ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「いじめ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「いじめ」に関する情報が集まったページです。

渡部建の謝罪会見、“リポーターの質問力”を疑問視する声が噴出 加藤浩次「なんでマウンティングしちゃってんの?」
謝罪会見はイジメじゃないのよ……。(2020/12/4)

“差別、いじめ”を描いたナイキのCMに反響 日本で差別を描くことは「日本人を貶める印象操作」なのか
称賛の声も多い一方で、猛反発する声も多くあがっています。(2020/12/3)

小林麻耶、騒動後初の動画は夫婦で“16分瞑想” 番組出演者からは「いじめ無理」「ジャッジできない」の声
TBS側も小林さんの主張を否定。(2020/11/13)

「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
番組公式ページからは画像と名前が現在消失。(2020/11/12)

これはつらい…… いじめっ子が夢の中では仲良くしてくれる漫画に「いい話だけどつれぇ」「ラスト震えた」の声
いじめによるトラウマは簡単には癒せない。(2020/10/25)

ネットいじめも過去最多 閉鎖的なSNS、認知難しく 文科省調査
文部科学省が公表した2019年度の問題行動・不登校調査では、「ネットいじめ」が過去最多を記録した。SNS上でのいじめは認知が難しく、子供自身がやってはいけないことだと理解して自浄できる力を身に付けられるような教育が必要だ。(2020/10/23)

「好きな人をいじめてしまう小学生みたい」 元アイドルが配信中のコメントマナーに苦言「自分が想像してる以上に推しを傷つけてる」
「本当に配信するの憂鬱になる」(2020/10/15)

「先生との作戦だ!」すごい勢いでいじめ問題に対応する熱血先生の漫画がかっこよくてグッとくる
特に深刻な長期休み直前のトラブルのお話。無事に解決してよかった……!(2020/10/8)

Instagramがコメントでのいじめ減少のため新機能導入 全国いじめ防止月間の開始に合わせ
効果の程やいかに。(2020/10/7)

Instagram、10周年で懐かしのアイコン復活(期間限定)や新いじめ対策を追加
Facebook傘下のInstagramが公開10周年を迎えた。これを記念して、アプリアイコンを昔のアイコンに期間限定で変える機能や、いじめ対策の強化などが追加された。(2020/10/6)

スピン経済の歩き方:
「日本の宝・中小企業」をイジメる菅総理は、「悪」なのか
「秋田初の総理大臣」「実はシャイでパンケーキ好き」――。菅総理は好感度の高いキャラで高い支持率を得ているようだが、中小企業の経営者などからブーイングが出ている。どういうことかというと……。(2020/9/22)

「glee」リア・ミシェル、第1子出産報告も差別発言への反発やまず 「ネットいじめにはうんざり」の声
妊娠中に過去の主演ドラマでの不適切な言動を謝罪。(2020/8/27)

人気連載まとめ読み! @IT eBook(67):
IT訴訟例で学ぶベンダー残酷物語の実態と回避策
人気過去連載を電子書籍化して無料ダウンロード提供する@IT eBookシリーズ。「IT訴訟解説」のパート3は、ベンダーいじめ系特盛です。(2020/8/14)

炎上、ネットいじめ……AI駆使して火消し、新サービス続々
人工知能(AI)を活用してネガティブな投稿を検知したり、デマ情報の拡散からブランドイメージを守ったりするサービスが登場している。(2020/7/28)

昔助けたいじめられっ子と久しぶりの再会 成長した姿に背中を押される漫画がグッと来る
2人とも強くてかっこいい。(2020/7/3)

いじめられる先生を見たくなくて教室を抜け出した――高校時代の出来事描く漫画に反響
(2020/7/1)

中学時代のいじめを懺悔する相談者を加藤諦三がぶった切る「偽りの自責感です」 「テレフォン人生相談」先週のハイライト
「だから誰にも相談できないの。いい人を演じているから」。(2020/6/8)

いじめによる死亡事件を描く映画「許された子どもたち」が必見の地獄めぐりである「5つ」の理由
“地獄めぐりエンターテインメント”として文句なしに面白く、“誰もが加害者になる恐怖”を描いた作品としても一級品の映画「許された子どもたち」を解説する。(2020/5/31)

Instagram、いじめや嫌がらせを対策する新しい管理機能を発表
Instagramでのいじめに関するデータを初めて公開。(2020/5/14)

