ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「いじめ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「いじめ」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

働き方の「今」を知る:
日本経済にはびこる「下請けいじめ」 巧妙化するその実態
ある企業が、自社で販売・使用する商品や製品を発注している下請け企業に対して、不当な値切り行為や支払遅延をしたり、相手側に非がないにもかかわらず、受け取り拒否や返品などをしたりする行為を総称して「下請けいじめ」と呼ぶ。この下請けいじめが、多くのビジネス現場において深刻な問題となっている。下請けいじめに遭わないためには、どうしたらいいのか? その実態と解決策に迫る。(2024/2/16)

48歳人気芸人、カツアゲ&山に埋められた高校時代 当時の卒アル写真に「イジメられ顔じゃない」「イケメン」
ヤンキーに山に埋められた話が有名なチャンス大城さん。(2024/1/18)

宝塚、劇団員死亡に関する調査報告書公開 いじめは「認定できない」、過密なスケジュールなど負荷認める
調査報告書では月間の時間外労働は118時間を超えていたとされています。(2023/11/14)

才賀と別離の元パートナー、子連れパパの姿を「正直羨ましくも思ったり」 “元夫”はBreakingDown出場で「弱い者いじめして出稼ぎ最高」
7月に才賀さんと破局していた元パートナー・絵莉さん。(2023/11/13)

「ゴミを毎日投げられて」 あの、新曲MVで学生時代に受けたイジメを再現 込めた思いに「ボロボロ泣いた」「歌詞が優しすぎ」
MVで感涙したファンも続出。(2023/10/19)

「24時間『死ね』と言われる」「病んで倒れて一人前」 テレビ業界のイジメ体質と問題点を現役映像作家が告白
現役映像作家で障害・虐待・機能不全家族に関する社会活動にも取り組む米田愛子さんが実名で告白。(2023/12/2)

スピン経済の歩き方:
トヨタはセーフで日産はアウト! 「ジャニーズリスク」と大企業はどう向き合うか
契約を打ち切ったら「いじめ」と叩かれて、継続をしたらしたで「人権意識がヤバい」と叩かれる――。ジャニーズの問題で、頭を抱えている企業の担当者も多いはず。いわゆる“ジャニーズリスク”と企業はどう向き合えばいいのか。(2023/9/12)

職場でのイジメ、誰からか 被害者に聞いた
職場でのイジメを目撃または相談されたことがあるビジネスパーソンは、どのくらいいるのだろうか。目撃・相談の「経験がある」と答えたのは……。(2023/9/8)

日刊MONOist月曜版 編集後記:
“無言の圧力”でも下請けいじめに、中小企業庁調査に見る正しい関係性
発注側の配慮が重要です。(2023/9/4)

長瀬智也、誹謗中傷寄せるアンチへ複雑な思い「寂しいですよ」 一方で「よわいものいじめ ぜったいにゆるさないよ」と宣戦布告も
「誹謗中傷にも感謝」とも。(2023/8/30)

私の人生が動いた瞬間:
40キロ超の減量、エリートな経歴 元子役・細山貴嶺が今「本当になりたい自分」とは
“細山くん”としてお茶の間に親しまれた細山貴嶺さん。いじめや減量を経験し、エリート街道をひた走る中で見つけた“本当にやりたいこと”。(2023/8/23)

大林素子「デカいといじめられた時代があった」 “愛あるいじり”についても持論を展開
はるな愛さんと対談を行った大林さん。(2023/7/19)

赤ちゃんがいじめられて泣いていると勘違いしたハスキー ママから助け出そうとする姿に「本当はヤキモチなんじゃない?」の声
優しいお顔のハスキーさんです。(2023/6/22)

「保育園イジメ」訴えの華原朋美、“示談”の存在触れるも徹底抗戦の構え 誰がやったか一番知りたいのは「息子の服がカットされてた事」
息子のために海外移住も考えているとのこと。(2023/4/27)

華原朋美、「保育園のイジメ」主張し海外移住を検討も “背の高い男の先生”巡り「息子がゴミ箱に捨てられた」
2年前から続いていると訴えています。(2023/4/26)

「ハリポタ」ゲーム開発者、「ネコをいじめると即死呪文で反撃される」幻の仕様公開 その名も「アバダキャタブラ」!?
ネコと和解せねば裁きにあう……!(2023/3/29)

ゴング鳴っちゃった? 北斗晶、 嫁・凛との“仲良し”ショットが誤解モノ 「これだけ見たら嫁いじめみたい!」
プロレス一家ならではの遊び方。(2023/1/30)

