ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  B

  • 関連の記事

「Blockbuster」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Blockbuster」に関する情報が集まったページです。

「つながる」だけではない、オートノマス・ネットワークのこれから:
PR:デジタルトランスフォーメーションを支えるネットワークの姿とは?
しばしば聞かれる「デジタルトランスフォーメーション(DX)」という言葉だが、具体的にはどのような変化を意味するのだろうか。米Extreme Networksのペリー・コーレル氏はInterop Tokyo 2019の基調講演の中でDXによる変化をひもとき、DXを支えるネットワークに求められる要素を説明した。(2019/7/16)

「クラウド・バイ・デフォルト」の波:
SaaSビジネスに必要なもの――スタートアップを助ける「三種の神器」
(2019/6/6)

「破壊的イノベーターに反撃」──Armが買収した日本人経営の米トレジャーデータ、IoT分析基盤の拡大狙う
米Treasure Dataを買収したことで実現した英Armの新しいIoTデータ管理プラットフォームの提供が日本で始まった。買収発表後、初めて公の場に姿を現したTreasure Dataの芳川社長は、IT企業大手が長年かけて構築してきた自社基盤に近しいものを提供できると自信を見せる。(2018/8/22)

Computer Weekly製品ガイド
顧客ファーストへの転換を成功させるための着眼点
密接につながった世界の中で、企業が顧客のニーズについてきめ細かい理解を深めるための手段を紹介する。(2018/7/3)

ダウンタイムで発生する損失は2180万ドルという試算も:
変化しなかったら大企業でも倒産する時代――DXに取り組む上で「大切な要素」とは
Veeam Softwareアジア太平洋・日本担当 シニア・バイス・プレジデントのShaun McLagan氏はデジタルトランスフォーメーション(DX)に取り組む上で「大切な要素」を話した。失敗しないDXのために企業は何に対して気を付けるべきなのだろうか。(2017/11/22)

製造マネジメント インタビュー:
ウェディングケーキとクラウドERPのおいしい関係、一番上のトッピングはAI
業界特化でERPを展開する「マイクロバーティカル」を特徴とするインフォアは、クラウドERPの「Infor CloudSuite」にAIプラットフォーム「Coleman」を追加した。Coleman投入の狙いなどについて、インフォアで研究開発部門の最高責任者を務めるソマ・ソマスンダラム氏と、インフォアジャパン社長の三浦信哉氏に話を聞いた。(2017/11/6)

Oracle OpenWorld San Francisco 2017 Report:
クラウドシフトを進める北米企業、「修正パッチに興味はない」とGapのCIO
Oracle OpenWorld San Francisco 2017が本格的な幕を開けた。基調講演にはマーク・ハードCEOが登場、クラウド移行によってビジネスの変革に挑むFedExやGapをステージに招き上げた。(2017/10/3)

視点:
日系製薬企業の戦略的トランスフォーメーションの進め方
薬価引き下げ、ジェネリックの台頭など、日本の製薬ビジネスを取り巻く経営環境が今後一層厳しさと複雑性を増していく。(2017/8/21)

FacebookやMicrosoftも参入
人工知能(AI)をビジネスに活用する「冴えたやり方」
現在の人工知能(AI)技術を取り巻く実情を評価する際、企業はオールマイティーなツールを求めるのではなく、特定のタスクでAIを機能させる方法を考えなければならない。 (2016/5/30)

ソニー攻撃の集団、世界でスパイや破壊活動 日本でもマルウェア発見
2014年末にソニー・ピクチャーズエンタテインメント(SPE)を攻撃した集団は、世界各国の民間企業や軍、政府機関などを標的として、スパイ活動や破壊活動を繰り返しているという。(2016/2/25)

トップ1%の人だけが実践している思考の法則:
日常の「不」を解消せよ!?
人はポジティブなものを提供されるよりも、ネガティブなものを解消してくれるもののほうに対価を支払いやすい特性があります。あなたがビジネスプロデューサーなら、「不」をもっと意識して生活し、そこからビジネスチャンスを見つけるべきです。(2013/3/19)

