ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  B

  • 関連の記事

「BRMS」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード

Keycloak超入門(8):
Keycloakで認可サービスを試してみよう[前編]
本連載では、近年注目されている認証プロトコル「OpenID Connect」をサポートするオープンソースのシングルサインオン(SSO)ソフトウェア「Keycloak」の活用方法を解説していきます。Keycloakの認可サービスを利用することで、アプリケーションに対して、より細やかで柔軟なアクセス制御を実現することが可能です。前編、後編の2回に分けて、その方法を解説します。(2019/4/3)

最新トレンド技術のビジネスへの活用を推奨:
2019年にウォッチすべきデータ/アナリティクス技術の10大トレンドとは――Gartner
Gartnerのアナリストがオーストラリアで開催されたイベントで、拡張アナリティクスや継続的インテリジェンス、説明可能なAIなど、2019年のデータおよびアナリティクス技術の10大トレンドを解説した。(2019/2/20)

企業での活用のヒントをつかむ:
PR:知っておきたいRPAの本質的な効果、将来の働き方を変えるかもしれない可能性を秘める
「富士通フォーラム2018 東京」が開催され、「Human Centric Innovation:Co-creation for Success」をテーマに多数の講演と展示が行われた。(2018/6/25)

富士通、RPAを中核にした次世代ワークスタイル「ACTIBRIDGE」
RPAなど先端デジタル技術を活用してオフィスワークや現場・フロントの業務を変革するサービスを体系化した「ACTIBRIDGE」を富士通が発表。同社の知見とテクノロジーを融合し、検証から運用まで一気通貫でプロフェッショナルが支援する。(2018/5/18)

本当はうさんくさくない、超高速開発のリアル:
システム導入が爆速に? 「超高速開発」の出番ってどこですか?
プログラムの自動生成でシステム開発を高速化すると注目される「超高速開発」は、本当に使える技術なのか? 実例を交えながら、その実態や真価を発揮する使い方を解説します。(2017/11/29)

スパゲティより複雑:
PR:延びた“そうめん”の固まりのような、旧態依然としたシステムをデジタルトランスフォーメーションに導くための3つのポイント
デジタルトランスフォーメーションに向けた取り組みでは、エンドユーザーに優れた体験価値を担保するために、フロントエンドのアプリケーションのみならず、そのバックエンドを含めた、“システム全体”にもニーズの変化に即応できる柔軟性が求められる。言い換えると、ビジネスを向上、成長させるためには、システム全体をビジネスに合った形に最適化し続ける「モダナイゼーション」が必要となるのだ。では、旧態依然としたシステムを抱えた企業が、モダナイゼーションに取り組むには、どうすればいいのか?――さまざまな企業の相談に応えてきたレッドハットに聞いた。(2017/9/19)

「デジタルトランスフォーメーション」とは何か? なぜ必要なのか?:
PR:正解がない時代、企業が生き残るために必要な仕組みとは
近年、社会一般に広く浸透した「デジタルトランスフォーメーション」という言葉だが、明確な定義がないことも手伝い、「それが意味するところ」は、言葉ほど浸透しているとは言いがたい。だが企業を取り巻く環境を多面的に掘り下げると、その真意が見えてくる。今あらためて、デジタルトランスフォーメーションとは何か、これに対応するためには何が必要なのか?――多数の支援実績を持つレッドハットに話を聞いた。(2017/8/21)

アシスト、意思決定の自動化を可能にするプラットフォーム「AEDAN」を発表
アシストが、意思決定の自動化プラットフォーム「AEDAN(えいだん)」を発表。「企業のビジネスプロセスのデジタル化」と「人による判断の自動化」の実現をコンセプトに、企業のデジタルトランスフォーメーションを支援していく。(2017/3/16)

中堅技術者に贈る電子部品“徹底”活用講座(4):
フェライト(4) ―― 使用上の注意点
今回は、主に「Mn(マンガン)系パワー・フェライト」の使用上の注意点について説明していきます。また記事後半では、フェライトの仕様書に記載される主な用語の解説も行います。(2017/1/31)

