ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「書類」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「書類」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

治験の大量文書をクラウド管理 医療業務を健やかに速やかに
新型コロナウイルスのワクチン開発でおなじみになった「治験」。大量の書類が発生し、コストや時間がかかる要因の一つになっている。この問題をクラウドを活用して取り組む企業がある。現在の状況や今後の展望を社長が明かす。(2021/4/16)

人事・総務・経理に調査:
紙が「業務効率を下げる」「業務量を増やす」と考える人は8割以上 その理由は?
 年度が切り替わる時期は普段より忙しいと「非常に感じる」「少し感じる」と回答した人事・総務・経理にその理由を尋ねたところ、約8割以上の人が紙の書類により「業務効率が悪くなっている」「業務量が増えている」と考えている。ペーパーロジック株式会社(東京都品川区)が電子契約についての意識調査を実施したところ、そんな事実が判明した。(2021/4/15)

KDDI、トッピングをユーザーと共創する「povo Power User Program」本エントリー開始
KDDIは、オンライン専用の新料金ブランド「povo」のサービスを開発・共創するメンバーを募集する「povo Power User Program」の本エントリーを開始。書類審査・面談などを行い、最大10人を採用する予定。(2021/4/13)

木村花さん侮辱容疑で30代男を書類送検 警視庁、立件2人目
フジテレビのリアリティー番組「テラスハウス」に出演していた女子プロレスラー、木村花さんがSNSで誹謗中傷を受けた後に死去した問題で、警視庁はTwitterで悪質な中傷を繰り返したとして、福井県に住む30代男を侮辱容疑で書類送検した。(2021/4/6)

これからの採用戦略を考える(2):
ミスマッチ・早期離職はなぜ起きる? “入社後に活躍する”中途社員を見極めるための心得
中途採用のミスマッチや早期離職を防ぐため、採用目的はどのように見直すべきか。書類選考や、面接、受け入れ時の注意点とは?(2021/3/18)

AI insideの衝撃【前編】売上を250%成長させるSaaSの逆セオリー
手書き書類を人工知能(AI)を用いて高精度にデジタルデータに変換するOCRソフトウェア 「DX Suite」を提供するAI insideは、2021年3月期の業績予想売上高が対直近年度+281%を見込み、3月期決算の国内上場企業で最も高い成長率での着地を見込んでいます。同社がいかにSaaSプロダクトを急成長させたか。また、新たに展開を加速させているAI プラットフォーマー化への展望を前編・後編でお伝えしていきます。(2021/3/12)

ドコモ、請求書などの再発行を有料化 4月請求分から
NTTドコモが、これまで無料としていた携帯電話料金の請求書や口座振替案内などの書類再発行を有料化する。(2021/2/8)

ドコモが請求書などの再発行を一部を除き有料化 2021年4月請求分から
NTTドコモが、紙の請求書類の再発行を原則有料化することになった。2021年4月請求分から適用され、手数料は新規発行時と同額となる。(2021/2/8)

リモートワークを止めないSaaS:
「郵便物のための出社」をなくす方法 書類の山をまとめてデータ化
会社に大量に届く郵便物。総務などが宛名を確認して、担当者別に振り分けているだろう。リモートワークの大きな障壁になる「郵便物のための出社」をなくす方法とは。(2021/1/25)

株式会社日本HP、株式会社大塚商会提供ホワイトペーパー:
具体例で見るテレワークの課題、紙書類の見直しやセキュリティ対策強化の実践法
新型コロナウイルスの感染拡大を機に一気に普及したテレワーク。アンケートから見えたテレワーク中に実際に生じた課題をもとに、紙書類の見直しやセキュリティ対策の強化など今すぐできる対策を紹介する。(2021/1/25)

TechTarget発 世界のITニュース
SAPが買収したQualtricsをIPOでスピンオフへ 「XM」のコンセプトで事業展開
2020年7月にQualtricsのIPO計画を発表したSAP。同年12月、IPOに向けた公式申請書類を米国証券取引委員会に提出した。(2021/1/22)

確定申告をスマホで完結 freeeが「電子申告アプリ」無償公開
freeeが、スマートフォンでの確定申告の電子申告に対応する「電子申告アプリ」を無償公開した。同社のアプリ「会計freee」と組み合わせて使うと、書類の作成から提出までがスマホで完結する。(2021/1/18)

