ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「いじめ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「いじめ」に関する情報が集まったページです。

山本知事が改めて問題視:
魅力度ランキング44位に対して「法的措置」発言、その後
群馬県を44位とした都道府県魅力度ランキングに対し「法的措置も含め検討」と発言した山本一太知事は29日、「いじめの構造に近い」と述べ、改めてランキングを問題視する考えを示した。(2021/11/29)

「いじめっ子からの嫌がらせが止まった話」を描いた漫画に反響 いじめを受けて“ポジティブにもがいた”体験談
誰かの幸せを願うと、誰かが君を幸せにしてくれる。(2021/10/30)

【新連載】西川善司の「日産GT-Rとのシン・生活」:
開発者の「記者イジメ」に遭いながらもそのマシンが欲しくなった、その背景にある熱い物語
IT系ライターの西川善司さんはクルマ愛好家でもあり、スポーツカーに関する記事も執筆している。そんな西川さんが手に入れることになった最新スポーツカー「GT-R nismo Special Edition」を切り口に、これからのクルマのものづくりを解き明かしていく。(2021/10/23)

「学校であったつらいこと」を市役所に相談したら対応してくれた――寝屋川市のいじめ対策が話題、監察課に話を聞いた
「すべての市町村でこうあってほしい」「文科省が全国的に展開すべき案件」など反響が。(2021/10/18)

Facebook、著名人への性的嫌がらせを禁止するポリシー改定
「ユーザーの安全より自社の利益を優先している」と批判されているFacebookが「いじめと嫌がらせ」についてのポリシーを更新した。これにより公人・著名人に対する「深刻な性的コンテンツ」を削除する。ポリシーに違反していなくても場合によっては対象になる。(2021/10/14)

配布タブレット悪用の指摘も ネットいじめ最多
文部科学省が公表した2020年度の問題行動・不登校調査では、「ネットいじめ」の認知件数が過去最多を更新した。「GIGAスクール構想」で児童に配備されたタブレット端末のチャット機能を悪用したいじめに使われる可能性もあり、対策が急務となっている。(2021/10/14)

未成年者との接触狙うユーザー検知 東大教授がネット犯罪防止システム開発、いじめにも対応
未成年者が巻き込まれるネット被害のリスクを事前検知するシステムを、東大教授が開発した。SNSユーザー同士の接触機会などからリスク評価する。導入には事業者との二人三脚が必要という。(2021/9/28)

坂本龍一「これほど真摯な文章は書けるものじゃない」 小山田圭吾の“いじめ告白”謝罪文に涙腺緩ませる
坂本さん「読みながら少し泣けてしまった」(2021/9/21)

小山田圭吾、騒動後初めて“いじめ行為”のいきさつ説明 一部否定も「傍観者になってしまった」「自分にも責任がある」と謝罪
今後の活動は白紙の状態とのこと。(2021/9/18)

小6女児自殺、タブレットのパスワード共通 文科省「不適切だった」
東京都町田市立小学校に通っていた小学6年生の女子児童がいじめを訴えて自殺した問題を巡り、文部科学省は同市教育委員会などに事実関係を確認した。いじめに悪用されていたとされるタブレット端末はログイン時のパスワードが児童共通であるなどずさんな個人情報の管理状況が判明し、文科省は「不適切だった」と指摘した。(2021/9/16)

1人1台端末でチャット使いいじめか 小6女児が自殺 リテラシー教育に課題も
東京都町田市立小学校に通っていた6年生の女子児童が2020年11月に自殺し、同級生からいじめを受けていた可能性があることが分かった。同日、遺族が都内で会見し明らかにした。文部科学省が進める「GIGA(ギガ)スクール構想」で児童に1人1台配備されたタブレット端末のチャット機能を使ったいじめが常態化していた可能性があるという。(2021/9/15)

いじめから守ってくれた幼なじみと疎遠になり…… 高校生になって再会する漫画がグッとくる
再会した幼なじみはよそよそしい態度。2人はどうなる?(2021/9/11)

「村八分が卒業式まで続いた」 吉木りさ、中学のいじめ経験を告白 耐え忍ぶ日々で「本当に痩せてしまって」
当時の経験から「同じような行為を絶対人にはしない」と決めているとのこと。(2021/8/19)

祖母にいじめられる母の「本当の強さ」を知った日 うわさ話から子どもを守る母親の漫画に「大事な話」「グッときた」
「それは子どものあなたに伝えることではないから」(2021/8/15)

【学校でトラブった体験談】鏡を見たら顔の半分が青紫色に 10年たった今でも忘れられない小学校時代のいじめ
当たり前だけど、他人は殴らない方が良い。(2021/9/28)

