ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ビットアイル」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ビットアイル」に関する情報が集まったページです。

成迫剛志の『ICT幸福論』:
“攻めのIT”ができる情シスになるために(1)
「うちの情シス、ダメで……」という経営層の嘆きを耳にした著者が、その処方箋として「“攻めのIT”ができる情報システム部門への改革」を考察。数回に分けて紹介していく。第1回は“攻めのIT”の概要と、改革のための検討要素として「情報システム部門の位置付け」を紹介する。(2016/5/31)

e-ZUKAスマートフォンアプリコンテスト2015:
九工大生のチームが開発した結婚式用イベント管理アプリがグランプリ受賞
福岡県飯塚市が、スマートフォンアプリのアイデアやデザイン、技術力などを競うコンテスト「e-ZUKAスマートフォンアプリコンテスト2015」の最終審査会と表彰式を開催。開催4回目にして初めて九州工業大学の学生がグランプリを獲得した。(2015/11/25)

医療IT最新トピック
富士通、産婦人科向け専用電子カルテシステムを販売開始
富士通の産婦人科専用電子カルテシステム、インフォコムが発表したがん患者への投薬指導を支援するシステムなど、医療IT関連の最新トピックを紹介します。(2015/11/20)

「OpenStack Summitの歩き方」リポート(2):
OpenStackの波に乗る企業、それぞれの市場創出へのアプローチ
OpenStackのエコシステムに参加する企業が増えている。日本国内でも、OpenStackの技術を軸に多様なアプローチで市場をもり立てようと試みる企業が増えてきた。(2015/8/6)

福岡県飯塚市主催の「e-ZUKAスマートフォンアプリコンテスト2015」募集開始
協賛企業から出題されたテーマに沿った作品を募集する、スマートフォンアプリのコンテスト「e-ZUKAスマートフォンアプリコンテスト2015」が今年も開催される。グランプリ賞金は30万円。(2015/5/22)

主要パブリッククラウドとの接続で差別化:
ビットアイル、サービスとしてのOpenStackクラウドなどを発表
ビットアイルとビットアイル総合研究所は、2015年2月3日、OpenStackによるホステッドプライベートクラウドサービス、無償のハイブリッドクラウド実証環境、OpenStackトレーニングプログラムの提供を発表した。(2015/2/10)

「NetApp Private Storage for Microsoft Azure」:
ネットアップ、クラウド直結ストレージ・ソリューションを国内提供開始
 ネットアップは2015年1月26日、Microsoft Azureユーザーが、ストレージとしてネットアップの装置を活用できるようにするソリューション、「NetApp Private Storage for Microsoft Azureの国内提供開始を発表した。(2015/1/26)

顧客のニーズに最適なクラウドを提供するために:
PR:ノウハウを蓄積して“最先端のハイブリッドクラウド”の提供に生かす
マイクロソフトの「Cloud OS Network(COSN)プログラム」に参加し、一貫性あるプラットフォームを実現する「Microsoft Cloud Platform」ビジョンを協働で進めるビットアイル。COSNプログラムへの参加の意図や成果について、ビットアイルの鎌田健太郎氏と鈴木大昌氏に話を聞いた。(2015/1/19)

柔軟で一貫性あるプラットフォームを提供するために:
PR:マイクロソフトとクラウドパートナーが目指すハイブリッドクラウドの最適解
マイクロソフトは「Microsoft Cloud Platform」というビジョンの下で、オンプレミスのカスタマークラウド、サービスプロバイダーが提供するパートナークラウド、Microsoft Azureによるパブリッククラウドの三つのクラウドプラットフォームのシームレスな連携と活用を実現し、柔軟で一貫性のあるハイブリッドクラウド環境の提供を目指している。このMicrosoft Cloud Platformの実現をさらに加速するためのパートナー施策「Cloud OS Network(COSN)プログラム」について、日本マイクロソフトの野中智史氏と柿本岳文氏に話を聞いた。(2014/12/17)

OpenStack最前線〜ユーザ会メンバーが持ち回りで語る「OpenStackのリアル」〜(3):
OpenStack Summit 2014 Paris から見るOpenStackのアジア動向
特集記事と同時に、日本OpenStackユーザ会メンバーが超ホットでディープな最新情報をコラムスタイルで紹介していく@IT特集「OpenStack超入門」。コラム第3回は日本OpenStackユーザ会 会長の中島倫明氏とボードメンバーの長谷川章博氏が、2014年11月にパリで行われたOpenStack Summitの模様を紹介する。(2014/11/28)

