ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ベイシア電器」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ベイシア電器」に関する情報が集まったページです。

エイサーのゲーミングノート「Predator Helios 300/Triton 500」に新モデル 高リフレッシュレート液晶搭載
日本エイサーが、ゲーミングノートPC「Predator Helios 300」と「Predator HeTriton 500」に新モデルを追加する。いずれも高リフレッシュレートの液晶とGeForce RTXを搭載し、ゲームのプレイをより快適にしたことが特徴だ。(2020/8/19)

マウスコンピューターが「浦和レッズオフィシャルパソコン」を発売! 触れるのは「埼玉県だけ」な背景は?
マウスコンピューターが浦和レッズ公式PCを発売した。埼玉県(発祥)の企業として、地元を盛り上げたいという思いが一致したようだ。(2020/2/12)

スマホ決済1月のキャンペーンまとめ PayPay、d払い、au PAYで“20%還元”が続く
12月に続き、1月もコード決済を中心にキャンペーンが盛り上がっている。20%還元の大盤振る舞いをしているところも多い。PayPay、au PAY、d払い、じぶん銀行スマホデビットのキャンペーンをまとめた。(2020/1/11)

au PAY、家電量販店で20%還元キャンペーン 最大1万ポイントを付与
家電量販店の対象店舗で「au PAY」を使って支払うと、最大20%のau WALLET ポイントを還元するキャンペーンを実施中。期限は1月13日まで。最大1万ポイントを付与する。(2020/1/6)

GoogleのメッシュWi-Fi「Google Nest Wifi」が日本上陸 11月29日発売
Googleのメッシュ型Wi-Fi(無線LAN)ネットワーク機器が日本に上陸する。先代の「Google Wifi」とは異なり、外部ネットワークに接続する「ルーター」と、Wi-Fiネットワークを拡張する「拡張ポイント」が別体化し、単品またはセットで販売される。(2019/11/28)

「Google Home Mini」改め「Nest Mini」、49ドルで発売
Googleの小型スマートスピーカー「Google Home Mini」の新モデルが、2年ぶりに登場した。名称が「Nest Mini」になり、新色「Sky」が追加された。米国での販売価格は49ドル、日本での販売価格は6050円(税込み)となる。【追記】(2019/10/16)

Googleのスマートディスプレイ「Nest Hub」が日本上陸 6月12日発売
Googleが5月7日(米国太平洋夏時間)に発表したスマートディスプレイの国内発売日が決定。同社の直販では1万5120円(税込)で販売される。【追記】(2019/6/5)

あの林先生が、あの流行語でPR:
個人ユーザー向け「XP乗り換え施策」開始──移行で5000円分特典、MSらPC業界団体が共同で展開
日本MSとPC業界団体のWDLCが2013年秋冬商戦の最新PC/タブレット購買促進キャンペーンを開始。個人Windows XP利用者に対する買い換え特典も用意し、林先生をキャンペーンキャラクターに起用して展開する。(2013/11/6)

PC販売ランキング(2011年1月24日〜1月30日):
春の新機種、“1モデルだけ”ランクイン──新チップセット不具合による影響が心配
PC各社より春商戦向け新モデルが発売されているが、順位変動の状況は例年よりやや遅め。インテル新チップセットの不具合で発売未定・延期となったモデルも多くあり、今後の春商戦の動向にかなりの影響を及ぼしそうだ。【2011年1月第5週版】(2011/2/4)

PC販売ランキング(2011年1月17日〜1月23日):
PCは新旧モデルの入れ替え期、売れ筋傾向に変化は?
春のPC新モデルがいくつか発売され、そろそろ売れ筋の傾向が変化してくる時期になってきた。今回はどのモデルがトップだっただろうか。【2011年1月第3週版】(2011/1/28)

PC販売ランキング(2011年1月10日〜1月16日):
新モデル登場直前の値下げ効果か、現行モデルの上位機種に人気集まる
PC各メーカーより2011年春商戦向けの新モデルが発表され、発売日も近づいてきた。新モデル登場直前の今回は、現行モデルの上位機種が順位を上げる動きを見せた。【2011年1月第3週版】(2011/1/21)

