ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「化粧品」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!コスメティック→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でコスメティック関連の質問をチェック
「化粧品」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

美容業界における新たな顧客体験の創出を目指す:
アイスタイルがトレンダーズと資本業務提携 「@cosme」外のプラットフォームとの連携推進へ
アイスタイルがトレンダーズと資本業務提携の契約を締結。SNSを活用した新サービスの開発などにより、化粧品業界のさらなる活性化に貢献することを目指す。(2024/2/15)

日本企業の“米国買い”が活発化 鉄、住宅、化粧品……縮む日本から成長市場に布石
日本製鉄や積水ハウスが米国企業の巨額買収に動くなど、日本企業の対米投資が拡大している。(2024/2/13)

なぜ似たコスメを大量に購入するのか → 皆納得の投稿「我らはコスメでデッキ組んでコンボ決めてる」で相互理解が激烈に進む歴史的偉業がなされる
ブルベデッキに環境トップチークと鉄板リップが今シーズンのぶっ壊れです。(2024/1/31)

信頼性・安心感が高い化粧品企業 3位「カネボウ化粧品」、2位「花王」、1位は?
信頼性・安心感が高い化粧品関連企業はどこか。企画開発や独自性が高いと感じる企業とともに、マイボイスコムが調査した。(2024/1/31)

本物の化粧品でイラストにメイクをした結果…… はっとするような変身ぶりに「お見事」「美しい」
お化粧ってすごい。(2023/12/19)

製造マネジメントニュース:
微粉体の世界市場は2027年までに12.5%増、EVや3Dプリンタの材料がけん引
富士キメラ総研は、3Dプリンタ用金属パウダーや化粧品用マイクロビーズ代替パウダーなど微粉体の世界市場の動向を調査し、「2023年 微粉体市場の現状と将来展望」を発表した。(2023/12/11)

「大谷売れ」はなぜ抜きんでているのか 1万円超えの高級美容液が突如ブレークした理由
美容系総合ポータルサイト「@cosme」を運営するアイスタイル(東京都港区)は12月7日、「@cosmeベストコスメアワード2023」を発表した。結果を見ると、あるブランドが多数を占めていることが分かる。コーセーが展開する「コスメデコルテ」だ。(2023/12/8)

物価高なのになぜ? 1万円超えの「諭吉コスメ」が売れ続けるワケ
美容系総合ポータルサイト「@cosme」を運営するアイスタイル(東京都港区)は12月7日、「@cosmeベストコスメアワード2023」を発表した。3月にマスク着用が任意となり、人々のメークに対する意欲が回復する一方で、物価高により家計が圧迫されるなど、化粧品業界にとっては、追い風と向かい風の両方が吹く1年となった。(2023/12/8)

メイクの“ガチ勢”が20代・40代の人気コスメを比較! 顔半分ずつでの再現に「違いが出てる!」「わかりやすい」の声
トム・フォードのアイシャドウがすごく気になる。(2023/12/5)

メンズメイク、始めたきっかけは「コロナ禍」? コスメ購入の決め手に男女差も
「メンズメイク」について、人々はどのような印象を持っているのか、ネオマーケティング(東京都渋谷区)が調査を実施した。(2023/11/27)

「これやってほしい」「全ての店に欲しい!」 タイのコスメ売り場にある“接客いらん/ほしいカゴ”が話題
とくに販売員にノルマがある店にはあるといいですね。(2023/10/22)

「イエベブルべ問題」を一発解決? 人気コスメの“斬新すぎるキャッチコピー”にSNS騒然「誤植かと思った」
その手があったか。(2023/10/19)

柚子モチーフがかわいいプーさんグッズ「YUZU POOH」10月20日から順次発売 生活雑貨からコスメまでラインアップ
柚子に抱きついているピグレットもいいな……。(2023/10/17)

微量の不純物添加で性能を最大化:
次世代蓄電池の負極材料に「酸化チタン」を適用
鳥取大学の研究グループは、化粧品などに用いられている「酸化チタン」を改良すれば、次世代蓄電池の負極材料に適用できることを確認した。(2023/10/17)

責任者に聞く日本戦略:
仏ロレアルはなぜ「化粧品の王者」でいられるのか? マスカラ「スカイハイ」爆売れの深層
仏ロレアルは、実に36の化粧品ブランドを抱える世界最大の化粧品会社だ。日本で2022年9月に発売したマスカラ「スカイハイ」が好調だ。年間1位を記録した理由を消費者製品部門プレジデントに聞いた。(2023/9/27)

今日のリサーチ:
化粧品の情報収集実態 信頼できる情報源は「サンプル」、購入の決め手は「口コミ」がトップ
「@cosme」を運営するアイスタイルが実施した化粧品の情報収集実態調査の結果です。(2023/9/25)

Marketing Dive:
エスティ ローダーが挑む“TikTok売れ”に置いて行かれないためのAI活用術
美容コスメ大手Estee Lauder(エスティ ローダー)はGoogle Cloudと連携し、AIを活用したマーケティングを加速させている。狙いは何か。(2023/9/22)

