ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「カリスマ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「カリスマ」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

天海祐希「緊急取調室」仙道敦子の演技が光った3話 「お年寄りからじゃない! 食うに困らない金持ちからよ!!」叫ぶ詐欺師に危うく共感しそうで焦る
カリスマトレーダーが裕福な高齢者を詐欺にハメたのは――仙道敦子怪演。(2019/5/2)

サマンサタバサが年初来安値 カリスマ創業者の退任がネガティブに受け止められる
経営再建にめどをつけたものの……。(2019/4/15)

ゴーン報道の第一人者が語る【後編】:
“ゴーン予備軍”は存在する――「怪物」を生まないために
長きにわたって日産とゴーンを追い続けてきた「第一人者」に、希代のカリスマの実像とゴーン事件が日本社会に残す問題について聞いた。(2019/4/11)

人自本部・西巻本部長が明かす:
ZOZO 前澤社長の理想を現場に伝えるマネジャーの「翻訳力」とは?
現場のチームメンバーが自律し、能動的に動けるようになるには、組織のトップの思いやビジョンが現場にまで伝わっている必要があるだろう。どうすればマネジャー職の人たちはそれをうまくくみ取り、社員一人一人に伝えることができるのか。そんなマネジメント術について、“カリスマ経営者”前澤友作氏率いる株式会社ZOZOの採用、社員教育、社内制度などを統括する社長室室長兼人自本部本部長 西巻拓自さんを直撃した。(2019/2/8)

「安室ちゃんそっくり!」「世界一かわいい」 二階堂ふみ、90年代風の“ギャル姿”がさすがのカリスマ感
変幻自在なおふみちゃん。(2018/12/19)

3つのテーマ:
なぜカリスマは暴走したのか? ゴーン事件を巡る問題点を識者に聞く
日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン容疑者(64)の報酬過少記載事件は世界に波紋を広げている。日本を代表する企業でコーポレートガバナンス(企業統治)が機能せず、カリスマと称されたトップの暴走に至ったのはなぜか。日産をめぐる問題点や今後の焦点を「ガバナンス」「経営戦略」「役員報酬」の3つのテーマに沿って、有識者に見方を聞いた。(2018/12/19)

窪田正孝の変身シーンだと? 女児向け特撮「魔法×戦士 マジマジョピュアーズ!」にカリスマ料理研究家役で出演
トレンド入りする未来しか見えない。(2018/12/4)

川崎希、夫の誕生日祝いに25万円のスイート アレク「テンション上がらなかった方がバチ当たるな!」
これがヒモ界のカリスマか。(2018/12/2)

日本のおもてなし術の“伝道師”:
「ローソン外国人店員研修」で500人育てた「カリスマママ教官」の愛のムチ
ローソンの外国人向け店員研修に記者が参加。指導役の女性が参加者の国の文化に配慮しつつ、厳しく丁寧に複雑なコンビニ業務をレクチャーした。(2018/8/27)

「草食男子」「イクメン」「カリスマ○○」、いつ流行ったか覚えてる? 現在でも使われる“元流行語”
定着し過ぎて、逆に思い出せない。(2018/8/27)

CSIRT小説「側線」:
CSIRT小説「側線」 第6話:海にて(後編)
あらゆる攻撃に対処するCSIRTのメンバーに必要なものは、特殊能力でもカリスマ性でもなく、「側線」――それは一体? 海岸にたどり着いたメイの目の前で、この小説のタイトルでもある「側線」の意味が明らかに。(2018/8/24)

「プロ経営者」インタビュー【特別編】:
「経営のカリスマ」カルビー松本会長に聞く、RIZAPにコミットする理由
日本を代表する経営者として知られる、カルビー会長 兼 CEO の松本晃氏。松本氏はなぜ、カルビーを去り、RIZAPグループに入ることを決めたのか。インタビューで経緯と今後の展望を聞いた。(2018/6/6)

プロ雀士、小島武夫さん死去 「ミスター麻雀」の異名を持つカリスマ勝負師
82歳でした。(2018/5/31)

「相変わらずお茶目なニィチャン」 GACKT、「X JAPAN」YOSHIKIのイタズラにまんまと引っかかる
カリスマ兄弟。(2018/4/7)

最初からダイヤモンド! “日本一かわいい女子高生”福田愛依がカリスマ一直線の魅力を放つ
“めいめい”と“ほのぴぴ”は覚えとかなきゃ。(2018/3/28)

元カリスマホスト城咲仁、新幹線でハプニングに遭遇 「何か今年は、ありそうです」
初めて非常通話装置を使ったそうです。(2018/3/18)

東野幸治、ギャル曽根らしき人物のすっぴん公開 普段とのギャップに驚きの声
東野さん「ママのカリスマ。ギャル曽根さんを発見しました!」。(2018/3/5)

