ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「カリスマ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「カリスマ」に関する情報が集まったページです。

セクシー自撮りが話題の82歳“元祖カリスマ主婦”、これまで受けた美容整形を赤裸々告白「年相応には見られたくない」
昨年は水着で最高齢カバーモデルに。(2024/2/13)

30歳バースデーの武井咲、人生半分過ごした“猫目三姉妹”でお祝い! 全員ママとなったカリスマたちに「最強の3人」「みんな美人すぎ」
武井さん「一緒にいる心地よさはずっと変わらない」(2023/12/26)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
カリスマ上司に罵倒され成長……パワハラとプレッシャーの境目はどこに?
カリスマ経営者のパワハラ問題が週刊誌で報道された。優秀な指導者による厳しい指導やプレッシャーにより組織や個人が成長することは少なくない。では、パワハラとプレッシャーの境目はどこにあるのだろうか。(2023/10/13)

対談企画「CEOの意志」:
金融グループ初の女性CEO誕生の裏側 マネックス松本大からいかにしてバトンを受け取ったのか
6月に、女性として初めて金融グループのトップに就任したマネックスグループの清明祐子CEO。創業者でありカリスマ的な存在だった松本大氏から、どのようにグループを引き継いだのか。サクセッションの裏側に迫る。(2023/9/21)

【後編】明石ガクトに聞くTikTok売れの法則 認知施策は不要、「興味からズドン」で購買へ至るカラクリ
インターネット、特にSNSはもはや社会インフラだが、その舞台で求められるマーケティング視点として昨今キーワードになっているのが「コミュニティー」「熱量」だ。マーケターはこの潮流を前に、つながりをどう生かし、熱をつくり出せばいいのか? 動画界のカリスマ、明石ガクト氏と余頃沙貴氏に問う動画マーケティングの最前線(後編)。(2023/8/22)

【前編】明石ガクトに聞くTikTok売れの法則 ショート動画がもたらしたマーケティングの新潮流
インターネット、特にSNSはもはや社会インフラだが、その舞台で求められるマーケティング視点として昨今キーワードになっているのが「コミュニティー」「熱量」だ。マーケターはこの潮流を前に、つながりをどう生かし、熱をつくり出せばいいのか? 動画界のカリスマ、明石ガクト氏と余頃沙貴氏に問う動画マーケティングの最前線(前編)。(2023/8/22)

逮捕からの鮮やか復活劇 元祖カリスマ主婦、81歳にして“人気モデルの登竜門”雑誌で表紙に「老いるというのは退屈」
3カ月しっかり準備をした上で挑みました。(2023/5/17)

カリスマ&キング降臨! 窪塚洋介&降谷建志、“最強のイケオジ”ショットにファン沸き立つ「ホントにカッコいい」
かっこよすぎる!(2023/5/6)

株式会社識学提供ホワイトペーパー:
PR:リーダーの仮面をかぶって実践、組織マネジメントがうまくいく5つのポイント
リーダーに求められるものというと、周囲を引き付けるカリスマ性や強いリーダーシップなどを想像しがちだ。しかし、企業が求めるリーダーの役割は、部下を成長させ、チームの成果を最大化させることである。これを実現する方法とは。(2023/4/20)

業界の専門家に聞いた:
苦戦続いたイトーヨーカドーの衣料品 カリスマ登用、売り場大改革も不発
国内14店舗の閉店が発表され連日話題となっているイトーヨーカ堂。アパレル事業からも完全撤退し、食料品中心に事業を絞るという。なぜヨーカ堂のアパレル事業は低迷し、祖業である同事業を手放さなければならなかったのか。専門家に見解を聞いた。(2023/3/14)

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、娘とのデート写真がまぶしすぎ パパと肩寄せ合う姿に「ママさんかと思った」「そっくり美人さん」
瓜田さんの妻・麗子さんにそっくりという声も。(2023/3/8)

IT技術者の“二つ名”を提案するAIサービス 「エンジニアリングの頂点に君臨するカリスマ的存在」など
エンジニア向けの転職サービス「Findy」を運営するファインディは、エンジニアのキャリアをAIがまとめてくれる機能「ChatGPTエンジニアキャリアまとめ(β)」をFindy上で公開した。経歴などを参照し、二つ名や紹介文を自動で作成する。(2023/3/7)

第2回:働く幸せと、経済的合理性は両立し得る
西洋と東洋の経営思想や哲学を探求して、数多くの世界トップクラスのカリスマ的な経営者との交流でたどり着いた経営哲学、「絆徳経営」とは。(2023/2/21)

