ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「常識」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「常識」に関する情報が集まったページです。

「在宅勤務」長期化に備える【後編】
新型コロナが問う「オフィスに莫大な金を払い続ける」ことの是非
全社的に在宅勤務などのテレワークに移行した企業が職場への出社を再開させる場合、考慮すべきことが幾つかある。実は今までのオフィスに対する考え方自体、新しい時代には“常識”ではなくなる可能性さえあるのだ。(2020/7/8)

インフラメンテナンス最前線:
「インフラ点検の常識を変える“RaaS”で世界へ」、東工大発ロボベンチャーHiBot CEOに聞く
発電所や化学プラント、航空機など、極限環境に耐えるインフラ点検ロボットと、AIデータプラットフォーム「HiBox」の2つから成るRaaS事業を展開する東工大発ベンチャーのHiBot――。これまで、清水建設との共同研究や福島第1原発でのアーム型ロボットの採用など、ロボティクス分野で多数の実績を積み重ねてきた。創業から16年が経った2020年は、第2創業期としてターニングポイントを迎え、多国籍コングロマリット企業やプラント分野で有力な国内のメンテナンス会社とパートナーシップを締結するなど、グローバル市場での飛躍を志す。(2020/6/15)

リモートワーク先進国アメリカで起きている変化 成長と危機管理に強い労働スタイルへ
新型コロナウイルスの感染拡大で、以前からリモートワークが進められていた米国では、リモートワークが危機に強く、成長し続けるビジネスの条件とする新しい常識が確立されつつあるという(2020/6/8)

緊急事態宣言の解除で常識は変わるか
コロナ終息後も「フルタイムで在宅勤務」は本当に常識になるか?
新型コロナウイルス感染症対策として在宅勤務などのテレワークを採用が広がっている。テレワークは今後も定着するのか。それとも以前の勤務形態に戻るのだろうか。専門家の見解は。(2020/6/4)

コロナ禍の婚活は“ビデオデート”が常識? 画面で出会い、愛を育む
新型コロナの影響で濃厚接触が避けられるようになり、婚活市場はビデオデートを推奨する方向性を打ち出している。スマートフォンの画面を通して出会い愛を育むこの方法には、多くの利用者が満足しているという。(2020/6/2)

ニューノーマル時代、システム構築・運用をどう変えるか?:
PR:システム構築・運用業務をリモートで行うための「5つの条件」
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的な拡大による影響でテレワークやリモートワークが急速に広まったが、その利便性を実感できていない、あるいは環境の変化に戸惑いを感じている業界や職種は多い。他ならぬSI業界がそうだ。「管理不足」「高負荷」「属人化」に悩まされ、出社を余儀なくされたり、出社できないことでプロジェクト活動が停止に追い込まれたりしている。新しい常識が求められるニューノーマル時代にあって、システム構築・運用業務の取るべき針路とは。(2020/6/1)

日本アイ・ビー・エム株式会社提供Webキャスト
変わり始めたBCPの常識、ビジネス機会の損失を最小化するシステム復旧手法とは
ITにおいてレジリエンス(回復力)という単語を耳にする機会が多くなった。ITがビジネスと直結する今、災害でもサイバー攻撃でも早期に復旧できる計画・体制づくりが欠かせない。このレジリエンシー対策にどう取り組めばよいのだろうか。(2020/5/19)

「能力適合型社会」から「能力発見型社会」へ:
「ブランク」や「ドロップアウト」は無意味ではない いま見直すべき、「採用の常識」とは?
就職や転職の際に、多くの企業が重視するのが、その人材が社会や企業の求める能力や規範に合致しているかどうかという点だ。そのため、規範から外れていたり、「ブランク」や「ドロップアウト」の経験があったりする人が生きづらさを感じることも少なくない。ビースタイルホールディングスの調査機関「しゅふJOB総研」の所長を務め、「人材サービスの公益的発展を考える会」を主催する川上敬太郎氏は、こうした社会を「能力適合型社会」とし、一人一人の能力の方へ着目する「能力発見型社会」への移行を提唱する。(2020/5/14)

「COVID-19」で変わるデバイス管理【前編】
新型コロナが「私物Apple端末は管理しなくてよい」という“常識”を変える?
新型コロナウイルス感染症が拡大する中で、テレワークの必要性が一気に高まった。働き方の変化は、デバイス管理の在り方にも影響を与え始めている。(2020/5/1)

ポスト・コロナの「新たな常識4つ」
人口の95%が「ロックダウン」状態にあるアメリカだが、早くもあれこれと「コロナ後の世界」に関する予測が飛び交っている。そのうちのひとり、トロント大学リチャード・フロリダ氏の見解に大いに興味をひかれたので要約してみた。(2020/4/16)

