ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「カフェイン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「カフェイン」に関する情報が集まったページです。

「K-POPがこのレベルまで来た」「全世界の若者たちが一緒に楽しめる段階へ」 J.Y. Parkがコカ・コーラとのビッグコラボをねとらぼに語る
J.Y. Parkさんが「K-POPの影響力と進化」について語ってくれました。(2024/3/3)

サントリー「ボスカフェイン」リニューアルでウマ娘デザインのコラボ缶4種発売へ ウマ娘大好き社員が歌う「タンタンタケユタカ」も
新シナリオの育成たのしいね!(2024/2/26)

意識が高かった1人目妊娠→3人目の“変化”が200万再生突破! 激変したママの姿に「リアル過ぎて共感ww」
強くたくましくなった母。(2024/2/3)

雑草対策、春になったら手遅れかも! ガーデナーが教える除草剤いらず&草むしり不要の“生ごみ活用法”に「知らなかった」
そんな効果があったなんて……!!(2024/1/27)

「缶コーヒーを飲まない若者」に人気のボス缶 なぜ「2カ月で2000万本」も売れたのか
2023年3月発売の「ボスカフェイン」の販売が好調だという。「カフェインを摂取できる」ことを打ち出すパッケージが、なぜ「缶コーヒーをあまり飲まない若い人」をターゲットに好調な売れ行きを示しているのか。(2023/12/26)

2年で10倍の成長:
米国で1000億円市場 コカ・コーラ社が20代から広げる新カテゴリーのマーケ戦略
コカ・コーラ社が「リラグゼーションドリンク」という新たな飲み物のカテゴリーを、日本で開拓している。商品名は「CHILL OUT」(チルアウト)。どんなマーケティングを展開しているのか、担当者に聞いた。(2023/12/15)

コーヒーは「カフェイン」で選ぶ時代に? 含有量猛アピール、“微カフェイン”の概念も…… メーカーの狙いは
背景には何があるのでしょうか。(2023/12/9)

オウム、とっておきの“あたたまりかた”を発見する うっとりフェースでくつろぐ姿に「かわいすぎ!」「美しいね」の声【英】
ふう〜。これこれ。(2023/12/5)

PR:1回の入浴で体から失われる水分は何ml?  「お風呂の前」にしっかり水分をとったほうがいい理由に「なるほど」
水分補給には「水やお茶よりポカリスエット」の理由、ちゃんと知ってましたか?(2023/12/13)

分かりにくいけれど面白いモノたち:
「バリスタみたいな存在に」 アプリが淹れ方をエスコートするコーヒーメーカー「DRIP POD」にUCCが込めた思い
UCC上島珈琲の「DRIP POD YOUBI」は、いわゆるカプセルタイプのコーヒーを使って、ハンドドリップと同じ淹れ方ができるコーヒーメーカーだ。これだけの説明だと、なんとなく個性が薄い製品のようだが、これが、実はかなり面白いコンセプトと機能を持った製品なのだ。(2023/10/31)

“微カフェイン”のコーヒー「ワンダ SLOW TIME COFFEE」登場 カフェインを55%カット
「ワンダ SLOW TIME COFFEE」は、アサヒ飲料の主要製品比でカフェインを100ml当たり55%カット。(2023/10/14)

JR東日本のエキナカ自販機で「白湯」を発売 「From AQUA」シリーズに“温かいミネラルウォーター”登場
「冷たい」「常温」「温かい」から選べるように。(2023/10/12)

PR:1本満足バーに「コーヒー専用」クッキーバーが新登場!→プロのバリスタに食べてもらって感想を聞いた
10月2日販売開始です。(2023/10/2)

「日清ゲーミングカップヌードル」登場 黒背景に7色デザインのカップが怪しすぎる一杯
中身は光りません。(2023/9/7)

日清食品が「ゲーミングカップヌードル」「ゲーミングカレーメシ」を発売
日清食品は、“ゲーマー向け”をうたった「日清ゲーミングカップヌードル エナジーガーリック&黒胡椒焼そば」「日清ゲーミングカレーメシ エナジージンジャーキーマカレー」を発表した。(2023/9/5)

ゲーミングカップヌードル&カレーメシ、日清が発売 カフェインなど配合でゲーマー市場意識
日清食品は、即席カップ麺「日清ゲーミングカップヌードル エナジーガーリック&黒胡椒焼そば」と「日清ゲーミングカレーメシ エナジージンジャーキーマカレー」を9月18日に発売する。(2023/9/5)

ファミマ社員“ガチ推し”のペットボトル飲料、1位は……? 「蛇口から出てほしい」おすすめ商品ランキングを公開
納得のラインアップ。(2023/9/2)

シュタゲ“まゆしぃのビンタ味”ドリンク登場 タイムマシンに乗るときに飲みたい一杯
これで君も鳳凰院凶真だ。(2023/7/12)

