ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

「coLinux」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「coLinux」に関する情報が集まったページです。

Leverage OSS:
coLinuxに第2の息吹
coLinuxの背後にある技術は、大概の仮想化方式とは異なるものであり、注目を集めているものである。coLinuxが「CD-ROMでインストールし起動する普通のLinuxディストリビューション」になる日もそう遠くないようだ。(2008/7/11)

Leverage OSS:
WindowsとLinux 仮想化を使わない共存
WindowsとLinuxを共存させるための仕組みは幾つも存在する。andLinuxはWindowsとLinuxをホストOSとゲストOSとに分けようとせず、単なる共存ではなく共同を可能にする。(2008/4/17)

New Generation Chronicle:
谷口公一――「にぽたん」と呼ばれし剛勇の新たな挑戦
谷口公一を形容する呼び方は一意に決まらない。それは、彼が歩んできた道のりが一本調子ではない証左だ。Perlハッカーとして活躍する一方で、日本でも最大級のポータルサイトで常にユーザーをワクワクさせるサービスを提供し続けてきた彼が米国に行くことを決めた理由は――。(2008/4/2)

Leverage OSS:
Xmingを使ってWindowsからLinuxを使う
Xmingは、X Window systemとMicrosoft Windowsを結ぶ、フリーで使いやすいポートである。言い換えれば、Windowsを使わざるを得ない人々に素晴らしいXサーバを提供してくれるすばらしいツールだ。(2007/8/16)

新入学生/新社会人応援企画:
あるWebプログラマーの作業環境――豪傑の三種の神器【後編】
はてなという企業でプログラマーとして働くあの人の開発環境には欠かすことのできない三種の神器が存在する。後編となる今回は、前回紹介できなかった神器を紹介するとともに、意外と知られていないWebプログラマーの生態についてもみてみよう。(2007/3/14)

新入学生/新社会人応援企画:
あるWebプログラマーの作業環境――豪傑の三種の神器【前編】
春は出会いと別れの季節。入学や就職で、新しい生活を始める人も多いだろう。それを機にPC環境もそろそろ大人への階段を上ってもいいかもしれない。ここでは、はてなという企業でプログラマーとして働くあの人の開発環境を紹介することで、プロが好む作業環境を考える。(2007/3/7)

新入学生/新社会人応援企画:
第2回 Windows上でLinuxを走らせてみよう――coLinux
Linuxを使ってみたいとは思っても、Windowsから完全に移行するのはまだ早いかなとお考えのあなた。Windows上でLinuxを動作させることができるcoLinuxを使ってまずはLinuxに触れてみてはいかがでしょうか。(2007/2/23)

新入学生/新社会人応援企画:
第1回 ディストリビューションの選び方、試し方
春は出会いと別れの季節。入学や就職で、新しい生活を始める人も多いだろう。そこで本連載では、新入学生/新社会人応援企画として、オープンソースで作る環境構築を解説していく。また、デスクトップ環境のほか、新しくプログラミングを始める人のために、Web/Java開発の第一線でいまどのように環境が使われているかを紹介する。(2007/2/21)

産総研、2種類のKNOPPIXを発表
産総研はKNOPPIX 3.8.2の日本語版とPXEターミナルサーバとして機能する「PXE Terminal Server for HTTP-FUSE KNOPPPIX」を公開した。(2005/6/7)

産総研、起動を高速化する機能を備えたKNOPPIX3.7日本語版を公開
産総研はIPAフォント5書体と、起動を高速化するreadaheadを搭載したKNOPPIX3.7日本語版を公開した。(2005/1/31)

産総研、KNOPPIX 3.7日本語版を公開
産総研は12月22日、「KNOPPIX」の最新バージョンに追随した「KNOPPIX 3.7日本語版」をリリースした。東風フォントがさざなみフォントに変更されている。(2004/12/22)

メディアラボ、Fedora Core3ベースの「Linux MLD mini 3.0 F」を発売
メディアラボは、Windows上で動作するcoLinuxベースのディストリビューションシリーズの第2弾として「Linux MLD mini 3.0 F」を発売した。(2004/12/13)

KNOPPIXがさらに進化、SFS-KNOPPIXが公開
KNOPPIXがさらに進化を遂げた。今度はルートファイルシステムをネットワーク経由で取得してブートするSFS-KNOPPIXが公開された。isoのファイルサイズは約20Mバイト。(2004/11/16)

UNIX USER 2004年11月号特別企画より転載:
意外と速い! Windows上でそのまま起動できるcoLinux
KNOPPIX 3.6日本語版には、手軽に使える2つのエミュレータが搭載されている。1つはCPUエミュレータQEMU。もう1つがLinux専用のエミュレータcoLinuxである。coLinuxは専用だけあって、実行スピードは実用レベルだ。その実力と便利さが相まって利用が定番化しそうなツールである。簡単に試せるので早速チャレンジだ。(2004/11/5)

産総研、KNOPPIXの最新版を公開
産業技術総合研究所(産総研)は8月24日、KNOPPIX3.4(knoppix_v3.4_20040517-20040820.iso)を公開した。(2004/8/24)

International Feel:
「MS」×「SM」×「その後」
エンタープライズ業界を激震させた「MS=SM」事件から、もうすぐ2週間。「その後」の関連記事をまとめてみよう。(2004/4/16)

Windows上でLinuxをネイティブに動かす「coLinux」
イスラエルと日本のプログラマーが開発した「coLinux」は、仮想化ソフトを使わずにWindows上でLinuxを快適に動かせる。「MSの独占を打破する重要な一歩」との評価も。(IDG)(2004/4/14)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。