大愚和尚のビジネス説法:
ハラスメントに悩む人へ「逃げることは負けたことにはならない」 ”二つに一つ”の解決策とは?
法整備がされても、なくなることがないセクハラやパワハラ。「人間は弱いものをイジメ」ないと生きていけないのか? であれば、そのような世界でどう自分を守ればいいのか? ハラスメントがなくならないという前提に立って、社会を生き抜く心得を大愚和尚に聞く。(2022/12/7)

ひろゆき、初の児童書を出版 子供に世の中の攻略法を伝授 YouTubeでも小学生の悩みに回答
小学館は「ひろゆき」こと西村博之さんが書いた初の児童書「よのなかの攻略法」を12月7日に発売すると発表した。小学生が抱える勉強や友達、恋、いじめなどの悩みをひろゆきさんが回答する子ども向けの学習まんが。一部内容はYouTube上でも公開している。(2022/12/6)

ワンコお気に入りのおもちゃを洗濯したら…… 「いじめないで!」と心配そうに見つめる姿に“あるある”の声続々
取ったりしないから大丈夫!(2022/11/6)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
「お互いうまくやろうぜ」パワハラを助長する同僚──日本特有の「いじめ構造」の闇
なぜ、職場でのパワハラはなぜなくならないのか? パワハラ被害に遭い、「自分が悪いのだろうか」と考えるまでに追い詰められた42歳男性の事例をひもとくと、日本企業ならではのパワハラの構図と、パワハラ防止策が無意味に終わりがちな理由が浮かび上がってきた──。(2022/10/14)

“沼る”ビジネスパーソンの共通点:
「攻撃的なお局」にどのように接すればいいのか トリセツを聞いた
「若手いじめ」「嫌がらせ」などさまざまな行為で職場を悩ませる「お局」。もし、組織で「お局」に出会ってしまったら、私たちはどのように行動すべきなのだろうか。トリセツを聞いた。(2022/9/21)

Innovative Tech:
被害者の心拍から「いじめ」を検出できるのか? 福岡大が検証
福岡大学大橋研究室の研究チームは、被害者の心拍情報から主観的なストレスを検出してハラスメントを特定するシステムを提案した研究報告を発表した。(2022/8/30)

小寺信良のIT大作戦:
「Twitterのネットいじめは日本が2倍」の、もっと先を読む
「日本のいじめ発生率は世界最低」「Twitterでは世界平均の2倍以上」というネットいじめ調査が話題だ。しかし、報道から漏れている本質がある。(2022/8/21)

馬型のくす玉を割ろうとする子ども、それを眺める馬が…… 「仲間をいじめないで」と言いたげな表情が哀愁漂う 【米】
仲間がいじめられてる……わけではありません!(2022/7/26)

スピン経済の歩き方:
なぜ「侮辱症状」を手渡したのか ハシモトホームとスルガ銀行の妙な関係
「社内イジメ」のニュースが飛び込んできた。青森県の住宅会社「ハシモトホーム」の営業社員が上司から罵声を浴びせられて、自殺をしてしまったのだ。それにしても、なぜ同社は侮辱症状」を手渡したのか。(2022/6/28)

いじめられている友達の足に傷が…… スカートの中の“秘密”を知る漫画がゾワリとする
スカートの下の傷の意味とは。(2022/6/8)

華原朋美、一部古参の“いじめ”に怒り爆発 「ファンやめて頂いて結構」「どんな酷い事してると思ってる?」
見るに見かねてツイートした華原さん。(2022/6/5)

黒木啓司の妻・宮崎麗果、誹謗中傷に法的措置へ EXILEファンの謝罪に「全然嫌いじゃないです」と感謝もネットいじめは「立派な犯罪」
宮崎さん「(ファンの)99%の方は好きとかの領域を超えて、尊いです」(2022/4/14)

ログイン戦争、鶏いじめ、投身RTA 平和な楽園「ハトバース」に異変か
「真に平等な世界」「いじめも格差も存在しません」──理想郷のようにみえたメタバース「ハトバース」だったが、鳩の急増により異変が起き始めたようだ。(2022/4/12)

パパがママにマッサージすると……柴犬「いじめちゃダメ〜!」 必死で助けようとする愛犬の姿がほほえましい
大好きなママを守ろうとしてる!(2022/3/26)