「Cephのような存在に」:
MidoNetがオープンソース化、その狙いを聞いた
ネットワーク仮想化ソフトウェアのミドクラは、2014年10月3日(中央ヨーロッパ時間)、OpenStack Summit Parisの開催に合わせ、同社の製品「MidoNet」のオープンソース化を発表した。(2014/11/4)

OpenStack最前線〜ユーザ会メンバーが持ち回りで語る「OpenStackのリアル」〜(2):
OpenStackのコアデベロッパーは何をしているのか
@IT特集「OpenStack超入門」は日本OpenStackユーザ会とのコラボレーション特集。特集記事と同時に、日本OpenStackユーザ会メンバーが持ち回りでコミュニティの取り組みや、超ホットでディープな最新情報を紹介していく。第2回は日本OpenStackユーザ会メンバーで、OpenStack開発コミュニティ コアデベロッパーの元木顕弘氏が語る。(2014/10/27)

移行先に適したプライベートクラウドを提供:
PR:最新のマイクロソフトテクノロジを活用したプライベートクラウドで移行を支援
「Windows Server 2012 Hyper-V」と「System Center 2012 R2」で構築されたプライベートクラウドサービス基盤「ビットアイルクラウド Wシリーズ」を提供しているビットアイル。現在、Windows Server 2012 R2の環境を無償で試せるキャンペーンなども用意している。グループ会社のSIer、ビットサーフとともにWindows Serverの移行を強力に支援する。(2014/10/7)

ユーザー企業が“本当に欲しい”クラウドを探る【後編】
【徹底比較】マルチクラウドを見据える「マネージドクラウド」14社
業務システムで利用可能なITインフラとして「マネージドクラウド」に焦点を当てる。ユーザーにはどのようなサービスの選択肢があるのか。後編では“個別要求”をテーマに比較した。(2014/9/25)

ユーザー企業が“本当に欲しい”クラウドを探る【前編】
【徹底比較】充実の「マネージドクラウド」14社を“クラウドらしさ”で比較
業務システムで利用可能なITインフラとして「マネージドクラウド」に焦点を当てる。ユーザーにはどのようなサービスの選択肢があるのか。前編では“クラウドらしさ”をテーマに比較した。(2014/9/24)

ニフティクラウドを企業向けに拡大 「AWSと比較検討される」
ニフティが企業ユーザー獲得を目標に、サーバ、ネットワーク、監視などのサービスニューを強化する。(2014/9/4)

日本OpenStackユーザ会の人たちが注目したもの:
OpenStack Summit Atlanta、何があったか報告します!
5月第3週に米アトランタで開催されたOpenStack Summit Atlanta 2014。日本OpenStackユーザ会に参加している人たちは何に注目したのか。6月19日に日本OpenStackユーザ会が開催したOpenStack Summit Atlanta 報告会の内容を報告する。(2014/7/9)

クライアント仮想化の導入率は23.7%、DaaSが台頭
IDC調査で2013年のクライアント仮想化ソリューション市場規模は、前年比7.6%増の3826億円となった。(2014/6/12)

自然エネルギー:
電気代20億円を太陽光でまかなう、まず鹿児島に11MW
データセンターを運用するビットアイルは、鹿児島県に11MWのメガソーラーを立ち上げる。今後、日本全国で3年間に100MW規模まで拡大する。(2014/6/10)

6月1日募集開始:
出題テーマに沿った作品を募集――「e-ZUKA スマートフォンアプリコンテスト2014」開催
福岡県飯塚市が主催する、スマホアプリ開発コンテスト「e-ZUKA スマートフォンアプリコンテスト2014」の開催が11月22日に決まった。1次審査に応募するためのエントリーシート受け付け〆切は9月1日。(2014/5/30)

ビットアイルとマイクロソフトの強力タッグがクラウドを加速:
PR:クラウドのさらなる活用に向けて最適なインフラ構築を支援していく
2014年2月、マイクロソフトは「Microsoft Azure」の国内データセンターを開設。また、ビットアイルもMicrosoft Azure関連のサービスを積極的に展開中だ。ここにきて両者の協業はより密になっている。今後、両者はどのような形でクラウドの価値を提供してゆくのか――。(2014/5/12)

Windows Azure上で稼働する国内初のリモートデスクトップサービス、ビットアイルが提供
Windows Azure上で稼働するリモートデスクトップサービスをビットアイルが提供。このほど稼働が始まったWindows Azureの日本データセンターの利用で低遅延を実現するという。(2014/3/10)