Instagram、ヘイト対策で3つの新機能 非フォロワーと最近のフォロワーの制限機能を全ユーザーに
Instagramがヘイト行為(いじめや嫌がらせ)対策として、新たに3つの新機能を追加すると発表した。非フォロワーと最近のフォロワーを制限する機能は既に使える。(2021/8/12)

ネットで広がる“いじめの連鎖”に加担しないために
「東京2020オリンピック」開幕前に相次いだ関係者の辞任/解任騒動。そこから派生した炎上の背景には情報不足を勝手に補ってしまうネットの一面がある。(2021/7/28)

スマイリーキクチ、小山田圭吾の元妻や息子へのバッシングに苦言 「家族を追い詰めるのは正義を逸脱した行為」
小山田さんは過去のいじめ行為が問題視されていました。(2021/7/20)

絵本作家のぶみ、東京オリンピック・パラリンピック関連プログラム出演を辞退 過去の“教師いじめ”エピソードなどで再炎上
「担任教師に腐った牛乳を飲ませた」などのエピソードが再び注目され、炎上していました。(2021/7/20)

NHK「デザインあ」を急きょ放送差し替え 音楽担当に小山田圭吾、「経緯など踏まえて総合的に判断」
一連の“いじめ”問題などの影響で。(2021/7/20)

スピン経済の歩き方:
小山田圭吾炎上騒動に学ぶ、企業担当者が「ブラック著名人」とのコラボを避ける方法
東京オリンピック開会式の作曲担当をしていた小山田圭吾氏が、辞任する意向を関係者に伝えたという。それにしても、大会組織委員会はなぜ小山田氏を起用したのか。過去をちょっと調べれば、同級生や障害者をいじめていたことが分かるはずなのに……。(2021/7/20)

小山田圭吾、オリパラ音楽担当の辞任を公表 「様々な方への配慮に欠けていたと痛感しております」
過去のいじめ告白が問題視され、16日には謝罪していました。(2021/7/19)

『ロッキング・オン・ジャパン』編集長、小山田圭吾の“いじめ問題”で謝罪 自身がインタビュー担当「倫理観や真摯さに欠ける間違った行為」
小山田さんは「東京2020オリンピック」の開会式で音楽を担当しています。(2021/7/18)

小山田圭吾、“いじめ”炎上受け声明「受け入れてもらえるのであれば、被害者へ直接謝罪を」 オリパラ音楽担当進退に言及せず
(2021/7/16)

コロナ禍特有の「コロハラ」「リモハラ」なども:
社内ハラスメント「対策していない・不十分」9割 被害・加害者ともに男性
「嫌がらせ・いじめ」などの意味を持つハラスメント。19年には育休から復帰した男性社員の関西転勤を不当だとSNS上に投稿した叫びが炎上したことも記憶に新しい。女性に対するマタハラや結婚をほのめかすようなマリッジハラスメントなどを耳にする機会は減ったような気がするが、一方でパワハラやモラハラは根強く残っているようだ。今は被害者も加害者も男性が多いことが調査から分かった。(2021/6/21)

先生「誰かにいじめられたのなら正直に言ってね」 小学生のころ、“体育館の緑色のネット”で遊ぼうとしたら斜め上の事態になった
先生、優しいなあ……。(2021/8/6)

校内でいじめ発見 → 褒め倒してるだけだ! ワルを成敗しようと思ったら善人しかいなかった漫画がほっこり展開
治安が良すぎる。(2021/6/7)

イジメられっ子がトラックにはねられ転生、かと思いきや…… 幽霊となって逆襲する漫画『死んでから本気出す』
悪を懲らしめるうちにいろんなものが視えてくる。【本文の最後に第1話と第2話のまるごと出張掲載アリ!】(2021/5/8)

いじめから助けてくれた「初恋の人」のSNSを見つけてしまった―― 2度と交わらない関係に執着する女性の漫画が心に刺さる
記憶をよみがえらせる。(2021/5/2)

世界を読み解くニュース・サロン:
なぜフェイスブックが「いじめっこだ」と世界から叩かれているのか
米フェイスブックが強大な影響力を批判されている。最近はオーストラリアでニュース記事の利用に料金を支払うよう求められ、強硬措置を取った。一方、グーグルは記事に対価を支払う新サービスの契約を各国で進める。劣勢のフェイスブックの今後の対応は?(2021/2/25)

