ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「黒船」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「黒船」に関する情報が集まったページです。

2020年展望:
テレビ局、4K化で存在感薄く 8K制作も視野に入れた“黒船”
テレビ売り場は4Kテレビが主役になったが、この状況を主導したのはテレビ放送ではない。映像ストリーミング配信などの有料サービスだった。(2020/1/4)

賃貸サービス「OYO LIFE」運営元、ZHDとの合弁解消を正式発表 “黒船”と称されるもトラブル多発か
賃貸住宅サービス「OYO LIFE」の運営元が、Zホールディングスとの合弁解消を正式発表。OYOグループがZHDからOYO LIFEの全株式を買い取り、100%株主になった。昨今は、複数のメディアが「物件オーナーから契約を巡る苦情が寄せられている」などと運営体制の問題点を指摘していた。(2019/12/19)

民放+NHK「TVer」中途半端? 配信に「温度差」 黒船に対抗できるか
在京民放5社が運営する動画配信サイト「TVer」で、NHKの番組の配信が始まった。民放とNHKの番組が1カ所に集まるプラットフォームの誕生だが、人気ドラマを提供する民放と、「朝ドラ」や「大河」などの看板番組を配信しないNHKとの間には「温度差」も垣間見える。海外発の動画配信サービスが存在感を高める中、日本のテレビ界の生き残りをかけた対応が続く。(2019/9/5)

組み込み開発ニュース:
組み込みOS業界の黒船となるか、ファーウェイの「HarmonyOS」
ファーウェイは、マイクロカーネルと分散アーキテクチャを採用した独自開発のOS「HarmonyOS」を発表。同社が2019年後半に発売する予定のスマートテレビで、HarmonyOSのバージョン1.0を採用する計画。今後3年間で最適化を進めて、ウェアラブル端末や車載情報機器など、より広範なスマートデバイスに採用を広げていく方針だ。(2019/8/16)

Weekly Memo:
クラウドHCMの“黒船”、ワークデイが本気の攻勢 「“驚くほど小さい”日本のクラウドHCM市場を拡大したい」
SaaS型クラウドサービスで今後の成長分野と目されているHCM(Human Capital Management)。この市場で存在感を高めているワークデイが、今後の成長戦略を打ち出した。果たして、日本のクラウドHCM市場へのインパクトやいかに――。(2019/2/18)

【マンガ】“ラムネが英語ではなくなった”理由
もともとは黒船とともに日本にやってきた飲み物でしたが……。(2018/9/13)

記者も着用、重量物の持ち上げも:
産業向け「パワードスーツ」の黒船、ドイツから到来
ドイツのロボティクス企業であるGBS German Bionic Systems(以下、GBS)は2018年9月11日、同社の産業向けパワードスーツ「Cray X」を日本で販売開始すると発表した。多くの有力企業がひしめく激しい競争下にある日本市場で、GBSはどのような戦略を取るのか。(2018/9/12)

「黒船はペリーの数百年前から日本に来ていた」って知ってた?
室町時代から来ていたそうな。(2018/5/11)

「プロ野球」も手中に:
スポーツ中継の“黒船”DAZNが日本市場を制覇するのか
DAZNが、2018年シーズンからプロ野球のコンテンツ配信を本格化すると発表。11球団のオープン戦の一部と公式戦全試合をライブ配信する。残る読売ジャイアンツとも交渉中という。(2018/2/16)

欧州CL、自転車競技を放送開始:
スポーツ中継の“黒船”DAZN、18年は何を仕掛ける?
スポーツ中継界の“黒船”こと「DAZN」。2017年は格闘技の“夢の対決”などを放送し、契約数が100万件を突破した。さらなる躍進に向け、18年はどんな施策を展開するのか。(2018/1/25)

Googleが最強のチェス・将棋AI「AlphaZero」を発表 わずか24時間の自己学習で最強AIを上回る
黒船がチェスと将棋の世界にも。(2017/12/6)

Future Mobility Summit 2017レポート:
世界を席巻する黒船「MaaS」が本格上陸へ、日本の自動車業界に迫る決断の時
ウーバー(Uber)に代表されるライドシェアやカーシェアは「MaaS(Mobility-as-a-Service)」として、世界各地で急激に市場を拡大している。日本でも、間もなくMaaSの本格導入が始まる可能性が高い。このMaaSに対して日本の自動車業界はどう対応するのか。決断の時が迫っている。(2017/11/27)