利用は慎重に:
SHIFT、オンラインで利用できる無償パフォーマンステストサービスを公開
SHIFTは2014年2月17日、ビットアイルと連携し、Webサイト上でURLを入力するだけで、対象のWebサイト/アプリケーションの負荷テストを行えるサービス「負荷チェッカー」と「バルス祭り」を公開した。(2014/2/21)

e-ZUKAスマートフォンアプリコンテスト2013:
飯塚市のアプリコンテスト グランプリはベストショットの場所やタイミングを教えてくれる「Phorec」
福岡県飯塚市で開催された「e-ZUKAスマートフォンアプリコンテスト2013」の公開プレゼンテーションと授賞式が、1月25日に九州工業大学の飯塚キャンパスで開催された。グランプリを受賞したのは、タイからの留学生だった。(2014/1/27)

クラウドバックアップとネットワーク仮想化に注力:
PR:データセンター事業者が提供するプライベートクラウドは“一味違う”
都市型データセンターを中心に展開するビットアイルでは、Hyper-Vを中心としたWindowsによるプライベートクラウド基盤の提供に力を入れている。同基盤では、データセンター事業者ならではのネットワーク回線の柔軟性やライセンス体系が強みだという。(2013/11/21)

「e-ZUKAスマートフォンアプリコンテスト2013 」締め切り迫る
福岡県飯塚市主催のアプリ開発コンテスト「e-ZUKAスマートフォンアプリコンテスト2013」が今年も開催される。エントリーシートの受け付け締め切りは10月14日。なおアプリケーション企画書やサンプル動画の提出は11月11日まで。(2013/10/7)

ホワイトペーパー:
業務システムのプライベートクラウド環境をデータセンターに置くべき5つの理由
所有から利用へ。企業ユースとしてのプライベートクラウドの導入が進む中、業務システムを支えるプライベートクラウドの環境をデータセンターに置くことが最も適している理由を5つあげて解説します。(2013/5/20)

クラウドのセキュリティ監査を推進する協議会発足、25の事業者や監査法人が参加
日本セキュリティ監査協会の下部組織となる「JASA-クラウドセキュリティ推進協議会」が発足。クラウド環境のセキュリティ監査の確立し、2014年から監査制度を正式にスタートさせる予定だ。(2013/4/25)

ハイブリッドクラウド化を加速? Windows AzureのIaaSが正式運用開始
Windows Azureのインフラストラクチャーサービスが正式に運用を開始した。既存の仮想サーバをそのままWindows Azureに移行できるほか、サイト間のVPN接続機能も提供され、企業はパブリッククラウドを柔軟に組み合わせることができるようになるという。(2013/4/17)

定期的なセキュリティ診断もバンドル:
アズジェント、マルチベンダのマネージドセキュリティサービス提供
アズジェントは3月28日、「セキュリティ・プラス」という新ブランドの元、セキュリティサービスを本格的に展開することを発表。第1弾としてマルチベンダのセキュリティ機器に対応した「セキュリティ・プラス マネージメントセキュリティサービス」を提供する。(2013/3/29)

アズジェント、UTMとIPS/IDSの運用監視・ログ分析サービスを始動
新たにセキュリティサービスブランド「セキュリティ・プラス」を立ち上げた。第一弾サービスではマルチベンダー対応のSOCサービスを提供する。(2013/3/28)

ホワイトペーパー:
日本最大のサービスステーションを持つ宇佐美の会員サイト。24時間稼働が絶対条件で選ばれたクラウドとは?
株式会社ディー・オー・エムは、株式会社宇佐美鉱油との協業で会員向け携帯サイトの構築を行った。顧客の会員化という失敗の許されない最重要ミッションにおいて、選んだパートナーとサービスは何だったのか?(2013/1/24)

ホワイトペーパー:
費用面で一度は見送った約20台のサーバ仮想化。オンプレミスよりローコストなプライベートクラウドで実現!
事業拡大に伴い、次々とシステムを導入した結果、サーバ台数が増え、管理・運用負荷が増大していた株式会社エヌ・ユー・エス。膨らみ続けるITコストの削減を目的にサーバ仮想化を行い、さらに安定稼働の観点で冗長化対応も。そのとき選んだサービス・パートナーは?(2013/1/23)

オープンクラウドの潮流【第1回】
【技術動向】中立性を保つOpenStackと商用実績のCloudStack
オープンソースの2大クラウド基盤である「OpenStack」と「CloudStack」。その変遷と最新動向を振り返るとともに、それぞれの戦略と指針を確認する。(2012/11/20)