ユーザーのニーズを最適な形で提供し、ビジネス貢献を支援:
PR:「JBoss on Azure」が企業のIoT/Eコマースへの取り組みを加速する――新たなビジネス価値の創造を強力に支援
今、さまざまな企業がIoTへの取り組みを開始し、新しいビジネス価値を創出しようとしている。しかし、IoTで収集されるデータは想像以上に膨大で、多くの企業がその管理や分析、利活用での課題を抱えているのが現状だ。そうした企業の課題を解決するために、SCSKはMicrosoft Azure上で「Red Hat JBoss」を素早くかつ柔軟に利用するためのサービスを開始し、企業のIoT利活用を力強く後押ししようとしている。(2017/1/23)

富士通研究所、大規模システムから業務仕様を自動抽出する技術を開発
業務システムのプログラムを解析し、実装されている業務上の決まりや計算の方法などを理解しやすい条件表として自動抽出するという。(2016/10/12)

製造ITニュース:
IoTデータを利活用するためのクラウドサービスを提供開始
SCSKは、レッドハットの「Red Hat JBoss BRMS」を、マイクロソフトのクラウドコンピューティングプラットフォーム「Microsoft Azure」上で利用するためのサービス「Red Hat JBoss BRMS on Azure」の提供を開始した。(2016/9/14)

オープンソースとエンタープライズの関係(2):
米レッドハットCEOらに聞く、コンテナとその背後にある事業戦略
オープンソース関連企業の中で、レッドハットは興味深い存在だ。インフラを中心としながらも、ビジネスルール管理まで、さまざまな分野をカバー。独特なビジネスモデルを築き上げている。今回は、レッドハットのコンテナ関連戦略と全社的な事業戦略を、一般企業のオープンソース利用との関係で探る。(2016/8/22)

即席!3分で分かるITトレンド:
コレ1枚で分かる「人工知能の3つのアプローチ」
人工知能という学術研究分野を確立した会議、通称「ダートマス会議」が1956年に開催されてから約60年、人工知能はさまざまなアプローチの研究が行われてきました。今回は、その中から代表的な3つのアプローチを紹介します。(2016/4/11)

Docker、HTTP/2、マイクロサービス対応も見据えて:
容易にWebサービスを高速化できるNginxを使いこなすための秘訣とは
高速で軽量なOSSのWebサーバとして注目されている「Nginx」。使いこなすための課題や有効なアーキテクチャ構成などをサイボウズでの導入事例と共に明かす。(2016/3/17)

電力供給サービス:
顧客管理に料金計算、電力小売事業に必須のシステムを低コスト一括導入
富士通は2016年4月から始まる電力の小売全面自由化に向け、顧客管理や料金管理などの小売事業に必要なシステムをパッケージ化した新製品「FUJITSU Intelligent Society Solution E3CIS」を開発した。同年2月上旬から販売する。(2016/1/26)

最大の価値は“ユーザーの選択肢”:
PR:“クラウドの選択肢をフルオープンに”――マイクロソフトとレッドハットの提携がもたらすものとは
企業向けクラウドに関して包括的な提携を結ぶことを発表したマイクロソフトとレッドハット。ソフトウエアの開発と提供ではライバルと目されてきた両社の提携は、クラウドを中心としてソフトウエア業界が大きく変化していることをあらためて印象付けた。両社の提携はユーザーにどのようなメリットをもたらすのか――@IT編集長の内野宏信が、マイクロソフトの新井氏とレッドハットの藤田氏に話を聞いた。(2015/12/25)

マイクロサービス対応も:
PR:エンタープライズJavaシステムを軽量で高速なWebサービスに生まれ変わらせるNGINX Plusとは――スマホ、動画、クラウド、柔軟な構築・運用にすぐに対応
サイオステクノロジーは、現代的なWebシステム構築ニーズに対応するべく、HTTPサーバー製品「NGINX Plus」とアプリケーションサーバー/ミドルウエア「Red Hat JBoss Middleware」(以下、JBoss)を組み合わせたソリューションを推進中である。NGINX Plusは最新バージョンのリリース7でいち早くHTTP/2に対応するなど、クラウド適性に優れており、RESTful Web APIによるマイクロサービス対応や動画などリッチメディア配信に対応したWebシステムを最適なコスト配分で実現できる。これらに加えて、ルールエンジン「Red Hat JBoss BRMS」(以下、BRMS)を活用することで、ビジネスの変化に強いシステムを実現可能だ。(2015/10/19)

