ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「AOSテクノロジーズ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「AOSテクノロジーズ」に関する情報が集まったページです。

2018年中にブロックチェーンAPIを強化予定:
登録API数1000種類突破――API取引所「APIbank.jp」がリニューアルし本格稼働開始
AOSテクノロジーズは、API取引所のWebサイト「APIbank.jp」をリニューアルし、本格運用を開始した。サイトデザインを刷新し、API情報を提供する記事のカテゴリー分けやテスト可能なAPIのバリエーションの増強を行った。(2018/8/9)

APIの開発と販売を支援:
開発元を通さずにAPIの取引が可能に――AOSテクノロジーズが「APIbank.jp」を開設
AOSテクノロジーズはAPI取引所「APIbank.jp」を開設した。APIの開発元と利用者をつなげる流通プラットフォームで、個別にAPI開発元とやりとりせずに利用できる。API開発者に対しては開発支援サポートも提供する。(2018/3/16)

AOSテクノロジーズ、マルチデバイス/マルチOS対応のデータ同期ソフト「AOS Sync+」
AOSテクノロジーズは、マルチOS環境での相互利用にも対応したデータ同期ソフト「AOS Sync+」を発表した。(2014/10/14)

マウスコンピューター、同社製PCにオンラインバックアップサービス「AOSBOX Cool」90日体験版をプリインストールして出荷
マウスコンピューターは、同社製PCにAOSテクノロジーズ製オンラインバックアップサービス「AOSBOX Cool」90日間無料体験版をプリインストールすると発表した。(2014/8/8)

AOSテクノロジーズ、統合管理機能も備えたフィルタリングソフト「NetNanny インターネットフィルタリング」最新版を販売開始
AOSテクノロジーズは、同社製フィルタリングソフト「NetNanny インターネットフィルタリング」最新版のダウンロード提供を開始する。(2014/7/9)

AOSテクノロジーズ、OS入れ替えにも便利なドライブコピーソフト「ファイナルハードディスク/SSD入れ替え15plus」
AOSテクノロジーズは、ドライブコピーソフト「ファイナルハードディスク」シリーズの最新版を発表した。(2014/6/27)

AOSテクノロジーズ、社内PCの一括バックアップを行なえる法人向けサービス「AOSBOX Business」
AOSテクノロジーズは、法人向けのオンラインバックアップサービス「AOSBOX Business」を発表。管理者向けの各種設定機能も利用できる。(2014/6/26)

「ファイナルパソコンデータ引越し」活用:
無償の移行ツールを使ってWindows XPからWindows 8/8.1に移行する
サポート期限が切れるWindows XPを廃止し、新しいWindows 8/8.1に移行するには移行支援ツールの利用は必須。「ファイナルパソコンデータ引越しeXPress」というツールが期間限定ながら無償提供されている。その機能や使い勝手は?(2014/4/3)

XPサポート終了、あと1カ月:
「最後のお願いです」──マイクロソフト、「無償/無制限電話サポート窓口」開設 “でも、よく分からない”層を対象に
日本マイクロソフトが個人層向けサポート施策「XP搭載PCからの乗り換えサポート窓口」を期間限定で開設。“データ引っ越しソフト”も無償提供し「最後のお願い」とアピールした。(2014/3/3)

DSP版Windows 7/8/8.1に「ファイルナルパソコンデータ引越し9Plus」が付属した限定版を出荷開始
マイクロソフトの正規代理店4社は、DSP版Windowsに「ファイルナルパソコンデータ引越し9Plus」にダウンロード権を付属して出荷を開始する。数量限定での提供だ。(2013/10/7)

マウスコンピューター、同社製PC全モデルに“PC移行ソフト”を標準で導入――XPからの移行を支援
マウスコンピューターは、最新PC環境への買い替え支援として同社製PC全モデルにPC移行ソフトを標準で付属する。(2013/10/4)

Windows 8.1クロスロード:
第2回 Windows 8.1の「Windows転送ツール」ではXPから移行できない!?
Windows XPのサポート期限が迫る中、市販のPCはWindows 8.1搭載機が大勢を占めている。そこで、Windows 7/8と同様にWindows転送ツールでXPから8.1へ移行できるのか、テストしてみた。(2014/4/3)