Instagram、いじめ対策でコメントの一括削除やタグ付けブロック機能追加
Instagramが新たないじめ対策として、否定的なコメントを一括削除し、そのコメントを付けた相手をブロックまたは制限する機能など、3つの新機能を追加した。(2020/5/13)

ITはみ出しコラム:
令和元年で印象に残ったITニュース“7選” AIからネットいじめ問題まで【2019年振り返り】
2019年の振り返り企画。今回のテーマは、海外ITニュース全般で印象に残った7つの出来事をまとめてみました。(2019/12/29)

Instagram、写真や動画のキャプションをAIで判定 問題あれば投稿前に警告
ネットいじめ対策の一環として実装。(2019/12/18)

Instagramに新いじめ対策 コメントに続きキャプションにもAIが警告
プラットフォームでのいじめ対策に注力するInstagramで、投稿に添えるキャプションに問題があるとAIが判断すると警告カードを表示するようになる。7月に問題コメントに警告する機能を追加したところ、効果があった。(2019/12/17)

YouTube、ハラスメントに関するポリシーを強化し、個人攻撃すれば有名人でも動画削除の対象に
6月に、差別的な動画を放置したとして非難されたYouTubeが、「嫌がらせやネットいじめに関するポリシー」を更新し、人種、性別、性的指向などで個人を攻撃するコンテンツは投稿者が誰であれ許可しないようになる。(2019/12/12)

学校の闇とコンプライアンス意識 ハラスメントは光を嫌う原則
神戸市で起きた教員間いじめ問題について、現校長の謝罪会見に続き、暴行事件当時の責任者である前校長もインタビューで「知らなかった」との釈明を行った。学校業界のコンプライアンス意識欠如を如実にさらけ出している。(2019/10/30)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
職場で見過ごされる“心の暴力” 教員暴行事件に見る、オトナ社会の異常さ
神戸市の小学校教師の問題が「いじめ事件」と報じられていることに違和感がある。これは暴行だ。このような大人の言動を見て子どもは育つ。子どものいじめ問題以前に、「パワハラ」という精神的暴力、“見て見ぬふり”の姿勢をどうにかしなければならない。(2019/10/25)

【漫画】「もしも僕がヒットマンだったら」 いじめられている女の子を助けられない男の子と、実はヒットマンな女の子の話
ヒーローになるためにすごい能力は要らない。(2019/10/22)

「カレーは悪くない」 いじめに使われた「カレー」給食が中止→インドカレー屋から悲しみの声
児童への影響を考慮した慎重な対応ですが……。(2019/10/18)

機械学習を活用
いじめに遭った子どもの「心の叫び」に気付くために学校が取り入れたITとは
米国のある学区は、クラウドアプリケーションセキュリティサービス「ManagedMethods」を使用している。学習者が作成するドキュメントにある“有害な言葉”を検出することに役立てているという。その実態とは。(2019/10/9)

Instagram、いじめ対策の「制限」機能を正式導入 相手に知られないままコメント非表示に
米Facebook傘下のInstagramは、ネガティブなコメントなどをするユーザーを、相手に知られないまま非表示にする「制限」機能を日本を含む世界で提供開始した。(2019/10/3)

Instagram、いじめ対策機能を追加 特定アカウントとのやりとりを相手に知られないよう制限
相手を傷つける可能性のあるコメントが投稿されようとしたとき、AIが検知して再考を促す機能も。(2019/10/3)

よるドラ「だから私は推しました」今夜最終回 ハナのいじめ疑惑真相と花梨の脱退理由にドン引き、ハッピーエンドってある?
サイコパスな部屋に監禁!? 嘘回想シーンにまた騙された。(2019/9/14)

スポーツチームの応援Tシャツを自作した小学生がからかわれる→教師の投稿が公式に届いてグッズ化、収益をいじめ防止へ寄付
教師からの相談で大学が動いた。(2019/9/13)

新人教員のころ、理不尽な初任者指導に「いじめかと思った」 現役中学教員に聞く「ブラック職場としての学校」
何も教えてもらえないなか、OJTという名目で教育現場へ。(2019/10/5)

Instagramがいじめ防止策を発表 「いじめコメントにAIが警告」「コメントのミュート(制限)機能」
相手に知らせずコメントを非表示にできます。(2019/7/9)

