ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「キャメロン・ディアス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「キャメロン・ディアス」に関する情報が集まったページです。

カメラでフラッシュをたくと顔が写らなくなる「アンチパパラッチスカーフ」登場 反射で周りが真っ暗に
ほかに「スマホケース」「ネクタイ」なんかもあります。(2016/7/6)

声優の大塚明夫&沢海陽子が俳優として初共演 ダンディボイスのコンシェルジュと謎のスタイリスト役に
日本語吹き替え界で活躍してきた2人……ドラマでは一体どんな演技を?(2016/5/9)

海外モバイルニュースピックアップ:
500個のクリスタルがきらめく――「Galaxy S III Swarovski Edition」
海外のモバイル系ニュースを短信でお伝えします。今日のトピックは、500個のクリスタルがきらめくGalaxy S III、NYのiPhone行列にアンケート、スマホメールの誤爆で逮捕 など。(2012/10/1)

伊吹太歩の世界の歩き方:
米大統領選でうごめくハリウッドセレブたち
支持政党を隠しもしないセレブたちが大統領選を縁の下で支える? 資金集めパーティでは億単位でカネを集めるし、ダーティハリーがオバマ大統領にエアインタビューだってする。(2012/9/6)

映画ウラ事情:
日本映画でアクションが得意な女優、誰がいるの?
映画の製作資金が少ない日本では、何かとお金がかかってしまうアクション映画はほとんど作られないし、男性が主人公の場合が多い。日本を代表する女性アクションスターは生まれるのか?(2011/11/1)

ネット検索で危ない有名人の2011年ランキング、McAfeeが発表
2010年ランキングのトップは「キャメロン・ディアス」だったが、2011年のトップはいかに――。(2011/9/20)

ネット検索で危険な人物は映画スターとモデル――2010年版ランキング
McAfeeは、検索サービスで悪質サイトに遭遇する危険度の高い有名人のランキングを発表した。(2010/8/19)

2008年携帯販売ランキング:
2008年、最も売れたケータイは?――ソフトバンクモバイル編
20色のカラバリが話題を呼んだ「812SH」をはじめ、魅力的な“格安”端末が多く販売されたソフトバンクモバイル。その中で「iPhone 3G」や“AQUOSケータイ”などの多機能・高機能モデルがどの順位にランクインするか注目だ。(2009/5/3)

本山由樹子の新作劇場:
成り行き婚の行方は?――「ベガスの恋に勝つルール」
酔った勢いで結婚! ムチャな恋愛騒動をハイテンションで描いたキャメロン・ディアス主演のラブコメディ。笑いながら恋愛も学べる、おススメの1本。(2008/10/27)

「最も危険なセレブ」はブラピ? McAfee報告書
ネット検索で表示されるブラッド・ピットのスクリーンセーバーは要注意だ。 (2008/9/19)

Mobile&Movie 第320回:
ベガスの恋に勝つルール「そいつは罠だ!」
映画に登場する“モバイル製品”をチェックする「Mobile&Movie」。今回ご紹介するのは、ソフトバンクモバイルのテレビCMでおなじみのキャメロン・ディアスが登場する「ベガスの恋に勝つルール」。酔った勢いで結婚してしまった“相性最悪”の2人が、カジノで当てた3億円を巡ってバトルを繰り広げます。(2008/9/1)

本山由樹子の新作劇場:
デートムービーの決定版――「幸せになるための27のドレス」
「プラダを着た悪魔」の脚本家が放つラブ・コメディ。女子が喜びそうなネタ満載なので、自宅デート用として活用されたし。(2008/8/12)

+D Style News:
キャメロン、丸の内でキャリアウーマンにアドバイス
映画「ベガスの恋に勝つルール」のレッドカーペットイベントが東京・丸の内で開催。会場には主演のキャメロン・ディアスさん、アシュトン・カッチャーさん、さらに明石家さんまさんも登場。(2008/8/6)

“プレミアム”と“キャラケー”で攻める──ソフトバンクモバイル孫正義氏
ソフトバンクモバイルは10月22日、2007年秋冬モデルのラインアップを発表。細部までこだわり上質感を持たせた“プレミアム”な端末と、コアなファンを狙い撃ちする“キャラケー”で、端末の魅力を訴求していく。(2007/10/24)

神尾寿の時事日想:
820SH/821SHが意味するものとは――ソフトバンクモバイルの冬モデル
冬モデル端末の発表会で「今回のラインアップでは“プレミアム”をテーマ」と話した孫社長。そこから感じたのは、“ケータイ市場の中心”に斬り込もうとするソフトバンクモバイルの勢いと意気込みだった。(2007/10/24)