キヤノンITS、HTML5対応のWebアプリ自動生成ツールを発売
HTML5やCSS3を利用してGUIのデザインや操作性のカスタマイズが可能になった。(2015/10/1)

5分でわかる最新キーワード解説:
バグは金曜日に生まれる?「MSR」最前線
MSR(Mining Software Repositories)とはソースコードやドキュメントなど、開発に関して蓄積された情報を精査し、生産性や品質の向上に役立てようとする技術です。「バグが発生する日は金曜日」など気付かなかったコトが見えるようになります。(2015/8/13)

電力供給サービス:
電力小売事業の中核をなす料金システム、広域機関など外部連携も可能に
2016年4月から自由化される新たな電力市場への参入を目指す北海道ガスは、小売事業に必要な電力使用料金の計算や顧客管理といったシステムの構築を富士通に発注した。(2015/6/22)

「ルール」と「データ」を分離せよ
経営戦略をシステムに即時反映するBRMS活用のススメ
正確で素早い意思決定は、企業の競争力の源泉。ビジネスルールに対する判断を自動化し、ルール変更にも柔軟に対応してくれるBRMSは、属人的な判断を回避し、的確な決定を下すための強力な武器になるだろう。(2014/8/27)

レッドハット、オープンソースのBPMスイート製品「JBoss BPM Suite 6」を提供
JBoss BPM Suite 6は、BPMとBRM、複合イベント処理の機能を統合的に提供する。(2014/3/6)

レッドハット、オープンソース活用にシステム構築を支援する施設をオープン
メインフレームやUNIXからの移行、また、ルールエンジン(BRMS)などを用いたシステム再構築の手法について支援する。(2013/9/18)

ビッグデータいろはの「い」:
ビッグデータは両刃の剣、既存の情報システムをどう守る?
既存の情報システムに多額の投資を行い、それが基幹業務を支えている企業はどのようにビッグデータを扱えばいいのだろうか。そもそもビッグデータは分析の対象だけにとどまらない。ビッグデータ時代の情報システムを考えてみたい。(2012/7/19)

レッドハット、JBoss Enteprise BRMS 5.3を発売 ビジネスルール管理と複合イベント処理を統合
ビジネスプロセスの管理と大量データから重要なビジネスイベントの発見を可能にするという。(2012/7/18)

レッドハット、複数データベース・データソースの仮想化を実現する新たな基盤ソフトを投入
レッドハットは基盤ソフトウェア「JBoss Enterprise Data Services Platform 5.2」を発表した。複数データベース・データソースから仮想化されたデータモデルをオンデマンドに構築できるという。(2011/11/24)

情報マネジメント用語辞典:
ディシジョンテーブル(でぃしじょんてーぶる)
decision table / 決定表 / 判断表 / デシジョンテーブル(2011/11/7)

プロセスに無駄をなくし地球に優しい商取引を 日本IBM
今年3月にIBMがグローバルで発表した新ビジョン「スマーター・コマース」について、日本でも全体の概要説明がなされた。(2011/6/1)

企業システムの常識をJBossで身につける(終):
急速なビジネスの変化に対応できる「BRMS」の常識
企業向けアプリケーションのさまざまな“常識”をJavaのオープンソース・フレームワーク群である「JBoss」から学んでいきましょう。企業システムを構築するうえでの基礎となる知識をリファレンス感覚で説明していきます。初心者から中堅、ベテランまで大歓迎!(2010/11/18)

企業システムの常識をJBossで身につける(11):
「全体を見る」ためのビジネスプロセス・BPMの常識
企業向けアプリケーションのさまざまな“常識”をJavaのオープンソース・フレームワーク群である「JBoss」から学んでいきましょう。企業システムを構築するうえでの基礎となる知識をリファレンス感覚で説明していきます。初心者から中堅、ベテランまで大歓迎!(2010/9/2)