PC販売ランキング(2011年1月3日〜1月9日):
PC春モデルもうすぐ登場──現モデルにじわじわ“値下げ”傾向、順位変動も
年明け早々、複数のメーカーより春商戦向けのPC新モデルが発表された。それに応じて現行モデルを値引き販売する店舗もあり、ノートPCの人気傾向に若干の変動が見られた。【2011年1月第2週版】(2011/1/14)

PC販売ランキング(2010年12月20日〜2011年1月2日):
年末年始、最も売れたPCは?
福袋セールなどでPCを安く購入した人も多そうだが、年末年始休暇期間で人気だったPCは何だろうか。今回は年末と年始、2回分のランキングを掲載する。【2010年12月第4週〜1年1月第1週版】(2011/1/7)

PC販売ランキング(2010年12月13日〜12月19日):
PC冬商戦本格化、各店舗「プライベートルームの地デジ化はPCで」とアピール
12月も半ばに入り、PCの人気傾向は定まりつつあるが、量販店ではこのPC秋冬モデルの購買を促すアピールが盛んに行われている。【2010年12月第3週版】(2010/12/24)

イー・モバイル、浜松町や市ヶ谷にキャリアショップを開設
イー・モバイルが、2010年12月に開設したイー・モバイルショップを発表した。(2010/12/24)

PC販売ランキング(2010年12月6日〜12月12日):
デスクトップPCの売れ筋は地デジ付き液晶一体型──人気は「VALUESTAR N」
2010年冬商戦期が訪れたが、今回のPC販売ランキングは大きな変きがなかった。人気モデルの傾向は半ば固定化した印象だ。【2010年12月第2週版】(2010/12/17)

PC販売ランキング(2010年11月29日〜12月5日):
ノートPC売れ筋はA4オールインワンの秋冬モデル──中でも人気はNEC「LaVie S」
12月に入り、2010PC秋冬モデルにおける売れ筋の傾向がはっきりしてきた。同時に順位の変動もやや少なくなってきている。【2010年12月第1週版】(2010/12/10)

PC販売ランキング(2010年11月22日〜11月28日):
家電エコポイントの駆け込み需要、PC販売状況にも“若干”タナボタも
家電エコポイントの駆け込み需要で、11月末は家電量販店がかなり賑わった。PCはエコポイントの対象ではないが、“それならば”需要がそこそこあったようだ。【2010年11月第4週版】(2010/12/3)

PC販売ランキング(2010年11月15日〜11月21日):
PC販売状況、じわじわ活発化──ノートPCはTOP10すべてが秋冬の新モデルに
PCの売れ筋は9月〜10月にかけて発売した2010年秋冬モデル。ノートPCはランクインしたすべてのモデルが秋冬の新モデルで占められた。【2010年11月第3週版】(2010/11/26)

ベイシア電器、独自ブランドPCにFF14動作推奨ゲーミングモデルを追加
ベイシア電器ブランドのデスクトップPC「B-VALUE PC」シリーズに、FF14推奨認定のゲーミングモデルと4万円台のベーシックモデルが追加される。11月26日発売。(2010/11/25)

マウスコンピューター、Core i3/i5搭載デスクトップPCを各社より発売
マウスコンピューターは、上新電機/エディオン/ベイシア電器にてCore i3/i5搭載デスクトップPCを発売する。(2010/2/12)

2009年PC秋冬モデル:
マウスコンピューターがWindows 7搭載PCを発表
マウスコンピューターは、最新OS「Windows 7」を搭載したノートPC/デスクトップPCの予約受け付けを10月18日より開始し、10月22日に出荷する。価格は3万円台から。(2009/10/14)

意外と違う価格と中身:
PCメーカー各社のWindows 7 優待キャンペーンを比べてみる
マイクロソフトが明らかにしたWindows 7アップグレードキャンペーンにあわせて、多くのPCメーカーが独自の優待キャンペーンを実施する。ここでは、その内容を比べてみる。(2009/6/26)

マウスコンピューター、Windows 7優待キャンペーンを開始――有償アップグレード代行も実施
マウスコンピューターは、「Windows 7 優待アップグレードキャンペーン」の概要を発表した。(2009/6/26)

ベイシア電器、オリジナルPC「B-VALUE」新モデル3機種を発表――ゲーミング推奨モデルも
ベイシア電器とマウスコンピューターは、オリジナルコンセプトブランド「B-VALUE PC」の新モデル3機種計4モデルを発表した。(2008/9/8)