「カリスマ同士のコラボ」 ジャパネット高田明がまさかの復活! 安室奈美恵のグッズ紹介で
どうしてこうなった!(2018/2/13)

「4人家族になりました」 吉川ひなの、第2子出産報告ショットがまるで女神様
ママになっても美のカリスマ。(2018/2/9)

【連載】池田園子の「マーケ目線」 第6回:
キャバ嬢×モデル×経営者 愛沢えみりさんのすごいオムニチャネルブランディング
ブランドは顧客とどうつながるべきか。歌舞伎町のカリスマキャバ嬢にしてファッション雑誌のモデル、そして経営者でもある愛沢えみりさんに聞いた。(2018/1/12)

ビフォーもアフターも最高! みちょぱ、ギャル封印の“奇跡の1枚”でポテンシャルの高さを見せつける
清楚系でもカリスマになれそう。(2017/12/16)

オーラが別格! 吉川ひなの、15歳当時のアンニュイショットが恐るべき完成度だとファンの衝撃を呼び覚ます
これはカリスマになるわ。(2017/12/13)

みんな大人になってる! 『Popteen』『Cawaii!』同窓会に益若つばさ、鈴木奈々、小森純ら元カリスマギャル集結
「またみんなと撮影したいなぁ」と益若さん。(2017/11/12)

企業のマーケッターも注目:
「モテクリエイター」ゆうこすが語る、好きなことをやり続ける勇気
さまざまなSNSで女性からカリスマ的な支持を得ている、“ゆうこす”こと菅本裕子さん。元アイドル、元ニートという鮮烈な人生を歩み、今では好きなことだけが仕事になっているという彼女の転機とは――。(2017/11/2)

IT用語解説系マンガ:食べ超(121):
なりすまし界のカリスマ、すまし顔で5000兆円ゲット
「私のようななりすましになりすましてごらんなさい」となりすましのなりすましは語りました。※皆さんご存じかとは思いますが、本作はフィクションです。(2017/8/9)

「汚れ」が何よりのデザイン カリスマ・YOKO FUCHIGAMIの新提案が世界の常識を変えそう
いつもの秋山さんのやつです。(2017/5/31)

宇宙ビジネスの新潮流:
マスクとベゾス、二大巨頭が挑む宇宙アクセス革命
SpaceX率いるイーロン・マスク氏と、AmazonのCEOでBlue Origin率いるジェフ・ベゾス氏。世界的なカリスマ経営者であるこの2人の巨人が今、宇宙ビジネスに新たな革命を起こそうとしているのだ。(2017/4/7)

Cygames、プロゲーマーの梅原大吾さんとスポンサー契約 プロチーム発足へ
Cygamesが“格闘ゲームのカリスマ”梅原大吾さんらとスポンサー契約を締結。プロチーム「Cygames Beast」を発足する。(2017/3/2)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
テスラは未来のクルマか?
世界的なカリスマ経営者、イーロン・マスク率いる米テスラが新型「モデル3」を発表した。既に予約が殺到し「電気自動車がメインストリームになった日」というが、果たしてそうだろうか?(2016/4/18)

今年は意外と男らしい? ミスiD2016の受賞結果が発表
イケメン男装シンガーからカリスマ柔術家まで。時代は守られる女の子から、戦える女の子へ!(2015/11/27)

ロシアで「おっぱいの大きいチェブラーシカのようだ」と話題に ミスiD 2016一般投票1位が決定
某カリスマハンバーガー店員でもあるらしい。(2015/11/6)

悪のカリスマが色っぽいお姉さんに変化! ウルトラ怪獣擬人化計画「マグマ星人」フィギュアがすごく……肉感的です
けしからんもっとやれ!(2015/9/23)

過去、現在、そして未来へ! AD進化の歴史を振り返る:
カリスマITトレーナーが見てきたActive Directory 15年の変遷
@IT誕生と同じ2000年に登場し、今年で15周年を迎える「Active Directory」。Windows 2000 Serverの“目玉機能”として搭載され、今現在も企業IT基盤として重要な役割を果たしている。15周年を機会に、あらためてActive Directoryの進化を確認してみたい。(2015/5/22)

カリスマ美容室が手がけるドラァグクイーン風ヘアメイクを男性記者が体験してみた
表参道・青山にある美容室「ACQUA」が女装になぜか全力。(2015/3/9)

カリスマ自重しろ! デスクトップフィギュア「美少女戦士セーラームーン デスクに舞い降りた戦士たち2」でウラネプがイチャイチャしすぎている件
2人の世界!(2015/2/26)

台湾を遊びつくしたカリスマ主婦ブロガー&旅作家のコミックエッセイ『女ふたり 台湾、行ってきた。』
そうだ、台湾行こう。(2015/1/30)

