ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「アンテナハウス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「アンテナハウス」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

Windows 10 The Latest:
アップグレードは大丈夫!? 各社のWindows 10対応状況まとめ
期間限定で無償アップグレードが提供されているWindows 10。だが無償だからといって飛びついていいのだろうか? アップグレードの成否を左右するハードウェア/ソフトウェア/サービスのWindows 10対応状況を取りまとめてみた。(2016/3/25)

アンテナハウス、電子書籍制作Webサービスをバージョンアップ
電子書籍制作Webサービス「CAS-UB」をバージョンアップ。編集のインタフェース改善と、さまざまな種類の電子書籍を作成するための機能強化を行った。(2013/12/18)

UXClip(32):
テストを通じて「より良いWebの実現」に貢献〜Test the Web Forwardレポート
Test the Web Forwardは「より良いWebの実現」を目的としたイベントだ。1日目はWeb標準に関する仕様書の読み方やWeb標準のためのテスト作成について学び、2日目には実際のテスト作成に取り組んだ。(2013/6/26)

縦書きレイアウトの国際標準化、民間団体などが推進
民間企業を中心に構成され、総務省も支援する「次世代Webブラウザのテキストレイアウトに関する検討会」が縦書きレイアウトの国際標準化に向け動き出している。(2012/9/11)

書籍デザイナー必読:
CSS3を使い、XHTMLコンテンツをEPUB電子書籍・CMYKなPDFに一括変換する手順
CSS3を使ったプロの書籍デザイナー向けワークフローが海外で紹介されている。XML/XHTMLコンテンツをEPUBおよび紙印刷用CMYK PDFの両方に変換するポイントなどがまとめられている。(2012/6/13)

製造業向けドキュメント変換ソリューション:
大手メーカーはもうグローバル開発&HTML5以降の世界を見ている
デジタルコミュニケーションズは、同社の持つXML文書変換技術を活用した製造業界向けドキュメント変換/活用ソリューションを発表した。情報の標準化・一元管理の布石として高い効果が期待される。(2011/4/8)

アンテナハウス、クラウド型汎用書籍編集/制作サービスを発表
アンテナハウスは、Webブラウザ上で書籍の内容を入力/編集し、EPUBやPDFを同時に出力できる「クラウド型汎用書籍編集・制作サービス」を発表した。(2011/2/1)

Webサービス図鑑/レビュー:
ファイル変換だけじゃない! 知っておきたいPDF関連Webサービス
「PDF変換Webサービス」は広く知られているが、実はもっと便利な機能を備えたPDF関連Webサービスも少なくない。今回は無料の6サービス+αを紹介しよう。(2010/3/29)

筆圧に応じて線の太さが変わる――「書けまっせ!!PDF4」最上位版
アンテナハウスは、「書けまっせ!!PDF4」の最上位グレード版「書けまっせ!!PDF4 プロフェッショナルPlus」を順次発売。ペンの色、線幅が指定でき、筆圧対応のタブレットでは筆圧に応じて線の太さを変えられる。(2010/1/14)

PDFファイルにペンタブで「手書き」できるソフト、ワコムから
「手書きでPDF」は、ペンタブレットと組み合わせて、PDF形式のドキュメントファイルに書き込みが行えるソフト。Word、Excel、PowerPointなど、Office形式の各ファイルへの書き込みにも対応している。(2009/10/28)

アンテナハウスから、サーバ上でPDF変換する「PDF Server V2.0」
アンテナハウスは、サーバ上のPDF変換、加工機能を複数のユーザーが共有して利用できる「Antenna House PDF Server V2.0」を発売する。(2009/10/28)

アンテナハウスの「PDFスイート3」、履歴やスナップショット機能を追加
アンテナハウスは、PDFの作成や編集が行える「アンテナハウスPDFスイート3」を発売する。最新版の「書けまっせ!!PDF4プロフェッショナル」「リッチテキストPDF5.2プロフェッショナル」を同梱し、PDFへの変換や編集が可能なスイート・ツールもバージョンアップした。(2009/8/21)

“紙の書類のように”PDFに記入できる「書けまっせ!!PDF4」、画像編集機能など強化
アンテナハウスは、PDFソフト「書けまっせ!!PDF4 スタンダード」「書けまっせ!!PDF4 プロフェッショナル」を発売する。(2009/7/22)

クセロの無償PDF作成ソフト、配布終了へ
アンテナハウスは、無償PDF作成ソフト「クセロPDF2」「瞬簡PDF ZERO」「クセロReader ZERO」の配布を終了すると発表した。(2009/6/15)

オフィス文書とPDFをシームレスに編集:
アンテナハウス、PDFツールで新スイートを発表
(2008/11/27)