メイクの“ガチ勢”が目隠しコスメ当てクイズに挑戦したら…… 驚異的な結果に「凄すぎる」「へ、変態だ!!」
なぜ分かるんだ……。(2023/9/20)

ぺんてるが“筆ペン技術”を生かした化粧品を発売 新たに立ち上げたコスメブランドから
「ぺんてる筆」の技術を活用したリキッドアイライナーが登場。(2023/9/17)

普段のメイクに飽きたら……? 「支出の半分をコスメに充てる女」が紹介する“ちょい変えポイント”が簡単なのに驚きの変化
こんなに印象が変わるのか〜!(2023/9/13)

“ちいかわ大集合”のリップ&ハンドクリームが新登場 「Lovisia」とのコラボコスメ第3弾、9月8日発売
ちいかわ、ハチワレ、うさぎのオリジナルミラーがもらえるキャンペーンも開催。(2023/9/8)

顔にカラフルなコスメを少しずつ塗ったら…… まさかのベージュになる現象に「どういうこと!?」「本当にすごい」と驚きの声
投稿したのは“メイクガチ勢”のサラさん。(2023/9/6)

現地の反応は:
処理水問題、中国からの観光客にどう影響? 「化粧品」なども不買対象に
インバウンド需要はコロナ前に迫る盛り上がりを見せている。一方で、中国からの訪日客は大きな変動が続く。処理水放出の決定に対し、中国側が猛反発。すでに日本産の水産物の輸入を全面的に停止している。今後のインバウンド市場はどうなるのか。現時点の最新状況をお伝えする。(2023/9/5)

無印良品、「ZOZOTOWN」で9月1日から販売開始 化粧品など生活雑貨と衣料品
「無印良品」を展開する良品計画は、ZOZOが運営するファッションECサイト「ZOZOTOWN」で9月1日正午から商品の販売を始めると発表した(2023/8/28)

材料技術:
CO2排出量を約40%減らせる高機能バイオ素材で化粧品容器を開発
化粧品容器メーカーのプラシーズは、NECが研究/開発しNECプラットフォームズが提供する高機能バイオ素材「NeCycle(ニューサイクル)」を用いて環境に優しい化粧品容器の開発に成功したと発表した。(2023/8/28)

ホテルで「お客さんが忘れるものランキング」があるあるすぎて参考になる 第2位は「化粧品」、第1位は……
確認したつもりなのに忘れちゃう。(2023/8/28)

株式会社アートワークスコンサルティング提供ホワイトペーパー:
PR:安全性を担保しつつ訴求を高めるために、化粧品・健康食品の“NG”広告表現とは
商品の広告を出す際には、“不適切な表現”に十分注意しなければならない。ここでは化粧品・健康食品に焦点を当て、関連する法律について分かりやすく解説するとともに、広告表現におけるOK/NG表現や、代替案の考え方を紹介する。(2023/8/16)

経済の「雑学」:
“なんとかドンキ”がじわり増加中 全6種類の超レア店舗 狙いを聞いてみた
2021年以降、レアなドン・キホーテが各地にオープンしている。お酒、菓子、コスメなどに特化しているのが特徴。こうした実験店舗の狙いを聞いた。(2023/8/12)

材料技術:
竹を素材に活用した紙容器を開発、バガスを配合し柔軟性を付与
TAISEIは、「第3回 【国際】サステナブルグッズEXPO」で、竹を素材に用いた紙「TAISEI バンブーペーパー」と化粧品向けの紙製トレー「ペーパープレス」を披露した。(2023/7/21)

脱炭素:
カーボンフットプリントのコンサルティング事業を開始、CO2削減を支援
大日本印刷は、長瀬産業と共同で、化粧品や医薬などの製品のライフサイクル全体におけるカーボンフットプリントのコンサルティング事業を開始する。同製品を取り扱う業界のCO2排出量の算定と削減をサポートする。(2023/7/18)

メイクの“ガチ勢”がお面に化粧したら…… 顔半分が生まれ変わった結果に「うらやましい」「お面が恩返しに来そう」と驚きの声
真面目な話、お面モデルのほうが私より良い化粧品を使っていまして……(震)。(2023/7/17)

ちいかわコスメ第2弾は「ハチワレ」デザイン アイシャドウパレットやフェイスパウダーなどかわいい全4種をラインアップ
どのハチワレにする?(2023/7/10)

インターフェックスWeek 2023:
甲州ぶどうの搾りかすとPPを組み合わせた化粧品容器、着色なしでぶどう色
大成化工は、「インターフェックスWeek東京2023」で、甲州ぶどうの搾りかすとポリプロピレン(PP)あるいはバイオPPを組み合わせたバイオプラスチックを活用した化粧品容器の試作品を披露した。(2023/7/7)

rom&ndがマイメロ・クロミとコラボしたコスメがかわいすぎる 定番アイテムが2人をイメージしたキュート&ダークなカラーに変身
全部揃えたくなる。(2023/7/7)

