ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「出願」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「出願」に関する情報が集まったページです。

「ゆっくり茶番劇」問題について松野官房長官が答弁 「二次創作は独自に発展した文化と認識」「適切に保護されることが重要」
政府としても二次創作の存在は認識しているもよう。(2022/5/24)

「ゆっくり茶番劇」 柚葉さんが商標の抹消登録申請を行ったと報告
(2022/5/24)

ドワンゴ、「ゆっくり茶番劇」商標権放棄交渉や無効審判請求へ 相談窓口も開設
動画サービス「ニコニコ動画」などで親しまれてきた「ゆっくり茶番劇」が第三者に文字商標として登録された問題で、運営元のドワンゴが商標権者に対して放棄交渉を始めると発表した。放棄に応じなかった場合は、商標登録の無効化を目指し、無効審判を請求する。(2022/5/23)

ドワンゴ、「ゆっくり茶番劇」商標権の放棄交渉へ 応じなければ無効審判請求
ドワンゴは、「ゆっくり茶番劇」が第三者に文字商標として登録された件について、「ゆっくり茶番劇」商標権の放棄交渉などを行うと発表した。(2022/5/23)

ドワンゴ、「ゆっくり茶番劇」商標問題への対応策発表 商標権の放棄交渉や独占防止のための「ゆっくり」関連用語の商標出願
(2022/5/23)

施工:
既存建物杭と干渉する新設杭を遅滞なく打設する工法を開発、フジタ
フジタと日本コンクリート工業は、既存杭の撤去孔を効率的に、均質な改良土で埋め戻す「FUNC-RES工法」を共同で開発した。FUNC-RES工法は、既存杭の撤去孔に堆積した超軟弱土を適切な強さかつ均質な土質に改良し、その後、新設杭打設の施工効率を向上させる。加えて、施工期間や施工機械の稼働時間が短縮でき、CO2排出量削減だけでなく、周辺の生活環境で生じる負荷低減も期待される。2021年には、千葉県柏市内のマンション建替え工事でFUNC-RES工法を採用し、有効性を確認した。(2022/5/23)

「ゆっくり茶番劇」商標取得の柚葉さん、所属コミュニティーから「無期限の会員資格停止」処分 権利放棄の報告も?
誠意ある対応がなかったとしています。(2022/5/21)

ICT:
タワークレーン3次元自動誘導システムの精度と作業効率を高めるシステム、戸田建設
戸田建設は、タワークレーン3次元自動誘導システムの精度と作業効率を向上させる新たなシステムを開発した。(2022/5/19)

「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
踏み込んだ見解を記しています。(2022/5/16)

「ゆっくり茶番劇」が商標登録され物議 担当弁理士事務所「皆さまに愛されているとは知らず」
「ゆっくり茶番劇」という単語を商標登録したとするツイートが物議を醸している。同件を巡り、担当弁理士が所属する事務所は「皆さまに愛されているとしらずご迷惑をおかけした」と謝罪。一次創作元やニコニコ動画などが対応を検討している。(2022/5/16)

人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
大きな騒動となっています。(2022/5/15)

AIの成熟化を幅広い観点から分析:
スタンフォード大研究所、AI動向の年次調査レポート「2022 AI Index Report」を公開
スタンフォード大学の研究所が、AIの進歩や影響に関する最新の年次調査レポート「2022 AI Index Report」を公開した。(2022/5/9)

導入事例:
西松建設がシェルターと木質耐火部材のOEM契約を締結、木質耐火技術を取得
西松建設は、シェルターと木質耐火部材に関するOEM契約を締結したことで、シェルターが保有する木質耐火部材「COOL WOOD」を、オリジナルの木質耐火部材「META WOOD」として使えるようになった。(2022/5/9)

AI:
墜落制止用器具フック不使用者を自動検知するAIモデルを構築・検証、奥村組ら
奥村組と日立ソリューションズは、画像認識AI(人工知能)技術を活用した墜落制止用器具(安全帯)のフック不使用者を自動検知するAIモデルを構築した。(2022/4/28)