株式会社日本HP、株式会社大塚商会提供ホワイトペーパー:
ペーパーレス化だけでは不十分、テレワーク時代に求められる文書管理の要件とは
テレワークの普及により見直しが加速している業務の1つに「文書管理」がある。しかし、紙書類からの脱却だけでは、効率的かつ安全な仕組みを作ることは難しい。運用の不安やストレスをなくし、セキュリティを高めるには、何が必要だろうか。(2021/1/18)

キャリアニュース:
企業の約6割が「5分未満」で書類選考、求職者は書類作成に5時間以上
転職サービス「bosyu Jobs」が「転職に関する実態調査」の結果を発表した。企業の約6割が書類選考を「5分未満」で実施している一方で、求職者は約4割が書類作成に「5時間以上」かけていた。経歴書で最も注視される項目は「職務詳細」だった。(2021/1/8)

キャラクターの衣服を削除したゲーム動画を販売 神奈川県警が容疑者を書類送検
神奈川県警が、ゲーム「DEAD OR ALIVE」シリーズ内の動画を無断で販売したとして、容疑者1人を書類送検。キャラクターの衣服を削除するなどの改変をゲームに加えていたという。(2021/1/6)

SBI証券、楽天証券、iDeCo申し込みをオンライン化 書類郵送不要に
 iDeCo(個人型確定拠出年金)の加入や移換の申し込みがやっとオンライン化される。(2021/1/6)

「DEAD OR ALIVE」シリーズのキャラクターを無断で“裸改変” DVD販売業者を書類送検
コーエーテクモゲームスは悪質な行為と判断し、刑事事件とは別に民事訴訟を提起する予定。(2021/1/6)

国税庁、M1 Macでの確定申告書類提出に注意喚起
ICカードリーダーライターやプリンタが正常に動作しない場合があるという。(2021/1/6)

個人事業主の開業手続き書類を無料で作成 「マネーフォワード開業届」提供
マネーフォワードは12月24日、個人事業主の開業届に必要な書類をWeb上で作成できる「マネーフォワード開業届」の提供を始めた。開業届や所得税の青色申告承認申請書などを、無料で作成できる。(2020/12/24)

仮想通貨取引所Coinbaseが上場へ
米Coinbaseが株式公開に必要な申請書類「S-1」を米証券取引委員会に提出した。上場の詳細は明らかにしていない。(2020/12/18)

製品動向:
大京アステージらがPCなどで管理委託契約書の手続きが可能なサービスを開発
大京アステージらは、PCやスマートフォンといったインターネットに接続する端末で、管理委託契約書などの手続きができ、場所や時間にとらわれず契約書類の締結が可能な「マンション管理契約電子化サービス」を開発した。(2020/12/16)

ドコモのファミリー割引、同性パートナー・事実婚も書類不要で加入OKに
家族間でドコモ回線を使っている場合に適用される「ファミリー割引」の受付条件が変わり、事実婚や同棲パートナーでも、家族確認の書類なしで加入できるように。(2020/12/3)

世界を読み解くニュース・サロン:
感染者最多の米国に「海外出張」 空港で実感した水際対策の違いとビジネス渡航の現状
新型コロナの感染者が最も多い米国に出張した。現地の入国では、新型コロナに関して緩い対応。一方、日本入国の際は多くの書類を渡され、一時隔離されて検査を受けた。訪問先の国によって対応も異なる。十分な情報収集と細心の注意があれば、ビジネス渡航は可能だ。(2020/12/3)

クラウドストレージ各社も“脱はんこ”に熱視線 テレワークの課題は「押印・業務可視化」 Dropbox調査
Dropbox Japanが「書類への押印」「チームメンバーの業務の可視化」などがテレワークの普及を妨げているという調査結果を発表。“脱はんこ”に向けた連携サービスやソリューションに力を入れる方針を明かした。(2020/11/25)

カプコン、不採用者の応募書類を破棄せず 採用ページには「責任を持って破棄」と記載も、サイバー攻撃で情報流出の可能性
不正アクセスでカプコンから個人情報などが流出した問題で、流出した可能性のある情報の中に、本来は破棄するとしていた採用応募者情報が約12万5000件含まれていたことがTwitterで話題になっている。カプコンは「表現が足りず誤解が生じた」として謝罪した。(2020/11/20)