日本コカ「リアルゴールド X/Y」、出荷本数2900万本突破 YOSHIKIとコラボ
日本コカ・コーラがYOSHIKI(X JAPAN)とのコラボで2022年5月に発売した「リアルゴールド X」「リアルゴールド Y」の累計出荷数が2900万本を突破した。カリスマ性を持つYOSHIKIとコラボすることで、製品ブランドの価値を高め、ファンの獲得を狙ったもの。(2023/2/16)

息子が教室で繰り広げていた“謎イベント”が謎すぎるし盛り上がりがすごいと話題に 「圧倒的陽キャ」「友達になりたい」
息子さん、カリスマ性ありそう。(2022/12/23)

女子高生のカリスマ! 加藤ミリヤ、渋谷109前に“平成ギャル”姿でカムバック「あの頃が蘇る」「懐かしすぎ」
懐かしい……!(2022/9/29)

ジュンぴょんがニャンニャン! “元アウトローのカリスマ”瓜田純士、メイドカフェ初体験でネコ耳メイド化 「お帰りなさいませご主人様!」
いつものイカつい瓜田さんどこいった。(2022/9/12)

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、顔面骨折からトレーニング中の姿披露 「大丈夫なんですか!?」と心配の声集まる
回復が早い。(2022/8/10)

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、練習中に顔面骨折し仕事を全キャンセル 妻は「吐き気も頭痛も酷く下顎も折れてる形跡もある」
お大事になさってください……。(2022/8/5)

「美魔女ッ!」「ふたりとも美しい」 武田久美子&君島十和子、“美のカリスマ”の初対面ショットが華々しい
華やかさがスゴい。(2022/8/3)

元ギャルのカリスマ・安西ひろこ、“脱ギャル”なメイクに「自分が1番ビックリ!!」 清楚感アップした姿に反響
雰囲気の変わりぶりに安西さん自身も驚き。(2022/7/12)

ゆりやんレトリィバァ、新ドラマで上野樹里に羨望される“カリスマインストラクター”役 過去には45キロ減量に成功
ボディーメイクが役につながったのかな。(2022/3/24)

色気がどんだけ〜! IKKO、40代での決めショットがまんま“美のカリスマ” スラッとした中に「可愛さが共存」
パッと見だとモデルさんみたい……。(2022/2/14)

カリスマ美容師が子猫をスタイリングした結果…… 笑撃の仕上がりが電車の中で見てはいけないやつ
カリスマ現る。(2021/10/21)

モー娘。佐藤優樹、グループ卒業を発表 “天才アイドル”の決断に衝撃広がる「気持ちが整理つかない」
カリスマがいなくなってしまう。(2021/9/24)

金融ディスラプション:
米国株取り引きは日本株に続く柱になる 松井証券、和里田聰社長に聞く
日本初のネット専業証券である松井証券。カリスマ社長である松井道夫氏のあとを受けて2020年6月に社長に就任したのが、和里田聰(わりたあきら)社長だ。激動の証券業界において、松井証券の進む方向とは?(2021/10/6)

軽自動車界のカリスマ、鈴木修語録(後編)
あるときはユーモラスに、あるときは人生訓を。43年間スズキのトップに君臨した軽自動車界のカリスマ、鈴木修氏の取材を通して得た修節・名言まとめ。後編です。(2021/8/27)

軽自動車界のカリスマ、鈴木修語録(前編)
あるときはユーモラスに、あるときは人生訓を。43年間スズキのトップに君臨した軽自動車界のカリスマ、鈴木修氏の取材を通して得た修節・名言まとめをどうぞ。まずは前編です。(2021/8/26)

VRゲーム内では超カリスマプレイヤー、その正体は…… 漫画「VRMMOばあちゃん」のラストにほっこり
こんな老後も楽しそう。(2021/8/17)

元ギャルのカリスマ・安西ひろこ、ブリトニーとの貴重ショット公開 憧れすぎる相手と出会い「感動して泣き過ぎた」
20年前に戻った気分。(2021/7/1)

髪の長い女子生徒をその場で散髪……と思ったら? “厳しすぎる生徒指導”の漫画が予想外に良い話
カリスマを感じる。(2021/5/25)

元ギャルのカリスマ・安西ひろこ、“まつエク”つけた42歳の笑顔ショットに「めちゃくちゃ可愛い」「リアルお姫さま」
現在もキュートな安西さん。(2021/4/14)

冴えない青年が悪のカリスマになった「実話」 うらやましさの欠片もない邪悪な青春映画「ロード・オブ・カオス」レビュー
ブラック・メタル黎明期の血塗られた歴史を基にした実話映画。(2021/3/25)