バッファロー、XPサポート終了に伴う“OS乗換え支援”でAOSテクノロジーズと協業
バッファローとAOSテクノロジーズは、法人ユーザー向けのOS移行を支援するための協業を行うと発表した。(2013/8/29)

XPからの移行にも:
バッファロー、“データ引越しソフト”付きのUSB 3.0ポータブルHDD「HD-PCHU3」
バッファローは、USB 3.0接続対応のポータブルHDD「HD-PCHU3」シリーズを発表。データ移行ソフト「ファイナルパソコンデータ引越し9プラス」が付属している。(2013/8/28)

NEC、容量50Gバイトの個人向けオンラインバックアップサービスを提供開始
NECパーソナルコンピュータは、個人向けのクラウドストレージサービス「オンライン自動バックアップPowered by AOSBOX」の提供を開始した。(2013/4/15)

Japan IT Week 2011秋リポート(後編)
Android向けMDMの新サービスが相次ぐ――情報セキュリティEXPOの注目展示
IT関連の総合展示会「Japan IT Week 2011秋」。本稿は、その1つである「情報セキュリティEXPO」の中から注目の展示をピックアップして紹介する。(2011/11/11)

企業流モバイル「ログ」活用術:
日常業務の改善につなげる「ライフログ」ツールの使い方
企業では社員のさまざまな行動内容が「ログ」として蓄積、管理されますが、ログの新たな活用が企業のモバイル化によって注目されています。今回はログを社員の行動改善につなげる方法を紹介しましょう。(2011/10/27)

SMSを利用したマーケティングサービス、年内に提供開始へ
AOSテクノロジーズは米3Cinteractiveを協業し、携帯電話のショートメッセージを利用したマーケティング支援サービスを開始する。通信事業者を跨いだ配信が可能という。(2011/9/27)

古田雄介のアキバPickUp!:
“表裏一体”のアキバでWindows 7の一周年記念――セブン博&感謝祭
Windows 7の発売1周年を記念して、アキバで「Windows 7博覧会 2010(セブン博)」と「DSP版Windows 7 感謝祭 秋の自作祭り」が同時に開かれた。(2010/10/25)

AOS、ドライブイメージ作成にも対応したバックアップソフト「ファイナル丸ごとバックアップ」
AOSテクノロジーズは、HDDイメージバックアップソフト「ファイナル丸ごとバックアップ」を発売する。(2010/10/18)

Windows 7でNetbookを快適に:
MS、Netbook向けのWindows 7移行サービスを提供
マイクロソフトがNetbookユーザーを対象としたWindows 7移行促進キャンペーンを発表。システムビルダー4社と協力し、ハードウェアの強化やインストール作業を含むOS移行サービスを提供していく。(2010/4/20)

「Windows 7移行」に悩む企業に──MSが無料診断サービス
マイクロソフトは、法人のWindows 7移行を支援するサービス「IT基盤無料診断ツール」を開始。導入における課題やコスト、方法などのリポートが無料で得られる。(2010/4/5)

中小企業のWindows 7移行支援、MSとPCメーカーら共同キャンペーン
中小企業のWindows 7移行を支援する「Windows 7へお手軽引っ越しキャンペーン」をマイクロソフトとPCハード・ソフト8社が始めた。(2010/4/2)

NEWS
マイクロソフト、パートナー8社と中小企業向けのWindows 7移行支援策を展開
中小企業向けにWindows 7移行支援キャンペーンを4月より開始。ハード/ソフトベンダー8社と協力して、データ移行、PCの買い替えといった企業の課題に応える。(2010/4/2)

「“7”移行に悩んでいる」中小企業に:
MSら8社、中小企業向け「Windows 7移行キャンペーン」──企業PCの“買い換え”を支援
マイクロソフトとパートナー8社が、「Windows 7への移行を悩む」中小企業に向けた導入支援キャンペーンを4月1日より実施。法人PC割引販売などの施策を用意する。(2010/4/1)

マイクロソフト、中小企業のWindows 7移行を促進するキャンペーン
マイクロソフトは、販売パートナー8社と共同で中小企業でのWindows 7への移行支援を目的にしたキャンペーンを実施する。(2010/4/1)

