ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「センター試験」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「センター試験」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

国公立大志願者数最新状況 名門・大阪大法学部「2倍割れ」の衝撃
主要国公立大学66校の最新志願状況(別表)が明らかになった。今年は難関校で志願者数や倍率が軒並み低下しているのが特徴で、特に関係者が衝撃を受けたのが名門の大阪大法学部の倍率が「1.8倍」まで下がったことだ。(2020/2/13)

早慶・MARCHなどは志願者減、受験生「難関校離れ」のワケ
今年の私立大学志願者数ランキングに異変が起きている。1月29日の速報時点で早稲田、慶応、上智、MARCH(明治、青山学院、立教、中央、法政)、関関同立(関西、関西学院、同志社、立命館)などいわゆる難関校の大半が志願者を減らしているのだ。(2020/2/6)

「あまりにもひどい」 聖マリアンナ医科大の入試不正を“受験の現場”はどう見るか
「女性差別はやむをえない」という声についても聞きました。(2020/1/27)

センター試験初日、関東甲信で雪 交通機関の乱れ注意
18日は関東の平野部も所々で雪が降りそう。千葉県など風も強く、交通機関が乱れる恐れがあります。時間に余裕をもって、お出かけください。(2020/1/17)

予備校や塾がAI教材を続々採用 一人一人にあったカリキュラムを自動生成
大学受験予備校や塾で、AIを活用した学習システムの導入が進んでいる。生徒一人一人にあった個別指導が求められる中、オーダーメイドの学習を実現する手助けとなるシステムとして注目が集まっている。(2020/1/14)

大学入試共通テストの記述式問題、AIやPCが使えないことも断念の理由に
大学入試共通テストで、国語と数学における記述式問題の導入が見送られた。AIやPCを活用する手法も検討されていたが、不具合が多く、人海戦術に頼らざるを得なかったことも断念の理由の一つとなった。(2019/12/23)

これからのAIの話をしよう(2019年振り返り編):
AIブームが収束し、怪しいAIベンチャーが消えた年――2019年を“AI本音対談”で振り返る
2019年はAI業界にとってどんな1年だったのか? データサイエンティストの松本健太郎さんと、AI事情に詳しいマスクド・アナライズさんが振り返る。(2019/12/20)

NTTのAI、センター試験の英語筆記で偏差値64突破 “試験対策”に工夫 「東ロボ」プロジェクトの一環
NTTは、同社開発のAIに2019年センター試験の英語筆記本試験を解かせ、200点中185点(偏差値64.1)を獲得したと発表した。(2019/11/18)

Z会、英語スピーキングの採点をAIで自動化へ 公正な採点を低コストで実現する狙い
Z会とEdulabが、AIを活用して英語のスピーキングテストを自動採点する技術の共同研究を始めたと発表した。(2019/9/10)

夏休みのお土産、何をもらいました?
2019年のお盆休みが明け、会社ではお土産のやりとりがなされている頃ではないだろうか。どんなものをもらっても、サプライズがあるとうれしさが倍増する。(2019/8/19)

「家庭教師のトライ」が学力診断にAI活用 20問解くだけで弱点を推定 生徒と講師の負担減らす
トライグループは、AI開発を手掛けるギリアと共同で、生徒の学力を1科目につき10分で正確に測定できるアプリを開発したと発表。短時間で生徒の学習状況が把握できるため、指導者は個人にあったオーダーメイドの教育プランを素早く作成できる。(2019/8/6)

「幸運すぎて死ぬ」 とある麻雀卓で「国士無双13面待ち×天和」という奇跡が起きる
レア中のレア。(2019/7/30)

TOEICが大学入試共通テストから撤退 2020年度開始予定の新試験に影響
理由は、当初想定より仕組みが複雑だったため。(2019/7/3)

高校生が授業で「小説」を読まなくなる? 変わる「高校国語」と新共通テスト
国語教育の大きな岐路。(2019/6/3)

これからは過去問ではなく未来問?:
AIが予測した司法予備試験問題の60%が的中 サイトビジットの「未来問」
サイトビジットは、司法予備試験向けにAIで予測した試験問題の的中率が60%だったと発表した。2020年1月に実施される大学入試センター試験に向けた未来問の開発も予定している。(2019/5/22)

司法予備試験の問題、AIが“6割”的中 「合格ラインと同水準」
AIを使い、司法予備試験の問題の約60%を的中させたと、ベンチャー企業のサイトビジットが発表した。「合格ラインと同水準」という。(2019/5/20)