Instagramが2つのいじめ対策 コメント時の警告と相手に知られない非表示
Instagramが2つのいじめ対策を追加する。ネガティブなコメントを付けようとすると投稿前に再考を促す機能と、被害者側が相手に分からないようコメントを非表示にし、DMの既読も知らせないようにする「Restrict(日本では「制限」)」機能だ。(2019/7/9)

たかはし智秋、42歳の誕生日に人生を振り返る イジメを力に変えた“逆転劇”に称賛の声「太っていて、声が変だと…」
たかはしさん「人生は…なにがあるのか、本当にわからない」。(2019/5/8)

Facebook、違反コンテンツ検出AI強化でいじめ検出率85%向上
Facebookの開発者会議「F8 2019」の2日目の基調講演は、例年通りAI、AR/VRがテーマだった。この中から、ポリシー違反コンテンツ検出ツールについての発表を紹介する。(2019/5/3)

さくらインターネット、「破産者マップ」の“ホスティング疑惑”を否定
サイト公開後、「プライバシーの侵害ではないのか」「いじめや自殺を招きかねない」など批判的な声が相次いでいました。(2019/3/18)

イジメに加担する女の子が不思議なメガネ屋に迷い込み…… 自分と向き合い変われた漫画に「涙が出た」「元気になれた」
不思議なメガネ屋さんが少女を変えた。(2019/3/7)

この上なくヤバいサイコパスがいる 未知のホラー漫画『いじめるヤバイ奴』が大きな声ではオススメしにくい理由
自縄自縛に陥った“いじめっ子”の縄を持つ“いじめられっ子”。(2019/3/2)

医療技術ニュース:
他者への攻撃に加担するのは扁桃体と側頭・頭頂接合部の結合強度が影響
情報通信研究機構は、攻撃行動への加担を調べる手段としてキャッチボール課題を考案し、人が攻撃に加担する程度とその人の社会的不安傾向の相関性を明らかにした。いじめなどを減らすための情報処理技術開発につながることが期待される。(2019/1/21)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
続・自動車メーカーの下請けいじめ
「大手自動車メーカーは悪」「中小企業の下請けは正義」みたいな決めつけを止めないと、この国の経済は良くならない。サプライヤーがしかるべき原価低減も行わず、新技術の開発もせずに現状を維持していたら、それでこの国が幸せになれるのかをちゃんと考えてみた方が良い。(2018/12/3)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
“パワハラ放置”社会が「子どものいじめ」を増長? 「見て見ぬふり」の大きな代償
「パワハラ防止措置」の法制化がようやく進められることになった。だが、それだけでなく「自分たちの問題」として考えることが必要だ。大人のパワハラ、あるいは「見て見ぬふり」という行動が、子どもたちの振る舞いにも影を落としている。(2018/11/30)

娘がいじめられてるとおもったら…… パパと娘と娘を好きな男子が繰り広げる漫画がほのぼのする
なんか、みんないいキャラ。(2018/11/5)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
自動車メーカーの下請けいじめ?
自動車メーカーがサプライヤー(下請け)に価格低減などの厳しい要求をすることがしばしばある。このことと「いじめ」が本当にイコールなのだろうか。そもそもメーカーは下請けをいじめるメリットがあるのか?(2018/10/29)

「いじめ」と戦うLINEの執念
「LINEいじめ」という言葉が発明され、目の敵にされて5年。LINEはいじめ問題にどのように取り組んできたのか。(2018/10/10)

Instagram、いじめ写真を検出する仕組みを導入
Instagramが、機械学習を活用し、いじめ行為や嫌がらせと思われる写真、キャプションを検出する仕組みを導入する。(2018/10/10)

スピン経済の歩き方:
剛力彩芽が叩かれる背景に、日本人の国民性
タレントの剛力彩芽さんが、ネット上で壮絶なリンチにあってしまった。交際宣言したスタートトゥディの前澤友作社長と同じタイミングで、ロシアW杯を観戦した写真をInstagramにあげたところ、批判が殺到したのだ。それにしても、なぜこのような「いじめ」が後を絶たないのか。(2018/7/31)

トラウマをテーマにした創作活動向けの『トラウマ類語辞典』発売 いじめ、ストーカーなどのトラウマが与える影響を解説
創作のお供に。(2018/7/18)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。