「等身大のCIO」ガートナー重富俊二の企業訪問記:
多様性と柔軟性。それこそが企業の強さ、ITのあるべき姿
合併を繰り返しながら成長し続けてきた製薬会社、サノフィ・アベンティス。そんな同社におけるIT部門の役割とは?(2012/8/8)

HTC、3D対応Android「HTC EVO 3D」や7インチタブレット「HTC EVO View 4G」を発表
HTCが米国のオペレーター、Sprint Nextel向けに最新のAndroidスマートフォン「HTC EVO 3D」とタブレット端末「HTC EVO View 4G」を発表した。(2011/3/23)

それゆけ! カナモリさん:
シャープ「ガラパゴス」に見る、日本製品の未来
高度化する消費者のニーズに応えたため、世界市場でシェアを落とし続けている日本製品。「ガラパゴス」と揶揄されてきたが、しかし、ここにきて風向きが変わり始めている。和魂洋才ともいうべき、新たな進化を見せ始めているのだ。(2010/10/13)

米ビデオレンタル大手Blockbusterが破たん ネットに押され
米国の大手ビデオレンタルチェーンBlockbusterが破産保護を申請した。負債はおよそ10億ドル。(2010/9/24)

せかにゅ:
Apple子会社サイトが突然の消失 Macタブレットに関連?
高度なマルチタッチジェスチャー技術を手掛けているAppleの子会社Fingerworks.comのサイトが消えた。Macタブレットとの関連が憶測されている。(2010/1/12)

ガートナーに聞く「国内小売業が取るべきIT戦略」【前編】
欧米小売業に学ぶ「自社の強みを生かすIT活用」
厳しい経済環境の中、国内小売・卸売業が危機に追い込まれている。この状況を乗り切る経営戦略、IT戦略とは何か。米ガートナーのジェフ・ウッズ氏が、米国の状況を踏まえて取るべき戦略を語る。(2009/12/14)

Blockbuster、オンライン映画配信事業に参入――Sonicと提携
映画レンタルのBlockbusterがSonicと提携してオンライン映画配信事業に参入。Netflixに対抗する。(2009/1/15)

Intel Developer Forum 2008:
ARMからAtomへ――組み込み市場に賭けるIntel
リビングを目指した“Viiv”。小型機器を目指した“XScale”。どちらも「転進」を余儀なくされた。Intelは、その戦場に再度臨もうとしている。(2008/8/27)

IntelとYahoo!、テレビ向けウィジェットプラットフォームを発表
「Widget Channel」が実現すれば、Yahoo!ファイナンスやeBayなどのウィジェットをテレビ画面に表示できるようになる。(2008/8/21)

iPhone 3Gのために1週間並ぶのもいいけれど……
iPhone 3G発売の1週間前から、既にApple Storeの前には行列ができている。Appleファンにとっては、これも“ライフスタイル”なのだろう。(2008/7/8)

Circuit City、Blockbusterによる買収提案に態度軟化
買収提案に否定的だったCircuit Cityが、Blockbusterが求めていたデューデリジェンスの実施を許可すると発表した。(2008/5/10)

BlockbusterがCircuit Cityに買収提案
提案は、Circuit City株式を1株6〜8ドルで買収するというもの。Circuit City側は提案を疑問視し、株主に対し、買収に応じないよう訴えている。(2008/4/15)

MS、企業向けWebサービスを拡大。Exchangeもオンラインに
Microsoftはこれまで「5000ユーザー以上の企業」を対象としていたオンラインサービスをあらゆる企業に拡大し、ExchangeとSharePointを加える。(2008/3/3)

Clearspring、2つのウィジェット広告サービスを発表
ユーザーが簡単に自分のページに張り付けられる広告ウィジェット「SnaggableAds」とウィジェット内広告の「Widget Ad Network」を立ち上げた。(2007/12/11)

Facebook Beaconのプライバシー騒動で逃げ出す広告パートナーも
Facebookがその参加を大々的にアピールした広告パートナーのCoca-Colaは、Beaconの実装計画を棚上げにしてしまった。(2007/12/4)

ELFリポート:
激化する価格競争 “コモディティヘル”からの脱出策
市場のあらゆる製品・サービスでコモディティ化が進んでいる――企業間の技術力の差が縮まってきていることが背景にある、と早稲田大学の恩藏教授は言う。価格競争に陥らざるを得ない“コモディティヘル”を乗り越える方策はあるのか?(2007/11/16)