実売シェアNo.1:
Windows 7対応の「ファイナルパソコンデータ引越し7ライト」――AOS製品発表会
AOSが環境移行ツール「ファイナルパソコンデータ引越し7ライト」を発表した。製品説明会にはマイクロソフトWindows本部の中川氏がゲスト出演し、Windows 7の好調をアピールする場面も。(2009/12/21)

AOS、Windows 7対応の環境移行ソフト「ファイナルパソコン引越し7 PRO」
AOSテクノロジーズは、Windows環境移行ソフト「ファイナルパソコン引越し」シリーズの最新版「ファイナルパソコン引越し7 PRO」を発表した。(2009/10/9)

ねとらぼ:
販売するのは毎日1品だけ ECサイト「超一品.com」
「今日の1品ください!」――1日1品だけ販売するサイトがオープンした。商品は日替わりで、午前0時を過ぎると前日の商品は購入できなくなる。(2008/10/31)

NEC、直販サイト「NEC Direct」にてビジネスPC「Mate J」「VersaPro J」の販売を開始
NECは、同社経営の直販サイト「NEC Direct」にてビジネスPC「Mate J」「VersaPro J」の販売を開始した。(2008/10/22)

NEC、新規ユーザー向け「データ復旧安心サービスパック」などをNEC Directにて提供
NECは、同社ショッピングサイト「NEC Direct」にて、データ復旧サービス「データ復旧安心サービスパック」および「Windows XP Professional インストールサービス」の提供を開始する。(2008/5/28)

OS起動せずデータを完全消去するソフト、「ターミネータ」最新版
AOSテクノロジーズは、データを消去するソフト「ターミネータ」の最新版、「ターミネータ8.0」シリーズを発売する。用意するのは完全消去タイプ、選択消去タイプ、両タイプのセット版の全3種。PCの廃棄や売却時などのデータ漏えいを、より確実に防ぐことが可能になったという。(2008/5/23)

AOS、データベース内のファイルを復旧するサービス
日本データ復旧サービスセンター(運営:AOSテクノロジーズ)は、データベースファイルの中身を復旧する「データベース復旧サービス」の提供を開始した。(2007/11/19)

自分のPC環境をUSBメモリで持ち運べる「ファイナルUSB」など2製品――AOSテクノロジーズ
AOSテクノロジーズは、PC内のデスクトップやマイドキュメントなどをUSBメモリに格納できる便利ツール「ファイナルUSBで私のパソコン2007」、およびHDDバックアップソフト「ファイナルBackUp2007 PRO」を発売する。(2006/11/30)

Linuxファイルシステムのデータ復旧も可能な「ファイナルデータ」最新版
AOSテクノロジーズは、同社製データ復旧ソフト「ファイナルデータ」シリーズの最新版となる「ファイナルデータ2006 拡張子追加版」を発売する。Linuxで用いられるEXT2/EXT3ファイルシステムのデータ復旧に対応した。価格は3万1290円。(2006/7/20)

3分LifeHacking:
HDDの故障の前兆をつかんでバックアップを万全に!
仕事のデータをバックアップするのは基本。しかし毎日バックアップするのは難しい人も多いだろう。HDD診断ソフトを使って故障前にバックアップしよう。(2006/7/3)

ドコモ、名刺サイズの「FOMA AVユニット」を開発
ロボットや監視カメラなどに組み込めば、遠隔地からFOMAを使って映像の送受信や操作が可能になる。サイズは名刺サイズ、価格は1万円程度を想定している。(2005/7/12)

WPC EXPO 2004:
ケータイあればペット安心? ペット監視カメラ最新事情
「携帯でペットの様子が分かります」――WPC EXPO 2004の会場で見かけた、携帯電話を利用したペット監視カメラを紹介する。(2004/10/21)

ザイブナーとAOS、ウェアラブル端末ビジネスを日米で共同展開
ウェアラブルコンピューターで有名な米ザイブナーとAOSテクノロジーズが共同でリモートメンテナンスシステムを開発、日米市場にビジネス展開することで合意した。(2004/7/6)

外から家電を操作する、FOMAの“何でもアダプタ”
外出先からFOMAをリモコンにして、テレビを見たり、クーラーを入れたり、ペットにえさをやったり──。ドコモは携帯電話とモノの連携を一歩進めるコントローラを開発した。(2004/3/30)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。