マウスコンピューター、ベイシア電器茂原店にダイレクトショップを開設
マウスコンピューターは、全国7店目となるダイレクトショップをベイシア電器茂原店に開設する。(2008/3/7)

ベイシア電器、オリジナルPC「B-VALUE PC」の新モデル3機種を発表
マウスコンピューターとベイシア電器は、オリジナルコンセプトPC「B-VALUE PC」の新モデル3機種計6モデルを発表した。(2008/2/28)

ベイシア電器、Vista Ultimateをプリインストールした「リネージュII」推奨デスクトップPC発売
マウスコンピューターとベイシア電器は、オンラインRPG「リネージュII」推奨モデルとなるミニタワーデスクトップPC「B-VALUE LN2-FK」を発表した。(2007/12/19)

ベイシア電器、オリジナルPC「B-VALUE」新モデル計6製品を発売
マウスコンピューターとベイシア電器は、オリジナルPC「B-VALUE」の新製品となる3モデル計6機種を発表した。(2007/11/22)

マウスコンピューター、ベスト電器/ベイシア電器販売のオリジナルPCを発表
マウスコンピューターは、ベスト電器販売のオリジナルPC計2製品、およびベイシア電器販売モデル計5製品を発表した。(2007/6/15)

ベイシア電器、「B-VALUE PC」よりVista搭載デスクトップPC2製品――5万円台から提供
ベイシア電器とマウスコンピューターは、オリジナルコンセプトブランド「B-VALUE PC」シリーズよりWindows Vista搭載デスクトップPC2製品を発表した。(2007/1/26)

ベイシア電器、Core 2 Duo搭載のリネージュII推奨デスクトップを発売
MCJとベイシア電器は、コンセプトブランドPC「BEST VALUE PC」の新モデルとなるCore 2 Duo搭載デスクトップPC「B-VALUE LN2-R」を発売する。(2006/10/13)

ベイシア電器、Core 2 Duo搭載のグラナド・エスパダ推奨デスクトップを発売
MCJとベイシア電器は、コラボレーションPC「B-VALUE」シリーズの最新モデル「B-VALUE GE」を発売する。初回生産分にはグラナド・エスパダのクリアファイルが同梱される。(2006/9/15)

MCJ、リネージュII推奨ミニタワーPCをベイシア電器より発売
MCJとベイシア電器は、オリジナルブランド「BEST VALUE PC」シリーズの新モデルとして、Pentium D 940搭載ミニタワーデスクトップPC「B-VALUE LN2」を発売する。リネージュIIゲーム本体および3日無料チケットが付属。価格は13万9700円。(2006/6/2)

ベイシア電器オリジナルPCにリネージュII推奨モデル「B-VALUE A922025SM」
MCJとベイシア電器は、コラボレーションPC「BEST VALUE PC」シリーズ製品としてPentium D搭載のリネージュII推奨デスクトップPC「B-VALUE A922025SM」を発表した。価格は13万9700円。(2006/2/24)

ベイシア電器とMCJ、オリジナルブランドPCにブラックカラーのハイエンドモデル
ベイシア電器とMCJは、オリジナルブランドPC「BEST VALUE PC」シリーズ製品として、ブラックカラーの新筐体を採用するミドルタワーデスクトップPC「BA632020DRV」を発表した。価格は11万9700円。(2005/8/8)

MCJとプラグシティ、ベイシア電器ブランドPC「BEST VALUE PC」に新モデル
MCJとプラグシティは、ベイシア電器ブランドPC「BEST VALUE PC」シリーズに新筐体を採用したスリムタイプ/ミドルタワーPCの2モデル3製品を追加発表した。(2005/7/7)

ソルダム、ベイシア電器とのコラボPC「B VALUE」を発売
ソルダムは、ベイシア電器とのコラボレーションブランド「B VALUE」を発足、第1弾となるデスクトップPCを発売する。価格は11万9700円(税込み)。(2005/2/17)

MCJ、ベイシア電器店舗で同社製モバイルノートPC発売
MCJは、ベイシア電器店舗にて同社製モバイルノートPC「BD-33012N」を発売した。価格は13万7700円。(2005/1/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。