ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「南極」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「南極」に関する情報が集まったページです。

MONOist 2024年展望:
2024年は月面探査の記念碑的な1年に、失敗続く民間月面着陸もついに実現するか
2024年もさまざまな話題がある宇宙開発。中でも「月面探査」はさまざまな取り組みが行われ、記念碑的な1年となりそうだ。この他、「ロケット関連」「深宇宙探査」の動向も紹介する。(2024/2/1)

JAXAの実証機「スリム」月周回軌道に投入成功 1月20日に月面着陸へ
宇宙航空研究開発機構(JAXA)は25日、日本初の月面着陸を目指して飛行中の小型実証機「スリム(SLIM)」を、計画通り、月を周回する軌道に投入したと発表した。(2023/12/26)

建機自動化:
JAXAと鹿島建設が“月面施工”を想定した建機の自律遠隔を実証
JAXAと鹿島建設、芝浦工業大学は、月面環境を想定し、「鹿島西湘実験フィールド」とJAXA相模原キャンパスをつなぎ、建機の自律遠隔施工の実証実験を行った。(2023/11/14)

ユニークなシーンを激写!「野生動物面白写真コンテスト」ファイナリスト発表 エアギターなカンガルーやタンゴを踊る馬など41作品
動物がすごいのか、カメラマンがすごいのか。(2023/10/6)

インドの無人探査機、月面着陸に成功 写真をXで公開
インドの月面探査機「チャンドラヤーン3号」が月面着陸に成功。同機が撮影した月面の写真もXで公開した。(2023/8/24)

コミケの売上に汚れた500円玉→洗ってみたら記念硬貨だった! すてきなサプライズにほっこり
樺太犬のタロとジロをかたどった、南極地域観測50周年の記念硬貨でした。(2023/8/24)

今年の7月は、1880年以降で最も暑い1カ月だった──米NASAが発表 「科学的に見ても正常ではない」
2023年7月は、1880年以降で最も暑い1カ月だった──米航空宇宙局(NASA)は8月14日(現地時間)にそんな調査結果を発表した。23年7月は、NASAの記録する過去7月の最高気温より0.24度高く、1951〜80年7月の平均気温と比較すると1.18度高かった。(2023/8/17)

「ゼルダの伝説」×BOSSのコラボ缶登場 オリジナルTシャツやボスジャンのプレゼントも
「ボス 伝説の序章」として主力5商品をリニューアル。(2023/8/10)

「よりもい」に感動 → アクスタ4つ持って南極へ 最強レベルのファンによる現地写真が強すぎると話題に
これは真似しようにも真似できない。アニメ「宇宙よりも遠い場所」の現地からお届け。(2023/7/16)

国内限定500本:
セイコー、国産初の「ダイバーズウォッチ」復刻 価格は46万円
セイコーウオッチは8月11日、「プロスペックス」シリーズから、1965年に発売した国産初のダイバーズウォッチのデザインを復刻したモデルを発売する。希望小売価格は46万2000円。世界限定1965本のうち、国内では500本を限定販売する。(2023/7/14)

南極観測船 VS ペンギン!? 船を怖がらないペンギンの漫画がかわいくてほほえましいと話題
ペンギンかわいい(2023/7/2)

NASA、「アルテミスV」の有人月着陸船はSpaceXではなくBlue Originに
NASAは、宇宙飛行士の月面滞在計画「Artemis V」で、ジェフ・ベゾス氏率いるBlue Originの月面着陸船を採用すると発表した。Aremis IIIとIVではイーロン・マスク氏のSpaceXの着陸船が採用されている。NASAは2社を競合させることで納税者のコストが削減され、定期的な月面着陸が可能になるとしている。(2023/5/20)

最強生物「クマムシ」を100倍の大きさで忠実に再現したカプセルトイ登場 「ずしりとした存在感」
タカラトミーアーツは25日、宇宙空間などの極限環境でも生存できるといわれる微生物「クマムシ」を100倍のスケールで忠実に再現したフィギュアをカプセルトイとして5月下旬に販売すると発表した。(2023/4/25)

法制度・規制:
回収率の低迷と漏洩が課題に――地球温暖化に影響するフロン類排出対策の現在
地球環境への悪影響が指摘されているフロン類。これまで国内外で排出量の抑制に向けた各種の施策が進められているが、フロン使用機器の廃棄時における回収率の低さや、仕様時の漏洩といった課題が残っている。こうしたフロン類の排出対策の現況を解説する。(2023/4/21)

「南極帰りの友人から南極の氷もらった」 好奇心を刺激する厚意の贈り物に「ステキ」「うらやましい!」
何万年もかけてできあがったというロマン。(2023/4/17)