「一般アニメの製作費の数十倍」はホント? Netflixはアニメ制作会社にとっての“黒船”になるのか 担当者に聞いた
アニメ作品においての新たなプラットフォームになるかもしれません。(2017/10/8)

ついに上陸:
法人購買の黒船か 「Amazon Business」の「強み」
アマゾンジャパンが法人向け購買サービス「Amazon Business」をスタート。米国と日本の担当者に背景と強みを聞いた。(2017/9/21)

1年で会員100万人突破:
スポーツ中継の“黒船”DAZN、快進撃は続くのか
2016年8月の日本市場参入から1年間で、急成長を遂げているスポーツ配信サービス「DAZN」。ジェームズ・ラシュトンCEOと、DAZN日本法人の中村俊社長が、これまでの展開を振り返るとともに、今後の方針を語った。(2017/8/29)

「黒船が黒かった」理由、分かりますか?
なぜ黒く塗ったかを調べたら環境問題が見えてきた。(2017/7/25)

リア・ディゾンの再来! 新たな黒船、アンジェラ芽衣が「週プレ」グラビアに来航する
時代が動くぞ!(2017/6/26)

TechFactory 人気記事TOP10【2017年5月版】:
「ドイツからの黒船」はHUD一般化の引き金になるか
コンテンツランキングTOP10、2017年5月は独メーカーによる「デミオ」などへのHUD供給や予断を許さない東芝の状況分析、マイコンメーカーによるLinux推しの理由など、バラエティ豊かな記事が人気を集めました。(2017/6/15)

日本の歴史をモチーフにしたネクタイが登場 土器や刀、黒船などが描かれた浪漫あふれるデザイン
年表柄のネクタイもあります。(2017/3/28)

頭脳放談:
第198回 IoT向け通信インフラの黒船「Sigfox」の脅威
京セラの子会社がIoT向け通信インフラ会社「Sigfox」と組んで日本でサービスを展開するという。年額100円という低料金にインパクトがある。Sigfoxはどのようなサービスなのだろうか。(2016/11/22)

出前サービスの黒船「UberEATS」スタート テクノロジー、ユーザー・飲食店に“おいしい”メリット
Uberは9月28日、フードデリバリーサービス「UberEATS(ウーバーイーツ)」を、東京の一部エリアで9月29日11時から開始することを発表した。「UberEATS」はレストランや利用者にとってどのようなメリットがあるサービスなのだろうか。(2016/9/28)

Kindle Unlimited、試してわかった「流行る理由」
Amazonが送り込んできた新たな黒船、定額読み放題サービスをさっそく使ってみた。「これは流行る!」と確信した。その理由は……。(2016/8/3)

“黒船”たちがde:codeで語ったDevOpsの極意:
もはやウオーターフォールだけでは戦えない理由
2016年5月24、25日に開催されたde:code 2016で、多くの参加者の印象に残ったであろう『黒船襲来! 世界DevOpsトップ企業×マイクロソフトによるトークバトルセッション』。そのポイントを、今あらためて振り返る。(2016/6/30)

ものになるモノ、ならないモノ(71):
日本発の定額制音楽ストリーミングサービスは黒船勢をどう迎え撃つか
国内外のサービスが乱立する“群雄割拠”の音楽ストリーミングサービス業界の現状とこれからについて、AWAへのインタビューを通じて探った。(2016/6/1)

MSとクリエーションラインの提携が実現する「DevOps」とは:
PR:de:code 2016にDevOpsの黒船――Jenkins川口耕介、HashiCorp創業者、Chef、Mesosphereの開発者らが集結する理由
スタートアップ企業だけではなく、エンタープライズにも確実に普及し始めてきたDevOpsの波。この波を生かし、事業をスピードアップし、バリューを最大化していく企業の取り組みを支援すべく、マイクロソフトとクリエーションラインの2社が提携を結んだ。その背景には一体何が?(2016/4/7)

江端さんのDIY奮闘記 EtherCATでホームセキュリティシステムを作る(9):
制御の世界の“黒船”、TwinCATでメイドを動かす
SOEMに限界を感じていた私は、ベッコフオートメーションのソフトウェアPLC「TwinCAT3」に手を出しました。そう、文字通り“手を出してしまった”のです。今回は、制御の世界に「黒船」を持ち込んできたTwinCAT3を使ってメイドを動かすまでの、私の苦闘と孤闘の全容をご覧いただければと思います。(2016/3/31)