新建材:
透光性と断熱性を兼ね備えたエアロゲルガラスパネルを開発、竹中工務店
竹中工務店は、新光硝子工業とともに、窓に適用することで、建物の空調と照明のエネルギーを削減する「エアロゲルガラスパネル」を開発した。エアロゲルガラスパネルは、通常のガラスと同様の方法で取り付けることが可能なことから、パネルの厚さを一般流通材と合わせることで、市場への訴求を目指す。今後は、2023年までに、従来の既製品サッシに設置できる厚みのエアロゲルガラスパネを開発する予定だ。(2022/4/28)

スマートモビリティに関するトレンドと企業動向 第2回
業界横断でのトレンド分析を実施の上、個別領域のトレンドや主要プレイヤーの動向について分析している。(2022/4/25)

BCP:
一酸化炭素中毒を防ぐテレワークブース避難シェルターを特許出願
デバイスエージェンシーは、「テレワークブース避難シェルター」の特許出願を行った。火災時の一酸化炭素中毒を防ぐための緊急避難シェルターとして、平常時はWeb会議やその他業務を行うテレワークブースとして使用できる。(2022/4/22)

ECサイトの領収書を自動で取り込み電帳法対応保管 マネフォ「証憑自動取得機能」
マネーフォワードは4月20日、ECサイトなどで発行される電子領収書や電子請求書などの証憑データを、同社のクラウド会計ソフト「マネーフォワード クラウド会計」に自動で取り込む「証憑自動取得機能」の提供を始めた。(2022/4/20)

ランドセルを体感で約90%軽くする「さんぽセル」発売 発売前から4カ月待ちの大反響
小学生の発案で生まれて実用化された商品、特許出願済み。(2022/4/20)

ガラスに貼れる透明な吸音パネル、落合陽一さんのベンチャー企業とイトーキが共同開発
イトーキは19日、ガラスに貼れる透明な吸音パネル「iwasemi HX-α」を発表した。落合陽一さんがCEOを務めるピクシーダストテクノロジーズと共同開発した。(2022/4/19)

産業動向:
太陽光パネル施工管理システムの試験運用を開始、旭化成ホームズ
旭化成ホームズは、太陽光パネルの施工を効率化する「ボルト管理システム」を開発した。今後は、太陽光システムの設置数増加を見据え、施工精度の向上と施工・管理の省力化を同時に達成し、脱炭素社会の実現への貢献を目指す。(2022/4/18)

特許ポートフォリオを分析:
TSMC、Samsung、Intel……チップメーカーの運命を示す特許動向
特許ポートフォリオの構築は、成功への道として試行錯誤が繰り返されているが、確実な成功を保証するわけではない。まずその特許の数が1つの目安となるが、 企業が出願し取得する特許の品質は、同じくらい重要である。では、どの半導体メーカーが賢明な特許ポートフォリオを構築し、どの半導体メーカーが単に目的のために特許ポートフォリオを蓄積しているだろうか。(2022/4/28)

「ワクワクイベント」はドクター・中松の商標か 困惑の経産省、ワクチン接種促進「イベントワクワク」との混乱も
 若者の新型コロナウイルスワクチン3回目接種の促進や、イベント業界の需要喚起を目的に政府が「Go To イベント」に代わって検討している「イベントワクワク割」。一部で「ワクワクイベント」と報じられたが、実はその名称は、発明家のドクター・中松こと中松義郎氏(93)が特許庁に商標を出願したものだった。中松氏にその真意を聞いてみた。(2022/4/11)

山岳トンネル工事:
連続ベルトコンベヤーのずり出しを効率化する台車を開発、安藤ハザマら
安藤ハザマは、ICTにより山岳トンネル工事の生産性を高める取り組みとして「山岳トンネル統合型掘削管理システム(i-NATM)」の開発を推進している。その一環として、タグチ工業とともに、山岳トンネルでの連続ベルトコンベヤー方式によるずり出し作業の効率を高める「日々延伸型テールピース台車」を開発した。(2022/4/12)