英語になると突然できなくなる“隠れ識字障害”とは モリサワに聞く「フォントのユニバーサルデザイン」(番外編)
読書が大好きな子が英語でつまづいてしまうこともあるとか。(2019/6/18)

PCで受験する英検CBT、試験会場を全国47都道府県に拡大
日本英語検定協会はPCで受験する「英検CBT」「英検2020 1 day S-CBT」の2020年度実施会場として「テストセンター」を47都道府県に設置すると発表した。(2019/5/16)

なぜ米国には学習塾が少ないのか? 詰め込み型の勉強は役に立たない、アメリカの入試制度
総合的に学生の能力を見極めるシステム。(2019/5/8)

センター試験のICプレーヤーは“利用者に配慮していてダサ美しい”? デザインの意図を実施団体に聞いてみた
人生を左右してしまう試験だけあって、誤操作を防ぐ工夫がたくさん。(2019/2/15)

司書メイドの同人誌レビューノート:
「文章上から解剖しなさい」「全文を書き取りなさい」 明治時代の入試問題(国語・漢文)をまとめた同人誌が趣深い
設問文にも時代が表れますね。(2019/2/10)

Web出願システムから「UCARO」へ
青山学院大学が「出願から入学手続きまで丸ごとIT化」した理由
青山学院大学は大学入試業務の効率化を進めるべく、出願から入学手続きまでの一連のプロセスをIT化した。その理由とは何か。具体的なメリットは。同校入試課の鈴木博貴氏に聞いた。(2019/1/30)

妹がセンター試験から帰るなり何か作っている?→「リスニング問題の謎キャラ」を異様なキーホルダーに
そりゃあ、あんなん見たらいじりたくなりますよね。(2019/1/22)

ねっと部:
センター試験「リスニング四天王」の衝撃 コラ画像、3D化……止まらない2次創作
1月19日に行われた大学入試センター試験の1日目の英語リスニング問題に、りんごやにんじんを擬人化したゆるいイラストが登場し、話題になっている。ネット上ではこのキャラクターを使ったイラストや動画など、2次創作が次々に生まれている。(2019/1/21)

なぜ作った センター試験の謎キャラ、速攻で3D化される「先を越されないようスピード優先で仕上げた」
仕事早すぎる。(2019/1/20)

センター試験の英語リスニング第1問のイラストがユニーク過ぎて話題に 「いきなり笑わせに来るな」
そして二次創作合戦へ。(2019/1/20)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
2019年は「エッジAIがもたらすソフトウェアの進化」に注目 しかし停滞を招く要因も
2018年はクラウドとエッジ、両方のAIが進化することで、テクノロジー業界が進んでいくという道筋がはっきりしてきた年だった。2019年は特に「エッジAI」に注目だが、進化を停滞させるかもしれない要因もある。(2019/1/7)

検証テストでは的中率70%:
AIの的中率「78%」、宅建士試験の予想模試
サイトビジットは、無料提供した平成30年度宅建士試験向け予想問題「未来問」の出題的中率が78%だったと発表した。未来問は、過去の問題の傾向からAIを利用して試験問題を予測するサービス。(2018/10/24)

関東第一高等学校・横山北斗教諭の挑戦【前編】
東京大学にIT活用で合格した現役教員 受験に活用したアプリとは?
教育分野のIT活用が広がらない要因の一つに、「受験にITが有効かどうか分からない」といった意見がある。本当にそうなのか。ITを活用した受験勉強に挑んだ、ある現役教員に話を聞いた。(2018/10/15)

東京大学教育学部附属中等教育学校のIT導入事例
東大附属が汎用スキャナーで使える自動採点システムを導入、その選定理由は?
双生児研究で知られる東京大学教育学部附属中等教育学校が、マークシート形式のテストを自動採点できるシステムを導入した。同校教諭の對比地 覚氏に、その選定理由や導入効果を聞いた。(2018/9/27)

教育機関IT活用・セキュリティ座談会【第1回】
「VTuber」が先生に? 佐日中等、関東第一が語る学校IT活用の今とこれから
先駆的なIT活用を進める教育機関は、ITをどのように活用し、どのような製品/技術に注目しているのだろうか。佐野日本大学中等教育学校の安藤 昇氏と、関東第一高等学校の横山北斗氏に話を聞く。(2018/8/30)

