ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ドラッグストア」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ドラッグストア」に関する情報が集まったページです。

ダレノガレ明美、通販での“やらかし”画像が圧巻 「ドラッグストアみたい」「余分に経済を回した」
家の隅から隅まで磨くとのこと。(2024/2/24)

CIO Dive:
フォルクスワーゲンがChatGPTをクルマに搭載 自動車メーカーの「生成AI活用例」を紹介
「風邪を引いたんだけど」と告げると、一番近いドラッグストアへの道順を教えてくれる――。フォルクスワーゲンがChatGPTと社内の音声アシスタントの統合を進めているという。生成AIに積極的に利用する自動車メーカー各社の取り組みを紹介する。(2024/2/9)

口コミ評価が高いドラッグストア 「ドラッグストアコスモス」「ツルハドラック」を抑えた1位は?
「口コミコム」を運営するmov(東京都渋谷区)は、「口コミコム」の分析機能を用いてドラッグストア11ブランドに寄せられた約12万件の口コミを調査し比較検証を実施した。評価が高いドラッグストアとは。(2024/1/28)

Retail Dive:
なぜ顔認証技術の導入に失敗したのか? 誤認識で被害者多数、ある小売チェーンの記録
連邦取引委員会は薬局・小売チェーンのRite Aidが顔認証技術を不当に使用し、顧客に損害を与えたと述べ顔認識技術を5年間にわたって使用禁止とした。なぜこの導入は失敗したのだろうか。(2024/1/24)

小売・流通アナリストの視点:
首都圏で急増中のコスモス薬品 物価高を味方にした戦い方とは?
九州を地盤とする大手ドラッグストア「コスモス薬品」。九州でトップシェアとなった後は、店勢圏を東に向けて拡大し、今まさに関東攻略作戦を進行中だ。コスモスを躍進には、物価高を味方にした戦い方がある。(2024/1/16)

PayPay、スーパーとドラッグストアで最大20%還元 2024年1月9日から
PayPayは、2024年1月9日から2月8日まで「スーパー・ドラッグストアで! PayPayお買い得市」を開催。対象店舗で商品を購入すると最大20%のPayPayポイント、酒の場合は抽選で最大1000ポイントを付与する。(2023/12/13)

アイ・オー、2ベイ小型筐体を採用した各種医療機関向けのオンライン資格確認端末
アイ・オー・データ機器は、医療機関および薬局/訪問看護ステーション向けとなるオンライン資格確認端末「APX2-MEDICAL/QCB」を発表した。(2023/12/13)

一人暮らしで、近くにあると便利な施設 3位「ドラッグストア」、2位「コンビニ」、1位は?
一人暮らしの人が、近くにあると便利だったり、楽しかったりする感じる施設は何か。アットホームが調査結果を発表した。(2023/12/3)

一人暮らしで「近くにあったらいいなと思う施設」 3位「銀行・郵便局」、2位「ドラッグストア」、1位は?
一人暮らしの人が、近くにあったらうれしいと感じる施設と、実際にあってよかったと感じている施設は何か。KG情報が調査結果を発表した。(2023/11/23)

薬剤師の「タマゴ」をVRで育てる 進化する大学臨床教育のDX
調剤室の内部などを題材に全方向対応の動画を複数制作。薬局に足を運ばなくても視察が行え、学生から「実際に行ったような経験ができた」と好評だ。(2023/11/13)

ANA Pay、JCBのコード決済スキーム「Smart Code」に対応
ANAホールディングス傘下でマイルや決済事業を行うANA Xは11月7日から、「ANA Pay」でコード決済を利用可能にする。同社が11月1日に発表した。全国のスーパーやドラッグストアなどの「Smart Code」加盟店で、ANA Payのコード決済が使える。(2023/11/2)

好きなドラッグストアチェーンはどこ? 3位「スギ薬局」、2位「マツキヨ」、1位は?
LINEリサーチが、 ドラッグストアチェーンに関する調査を実施した。最も「好き」という回答があったチェーンはどこだったのか。(2023/10/20)

「自分の歯のレントゲン写真」のTシャツを着て薬局に行ったら…… ツッコミどころ満載の状況に“13万いいね”の反響
確かに便利ではあるけれど。(2023/10/18)

「郊外で見かけるものあるある」が分かりすぎてうなずく人続出 「でかい薬局」「やたら見かけるスズキの看板」
でっかいショッピングモールがあるのも郊外あるある。(2023/9/16)

加盟店がポイントを上乗せできる「PayPayポイントアップ店」開始 9月から「ウエルシア」「WINTICKET」と提携
PayPayは、PayPayポイントを活用した加盟店の販促を支援する取り組み「PayPayポイントアップ店」を開始。各社独自のポイントサービスとして利用できるようになり、9月からウエルシア薬局やWinTicketから順次導入する。(2023/8/30)

リサイクルニュース:
赤字を出さないユニリーバのリサイクルプログラム、登録者は110万人を突破
ユニリーバ・ジャパン・カスタマーマーケティングは、「第23回JAPANドラッグストアショー」内のビューティケアゾーンに出展し、SDGsプラットフォーム「UMILEプログラム」の取り組みや成果を紹介した。(2023/8/24)

「ウエルシアグループアプリ」でPayPay決済を利用可能に 最大10万ポイント還元キャンペーンも
ウエルシア薬局が運用する「ウエルシアグループアプリ」で、キャッシュレス決済サービス「PayPay」の決済機能が利用可能に。これを記念し、9月1〜30日に最大10万ポイントのPayPayポイント還元キャンペーンを行う。(2023/8/22)