R25スマホ情報局:
動画配信の黒船「Netflix」オススメ作品5選
世界最大級の動画配信サービス「Netflix」。番組が多すぎて、なにを視聴したらいいか迷う人も多いはず。そこで、海外ドラマ評論家の池田聡さんに、Netflixで観るべきオススメ番組ベスト5を紹介してもらいました。(2015/10/19)

コンテンツ東京2015リポート:
Netflixは第2の黒船? KADOKAWA角川歴彦会長が思う「21世紀型企業」の姿
当日になって急きょ「Netflixの台頭とコンテンツ産業の未来」と講演内容が変更されたコンテンツ東京2015の基調講演。KADOKAWA取締役会長、KADOKAWA・DWANGO取締役相談役の角川歴彦氏がコンテンツ産業とこれからの企業の姿について論じた。(2015/7/3)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
黒船に乗ったPepper、純国産のスケート靴
ソフトバンクのPepperにフラワー・ロボティクスのPatinと、6月は家庭への普及を目指すロボットの発表が相次ぎました。この2つはいろいろな意味で対照的です。(2015/6/29)

FA メルマガ 編集後記:
“つながる工場”に向け、ついに“つながり”はじめた日本
“黒船”に対抗するにはまず“内の輪”を。(2015/6/19)

日本のミジンコ、実はアメリカ外来種だった たった4個体から全国に どこから? 東北大発表
日本のミジンコはアメリカから来た外来種で、たった4個体からの直系子孫だった──東北大学大学院の研究チームがこんな意外な事実を明らかに。2個体は黒船来航以前に日本にやってきたらしい。(2015/4/7)

窪田順生の時事日想:
日本は最後の“黄金郷”――黒船カジノと国産カジノの戦いが勃発
安倍首相が訪問中のシンガポールでカジノを視察した。これまで“カジノ法案”はなかなか成立しなかったが、首相が視察したことで、国内外の企業から「ひょっとしたら……」という機運が高まってきている。(2014/6/3)

4コマまんが「飯田橋のふたばちゃん」:
【その85】黒船襲来!?
マンガ業界の今が分かる出版社擬人化4コマ「飯田橋のふたばちゃん」がeBook USERに完全移籍! 荒ぶる双葉ちゃんたちの活躍を木曜11時と17時の1日2回お届けします。(2014/5/8)

Oracle Industry Leadership Summit 2014:
“黒船”はどこだ!? 「革新は他の産業からやって来る」――オラクル講演
日本オラクルは、業界別ソリューションをテーマとしたユーザーイベント「Oracle Industry Leadership Summit 2014」を開催。基調講演では、米国Oracle グローバルビジネスユニット エグゼクティブ・バイスプレジデントのRobert K.Weiler(ロバート・K・ワイラー)氏がICTを取り巻く環境の変化とそれによる産業構造の変化について講演を行った。(2014/4/24)

TPP交渉参加で日本の医療は変わるのか?(第5回)
TPP交渉と医療制度改革の議論は切り離すべし
TPPは「米国による“現代の黒船”」と表現されることもあるが、TPP交渉によって日本の医療が大きく変わることはない。日本の医療制度の改革は、国民との十分な議論を経て、TPP交渉とは切り離して考えるべきである。(2013/9/6)

“黒船”は意外と小回りがきく、「Hulu」に聞いた動画配信の今
2011年9月、「黒船来航」と騒がれた「Hulu」の日本上陸。競合サービスも力をつけ、競争が激しくなる中、同社はどのように差別化していくのだろうか。同社プロダクト部の福田剛部長に話を聞いた。(2013/3/25)

日本初、ファッションドール「バービー」の旗艦店 原宿にオープン
日本ドール界の黒船、2度目の来航。(2012/11/29)

Kindleが持つ5つの「強み」:
電子書籍界の黒船「Kindle」とは?(後編)
Kindleは「電子書籍のラインアップが豊富」「紙の本に比べて価格が安い」といった特徴が挙げられることが多いが、そのほか特筆すべき特徴を幾つも持っている。筆者の考える、Kindleが持つ5つの「強み」を紹介しよう。(2012/5/25)

電子書籍界の黒船「Kindle」とは?(前編)
近い将来の日本進出が予想される、米Amazon.comの電子書籍サービス「Kindle」。なぜKindleは「電子書籍界の黒船」と形容されるのか。初代製品が登場してからこれまでに至る歴史を振り返りつつ、機能やサービスなどさまざまな観点から見たKindleの強みと特徴を、前後編にわたって紹介する。(2012/5/24)