専任ソリューションアーキテクトが語る未来
クラウド慎重派が振り返る、AWS+VMwareの移行方法「これが便利」
クラウドを前提としたシステム構築が常識となる中で、既存システムの移行が問題となっている。だが、仮想化ソリューションを採用している企業は安心してほしい。AWSが推薦する最適な移行方法がある。そのメリットとは……。(2020/4/21)

セミナー:
PR:いまさら聞けないDX!パッケージ開発の新常識 〜不測の事態にいかに迅速に対応できるかがカギ〜
TechFactory会員の皆さまに、注目のセミナー情報をお届けします。(2020/4/14)

テレワークは、ポストコロナの“新常識”となるか?――Citrix調査
Citrixの調査によると、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受け、世界的に導入が加速する形となっているテレワークは、危機収束後も“新たな働き方”として有効と考えられていることが判明。また、生産性の維持や課題、有用なツールなども明らかになった。(2020/4/3)

PR:「高性能マシンを使うクリエイターはテレワークなんてムリ」──そんな常識を打ち破る“リモート”ワークステーションの可能性
(2020/4/21)

半径300メートルのIT:
危機が浮き彫りにしたリスク、火事場泥棒は肩越しにのぞく
「改革していきましょう」と提唱してもなかなか浸透しなかったのが嘘のように、働き方のパラダイムシフトが進んでいます。これまでの常識が通用しない時代でも、普遍的なリスクを忘れないようにしましょう。(2020/3/17)

コンテンツ管理の基礎知識
いまさら聞けない「コンテンツ管理製品」とは? 4大“常識”製品を紹介
「コンテンツ管理」システムは単なるドキュメント管理から、コラボレーションまで機能を広げている。もはや「常識」とも言える4種類のコンテンツ管理システムの役割をおさらいする。(2020/3/16)

JASRAC対音楽教室、地裁判決は順当かナンセンスか 「一般人の常識に即した裁判」の論点を整理する
音楽教室がJASRACに音楽著作権の使用料を支払う必要があるかが争われた訴訟で、東京地裁が音楽教室側の訴えを棄却した。この判決は現在、SNSなどで賛否両論を呼んでいる。本記事では、著作権者や法律家などへの取材をもとに、地裁判決の論点を整理し、判決の妥当性を考察する。(2020/3/4)

この頃、セキュリティ界隈で:
「パスワードは複雑さより長さが大切」 FBIが指南
パスワードの常識が変わりつつある。FBIの新しい指針は?(2020/3/2)

やっぱり変だよ医療界 京大とNTTの新事業で見えた非常識
京都大学とNTTが2月3日、医療機関が持つ電子カルテ情報を共有・解析する新会社を設立した。患者の治療データなどを集め、治療効果の分析や新薬開発につなげるというもので、関係者は「画期的なことだ」と意気込む。(2020/2/26)

常識を疑ってみよう――難しそうな「哲学」を何となく理解した実体験漫画に「なるほど」「わかりやすい」と共感の声
漠然と抱いている「常識」について、一度考え直してみませんか?(2020/2/13)

PR:RPAに“管理の負担”はいらない――クラウド提供型RPA「WinActor Cast on Call」と最新版「WinActor Ver.7」とは
RPAの運用や開発の常識を、クラウドから打ち破りたい――そんなコンセプトを体現するNTT-ATの新サービス「WinActor Cast on Call」と最新版「WinActor Ver.7」の目指す将来像とは。その機能や特徴を解説する。(2020/1/30)

BMWと「パックマン」がまさかのコラボ 2シリーズ グランクーペで「4ドアの常識を食い尽くして覆しちゃうぞ」とアピール
以前は「バカボン」、今回はパックマンです。(2020/1/29)

「サイバーリスク検診」を誌上体験:
PR:サイバーセキュリティの新常識NIST CSFをベースとした「サイバーリスク検診」とは
情報漏えいや不正アクセスなどが大きなニュースとなる昨今、企業の情シスは大きな悩みを抱えている。複雑化、多様化するサイバー攻撃に、どう対策すればいいのか分からないからだ。そんな悩みを解決する「サイバーリスク検診」を体験してみよう。(2020/1/27)

「常識って教えてくれないのに知ってて当然みたいな空気がイヤ!」 漫画『アスクミ先生に聞いてみた』 1時間目 常識ってどこで知るの?
分からないことは阿須名久美(アスクミ)先生に聞いてみよう!(2020/1/20)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
新型特急「ひのとり」がくる! 2020年、近鉄から目が離せない
2020年3月、近畿日本鉄道の新型特急「ひのとり」がデビューする。名古屋〜大阪間で東海道新幹線と競争だ。さらに、フリーゲージトレインの開発や、複数集電列車による大阪・夢洲と近鉄沿線の直通構想もある。近鉄が日本の鉄道の「常識」を変えるかもしれない。(2020/1/17)