Googleさん:
Googleが「Stadia」のオリジナルゲーム製作をあきらめた理由
Googleが、ゲームクラウド「Stadia」のオリジナルゲーム製作のために立ち上げたスタジオを閉鎖する。「アサシン クリード」などを手掛けたカリスマが率いるチームは解散。オリジナルゲームは生まれなかった。(2021/2/14)

Apple TV+、ソフトバンクGに大損害を与えたWeWork創業者のドラマ制作
Appleは、コワーキングスペースを手掛けるWeWorkの共同創業者、アダム・ニューマン氏の栄光と挫折を描くドラマ「WeCrashed」の制作を発表した。カリスマCEO、アダム・ニューマン氏役は「ダラス・バイヤーズクラブ」で米アカデミー助演男優賞を受賞したジャレッド・レトが、その妻レベッカ・ニューマン氏役はアン・ハサウェイが演じる。(2021/1/30)

「絶対イケメン!」「年下の彼氏」 益若つばさ、カリスマモデルのDNA受け継ぐ“12歳息子”の美男子ぶりに反響
成長が楽しみ。(2021/1/15)

「かっこよすぎて5度見」 中川大志、『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨風コスのほとばしる色気に平伏必至
“悪のカリスマ感”すらある。(2020/12/23)

夢を諦め、30代で営業マンに:
異色の元ビジュアル系社員が、たった1人でインサイドセールスを立ち上げるまで 〜メール配信での大失敗、社内のすれ違いを乗り越えて〜
高校卒業後13年間ビジュアル系バンドのギタリストとして活動し、30代を過ぎてから営業マンに転身した堤さん。現在はホットリンク(東京都千代田区)でのインサイドセールス部の立ち上げ経験をもとに、イベント登壇やSNSの発信を行うインサイドセールスのカリスマだ。異色のキャリアの持ち主は、いったいどのような経緯でインサイドセールス部を立ち上げることになったのだろうか。そして、失敗も成功も経験している堤さんが今だからこそ考える、インサイドセールス立ち上げのポイントとは何か。(2020/11/27)

GACKT、『鬼滅の刃』無惨コスで「炎」をアカペラ 鬼気迫る歌唱姿がファンを平伏させてしまう
これはカリスマ性のある無惨様。(2020/11/9)

スピン経済の歩き方:
日本電産永守会長が炎上! 「即戦力になる新卒」を求めることは、罪深いのか
カリスマ経営者が「炎上」してしまった。日本電産の永守重信会長・CEOである。「カンブリア宮殿」(テレビ東京)に出演したときの言動が問題視されているわけだが、どのようなコメントをしたのか。(2020/8/4)

「予算1日1000円」のルールで晩ご飯づくり 高1の息子がカリスマ主婦のような料理を作れるようになるまでの記録
すばらしい成長力です。(2020/7/1)

「レベル99のカリスマ」 アニソン界の大型新人、鈴木雅之が歌う「かぐや様は告らせたい」OP曲のライブ映像に海外ファンがざわつく
レジェンドに国境なし。(2020/6/24)

カリスマは時代を超える! 伝説の歌姫・山口百恵、全シングルを含む600曲以上がサブスク解禁
ありがとう、そしてありがとう。(2020/5/29)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
コロナに苦しむ飲食店の“救済”に格差 カリスマシェフが指摘する重大問題
新型コロナの影響に苦しむ外食産業。家賃支援に関する与野党の法案が出そろったが、政府の対応が遅いので連鎖倒産の可能性を指摘する声も出てきた。(2020/5/19)

「やっぱ芸能人はオーラがすごい」 桐谷美玲、TikTok初降臨でティーンのカリスマ・山之内すずとの“美女コラボ”に反響
女神降臨。(2020/3/6)

修道士たちの読経に合わせて? 足をフリフリ軽快に踊るワンちゃんに大爆笑!
カリスマダンサーと呼ばせて!(2020/2/16)

鈴木奈々、Popteen時代のギャル写真を投稿 青春時代を思い出したファン「まねしてた」「憧れでした」
ギャルのカリスマだった頃の鈴木さん。(2019/10/29)

「やっぱりギャル似合う!」「懐かしくて泣きそう」 益若つばさ、15年前に戻った“ギャルプリクラ”がさすがのカリスマ感
またギャルブーム来そう。(2019/10/11)

ブルゾンちえみ、鬼発色の“紫髪”にイメチェンでカリスマ感が増す 「すごく似合ってます!」「最高にクール」と反響
コシノママ感強くなってる。(2019/9/6)

「衝撃はすさまじかった」 吉川ひなの、デビュー当時の“スーパーロングヘア”ショットでファンの思い出を掘り起こす
カリスマモデルとして注目を浴びた吉川さん。(2019/8/29)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。