読者の「知りたい」にベンダーが答える!
所有型? ホスティング型? 2つのプライベートクラウド
資産を保有するインターナルプライベートクラウドと、ホスティング型のエクスターナルプライベートクラウドのどちらを選ぶべきか? 本コーナーでは、2種類のプライベートクラウドを紹介する。(2012/7/24)

ホワイトペーパー:
TCOを削減するデータセンターアウトソーシングとクラウド活用
「コア業務へのリソース集中」+「TCO削減」にデータセンターアウトソーシングは非常に有効な選択肢だ。データセンターアウトソーシングの必要性とデータセンターの選び方について紹介する(提供:ビットアイル)。(2011/9/1)

ホワイトペーパー:
クラウドは「万能薬」ではない 〜クラウド活用のポイント
「クラウドは『万能薬』ではない。システムやサービスの特性に合わせた最適なインフラの「選択」と「組み合わせ」が重要」。データセンターで10年の実績を持つビットアイルがクラウド活用のポイントを解説する(提供:ビットアイル)。(2011/8/29)

IPv4の枯渇に備え:
IPv6の検証環境サービスを提供 ビットアイル
ビットアイルはIPv6の検証環境を提供するサービスを開始。価格は7日で8万5000円から。(2011/6/1)

導入事例:
「仮想化だけがクラウドではない」――クラウド導入の選択肢を増やすビットアイル
iDC事業を手掛けるビットアイルは、新しいデータセンター基盤の構築に際し「標準化と拡張性」にこだわったという。その背景には、クラウドに対する多様なユーザーニーズに応じたいという思いがあるようだ。(2010/11/10)

ビットアイル、デジタルコンテンツサービスのインフラ構築にSystem xを採用
ビットアイルは、デジタルコンテンツの映像製作や編集ができるサービスのインフラをSystem xで構築した。(2009/12/14)

アプリ不要のiPhone向けライブ配信サービス「SmartLive」──商用化に向けモニター募集
テラスと日本サイバーテックが専用アプリを使わないiPhone/iPod touch向けライブ動画配信サービス「SmartLive」の試用サイトを開設。Safariを使い、3G回線でも視聴できる。(2009/12/10)

清水洋介の「日々是相場」夕刊:
節目まで戻った達成感や週末の手仕舞い売りをこなして高値引け
(2009/12/4)

Amazon EC2に真っ向勝負
動き出した日本のパブリッククラウドサービスはサポートで差別化
長年の仮想化サービスのノウハウと日本のデータセンターを活用する、米Amazon EC2対抗のパブリッククラウドサービスが登場。最大の売りは、国内の安心感とEC2にないサポートだという。その中身とは?(2009/11/25)

ビットアイルやネオジャパンなど3社が協業して実現:
既存アプリケーションを改修せずにSaaS化できるサービス
(2009/10/14)

事例紹介 ビットアイル:第4データセンター:
グリーンIT事例:いま、グリーンデータセンターが苦労すること
地球温暖化などの影響からエコへの注目が集まっているが、日本では洞爺湖サミットが開催されたこともあり、2008年から“グリーンIT”への注目が高まっている。今回は、ITシステムが収納され、多くの電力を消費するデータセンターにおける環境への取り組みを取材した。(2009/3/30)

ネット上の拠点を内線に:
リンクとビットアイル、IPビジネスフォンサービスを共同販売
リンクとビットアイルはIPビジネスフォンサービス「BIZTEL」の共同販売を同日から開始すると発表した。(2008/6/11)

携帯電話ビジネスを全面支援、ビットアイルとアイ・ウェイブが提携
ビットアイルとアイ・ウェイブ・デザインは、携帯電話ビジネスを手掛ける企業を対象とした事業支援サービスで協業する。(2007/11/20)

ミックスネットワークら3社、ケータイサイト構築運用セミナーを開催
(2007/9/13)

間違いだらけのデータセンター選択(9):
実際にデータセンターを比較検討する
データセンターを賢く選択し、上手に利用するためのポイントについて解説してきた連載も今回が最終回。これまで紹介してきたポイントに基づいて、実際のデータセンターの設備やサービスを比較する。(2007/3/14)

コンテンツビジネス化する盗撮を監視するASPサービス
ビットサーフとFOR-Sは、盗撮用の無線式カメラを見つけ出すASP型の監視サービス「Space Patrol」を開始する。(2007/2/22)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。