ある駅のホームに「この世の全てがあった」と話題 アイスとエナドリが何種類も売られている光景に「これはワクワクする」「桃源郷か?」
お店に行かずにサーティワンアイスが食べれるなんて……。(2023/7/12)

「朝はコーヒーを淹れると目が覚める」 飲む前から目が覚める朝の光景にツッコミと共感の声
この後のことを思うと2度寝したくなる……。(2023/6/18)

IT企業デスクツアー:
モニター・PCぎっしり 24億円調達のSaaSベンダーで働くみんなのデスク環境
IT企業で働く人のデスク環境を写真や本人のコメント付きで紹介。社員がどんな環境で働いているかチェックする。今回は、6月までに累計24億円の資金を調達したSaaSベンダー・テックタッチで働く人のデスク周りを探る。(2023/6/14)

麦茶市場は10年間で2.4倍:
伊藤園「健康ミネラルむぎ茶」ギネス記録に認定 35年間で130億本販売
伊藤園は、麦茶のブランド「健康ミネラルむぎ茶」がギネス世界記録の認定を受けたと発表した。“世界一売れている麦茶ブランド”として認められた。1988年に麦茶飲料を発売以来、35年間で130億本を販売している(2023/6/8)

9割近くが「仕事中に眠くなったことあり」:
仕事中の眠気対策ランキング 2位「コーヒーを飲む」を抑えた1位は?
「仕事中の眠気」に関する調査結果が発表された。仕事中の眠気対策を聞いたところ、定番の「コーヒーを飲む」は2位だった。果たして1位は何だったのか。(2023/5/17)

旨さ最強! 「コカ・コーラ」と「日清焼そばU.F.O.」のコラボで謎の「ゴロゴロ肉増しパック」がもらえる
ゴロゴロ肉増しで旨さ最強……!(2023/5/8)

Innovative Tech:
痛みなしで薬物投与できる薄型パッチ 超音波を利用 米MITなどが開発
米MITと米ニューヨーク州立大学バッファロー校に所属する研究者らは、皮膚から超音波を使って痛みを与えず薬物投与する経皮ウェアラブルデバイスを提案した研究報告を発表した。(2023/4/25)

デザインも一新:
スプライト、5年ぶりリニューアル カフェインゼロのリフレッシュ飲料として訴求
日本コカ・コーラは4月24日、リニューアルした炭酸飲料「スプライト」を発売した。Z世代、20〜34歳の男女をターゲットに、仕事や勉強の合間のリフレッシュのための飲用を見込む。(2023/4/24)

ベルクPBのエナドリ「BARK」、売上100万本突破  低価格でカフェイン量が多く人気に
食品スーパーを展開するベルクは、プライベートブランドの「くらしにベルク『kurabelc』」から販売しているエナジードリンク「BARK」シリーズの売上累計本数が、4月に100万本を突破したと発表した。低価格で一般的なエナジードリンクよりも多量のカフェインを含むことから人気を集めたと、同社は分析している。(2023/4/19)

サントリー「ボスカフェイン」のカフェイン量がエグい? “エナドリ超え”なのにカジュアルなパッケージに物議、見解を聞いてみた
一日の摂取量に注意して買いたい。(2023/4/11)

福田昭のデバイス通信(397) 2022年度版実装技術ロードマップ(21):
味覚の定量的なセンシングとその巨大な意義
「味覚」の概要を取り上げるシリーズの続き。本稿では、味覚を定量的に検出する「味覚センサー」とその意義について解説する。(2023/4/11)

デカフェ需要:
モスバーガー、カフェ型店舗でカフェインレスコーヒー発売 業態としては初
「モスバーガー&カフェ」の店舗で、カフェインレスコーヒーを提供する。モスバーガーは近年、住宅地などでカフェ強化型店舗を増やしている。その店舗で販売する。(2023/3/15)

モスバーガー初のカフェインレスコーヒー 「モスバーガー&カフェ」で3月24日から定番商品に
カフェインレスのカフェラテも発売。(2023/3/15)

「安眠できる」環境を整えたい人に:
無印良品で「脇に縫い目のない」パジャマが売れるワケ
睡眠の時間と質は重要だ。その一方でコロナ禍によるライフスタイルの変化などで、よく眠れなくなったビジネスパーソンも多いのではないか。小売業各社はこうした市場を反映するように、さまざまな「快眠グッズ」を展開し、訴求している。「無印良品」を運営する良品計画(東京都豊島区)の担当者に聞いた。(2023/2/25)

