、サーフ氏とカーン氏がチューリング賞を受賞
米国計算機学会は2004年のA.M. Turing賞を、TCP/IPの共同開発者であるヴィント・サーフ氏とロバート・カーン氏に贈ると発表した。(IDG)(2005/2/17)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。