半径300メートルのIT:
ユーザー側には対策不可能!? ECサイトを狙う「Eスキミング」の怖さ
巧妙化が続く、サイバー犯罪。2019年は従来の「セキュリティの常識」がことごとく覆される1年でした。今後さらに問題になりそうなのが、カード決済システムの隙を狙う「Eスキミング」。なんと、利用者にできる対策が「ない」というのです。(2020/1/14)

ゴーン会見への反発に見る「外資の常識」 、反発する日本のおやじ
ゴーン被告の記者会見が行われたが、その内容は自己弁護と日本の司法批判に終始したため、SNS上などで批判の声が多い。ただ、そうしたコメントを見ていると、日本のおじさんとグローバルコミュニケーションの間にギャップがあって……。(2020/1/10)

半径300メートルのIT:
「パスワードレス認証」が進行中 FIDOで変わる、セキュリティの常識
IDとパスワードの組み合わせによるセキュリティに、多くの人が限界を感じています。そこで現在、数学的な仕組みを利用してパスワードレス化を実現する、新しいセキュリティアライアンス「FIDO」が広がりつつあります。(2019/12/17)

「商業的成功」が不可欠:
堀江貴文がミュージカル『クリスマスキャロル』で仕掛ける「新時代の舞台ビジネス」
ホリエモンこと堀江貴文が「演劇界の常識破り」に挑戦している。12月11日から15日まで東京キネマ倶楽部で、 12月24日から25日まで大阪市の味園ユニバースで計6日間、ミュージカル『クリスマスキャロル』を公演する。公演実施に際して、堀江が演劇を取り巻く状況をどのように捉え、今回の再演に際してどんな対策をしてきたのかをビジネス的な観点からインタビューした。(2019/12/12)

グローバル人材に「合わせられない」日本の上司:
外国人部下に日本人上司の4割強「自己主張強い」「日本の常識通じない」とギャップ
外国人部下を持つ日本人上司に意識調査。4割強が「自己主張強い」「日本の常識通じない」と回答した。3割が「ノウハウ無く手探り」と、マネジメントへの苦労が浮き彫りに。(2019/12/10)

世界を読み解くニュース・サロン:
「少しの酒は体にいい」を疑う新常識 安くてすぐ酔える“高アルコール”人気の陰で
間もなく忘年会シーズンが始まる。低価格の高アルコール飲料の人気が高まっていることもあり、酔っぱらう人も増えそうだ。一方、「少量の酒は体にいい」という定説の中に、正しくないものがあるとの指摘がある。正しく理解して酒と付き合うためには……(2019/11/28)

常識を覆す「惑星」、巨大ブラックホールの周りに存在か 鹿児島大と国立天文台
「全く新しい『惑星』の種族が銀河中心の巨大ブラックホールの周囲に形成される可能性がある」とする世界初の理論を、鹿児島大学と国立天文台が発表した。ブラックホールの周囲10光年程度の距離に、地球の約10倍の質量の惑星が1万個以上形成される可能性があるという。(2019/11/25)

大富豪の常識「3より12が強い」を捨てると何が変わるのか 数学の概念「集合」を取り入れた「集合トランプ」
数字が1〜5しかないけど、大富豪もスピードも遊べる。(2019/11/22)

ビジネスの起点はWebサイト:
PR:「最高の顧客体験」の作り方 変化に気付いたマーケターが取り入れている手法
マーケティングの常識は様変わりした。企業の顔であるWebサイトで「コンテンツ」をどう生かすかが、ライバルとの勝敗を左右する。変化にいち早く気付いたグローバル企業は何を使い、どう対策しているのか。(2019/11/6)

ビジネスの起点はWebサイト
「最高の顧客体験」の作り方 変化に気付いたマーケターが取り入れている手法
マーケティングの常識は様変わりした。企業の顔であるWebサイトで「コンテンツ」をどう生かすかが、ライバルとの勝敗を左右する。変化にいち早く気付いたグローバル企業は何を使い、どう対策しているのか。(2019/11/6)

今度のお花見はブルーシートでなく畳で 畳柄のレジャーシート登場
お花見といえば「ブルーシート」の常識を打ち破る!?(2019/10/26)

CAD/GIS:
「図面のカラー印刷はもはや常識!?」、A1を“2秒”で印刷するHPの高速プリンタがもたらす働き方改革
日本HPは、建設・製造分野のCAD/GIS向けに、モノクロ/カラーの図面を1台で高速印刷できる大判プリンタ「HP PageWide XLシリーズ」を訴求している。図面印刷にカラープリントがなぜ必要なのか?図面革命と銘打ったシークレットセミナーから、HP PageWide XL プリンタが現場の働き方改革をも実現する理由を探った。(2019/10/25)