変換したPDFをWordで修正――アンテナハウスの「PDFスイート2」
アンテナハウスは、PDFの作成や編集が可能な「アンテナハウスPDFスイート2」を12月下旬に発売する。OfficeファイルなどからPDFへの変換機能では、変換したPDFをWordなどで開いて修正できる機能も備えた。(2008/11/27)

WordやPowerPointをブラウザだけで共同作業、PDFに変換も アンテナハウス
「書けまっせ!!PDF Webサービス」は、WordやPowerPointなどのドキュメントファイルをアップロードすると自動的にWeb上で確認できるオンラインサービス。アップロードしたファイルをPDFファイルとしてダウンロードすることも可能だ。(2008/7/23)

アンテナハウス、PDF電子署名モジュールをバージョンアップ
アンテナハウスは、PDF文書に電子署名やタイムスタンプを付与できるモジュールの最新版を発売する。(2008/2/20)

“紙の書類のように”PDFに記入できる「書けまっせ!!PDF3」
PDFで配布された書類に必要事項を書き込むとき、わざわざ印刷して手書きしていないだろうか。「書けまっせ!!PDF3」を使うと、あたかもWordやExcel形式の書類のように文字を入力することができる。(2007/12/13)

紙をスキャンしたPDFもWord、Excelに変換──リッチテキストPDF4
配布されたPDFファイルをOfficeソフトのフォーマットに変換するリッチテキストPDF4。今回、OCR機能も搭載し、紙の資料をスキャンして作ったPDFからの変換も可能になった。(2007/12/6)

読者から見たBiz.ID:
「SmartOCR Lite Edition」って知ってる?
今週注目を集めた記事は「画像内の文字をコピー&ペーストする」。「SmartOCRとどっちが使い勝手が良いか試してみよう」などのコメントも寄せられました。はて、SmartOCRってどんなソフトでしょうか?(2007/11/2)

3分LifeHacking:
画像内の文字をコピー&ペーストする
資料をもらったら画像だった──。そんなときもあきらめず。無償の「クセロReader ZERO」を使えば、画像をPDFに変換してOCRをかけ、テキストデータを抜き出すことができる。(2007/10/30)

デジタル文書の作成・管理を便利にする2つの新製品、アンテナハウス
アンテナハウスはPDF文書に電子署名を付与するモジュールとXMLの組版ソフトの2つの新製品を発売した。(2007/8/7)

Adobe市場の3割獲得目指す──高速PDFビュワー「クセロReader ZERO」
クセロは、ページの入れ替えや削除、回転などの編集も行える高速PDFビュワーを無償で提供する。8月8日から配布開始。(2007/8/3)

3分LifeHacking:
PDFファイルを無料で分割・結合する
マニュアルなど、数十ページにわたる大きなPDFファイルのうち、特定のページだけをよく閲覧やプリントするなら、そこだけ“分割”できると便利だ。逆にばらばらになったPDFを“結合”できるソフトもある。(2007/4/10)

アンテナハウス、PDFに“ひと手間”かけて便利にするソフト2種を発売
アンテナハウスは、PDFファイルにテキストボックスを設置し、申請書などをプリントアウトせずにPCから直接書き込めるソフト「書けまっせ!!PDF2」とPDFファイルにしおりや目次を作成することで、長いPDF文書の閲覧性を上げるソフト「アウトライナー」を発売する。(2006/11/29)

第2回:活用法
PR:簡単・連続・高速スキャン機能を利用してビジネスの効率化を図れ!──ScanSnap S500活用のススメ
PFUが発売した「ScanSnap S500」は、アイデア次第でさまざまな用途に活用できる応用範囲の広いコンパクト両面カラースキャナだ。そこでビジネスシーンを中心に、ScanSnap S500の使いこなしテクニックを考えてみた。(2006/2/20)

アンテナハウス、変換精度を向上させたPDF作成ソフト「リッチテキストPDF V1.1」
アンテナハウスは、PDFデータ変換ソフト「リッチテキストPDF」の機能向上版となる「リッチテキストPDF V1.1」を発表した。価格は1万290円。(2005/11/28)

Interview:
サンはOpenOffice.orgコミュニティーをどう見ているのか?
意外と語られることのなかったサンとOpenOffice.orgコミュニティーの関係。サンは、OpenOffice.orgを基としてStarSuiteを出荷しているが、勢力はどのように作用しているのか? コミュニティー側との対談模様をお送りする。(2005/6/27)

アンテナハウス、PDFデータ変換ソフト「リッチテキストPDF」発売
アンテナハウスは、PDFから他形式のデータファイルへのコンバートに対応する変換ソフト「リッチテキストPDF for Windows」を発表した。価格は1万290円。(2005/5/25)

携帯電話でオフィス文書を検索・閲覧できる文書管理ソフトを開発
(2005/3/14)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。