やさしさの循環:
なぜラベル裏にマンガ? サントリーの「麦茶」に隠されたエコな仕掛け
コンビニや自動販売機で購入するペットボトル飲料。味は楽しんでも、ラベルデザイン、ましてやその裏までじっくり眺める購入客は、恐らく少数派ではないだろうか。実はボトル飲料のラベルには、あまり広く知られていない、ユニークな仕掛けが多く施されている。(2023/3/26)

NASA、有人月面着陸「アルテミスIII」計画の宇宙服を初披露
NASAは有人月面着陸計画「アルテミスIII」の船外活動用宇宙服のプロトタイプを披露した。デザインはApplt TV+の「For All Mankind」の衣装デザインを担当したデザイナー。月面着陸は2025年実行の予定だ。(2023/3/16)

アンコンシャスバイアスの学びを導入:
PR:南極観測隊の知られざるチームづくり 初の女性隊長に聞く、多様性を生む工夫とは
研究者やエンジニア、医師など多様なスキルを持つ人材が集まって、地球の環境変動を調査する南極地域観測隊。滞在期間が1年4カ月の越冬隊と、4カ月間の夏隊が毎年派遣されている。2018年に派遣された第60次南極地域観測隊で、女性で初めて副隊長 兼 夏隊長を務めた原田尚美さんに、厳しい環境で隊を率いるにあたり実践したチームづくりと、女性リーダーとしての工夫を聞いた。(2023/1/30)

路面凍結時の歩き方はペンギン? 海上自衛隊が指南
この冬最強といわれる寒波が到来し、北海道から九州まで氷点下となった1月25日の朝。海上自衛隊の公式Twitterアカウントが「滑りやすい地面の歩き方」を紹介した。(2023/1/25)

「宇宙よりも遠い場所」が舞台化、東京で5月に上演 キマリ役に堀内まり菜、小淵沢報瀬役に石井陽菜
「#ババババンビ」の岸みゆさんや、AKB48の北澤早紀さんも出演。(2023/1/24)

オランダの新興企業:
量子コンピュータ設計を簡素化、柔軟な極低温ケーブル
量子コンピュータ向けの極低温配線技術を開発するオランダの Delft Circuitsは、「Cri/oFlex」と呼ばれる革新的な量子コンピュータ向けケーブル技術を開発した。製品の詳細と開発の狙いを同社CEOに聞いた。(2023/1/11)

ペンギン「あたちも連れてって〜!」 ペタペタ歩きで人間に付いて行こうとする姿にハートを奪われる人が続出【南極】
かわええ。(2022/12/18)

ドン・キホーテ、公式キャラ「ドンペン」が引退!? 新キャラ「ド情ちゃん」に交代 「嫌だ」「無理」などショックの声広がる
「ドンペン」続投へ【12月16日19時45分追記】(2022/12/16)

スピン経済の歩き方:
ロイホのパンケーキが「テレビ番組の酷評」で、再ブレイクしそうなワケ
ロイヤルホストのパンケーキがテレビ番組で酷評され、ネット上でちょっとした騒ぎになっている。ファンの間からは怒りの声が多く寄せられているが、筆者の窪田氏はそれほどカッカする話ではなという。どういう意味かというと……。(2022/11/29)

導入事例:
タカミヤ、南極での建設現場に次世代足場を導入
タカミヤの次世代足場「Iqシステム」が、国立極地研究所の南極での建設現場に導入された。Iqシステムでは、階高が既存足場の170センチメートルから190センチメートルに延長しているほか、既存の支柱と比較して重量が2kg軽減している。(2022/11/29)

タイムアウト東京のオススメ:
2023年に訪れるべきではない観光地とは?
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2022/11/22)

世界の「すごいホテル」126軒を厳選して紹介する『地球の歩き方』が登場 南極やヴェルサイユ宮殿の敷地内に宿泊できるだと……
これはシビれる。(2022/10/15)

SAN値の心配はなさそうな「正気山脈」に探索者ニッコリ クトゥルフ神話TRPGのパロディイラストがかわいいと話題
高尾山かな?(2022/9/26)

Starlink、南極マクマード基地でも利用可能に
南極マクマード基地でSpaceXの衛星インターネットサービスStarlinkのテストを実施中だ。全米科学財団がツイートした。Starlinkはスペースレーザーネットワークを採用したとツイートした。(2022/9/16)

次なる挑戦、「はやぶさ2」プロジェクトを追う(21):
リュウグウより小さい直径わずか30mの小惑星へのタッチダウンは可能か?〜拡張ミッション【後編】〜
2012年5月から始まった小惑星探査機「はやぶさ2」のプロジェクトを追う本連載も今回で最終回。大成功となった小惑星「リュウグウ」からのサンプルリターンに続く「拡張ミッション」解説の後編として、2026年7月予定の小惑星「2001 CC21」のフライバイ観測、2031年7月予定の小惑星「1998 KY26」のランデブー観測について解説する。(2022/9/7)