半径300メートルのIT:
「パスワードをクラウド上のExcelシートで管理」に一手間加えて安全に
テクノロジーは日進月歩。かつての常識が現代の非常識になることも、かつての非常識が現代の推奨行為になることもあります。個人情報を安全に管理する方法も、どんどん変化しています。(2019/10/23)

腹筋運動にちょうどよい?! まるで人間が中に入ってるような「あおむけ」で眠る猫ちゃんファミリーが面白い
寝るときは枕に頭を乗せる、これ常識だにゃん(2019/10/3)

荻窪圭のデジカメレビュープラス:
カメラを回転させても映像は正位置のまま 「insta 360 GO」は新世代のウェアラブルアクションライフスライスカメラなのであった
「insta 360 GO」である。親指サイズで重さは20グラム。指でつまめるウェアラブルアクションカメラ……なのだが、いろいろと常識外れなのである。普通のアクションカメラと思ってはいけない。(2019/10/1)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
脇役だった製品がいきなり売れ筋に PC用品コーナーの裏事情
売り場が違えば、製品の回転率や利益率といった常識もまた異なる。ある売り場では脇役だった商材が別の売り場ではスポットライトを浴びたり、また低粗利であることを生かして別の売り場へ参入したりと、さまざまな可能性がある。PC用品コーナーとそのメーカーによる「薄利ビジネス」について見ていこう。(2019/9/22)

A-Style フォーラム:
感性価値に重点を置く独自のブランディング手法、工務店の常識を変える富裕層の顧客の増やし方
阿部建設は、HP製作への多額の投資やユニークなモデルハウスの建設、顧客の感性に訴える価値の提供などを強みにして、企業ブランドの価値を高めている。(2019/9/20)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「起業家のように企業で働く」それは、いまや常識になった
社員には自律的に働いてもらいたいし、そのような人材の出現を経営者は熱望している。(2019/9/19)

メインフレームの“古い”常識を覆せ 最新版IBM Zが見せるDXへの野望
IBMがメインフレーム「IBM Z」シリーズの最新版「IBM z15」を発表した。どうしても持たれがちな“古い”印象に対して「メインフレームがクラウド環境のDXを加速させる」と山口社長が意気込む新機能と、そこにIBMが賭ける野望とは。(2019/9/17)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
マツダのEVがスーパーハンドリングEVになった仕組み
昨日の記事でマツダのEVの、常識を覆すハンドリングフィールについてのインプレッションを書いた。革新的なハンドリングはどうやってもたらされたのか。秘密は、エンジンよりも精緻な制御が可能なモーターを使って、Gベクタリングコントロール(GVC)が、常に接地荷重のコントロールを行い続けているからである。(2019/9/10)

物流のスマート化:
PR:段ボールも自社で自由に作る時代! 物流現場の人を生かす「オンデマンド段ボール」
100年以上にわたり梱包資材や店頭販促物などの開発や製造に携わってきたタナックスが、段ボールと梱包の常識を変えるべく取り組んでいる。規格品をたくさん仕入れて倉庫にストックしておくものだった段ボールだが、実はオンデマンド化できる技術が既にある。数個〜小ロットの製品、長尺・異形の製品、多数のラインアップを取り扱うようなメーカーや通販事業者を悩ませていた梱包や物流の問題が、これで一気に解消する。長い歴史で積み重ねた技術を生かしつつも、これまでのやり方にはこだわらない、タナックス流の製品とは。(2019/9/2)

デジタル製造の進化と真価:
PR:アディダスやフォードが採用するCarbonの3Dプリント技術が国内製造業を変える
製造現場に3Dプリンタの導入が進んで久しいが、その用途は主として試作に限られている。この常識を覆し、最終製品の量産にも対応できる高品質かつ超高速3Dプリントを可能にしたのがCarbonのテクノロジーだ。既に世界有数の製造業がCarbonの3Dプリンタを活用し、製品開発や生産体制を抜本的に変革している。この動きは日本の製造業にも大きなインパクトを与えることになるだろう。(2019/8/1)

そのネットワーク管理手法が足かせに
管理を「データセンター」から「データ」に、これからのネットワークの新常識
過去20年続いてきた個々のインフラ環境に特化した形のネットワークでは、IoTやAIなど新しい取り組みや変化に対応しにくくなっている。今後20年を見据えた新しいネットワークアーキテクチャとはどういうものなのだろうか。(2019/7/29)

半径300メートルのIT:
「二段階認証を知らない」を笑えない理由
本連載は「半径300メートル範囲内くらいの、身近なIT」をテーマにしています。連載が始まった頃には「難しすぎる」と言われていた技術も、いまや「知らないなんて!」と言われる常識レベルの知識になっていました。(2019/7/23)

自由に働く組織に帰るための3つのステップ:
「管理ゼロで成果なんか上がるわけがない!」と信じ切っている人へ
働き方の常識を疑った結果、見えてきたものとは?(2019/7/8)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。