Facebook AdsはGoogle AdWordsになれるか
Facebookが打ち出した広告戦略はネット広告に風穴を開けるのか、それとも恥をかくだけで終わるのか。(2007/11/9)

Facebook、新しい広告システム「Facebook Ads」立ち上げ
新システムでは、Facebookユーザー同様、広告主も「自分のページ」を持ち、ソーシャルネットワークを通じて宣伝を行う。(2007/11/7)

CEATEC JAPAN 2007:
「BDは安心安全」「HD DVD、本当に売ってるの?」――BDA
Blu-ray Disc Association(BDA)が、CEATECのBDAブースでプレスセッションを開催。さまざまなデータをもとに、数の論理で「BD圧勝」を高らかに宣言した。(2007/10/2)

Blockbuster、映画ダウンロードのMovielink買収
Blockbusterは店舗と郵送によるDVDレンタルに加え、オンライン映画サービスを提供する。(2007/8/9)

Blockbuster、会長兼CEOを任命
会長兼CEOに指名されたジェームズ・キーズ氏は、米7-Elevenを率いた人物で、著名投資家アイカーン氏のお墨付き。(2007/7/3)

BlockbusterとNetflix、特許訴訟で和解
オンラインレンタルの手法をめぐり係争中だったBlockbusterとNetflixが、和解に達していたことが明らかになった。(2007/6/28)

米Blockbuster、Blu-ray支持表明――「レンタル数で大差」
Blu-ray映画ソフトレンタルを、1700店舗に拡大する。(2007/6/19)

Blockbuster、低価格DVDレンタルを開始
DVDレンタル大手のBlockbusterが、オンライン会員向けの安価な新サービスを開始。郵送利用のみの顧客に「お得感」を提供する。(2007/6/13)

4月4日から正式サービス開始――「女神転生 IMAGINE」プレスカンファレンス
ケイブが現在オープンβサービス中のオンラインRPG「女神転生 IMAGINE」の正式サービス開始日が決定。ガンホーゲームズでは6月からサービスが行われる。今後のアップデートなど、プレスカンファレンスの内容をリポートしよう。(2007/3/27)

Netflix、ネット配信での映画レンタル開始
DVDレンタルのNetflixが、レンタル映画のネット配信サービスを開始。「Total Access」サービスを導入したライバルBlockbusterに対抗する。(2007/1/17)

Blockbuster、「Netflix対抗サービス」効果で会員増
ビデオレンタルのBlockbusterが、2006年末のオンライン会員数が目標を上回ったと発表した。11月に開始した新サービスの影響が大きいという。(2007/1/5)

2006年、レンタル映画ベスト10――米Blockbuster
ビデオ・DVDレンタルのBlockbusterが、今年の映画レンタルランキングを発表。上位10作のうち半分がコメディー映画だった。(2006/12/27)

DVDレンタルのBlockbuster、Netflixからの乗り換え促進キャンペーン
「Total Access」は、ビデオやDVDの返却方法を選択でき、店舗で次のビデオやDVDとの交換も可能なBlockbusterのサービス。ライバルNetflixの会員を対象に、このサービスの無料トライアルキャンペーンを開始した。(2006/12/6)

新作DVD情報:
大論争を巻き起こしたベストセラー・ミステリー――「ダ・ヴィンチ・コード」
世界的ベストセラー小説をトム・ハンクス主演で映画化し、賛否両論を巻き起こした今年最大のブロックバスタータイトルが、11月3日にデラックス・コレクターズ・エディションとコンプリート・ボックスの2種類でリリース決定!(2006/8/30)

ポストゲイツ時代にバルマー氏が担う新たな役割
「わたしがMicrosoftにおけるイノベーションの第一人者にならなければならない」――ゲイツ氏の引退宣言後、初めてアナリスト向け年次説明会に立ったバルマーCEOはそう語った。(2006/7/28)

MSNでDVDレンタル、オンライン視聴、映画チケット購入が可能に
(2004/8/13)

@米国IT事情(9):
米国の「SIPS」事情 〜 SIPS発展の過程と現状、今後の展望を探る 〜
(2000/12/8)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。