ファッションショー×fanfun.815T:
ファッションの中に“映える”ケータイ──「東京ガールズコレクション」開催
日本最大級のファッションイベント「東京ガールズコレクション '07A/W」が2日、さいたまスーパーアリーナで開催された。ソフトバンクモバイルが協賛し、約2億4000万ものカスタマイズパターンが選べ、ファッションブランドのコラボモデルも発売する「fanfun. 815」や、同社CMに出演する上戸彩や予想GUYなども登場し、会場を沸かせた。(2007/9/3)

新作DVD情報:
人生をリセットしたいなら…――「ホリデイ」
ヒロイン2人が失恋の痛手を癒そうと、期間限定で家を交換するホーム・エクスチェンジにチャレンジ。踏み出す勇気があれば、新たな人生が開けるというのが本作の最大のテーマ。人生リセットしたい人は必見!(2007/7/9)

5月19日〜5月25日:
5分で分かる、今週のモバイル事情
KDDIとソフトバンクモバイルが新端末を発表した今週。2007年夏モデルとして、KDDIは“EXILIMケータイ”など15機種、ソフトバンクは“新AQUOSケータイ”など12機種をラインアップした。モバイルSuicaの会員数は50万を突破した。(2007/5/25)

Joost、大手芸能エージェントと契約
Joostが、ブラッド・ピットやキャメロン・ディアスなど有名芸能人の代理人を務めるCreative Artists Agencyと契約した。(2007/5/23)

「ソフトバンクはカッコいい」 07夏モデル・合い言葉は「スタイル」
「夏のソフトバンクは『クールにスタイリッシュ』」──ソフトバンクモバイルの夏モデルは「スタイル」がキーワード。薄さやカラーバリエーションを誇った従来からもう一歩進み、デザインや機能性などをスマートに統合したスタイリッシュさが売りだ。(2007/5/22)

Mobile&Movie 第253回:
ホリデイ「滞在先を教えて」
映画に登場した“モバイル製品”をチェックする「Mobile&Movie」。今回ご紹介するのは、ソフトバンクモバイルのCMでおなじみのキャメロン・ディアスが登場する『ホリデイ』。“ホームエクスチェンジ”で休暇を過ごす2人の女性に、思いがけない出会いが……。(2007/3/30)

2006年の携帯業界を振り返る(3):
番号ポータビリティーがもたらしたもの──3キャリアはどうなる?
通信ジャーナリストの神尾寿氏とケータイジャーナリスト石川温氏を迎え、2006年の携帯業界を振り返る年末特別企画。第3回のテーマは「番号ポータビリティ(MNP)」。MNPの雑感に始まり、ソフトバンク騒動やドコモの純減、auの一人勝ちを振り返りながら、キャリアの問題点や来年の課題などを言いまくる。(2006/12/30)

12月9日〜12月15日:
5分で分かる、今週のモバイル事情
ソフトバンクモバイルが「0円」広告で公正取引委員会から警告を受けた今週。KDDIは、ビジネス端末を本格的に使える時代が来たとし、説明会を開催。西日本高速など4社は、ICチップとFeliCaチップの両方を搭載した多機能カード「クアドラパス」を発表した。(2006/12/15)

ソフトバンク「0円」広告に公取委が警告 ドコモ・auにも注意
公取委は、ソフトバンクモバイルの「通話・メール0円」などという広告表示が景表法違反のおそれがあると警告した。NTTドコモとKDDI「au」の広告に対しても、同法違反のおそれがあるとして注意した。(2006/12/12)

新作DVD情報:
対照的な姉妹、それぞれの自分&幸せ探し――「イン・ハー・シューズ」
真面目な姉に、ゴージャスな妹。それぞれコンプレックスを抱える2人が、自分にピッタリあった靴=生き方を見つけるまでを描いた、近ごろ出色の笑って泣けるヒューマン・ドラマ。(2006/4/3)

DVDレビュー:
れこめんどDVD「マダガスカル」
マダガスカル島に漂流してしまった、NY動物園育ちの都会派アニマル4人組たちの繰り広げる物語? でも一番の見どころは、同じ4人組でもあの粋なヤツラのほうなんです。(2006/1/13)

Mobile&Movie 第189回:
イン・ハー・シューズ「おかけになった番号は現在使われておりません……」
映画の中の名脇役として登場する“モバイル製品”をご紹介する「Mobile&Movie」。今回は見た目も性格も正反対の姉妹が主人公の「イン・ハー・シューズ」。Motorolaの携帯が登場します。(2005/11/25)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。