ボトル内の液体残量がわかるNFCタグ、凸版印刷が開発
凸版印刷は7月6日、静電容量式センサー機能を搭載し、ボトルなど容器内の液体の残量を非接触で検知できるNFCタグラベルを開発したと発表した。8月から、化粧品業界、医療・医薬品業界、酒類業界など全世界に提供するとしている。(2023/7/6)

Twitter広告で個人ユーザーの投稿を盗用 化粧品メーカーが謝罪 「運用は広告会社に委託していた」
化粧品メーカーのプレミアアンチエイジングは7月4日、同社と無関係な個人ユーザーのツイートを無断でまねし、Twitter広告を作ったとして謝罪した。広告制作・運用は広告会社のピアラに委託していたという。(2023/7/5)

化粧品ブランド、一般人の投稿を「パクツイ」して批判の声 アカウント運営企業ら「再発防止に努める」と謝罪
該当の広告アカウントは本件を受け、すでに削除されています。(2023/7/5)

女装コントが“かわいすぎ”と話題のレインボー・池田、勢い余って化粧品検定1級を取得 「流石に努力の天才」「難しいですよね?」
仕草もメイクも女子なんよ。(2023/7/4)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
アットコスメ、過去最高売上を更新 口コミが“オワコン”の時代に、なぜ絶好調なのか
化粧品の口コミ情報サイト「アットコスメ」を運営するアイスタイル(東京都港区)の業績が絶好調だ。クックパッドの業績不振や、アマゾンレビューなどの信ぴょう性低下から口コミサービスを「オワコン」と評する向きもあるが、なぜ快進撃を続けられるのか。(2023/6/30)

アップサイクル:
廃棄予定化粧品を建材にアップサイクルして建物開発へ活用促進
日本ロレアルと東京ガス不動産は、循環経済社会の形成への貢献に向け、日本ロレアルの廃棄予定の化粧品を、建物建材へとアップサイクルし、東京ガス不動産が開発する建物へ活用促進していくことについて合意した。(2023/6/27)

医療技術ニュース:
ヒトの口唇組織と類似した構造を持つ、口唇モデルを開発
コーセーは、口腔粘膜から唇と周辺皮膚までのヒトの口唇を再現した「3次元口唇モデル」を開発した。ヒトの口唇組織と類似した構造と細胞分化のメカニズムを持ち、化粧品成分や製品の有効性、安全性評価などでの活用が期待される。(2023/6/27)

“コスメオタク”が無表情のお面に全力でメイク → まさかの超クールビューティーへの変貌に「すごい!」「お面が微笑んだw」
ビフォアフ違いすぎてヤバい。(2023/6/26)

深海に沈む宝物を思わせるキラキラコンパクトがたまらない 中国コスメ・フラワーノーズの新作「月光人魚シリーズ」が美しい
細かいところまですてき……!(2023/6/20)

化粧品業界が注目:
なぜ? 2023年「鼻メーク」が流行りそうな理由 背景に「メーク欲爆発」
2023年下半期、化粧品業界で注目されるのは「鼻メーク」──。3月にマスク着用が個人判断になり、5月に新型コロナが5類に引き下げられ、コロナ禍で停滞していた「メーク欲」が爆発しているなか、なぜ、鼻が注目されているのか。(2023/6/8)

にじさんじ所属「VOLTACTION」、目元を彩るコスメを受注販売 ラブ・ライナーやアイシャドウ、描き下ろしアクスタも見逃せない
詳細は6月13日に発表とのこと。(2023/6/11)

Z世代がメイクの参考にするインフルエンサー 2位「吉田朱里」、1位は?
gracemode(東京都目黒区)は、Z世代のフォロワー5890人を対象に「メイクや化粧品購入時のインフルエンサーの影響力」に関する調査を実施した。(2023/5/11)

「タイコスメ」が売れている:
「タイ版のリップモンスター」が人気 マスクをしても崩れない
コロナ禍のマスク生活を通じて、タイコスメの人気がグンと上昇している。22年の売り上げは、リアル店舗のみで前年比2倍以上の伸びを記録した。国内におけるタイコスメのトレンドを仕掛けた、日本機能性コスメ研究所の林紗陽社長に、その背景を聞いた。(2023/5/6)

エテュセ、なにわ男子・大西流星とのコラボコスメを5月に受注再販売 完売した全5アイテムが必ず手に入るチャンス
詳細は5月12日に発表。(2023/4/24)

若手社員が発案:
見た目はコスメ──カンロ、のど飴の新商品発売 ターゲットはZ世代
カンロは、フリーズドライ顆粒入りキャンディー「コスメなのどあめ 2つのもも味」を発売した。リップとアイシャドウをイメージした、コスメのようなパッケージデザインが特徴で、Z世代をターゲットとしている。(2023/4/23)

「ドラえもん」限定パッケージの韓国コスメが集めたくなる愛らしさ プチプラブランド「i’m meme(アイムミミ)」から6アイテムが登場
キュートなドラえもんに癒やされる〜!(2023/4/21)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。