製品動向:
労務安全書の作成を自動化するCLINOのクラウド、名簿情報は5分で
CLINOは、労務安全書類の作成や作業員の情報と勤怠の管理、請求書作りといった建設業の事務業務を一括して自動化するクラウドを開発した。(2020/11/16)

PR:経理もテレワークをあきらめない! 膨大な「紙」の電子化から始める業務改革
テレワークを導入する企業が増えているが、経理部門での運用には「紙の書類」というハードルがある。会計システム「OPEN21 SIAS」を提供するICSパートナーズは、手軽にペーパーレス化ができる機能によって経理部門のテレワークをサポート。会計業務に特化したシステムへの思いを峯瀧健司社長に聞く。(2020/11/16)

SNS使い接近 中国産業スパイの脅威
積水化学工業のスマートフォン関連技術を中国企業に漏えいしたとして、大阪府警が元従業員を書類送検した。中国企業は誰もが使うSNSを通して元社員に接近しており、中国の産業スパイ網が身近に忍び寄っていることが明らかとなった。(2020/11/9)

第1回 AI・人工知能EXPO【秋】:
「あの書類、どこやった?」AIが10万の書類から候補を提案 企業向け検索ツールが登場
AIを活用し、膨大な書類から関連性の高い書類を発掘できるサービスが「第1回 AI・人工知能EXPO【秋】」に登場。開発元に仕組みを聞いた。(2020/10/29)

請求書の電子化を基本料無料で NTT Comが45カ国法令対応のSaaSを発表
NTTコミュニケーションズは、紙の書類を電子化する基本料無料のクラウド型請求書電子化サービス「BConnectionデジタルトレード」の提供を開始する。ワークフロー機能やデータ連携機能も備える。(2020/10/13)

日本年金機構も原則「脱はんこ」 河野行革担当相がTwitterで明らかに
河野太郎行政改革担当相は10月6日、公的年金の行政手続きで利用者に求めている書類への押印を、一律廃止する方向で調整していることを明らかにした。(2020/10/7)

福岡市、行政手続きの“脱ハンコ”完了 市単独で見直せる3800種類全てで
福岡市が申請書類などの押印義務を廃止し、約3800種類の手続きで“脱ハンコ”が完了したと発表した。(2020/9/29)

株式会社日本HP、富士ゼロックス株式会社提供ホワイトペーパー:
テレワーク中の“ハンコ出社”問題を解決、「電子化」がもたらす多くのメリット
テレワークが普及するにつれ、日本の商慣習に根強く残る「紙書類」のやりとりが円滑なテレワークの実現を阻んでいる実態が明らかになってきた。働き方改革の推進やBCP対策としても、新たな仕組みづくりが急務となっている。(2020/9/16)

書類棚に凸凹付きシートを敷くだけでファイルがスッキリ自立 「たおれんシート」がまさに“縁の下の力持ち”
雪崩で教科書が曲がっちゃうのも解消できそう!(2020/9/15)

新薬開発の書類をAIで 7割時短 NTTデータが来春提供へ
新薬開発に必要な書類作成にAIを導入して効率化しようと、NTTデータは中外製薬と共同で実施した実証実験の結果を公表した。あらかじめ過去の書類データを読み込ませたAIを使い、実験したところ、最大で7割の時間短縮につながったという。(2020/9/9)

脱「紙書類」でDX:
富士ゼロックスが新会社を設立 ロボットで書類のホチキス外しなどを自動化
富士ゼロックスが米企業と新会社の設立で合意したと発表。9月中に営業を開始し、ロボットでホチキス外しやスキャンを自動化、紙書類のデータ化とクラウド保管をサポートする。脱「紙書類」を通し企業のDXを支援する考えだ。(2020/9/3)

現場管理:
事故報告書の自動生成とデータベース化を実現する「安全ポータル」
建設現場で事故が発生した際には、被災者の所属や症状、事故の経緯などを電話やメールで関係者に報告しないといけないため、手間がかかる。また、事故の情報を書類で保管すると、閲覧したい資料を探すのに多くの時間を要すという課題がある。そこで、戸田建設は、事故報告書を効率的に作成できるとともに、確かめたい事故情報を容易に見つられるデータベースの構築が可能なシステム「安全ポータル」を開発した。(2020/9/3)