東大に入るために「最も重要なもの」を答えなさい――地頭、努力、経済力 受験漫画のブレーンが語る「東大生を作ったもの」
「二月の勝者」(スピリッツ)×「ドラゴン桜2」(モーニング)。東大生ブレーン5人に話を聞いた。(2018/6/12)

「iTeachers」はどのようにITを活用しているか
タブレットからロボットまで IT推進校のデジタル教材活用法は?
学校教育の中で、プログラミング的思考や英語のスピーキング力の育成が課題となりつつある。授業にITを積極的に取り入れる学校は、これらの課題をどのように解決しているのか。3校の取り組みを紹介する。(2018/6/7)

「VR/AR」「AI」を使って指導する
プログラミング教育だけではない 最新技術で児童、生徒の理解を引き出す教材
近年、ITを活用した学校教材が数多く登場している。プログラミング教育用途のものはもちろん、「VR」「VOCALOID」などの最新技術を使い、既存の科目の学習を補助する教材もある。(2018/5/30)

「ネットがない頃ってどうやって勉強してたの?」 女子高生が語る、今どきのテスト勉強法
「ネットで見つからない情報なんてないよ」(2018/3/21)

ニーチェもカントもイケメンに 倫理のノートに自分でさし絵を描き込む受験勉強法が楽しそう
時間をかけてていねいに取り組んだ結果うまく頭に入り、センター試験の結果も上々だったそうです。(2018/2/16)

勘だけで「センター試験全科目満点」を実現できる確率を計算してみたら、人生の大切なことが分かった
……べ、勉強しなくたって、できらぁ!(できるとは言っていない)(2018/2/15)

センター試験で全科目満点の受験生 「すごい」と驚く声
どんな勉強したんだろう。(2018/2/7)

「易化」は結局「いか」なのか「えきか」なのか
どっちが正しいの?(2018/2/1)

「凄まじいオーラを放っている」 センター試験の世界史で満点をとった受験生の参考書がひと目見てわかるすごさ
試験に挑む受験生の努力。(2018/1/17)

ムーミン公式が「ムーミン谷がある場所」について見解発表 センター試験地理Bの出題の件で
「第三者の検証に委ねたい」そうです。(2018/1/17)

誰ですか!? 「進ぬ!電波少年」の坂本ちゃん、17年前の“ヅラ”姿に「げっそり痩せててまるで別人だわ〜」
坂本ちゃん要素ゼロ。(2018/1/15)

ムーミン「ムーミン谷が舞台。それ以上聞いちゃいけない」 センター試験報道の違和感を描く4コマに同意の嵐
フィンランド出身は作者。【更新】(2018/1/14)

「三十代って厄年が多過ぎません....?」 晴れ着姿で新年のあいさつをする深田恭子がマイペースかわいい
年女だと……?(2018/1/13)

日本腎臓学会のテキストマイニング事例
医師が論文検索に「TensorFlow」活用、人間なら心が折れる作業も深層学習で効率化
医師が診療ガイドラインを策定するための論文検索に深層学習を活用した。用いたのはGoogleが開発した「TensorFlow」。人間の労力を減らし、人間が見落としていたものを発掘するなどの効果が得られた。(2018/1/11)

安心して使える“受験用文具”:
文字なし「MONO」消しゴム発売 受験生向け
トンボ鉛筆が定番商品「モノ(MONO)消しゴム」の“文字なし版”を発売。英字がプリントされた所持品が制限される受験生に向けて展開する。(2017/8/8)

受験生のための「文字なしモノ消しゴム」発売 紙スリーブに青・白・黒のストライプのみ
「MONO」がないモノ消しゴム。(2017/8/8)

中高生向け勉強動画、8000本を完全無料で……新サイト「MANAVIE」の勝算
中学・高校生向けに勉強を教える動画約8000本を無料で閲覧できるWebサイト「MANAVIE」が登場。3月に閉鎖したサイト「manavee」に似ているが……。(2017/7/10)

週刊「調査のチカラ」:
「キッズウイーク」導入、子を持つ親の反応は?
お小遣い、受験、将来。日本の青少年は今、何を思うのか。そして彼らを取り巻く社会の在り方は? 調査データから探ります。(2017/6/17)

マストドンつまみ食い日記:
「ネロネロじじいとクエクエばばあを自負してます」──mstdn.jpのぬるかる父母、インタビューの反響について語る
マストドンの流行により、一躍“時の人”になったぬるかるさん。ITmedia NEWSが行ったインタビューの反響に、父と母は何を思ったか。あらためて聞いてみた。(2017/5/16)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。