保護者に聞いた:
子どもが利用する「ネット」の不安 2位は「いじめなど友人間のトラブル」、1位は?
セコムは、全国の小学生の子どもをもつ親を対象に「小学生の安全対策に関する意識調査」を実施した。子どもの日常生活について、不安に感じている人は6割以上であることが分かった。(2022/3/12)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
岸田政権の「新しい資本主義」、最大の被害者が「一般国民」になるこれだけの理由
岸田ショック(Kishida Shock)という言葉が世界中で広がりを見せつつある。2021年には、世界的メディアが相次いで「Kishida Shock」を見出しとしたニュースを配信した。そのような「株主イジメ」による弊害は、回り回って一般庶民に返ってくる可能性が高く、決して他人事ではない。(2022/2/25)

一見すると笑顔の女性、よくみると…… いじめ・自殺防止を訴えるポスターのメッセージが心に刺さると話題
私たちはどこまで気づけているのでしょうか。(2022/1/26)

「ルールを破れば容赦しない」 いじめを絶対に許さない先生の漫画に「こんな先生に出会いたかった」の声
インパクトだけじゃない。(2022/1/16)

お姫様じゃなくて「普通の女子高生になりたい」 いじめられながら高校で働く清掃員シンデレラの漫画
現代風シンデレラが求める結末はどんな形になるのでしょうか(2021/12/19)

「身長が追い付くまでいじめられた」「自分だけ自動車免許が取れなかった」 人それぞれに違う“早生まれのツラさは何歳まで続くのか”
「早生まれのツラさ」「何歳まで続いたか」など聞いてみました。(2022/1/25)

「必ず呪い殺す」命を絶った少女がいじめっ子に残した言葉 呪いにおびえ許しを請う漫画に背筋が凍る
呪いよりも怖いのは人間。(2021/12/11)

いじめを苦に自殺しようとしたはずが…… 飛び降りに失敗した女子高生が「幽体バグ」でおかしなことになる漫画
ええぇっ…!(2021/12/9)

「いじめっ子からの嫌がらせが止まった話」を描いた漫画に反響 いじめを受けて“ポジティブにもがいた”体験談
誰かの幸せを願うと、誰かが君を幸せにしてくれる。(2021/10/30)

【新連載】西川善司の「日産GT-Rとのシン・生活」:
開発者の「記者イジメ」に遭いながらもそのマシンが欲しくなった、その背景にある熱い物語
IT系ライターの西川善司さんはクルマ愛好家でもあり、スポーツカーに関する記事も執筆している。そんな西川さんが手に入れることになった最新スポーツカー「GT-R nismo Special Edition」を切り口に、これからのクルマのものづくりを解き明かしていく。(2021/10/23)

「学校であったつらいこと」を市役所に相談したら対応してくれた――寝屋川市のいじめ対策が話題、監察課に話を聞いた
「すべての市町村でこうあってほしい」「文科省が全国的に展開すべき案件」など反響が。(2021/10/18)

Facebook、著名人への性的嫌がらせを禁止するポリシー改定
「ユーザーの安全より自社の利益を優先している」と批判されているFacebookが「いじめと嫌がらせ」についてのポリシーを更新した。これにより公人・著名人に対する「深刻な性的コンテンツ」を削除する。ポリシーに違反していなくても場合によっては対象になる。(2021/10/14)

カラースプレーで白くなったランドセルのまま6年間 いじめから逃げたくても逃げられなかった“登校ルール”
いじめっ子と距離を置きたくても置けない。(2021/12/16)

未成年者との接触狙うユーザー検知 東大教授がネット犯罪防止システム開発、いじめにも対応
未成年者が巻き込まれるネット被害のリスクを事前検知するシステムを、東大教授が開発した。SNSユーザー同士の接触機会などからリスク評価する。導入には事業者との二人三脚が必要という。(2021/9/28)

坂本龍一「これほど真摯な文章は書けるものじゃない」 小山田圭吾の“いじめ告白”謝罪文に涙腺緩ませる
坂本さん「読みながら少し泣けてしまった」(2021/9/21)

小山田圭吾、騒動後初めて“いじめ行為”のいきさつ説明 一部否定も「傍観者になってしまった」「自分にも責任がある」と謝罪
今後の活動は白紙の状態とのこと。(2021/9/18)

いじめから守ってくれた幼なじみと疎遠になり…… 高校生になって再会する漫画がグッとくる
再会した幼なじみはよそよそしい態度。2人はどうなる?(2021/9/11)

「村八分が卒業式まで続いた」 吉木りさ、中学のいじめ経験を告白 耐え忍ぶ日々で「本当に痩せてしまって」
当時の経験から「同じような行為を絶対人にはしない」と決めているとのこと。(2021/8/19)

祖母にいじめられる母の「本当の強さ」を知った日 うわさ話から子どもを守る母親の漫画に「大事な話」「グッときた」
「それは子どものあなたに伝えることではないから」(2021/8/15)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。