スペインロケの福士蒼汰、ワイルド“ヒゲ姿”が画になりすぎ 共演女優と肩組んだ記念ショットに「カッコ良さ増してる」
福士さんどこでも華あるなー。(2022/8/6)

8頭身超えてるぞ! 福士蒼汰、ドラマ撮影中のスペインで183センチのモデルスタイルショット
全編英語のせりふで、オール海外ロケに挑戦中の福士さん。(2022/7/31)

南極ブリザード「平均風速25メートル毎秒以上、視程100メートル未満」 外出禁止令が発令されるほどの景色がすごい
15秒で南極の過酷さが伝わる。(2022/7/18)

メタバースで行われた発表会に参加 Zoomに比べて何がいいの?
コンサルティング大手のアクセンチュア日本法人が、同社として初めて発表会をメタバース上で行ったので、参加してみた。果たして、メタバース発表会はありなのか。(2022/7/13)

アザラシとペンギンを和菓子で表現! コロコロした形に「かわいすぎて食べれない」と絶賛の声
6月16日は「和菓子の日」。(2022/6/26)

これは欲しい! 「ムー認定」“オカルトの基礎知識”を凝縮した豪華本2冊 オールカラーで写真や図版を多数収録
普通に欲しくないですか? 価格は各2640円です。(2022/6/3)

天の川銀河の巨大ブラックホールの撮影に初成功 チリやハワイ、南極など8つの電波望遠鏡を使用
壮大。(2022/5/13)

さかなクンの自叙伝、主演・のんで2022年夏に映画化 イケメンな学ラン姿公開「これはすごい事件」
面白そう!!(2022/3/8)

アマプラ見放題の3月新着作品に「映画ドラえもん」40作品 「ソニック・ザ・ムービー」も
「映画ドラえもん」一挙配信。(2022/2/28)

「グッバイ、ドン・グリーズ!」レビュー 「よりもい」ファンの期待に応えた“疎外感”に向き合う傑作アニメ映画
和製「スタンド・バイ・ミー」であり、その先の飛躍もあった。(2022/2/19)

「イーロン・マスクになる可能性がある」:
サイバーエージェント藤田晋社長が、ホリエモンの宇宙ビジネスに出資した理由
サイバーエージェントがインターステラテクノロジズに出資を決めた理由を藤田晋社長がホリエモンに明かす。(2022/2/15)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
「ボヘミアン・ラプソディ」みたいな曲できる? Appleが買収したAI作曲ベンチャーが何者か気になる
Appleが買収したAI作曲を手掛けるベンチャー「AI Music」が何者か調べたら、意外と面白かった。(2022/2/8)

世代交代を成功させた新時代の「メガテン」 仕事の連絡を絶って遊び続けた歴年のファンが「真・女神転生V」をガチでオススメ
過去作への敬意も挑戦も兼ね備え、新たな境地も描いたシリーズ最高傑作!(2021/12/3)

3分インタビュー:
ランドセルが、約90%軽くなる「棒」とは? 購入予約数は約2000本に
ランドセルの重量化が腰痛や肩こりなどを引き起こす「ランドセル症候群」が小学生の間で広がっているという。そんな状況を改善すべく、大学生と小学生が協力して、ランドセルを約90%軽くする「棒」を開発した。棒でどうやってランドセルが軽くなるのかというと……(2021/12/2)

ラフレシアとウツボカズラがフィギュアに! 花弁やフタが動くギミック付き
食虫植物を観察するのが楽しい。(2021/12/6)

アマチュアチームが南極横断に挑戦 タイヤのない専用カスタムポルシェ356が超カッコイイ
挑戦は2021年12月に行われる予定です。(2021/10/21)

アニメ映画「グッバイ、ドン・グリーズ!」が「宇宙よりも遠い場所」とコラボ ムネアツ特別ビジュアル&特報映像が解禁
「よりもい」の4人が北を目指す3人組を語るナレーションも。(2021/10/19)

コウテイペンギンやホッキョクグマなど南極・北極の生物がフィギュアに! カプセルトイ「極地のいきもの」が登場
パーツが動かせる「あそべる生物フィギュアシリーズ」最新作。(2021/10/16)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
浦島太郎はノンフィクション?――未知や非常識に1歩踏み出すと新しい世界が広がる
探検も、人生も、最終的に目指すのは「いかにおもしろくするか」である。それでは「おもしろいとは何か」を考えるとその定義は難しい。探検家にとっての最高におもしろい人生とは。(2021/9/28)

「太陽の自転周期、緯度ごとでなぜ違う」の謎、スパコン「富岳」で解明 世界最大、解像度54億ドットで太陽を再現
千葉大学と名古屋大学の研究チームは、スーパーコンピュータ「富岳」を使い、太陽の自転周期が緯度ごとに異なる理由を解明。富岳を使い、太陽の磁場や熱流を、54億ドットの解像度でコンピュータ上でシミュレーションした。(2021/9/14)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。