今こそ読みたい『7つの習慣』:
電子書籍の黒船襲来! 全世界2000万部のベストセラー全文無料公開の衝撃
全世界で2000万部以上も売れ続けているベストセラー『7つの習慣』が期間限定で無料公開。ビジネス書で世界最大級の既刊ベストセラー「全文公開」は世界にも例を見ない。(2010/8/20)

torne(トルネ)体験会:
「torne」はテレビの未来を変える黒船か? 「torne」体験会で見たこと、感じたこと
プレイステーション 3に接続することで、地上デジタル放送の視聴や録画が可能となる、PS3専用地上デジタルレコーダーキット「torne」。その体験会が、SCEJにて開催された。そこで初めて分かったことがある。(2010/1/22)

ワイヤレスジャパン2009 キーパーソンインタビュー:
iモードは“黒船”が追いつけない領域に進化している――ドコモの阿佐美氏
「(進化し続けている)iモードは不滅です」――。携帯電話業界が転換期にさしかかる中、10年の節目を迎えたiモードサービスについて、ドコモ コンシューマサービス部の阿佐美弘恭氏はこう明言した。一般サイトの台頭やグローバル企業の参入など、コンテンツ業界に新たなトレンドが押し寄せる中、ドコモはiモードプラットフォームをどのような形に進化させ、優位性を保とうとしているのか。(2009/7/17)

四則演算の発想フレームワーク:
“黒船来航”の発想で画期的なアイデアを生み出す――「掛け算のプロセス」
四則演算を発想思考に使い、短時間で効果的なアイデアを発生させるシステム「四則演算の発想フレームワーク」。今回は、現状改善型の「足し算・引き算のプロセス」に比べ、一段レベルが上がる理想追求型の「掛け算のプロセス」を紹介します。(2009/7/2)

ネットブック市場に黒船来航、バッテリー寿命は最大5倍に
従来のネットブックの性能を大きく上回るデバイスが「COMPUTEX 2009」で数多く展示されている。その中心にいる「NVIDIA Tegra」は、ネットブックの勢力図を大きく塗り替える可能性を秘めている。(2009/6/3)

ITmediaスタッフが選ぶ、2008年の“注目ケータイ”(編集部後藤編):
なんだかんだいっても“ガラパゴスケータイ”から離れられなかった2008年
業界再編や黒船来襲など、2008年のケータイ業界は変革期のさまざまなトピックがめじろ押しの1年だった。国内外のメーカーからユニークな端末がいろいろと登場したが、結局、相棒として最も魅力を感じたのは、国内メーカーが作った日本の端末だった。(2008/12/30)

神尾寿のMobile+Views:
カーナビ市場の黒船となるか──ナビタイム「WND」の狙いと戦略
携帯電話向けの「NAVITIME」やクルマの同乗者向けの「ドライブサポーター」といったナビサービスを提供するナビタイムジャパンが、運転者向けに提供する新デバイスが「WND」だ。社長の大西啓介氏に、ナビタイムの成長とWNDの狙いを聞いた。(2008/11/18)

黒船「ソーシャルレンディング」襲来 P2P金融への期待
リーマン・ブラザーズの経営破たんやAIGの公的救済など金融不安が広まる中、日本では耳慣れないソーシャルレンディングサービスが10月にサービスインする。個人間でのお金の貸し借りが可能なmaneoのサービスは、わたしたちの生活をどう変えるのだろうか。(2008/9/29)

ワークスAPの牧野CEOに聞く:
逆黒船――外資の独壇場に攻め込む
外資系のベンダーが強い日本のERP市場で、国産ベンダーの存在感が高まりつつある。ワークスアプリケーションズの牧野CEOに話を聞いた。(2008/7/23)

オルタナブログ通信:
ブラウザ界の黒船「Firefox 3」が変えるものとは? ブロガーたちの6月18日
6月18日、Firefox 3がリリース。新たなブラウザ戦争勃発なるか。そして7月登場のiPhone 3Gは何を変えるか? 震災や殺傷事件がITに与えた影響とは。――副都心線、著作権、リピーターなど、ITにまつわる時事ネタを、オルタナブロガーは日々、発信している。(2008/6/27)

神尾寿の時事日想・特別編:
黒船どころではない、津波だ――iPhone、驚異のビジネスモデル
7月11日、日本を含む世界の22カ国で、「iPhone 3G」が発売される。これまで“ガラパゴス”として生きてきた日本の携帯電話市場は太刀打ちできるのだろうか? iPhoneのビジネスモデルはどこが強いのか、5つのポイントから考察する。(2008/6/13)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。