IBM Impact 2010 Report:
「ビジネスにさらなるアジリティを」── 業務プロセス改善で競争力を高める米企業
ネバダ州ラスベガスの「IBM Impact 2010」では、SOAのシステム構築アプローチや業務プロセス改善によってビジネスの「アジリティ」を獲得し、それを競争力につなげている先進企業らがその取り組みを紹介した。(2010/5/6)

レッドハット、「JBoss Enterprise SOA Platform 5.0」を提供開始
レッドハットは、「JBoss Enterprise SOA Platform 5.0」と「JBoss Developer Studio 3.0」の提供を開始した。各種クラウドサービスとの連携が容易に行えるようになっている。(2010/4/15)

NEWS
日本オラクル、日本語文書を業務規約に沿って立案、検証できる新ツールを発表
WordやExcelで作成した文章や表を、自然言語で記述された法規制や規約の文章に自動変換できる。(2010/3/8)

IBM、BPMベンダーLombardi買収
IBMがWebSphere対応製品を提供しているBPMベンダーのLombardiを買収し、SOA分野を強化する。(2009/12/17)

IMPACT 2009 JAPAN SOA CONFERENCE:
4週間の仕事を2日で達成するには――IBM サンディー・カーター氏
日本IBMが19日に開催した「IMPACT 2009 JAPAN SOA CONFERENCE」の基調講演で、IBMコーポレーションのSOA,BPM&WebSphere マーケティング バイス・プレジデントのサンディー・カーター氏は「仕事の方法を変える」ことの重要性について述べた。(2009/5/20)

パートナーを拡充させてSOAビジネスも加速させたい:
IBM、同社初となるビジネスルール管理新製品
(2009/5/19)

買収額は3億4000万ドル:
IBM、ビジネスルール管理システムのアイログを買収
(2008/7/29)

IBM、ビジネスルール管理システムのILOGを買収
IBMがILOGを約3億4000万ドルで買収する。(2008/7/29)

5分で絶対に分かる:
5分で絶対に分かるBPMS
(2008/3/21)

情報システム用語事典:
BRMS(びーあーるえむえす)
business rules management system / ビジネスルール管理システム / ビジネスルールマネジメント・システム(2008/3/18)

2〜3週間かかっていた手作業を1日に短縮:
Jリーグの対戦予定作成に制約プログラミングソリューション
(2008/3/6)

SAP、「ビジネスルール管理ソフト」企業を買収
SAPは、インドのYASU Technologiesを買収後、同社の技術をNetWeaverプラットフォームに活用する計画。(2007/10/18)

NEWS
アイログ、ビジネスルール管理システム「ILOG JRules」の最新版を発表
透過性の高いルールベースのWebサービス「トランスペアレント・デシジョン・サービス」の追加で、SOA環境でのサービス再利用を支援(2007/7/27)

NEWS
ビジネスプロセスとビジネスルールのモデリングを分離・統合しSOAを支援
IDSシェアー・ジャパン、新製品「ARIS Business Rules Designer」を発表(2007/7/17)

情報システム用語事典:
プロダクションルール(ぷろだくしょんるーる)
production rule / プロダクション規則 / 処理規則 / 生成規則(2007/6/1)

Microsoft、BPMのためのアライアンス結成
Microsoft Business Process Allianceは、比較的安価なBPM技術の選択肢を企業に提供することを目的とする。(2007/2/28)

情報マネジメント用語辞典:
ナレッジベース(なれっじべーす)
knowledge base / 知識ベース (2007/2/16)

情報マネジメント用語辞典:
エキスパートシステム(えきすぱーとしすてむ)
expert system / 専門家システム(2007/2/16)

日本プロセスとアイログ、J-SOX対応統合ソリューション提供の真意
「ビジネスルール管理とビジネスプロセス管理の補完関係によって、業務の可視化と統制を実現」。アイログと日本プロセスは、両社のプロダクトを連携させて統合ソリューションを提供する。(2006/7/4)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。