ナレッジワーキング!!:
カリスマ社長引退、ジャパネットたかたの戦略を分析してみる(後編)
SWOT分析を使って有名企業のビジネス戦略を立案してみる第2回。「機会」と「脅威」をPEST分析を使って整理してみます。(2015/1/28)

ナレッジワーキング:
カリスマ社長引退、ジャパネットたかたの戦略を分析してみる(前編)
名物社長だった高田明さんが引退を表明し、息子の旭人さんが後を継ぎました。もしもあなたが後継社長だったとしたら、今後どのような事業戦略を打ち立てますか? フレームワークの使い方を学びます。(2015/1/23)

仕事が遅いのは能力不足じゃない! “速読のカリスマ”が教える高速仕事術
コツ次第で仕事は早くなる?(2014/12/9)

グラビアアイドル“まいぷに。”のマイチャレンジ:
1日で2億円!? 驚異のカリスマ美容整体師・波多野賢也先生の小顔矯正を体験したよ!
グラビアアイドルの“まいぷに。”こと塚本舞さんが、さまざまなことに体当たりで挑戦する企画「グラビアアイドル“まいぷに。”のマイチャレンジ」がスタート! チャレンジの様子は動画で!(2014/9/30)

4コマまんが「がんばれ!アドミンくん」:
第415話 カリスマプログラマー
そんなにせかせかしてどうする。プログラマーの仕事は手を動かすことではない。常に考えに考えて、最も効率のよいコードを書くことだ!(2014/6/3)

ベストチーム・オブ・ザ・イヤー:
「リーダーになりたくない」は「仕事をしたくない」という表明と同じ――最強チームの作り方(前編)
個人からチームへ――課題解決のアプローチが変わる中、リーダーの役割も変わりつつある。支えるリーダーもいれば、細やかな配慮に長けたリーダーもいる。カリスマである必要はない――。こう話すのが明治大学教授の齋藤孝氏だ。(2014/2/18)

ホワイトペーパー:
カリスマITアナリストが語る、人とマシンの将来
ガートナーのアナリスト、スティーブ・プレンティス氏は、人々の生活のデジタル化が、ますます深く進行すると語る。インターネットやコンピュータは見えない存在になり、マシンやシステムが人々に代わって判断するようになっていくという。(2014/1/17)

いつもご機嫌! 赤ちゃんが一番落ち着く姿勢とは?
赤ちゃんを育てるママの一番の悩みとも言える赤ちゃんの寝付き。そんな悩みの助けになってくれる書籍『カリスマ助産師トコちゃん先生の 赤ちゃんがすぐに泣きやみグッスリ寝てくれる本』を紹介します。(2013/12/25)

五月&雄山スズコインタビュー:
カリスマ投資家はなぜコミケで“萌え”系マネー同人誌を出したのか?
仁義なきマネー戦争が繰り広げられる金融市場。その金融市場を題材とした“萌え”系の同人誌が、なぜか個人投資家たちによって作られ、コミケで人気を集めている。彼らはなぜ投資をテーマとした創作活動を行うのか。その動機とモチベーションに迫る。(2013/12/25)

ねっと部:
カリスマ主婦の“メシマズ”写真に全米が泣く 「まるで膿んだ生肉」……?
米国のカリスマ主婦ことマーサ・スチュワートさんがTwitterに投稿する写真が「あまりにもまずそう」と話題を集めている。ある意味これがほんとの“飯テロ”かもしれない。(2013/11/19)

子どもの成績が伸びる鉛筆の持ち方教えます
「鉛筆の持ち方の善し悪しは、子どもの成績を左右します」と断言するカリスマ家庭教師、西村則康さん。西村さんによる間違った鉛筆の持ち方を紹介します。(2013/11/5)

ホワイトペーパー:
カリスマITアナリストが語る、全産業を覆うデジタル化の波
「IT コンシューマライゼーション」という言葉を生んだガートナーのアナリスト、スティーブ・プレンティス氏は、テクノロジ、ビジネス、社会の進化する関係性について刺激的な発言を続けている。同氏はあらゆる産業が、普遍的なデジタル化の波に飲み込まれようとしていると語る。(2013/8/30)

INSIGHT NOW!:
リーダーに「カリスマ性」は不要である
リーダーに必要な能力を問うと「カリスマ性」という回答が寄せられる。その気持ちは分からないではないが、若きリーダーが「カリスマ性を身につけよう」と目指すとろくなことがない。(2013/8/12)

杉山淳一の時事日想:
鉄道紀行のカリスマが夢見た「富士登山鉄道」とは
富士山の世界文化遺産登録が決定した。「富士登山鉄道」はいまだ構想段階で具体案はこれから……といった感じだ。しかし、いまから約20年前に「富士山鉄道・五合目線」を発表した作家がいた。鉄道紀行作家、宮脇俊三である。(2013/6/28)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。