Instagram、DMでのヘイトスピーチ対策を強化 繰り返すとアカウント無効に
Instagramが、DM(ダイレクトメッセージ)での嫌がらせやいじめに対処するため、ポリシー違反のDMを繰り返し送るアカウントを無効にすると発表した。嫌がらせのために別アカウントを作成しても無効にされる。(2021/2/12)

見落としがちな“心のエアポケット”:
パワハラは減らないどころか増えている――加害者の典型的な言い訳と、決定的な「2つの見落とし」とは
社会的な認知度が上がっても減らないパワハラ。厚労省の発表によれば、職場でのいじめや嫌がらせは、年々増えてきている。中には被害者が自ら命を絶ってしまうケースもあるが、そんな中、被害を拡大しないために見落としてはいけない“心のエアポケット”とは?(2021/1/20)

「時には環境や悪魔からの“逃げ”も大切」 乃木坂46・堀未央奈、ファンの相談で中学時代のいじめを告白
これは励まされる。(2021/1/7)

渡部建の謝罪会見、“リポーターの質問力”を疑問視する声が噴出 加藤浩次「なんでマウンティングしちゃってんの?」
謝罪会見はイジメじゃないのよ……。(2020/12/4)

“差別、いじめ”を描いたナイキのCMに反響 日本で差別を描くことは「日本人を貶める印象操作」なのか
称賛の声も多い一方で、猛反発する声も多くあがっています。(2020/12/3)

小林麻耶、騒動後初の動画は夫婦で“16分瞑想” 番組出演者からは「いじめ無理」「ジャッジできない」の声
TBS側も小林さんの主張を否定。(2020/11/13)

「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
番組公式ページからは画像と名前が現在消失。(2020/11/12)

これはつらい…… いじめっ子が夢の中では仲良くしてくれる漫画に「いい話だけどつれぇ」「ラスト震えた」の声
いじめによるトラウマは簡単には癒せない。(2020/10/25)

「好きな人をいじめてしまう小学生みたい」 元アイドルが配信中のコメントマナーに苦言「自分が想像してる以上に推しを傷つけてる」
「本当に配信するの憂鬱になる」(2020/10/15)

「先生との作戦だ!」すごい勢いでいじめ問題に対応する熱血先生の漫画がかっこよくてグッとくる
特に深刻な長期休み直前のトラブルのお話。無事に解決してよかった……!(2020/10/8)

Instagramがコメントでのいじめ減少のため新機能導入 全国いじめ防止月間の開始に合わせ
効果の程やいかに。(2020/10/7)

Instagram、10周年で懐かしのアイコン復活(期間限定)や新いじめ対策を追加
Facebook傘下のInstagramが公開10周年を迎えた。これを記念して、アプリアイコンを昔のアイコンに期間限定で変える機能や、いじめ対策の強化などが追加された。(2020/10/6)

スピン経済の歩き方:
「日本の宝・中小企業」をイジメる菅総理は、「悪」なのか
「秋田初の総理大臣」「実はシャイでパンケーキ好き」――。菅総理は好感度の高いキャラで高い支持率を得ているようだが、中小企業の経営者などからブーイングが出ている。どういうことかというと……。(2020/9/22)

「glee」リア・ミシェル、第1子出産報告も差別発言への反発やまず 「ネットいじめにはうんざり」の声
妊娠中に過去の主演ドラマでの不適切な言動を謝罪。(2020/8/27)

人気連載まとめ読み! @IT eBook(67):
IT訴訟例で学ぶベンダー残酷物語の実態と回避策
人気過去連載を電子書籍化して無料ダウンロード提供する@IT eBookシリーズ。「IT訴訟解説」のパート3は、ベンダーいじめ系特盛です。(2020/8/14)

昔助けたいじめられっ子と久しぶりの再会 成長した姿に背中を押される漫画がグッと来る
2人とも強くてかっこいい。(2020/7/3)

いじめられる先生を見たくなくて教室を抜け出した――高校時代の出来事描く漫画に反響
(2020/7/1)

中学時代のいじめを懺悔する相談者を加藤諦三がぶった切る「偽りの自責感です」 「テレフォン人生相談」先週のハイライト
「だから誰にも相談できないの。いい人を演じているから」。(2020/6/8)

いじめによる死亡事件を描く映画「許された子どもたち」が必見の地獄めぐりである「5つ」の理由
“地獄めぐりエンターテインメント”として文句なしに面白く、“誰もが加害者になる恐怖”を描いた作品としても一級品の映画「許された子どもたち」を解説する。(2020/5/31)

Instagram、いじめや嫌がらせを対策する新しい管理機能を発表
Instagramでのいじめに関するデータを初めて公開。(2020/5/14)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。