知財ニュース:
特許登録件数の国内首位は三菱電機、意匠登録件数は2位――特許庁レポート
特許庁は2022年3月30日、2021年における、同庁の知的財産に関する取り組みや国内外の動向をまとめた年次レポート「特許庁ステータスレポート2022」を発表した。同レポートから特許登録件数と、意匠登録件数に関する項目を抜粋して紹介する。(2022/4/14)

脱炭素に貢献するスマートモビリティ領域分析および同領域の日本企業分析 第1回
今後、モビリティ業界において、一層重要性が増すと予想される4つの分野にフォーカスし、分野毎に技術・ビジネス動向を分析する。(2022/4/11)

牛乳パックでケーキを焼くレシピに「パックのコーティングが溶ける」と指摘 掲載メディアが謝罪し投稿削除
牛乳パックをケーキ型として使うのはNG。(2022/4/8)

プリンの裏面に描かれた“謎のイラスト”にジワる人が続出 「最初の1コマ目、なに……?」 真相をメーカーに聞いた
クセになりそうな画風。(2022/4/10)

増築を重ねた複雑怪奇な“廃旅館”がすごい迫力……! 鬼怒川の写真が廃墟好きにはたまらない
不気味な雰囲気がすごい。(2022/4/8)

「カービィの曲だと思ったのに」「間違い探し」 クラフトボスのキャンペーン、「ラベルの絵で特典を見分ける」のが難しいと話題に サントリーに意図を聞いた
よーく見ないと違いがわからない。(2022/4/8)

にじさんじ、手越祐也コラボ動画で謝罪 「投稿に値するクオリティに達しておらず」深くお詫び
関係各所に謝罪しました。(2022/4/8)

ごみの分別が捗る! サントリー「伊右衛門」のおみくじ付きラベルが「はがしたくなるいいアイデア」と話題に その狙いを聞いた
サントリーに導入の経緯を聞きました。(2022/4/8)

サンリオの新作ゲームが“サンリオ版DbD”と話題に キティやポムポムプリンらが追いかけっこ
※ホラーゲームではありません。(2022/4/8)

新料理番組「DAIGOも台所」を描いた漫画にホッコリ DAIGO本人&番組公式も反応「すごい!」「笑いました」
観てるだけで癒やされるタイプの料理番組です。(2022/4/9)

ランドセルも多様化、4人に3人は赤系と黒系以外を選択 新1年生の人気1位はピンク系
茶系やパープル系、青系といった色が好まれている傾向。(2022/4/8)

滋賀県に住んでみると、実際以上に琵琶湖を広く感じる……!? 体感を表現したイメージ図に共感多数
現地で見ると存在感がすごいですしね。(2022/4/9)

Twitterの巻き込みリプから脱出できるぞ! 一部のユーザーに「会話から退出する」機能をテスト実装
巻き込みリプライに不満を感じる人も少なくありませんでした。(2022/4/8)

「マーガリン←→マーガラナイ」「炒飯の一角」 ほのぼのだじゃれのイラストレーターがセンスの塊
どれをとってもじわる。(2022/4/10)

ドクター・中松さん、「ワクワクイベント」を去年商標出願していたことが判明 「さすが」「先見の明があるわ」
政府が「ワクワクイベント」という事業を検討していることが報じられていました。(2022/4/7)

EPOが2021年のレポートを発表:
欧州特許出願数は日本が世界3位、半導体が急伸
欧州特許庁(EPO:European Patent Office)は2022年4月5日(ドイツ時間)、「2021年EPO特許レポート」を発表した。それによると、EPO全体では、2021年に18万8600件の特許出願があり、2020年比で4.5%と過去最多を記録した。(2022/4/6)