日本コカ「リアルゴールド X/Y」、出荷本数2900万本突破 YOSHIKIとコラボ
日本コカ・コーラがYOSHIKI(X JAPAN)とのコラボで2022年5月に発売した「リアルゴールド X」「リアルゴールド Y」の累計出荷数が2900万本を突破した。カリスマ性を持つYOSHIKIとコラボすることで、製品ブランドの価値を高め、ファンの獲得を狙ったもの。(2023/2/16)

「ドライブ中によく飲むものランキング」 カフェインを含むドリンクが人気?
フォーイットは、「ドライブに関するアンケート」を実施した。「ドライブ中によく飲むもの」ではお茶やコーヒーなどカフェインを含むものが上位を占めた。(2023/1/22)

体験型の広告:
「受験生しか見えない」広告なぜ出した? 担当者が伝えたかったメッセージとは
12月、東京の渋谷・池袋駅に掲示された、ある飲料商品の広告が話題を呼んだ。複数のカラーを重ね合わせたモザイク状のデザインで、一見したところ、メッセージらしきものは読み取れない。実は、あるものを広告にかざすことでメッセージが浮かび上がる、ユニークな仕掛けが施されていた。(2022/12/17)

リプトン福袋「2023 Happy Bag」が紅茶好きにはたまらない 定価の5割引の福袋や308杯セットなどバラエティ豊富
寒い季節のティータイムに。(2022/11/30)

サントリーから“眠気を殺す”缶コーヒー「キラーコーヒー」発売 コーヒー由来のカフェイン量マシマシ
エナジードリンクブランド「ZONe」から登場。(2022/11/28)

白湯のペットボトル飲料発売がSNSで話題 アサヒ飲料「白湯の需要が拡大している」
白湯の飲用経験率は年々増加しているとのこと。(2022/10/31)

1日1本エナドリ飲んだら1年で“ドクターストップ” SNSの話題投稿、医師に危険性と適切な摂取量を聞く
“飲み過ぎ”が危険なのはお酒だけではないようです。(2022/10/31)

コンセプトはリフレッシュ:
モンスターブランドの新商品「モンスター リハブ レモネードティー」発売 日本初上陸
アサヒ飲料は「モンスター リハブ レモネードティー」を10月25日から販売する。リフレッシュをコンセプトとした商品を展開し、男性顧客だけでなく女性顧客からの支持獲得を狙う。(2022/10/17)

“魔剤”の紅茶フレーバーが登場! 炭酸なし・レモネードティー風味のモンスターエナジーで気分爽快
紅茶風味のモンスターが誕生。(2022/10/14)

飲用量1位は「栃木県」:
コーヒーはブラック派?ミルク派? 地域ごとに好みの差がはっきりと分かれる結果に
コーヒーはブラック派、ミルク派?デロンギ・ジャパンの調査では、地域ごとに好みの差がはっきりと分かれる結果になった。(2022/10/1)

睡眠の悩み 3位「夜中に目が覚める」、2位「寝つきが悪い」、1位は?
mitorizは「睡眠に関するアンケート」を行った。睡眠について悩みを抱える人は6割以上で、最も多かった悩みは「眠りが浅い」だった。(2022/9/23)

医療機器ニュース:
睡眠状態から個別アドバイスを提示する睡眠改善プログラムを開発
パラマウントベッドは、睡眠状態を把握し、角度が自動で変化する電動ベッド「Active Sleep BED」の専用アプリ向け「睡眠改善プログラム」を開発した。個別アドバイスを提示し、行動変容を促す。(2022/9/8)

驚きで目が覚める 時々床にコーヒーを飲ませているというツイートに「自分で飲むより目が覚める」「ズボンがコーヒーを飲みたがって」
優しい人だな……!(2022/9/1)

完全食のCOMPからエナジードリンク登場 砂糖なし、炭酸なしでゼロカロリー
コーヒーフルーツエキスで1本あたり125ミリグラムのカフェインを供給。(2022/8/4)

その働き方、大丈夫?:
産業医が警告! 「フルリモート」や「1日4件のWeb会議」が危険なワケ
新型コロナウイルスをきっかけに浸透したリモートワークは、効率的な働き方だが、一歩間違えると大きな“副作用”を生む可能性があるという。「やりすぎ注意」なポイントとは? 産業医の志村哲祥氏が解説する。(2022/7/21)

「今日のごはんは、一口一口がしみじみとおいしい!」 早食い主婦が“じっくり味わうためにお茶を飲む”エッセイ漫画に4万いいね
食事の時間を、もっと楽しく。(2022/6/24)

YOSHIKIイズムが詰まった「リアルゴールド」爆誕! 一足早く飲んでみたらバチバチ弾けておいしかった
早速飲んでみました。(2022/5/10)

第3子妊娠の鈴木亜美「いっても40歳、体は正直です」 マタニティライフの心掛けを明かす
年齢を感じさせない姿に「今も昔も変わらないですね」の声も。(2022/4/8)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。