静岡銀行、オンライン本人確認サービスで口座開設などを迅速化 郵便による本人確認が不要に
静岡銀行は、口座開設などの各種手続きの際、スマホで撮影した顔画像と本人確認書類の顔写真を照合して本人を確認するオンライン本人確認サービス「proost」を導入。インターネット取引における利便性向上とセキュリティ対策の強化を図る。(2020/8/17)

「年末調整書類を電子化したい」人事、総務が7割以上 ペーパーロジック調査
ペーパーロジックは「年末調整書類の電子化」に関する調査結果を発表した。調査によると、81.6%が「年末調整業務に負担を感じている」と回答した。(2020/8/17)

現場管理:
コンクリート工事の現場管理を省力化、西松建設が業務支援システム
西松建設は、コンクリート工事の施工管理業務支援システム「NCHyper」をハイパーエンジニアリングと共同開発した。工事データのクラウド上で一元管理、各書類への自動転記、電子印の活用により現場管理業務を省力化する。(2020/8/14)

第一生命、非定型書類も読めるAI OCRツールを導入 事務作業40%削減目指す
第一生命保険が、AIを活用したOCRツールを導入する。年間300万件発生する書類の確認やデータ入力作業を40%削減できると見込んでいる。(2020/6/26)

アフターコロナ 仕事はこう変わる:
銀行も前例こえて賛同 「#取引先にもリモートワークを」運動に共感が集まる理由
新型コロナの影響で普及したテレワーク。書類整理や押印の業務で出社が必要となるケースも多いことが課題になった。それを解決しようと呼びかける取り組みが「#取引先にもリモートワークを」というアライアンスだ。発起人に立ち上げの狙いや反響を聞いた。(2020/6/22)

リモートワーク自由自在:
プリンタもスキャナーもない自宅で、ExcelシートやPDFファイルにハンコを押す
いまだに「ハンコを押した書類を送ってください」といわれることがある。在宅勤務中なのに、そのためだけに出社するのは効率が悪い。仮の書類ならば、印影データを作成し、それを使って処理してもらおう。そのための印影データの作成から文書ファイルに押印するまでの方法を紹介する。(2020/6/18)

道端アンジェリカ、芸能活動再開と独立を発表 「モデルとして再スタートを切りたい」と動画でコメント
恐喝容疑で書類送検された件については「不起訴とし、事件がなかったことを認めていただいております」。(2020/6/15)

雇用調整助成金のオンライン受付で個人情報漏えい ブラウザの“戻る”で不具合
厚生労働省は、雇用調整助成金等オンライン受付システムで不具合による個人情報の漏えいを確認したと発表した。申請を行った1社の申請書類が他の事業者からも見える状態になっていたという。(2020/6/9)

電子サインサービス「Adobe Sign」がバージョンアップ セキュリティ機能を強化
2019年8月に、Forrester Consultingが実施した調査によると、Adobe Signユーザーが書類の署名をもらい文書をまとめるまでの時間は、同サービスの利用で7日間から2時間(96%減)に減少したという。(2020/6/4)

Windowsの「応答していません」を再現…… 絶望感のあるクリアファイル「フリーズファイル」販売開始
「重要書類の保管にどうぞ」。(2020/5/31)

日本アイ・ビー・エム株式会社提供Webキャスト
非定型の書類までデジタル化、「RPA×コグニティブOCR」がもたらす新たな可能性
ITによる自動化が模索されている中で、RPAは一早く導入されてきた。しかし、その利用が拡大する一方で、紙のデジタル化がボトルネックとなっているケースも見られる。従来のOCRでは読み込みが困難な非定型帳票に、どう対応すればよいのか。(2020/5/18)

AWSジャパン、仮想デスクトップなどの拡販に自信 監査法人なども利用 テレワーク需要で追い風か
AWSジャパンがオンライン記者発表会を開催。AWSの最新動向や活用事例を紹介した。昨今のテレワーク需要の高まりにより、仮想デスクトップ(VDI)サービス「Amazon WorkSpaces」などの引き合いが増えているという。顧客企業には、紙で書類をやりとりするケースが多かった監査法人なども含まれるとしている。(2020/4/23)

キングジム、シニア向けブランド「arema」立ち上げ 一工夫した「自分まとめファイル」、イヤフォンに見える集音器など 「暮らしに“あれま”の驚きを」
キングジムがシニア向けブランド「arema」を立ち上げた。重要な書類などをまとめて保管できる「自分まとめファイル」とイヤフォンにしか見えない集音器を4月から順次発売する。(2020/3/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。