知財ニュース:
半導体分野が過去5年で最高の出願件数に、2021年の欧州特許調査レポート
欧州特許庁は2022年4月5日、2021年のEPOへの特許出願動向を国、企業、技術別に分析した「2021年EPO特許レポート」を公開した。日本の出願動向としては、デジタル通信関連技術が自動車などの運輸関連技術の特許出願件数を初めて上回った他、半導体関連分野での出願件数が大きな伸びを示した。(2022/4/5)

世界を「数字」で回してみよう(69)番外編:
「それでもコロナワクチンは怖い」という方と一緒に考えたい、11の臨床課題
EE Times Japanでおなじみの「エバタ・シバタコンビ」が戻ってきました。今回は、「健康上の都合からワクチン接種に対する恐怖心がどうしても消えない」という読者、”K”さんのメールに端を発したものです。そこからシバタ医師が読み取った、コロナ後遺症への対応などを含む、11個のクリニカル・クエスチョン(臨床上の課題)をご紹介します。(2022/4/4)

分かりにくいけれど面白いモノたち:
麺と具が一緒なのに長期保存できて、麺がのびないパスタ「麺Quick」の異常さ
袋のまま電子レンジで2分30秒で出来上がって、皿にあけずにそのまま食べられ、1年保存もできる。そんなローリングストック向け製品がある。(2022/3/30)

新たなパンの経済圏:
最大3カ月待ち! 冷凍パンのサブスクが右肩上がりに伸びるワケ
独自の冷凍技術を使った「冷凍パン」の宅配サービスが、最大3カ月待ちの人気となっている。2017年に創業したパンフォーユーは、新たなパンの経済圏を生み出しているそうだが、具体的にどんなことをしているのだろうか。同社の矢野健太社長に聞いた。(2022/3/30)

5つの指標を表示:
ローンチ5日で完売に! 日本発の「スマートリング」が期待されるワケ
スマートリング「SOXAI Ring(ソクサイ リング)」の売れ行きが好調だ。クラファンのマクアケで販売したところ、わずか数日で個人向けの単体商品は完売となり、団体向けの10個セットも3月下旬時点で残り2つのみ。同製品を開発した「SOXAI」に、売れている理由を聞いたところ……。(2022/3/28)

従来型システム監視は失敗リスクが高まっている:
PR:なぜハイブリッド/マルチクラウドを前提とした運用管理を再定義すべきなのか?
さまざまな環境に分散したITインフラを効率良くモニタリングするシステム監視をどう実現すべきか。運用管理における業務プロセスの見直し機運が高まっている。導入のシンプルさと機能の豊富さで人気の「Hinemos」が目指すものとは何か。(2022/3/31)

FAニュース:
ボールねじの寿命を最大で2倍に、NSKが電動射出成形機向けに開発
日本精工(以下、NSK)は2022年3月22日、高負荷駆動用ボールねじを長寿命化する技術を開発し、電動射出成形機向けを中心に展開を開始すると発表した。2022年6月から受注を開始し、その後グローバルで展開する。(2022/3/23)

Y!mobile、抗菌&抗ウイルス対応の「かんたんスマホ2+」を3月24日に発売
ソフトバンクとウィルコム沖縄は、Y!mobileブランドの新商品として、京セラ製の4G対応スマートフォン「かんたんスマホ2+(ツープラス)」を3月24日に発売する。18日から予約を受け付ける。世界で初めて本体に抗菌と抗ウイルスの両方の塗装処理を施したボディーを採用した。(2022/3/17)

分かりにくいけれど面白いモノたち:
コンパクトな財布の宿命、「どう閉じるか問題」に驚きのアイデアで挑んだSYRINX「Hitoe Fold Less」
そうそう新しいアイデアが生まれてこない「コンパクトな財布」というカテゴリーに登場した斬新なアイデア。(2022/3/16)

“ビリギャル”小林さやか、名門コロンビア大学院へ合格を報告 受験決意公表から2年「意思あるところに道は拓ける!」
ハーバード大学は残念ながら不合格に。(2022/3/15)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。