リサイクルニュース:
ほとんどごみを出さない展示会ブース、日本製紙クレシアが取り組みを紹介
日本製紙クレシアは、「第23回JAPANドラッグストアショー」内のホームケアゾーンに出展し、パネルなどを用いてリサイクルや環境配慮の取り組み、資源を取り巻く環境問題を紹介した。(2023/8/22)

新しい店舗体験:
小売マーケの限界突破か サツドラ、AIカメラ×広告で売上が1.6倍に
北海道内で2位の店舗数を誇るサッポロドラッグストアは、新しい店舗体験の構築に乗り出した。AIカメラでの取得データとPOSデータを掛け合わせた広告を展開している、新しいチャレンジを取材した。(2023/8/22)

品ぞろえから探る:
驚異的な成長続けるドラッグストア業界 強みはどこにあるのか
超高齢化社会で、健康関連のニーズが高まる。ドラッグストア業界はそうした市場環境で成長を続けている。その強みを品ぞろえから探ってみた。(2023/6/30)

小売・流通アナリストの視点:
覇者イオン、コスモス、カインズに勝てるのか 中堅中小の「合従軍」戦略
スーパー、ドラッグストア、ホームセンターの上位企業の多くがM&Aで規模を拡大してきた。上位企業による下位企業の買収というのが自然と多くなる一方、下位企業が同盟するように経営統合して対抗するというパターンもある。(2023/6/12)

調剤のデジタル化:
イオン薬局、「薬局に行かずに服薬指導」サービス全店導入
イオンリテールは6月6日より順次、イオン薬局全店にオンライン服薬指導サービス「curon(クロン)お薬サポート」を導入すると発表した。これにより、利用者は薬局に行くことなく、ビデオ電話を活用し薬剤師から服薬指導を受けることが可能となる。(2023/6/8)

医療ITコンサルタントのためのQ&A【第6回】
“Amazon薬局”が現実の脅威に? 電子処方箋が後押し「処方薬ネット販売」の今
電子処方箋の仕組みが開始し、調剤薬局のビジネスは大きく変わる可能性があります。処方薬のオンライン販売が現実になるとともに、Amazon.comが日本での処方薬販売に参入するとの見方も。何が起きるのでしょうか。(2023/6/13)

データ活用を社内に浸透させるには? 調剤薬局のクオールホールディングスが凝らした工夫とは
調剤薬局を運営するクオールホールディングスでは、データ分析のためにクラウドBIツール「Domo」を導入している。導入当初、社内で浸透させるには苦戦したが、ある工夫を凝らすことで解決を図ったという。(2023/5/29)

独自のPB商品:
どうしてそんな名前に? 「誰も傷つけたくないスポンジ」ウエルシアが考えた理由
ウエルシア薬局が自社のPB商品にユニークな名前をつけている。「誰も傷つけたくないスポンジ」はSNSで話題になった。その背景は?(2023/5/28)

オンライン診療普及も:
マツキヨココカラ、オンライン即日配送サービスを本稼働 首都圏から対象エリア拡大へ
ドラッグストア・調剤薬局を展開するマツキヨココカラ&カンパニー(東京都文京区)は、オンラインストアで購入した商品を即日配送するデリバリーサービス「マツキヨココカラQ(キュー)」を始めた。首都圏から展開し、対象エリアを順次広げていく。(2023/5/16)

dポイントを最大20%還元する「ワシのマークの大正製薬フェア」、5月1日〜31日開催
NTTドコモは、5月1日〜5月31日に「ワシのマークの大正製薬フェア」を開催。ドラッグストアなどで大正製薬の対象商品を1回に1000円以上(税込み)購入すると、代金の20%分のdポイント(期間/用途限定)を還元する。(2023/4/28)

IT企業デスクツアー:
149億円調達のスタートアップで働くみんなのデスク環境 まるでおもちゃ屋な机も
IT企業で働く人のデスク環境を写真や本人のコメント付きで紹介。経営陣や社員がどんな環境で働いているかチェックする。今回は3月までに149億円を調達した薬局向けSaaSベンダー・カケハシで働く人のデスク周りを探る。(2023/4/24)

薬局向けSaaSのカケハシが18億円を追加調達 累計調達額は149億円に
薬局向けの業務支援サービスを提供するカケハシが18億円の資金を調達。同社は1月に76億円の調達を発表済み。これにより、同社の累計調達金額は149億円になった。(2023/3/29)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
イトーヨーカドー、逆転狙った「幕張店」の今 再建のカギはドラッグストア化!?
イトーヨーカ堂の苦戦が続いている。衣料品の不振などが響いた。幕張の新モデル店で思ったような成果が出なかったことも背景にあると筆者は指摘する。(2023/3/28)

クラウドERP導入事例:アインホールディングスがERP刷新で重視したもの
アインホールディングスがERPを刷新した。導入に当たり重視したのはドラッグストア業界の環境変化だ。(2023/3/27)

コンビニ有利に?:
「たばこ販売終了」の衝撃、ウエルシアHDが抱えていた“矛盾”
ドラッグストア最大手のウエルシアホールディングス(HD)は3月24日、2026年2月までに全店舗でたばこ製品の販売を順次終了すると発表した。「健康な暮らしを提供する」との企業理念を鑑み、今後のたばこ販売は適切ではないと考えたという。(2023/3/24)

3月28日:
大阪・交野市にショッピングセンター「tonarie星田」開業 スーパー、ドラッグストア、百均など
MIRARTHホールディングス(東京都千代田区)は3月28日、大阪府交野市にショッピングセンター「tonarie星田」を開業する。(2023/3/17)

4人に1人が罹患:
スギ花粉の飛散ピーク 売れ筋の対策グッズは? ロフトとハンズに聞いた
今年も花粉症のシーズンが到来し、3月下旬にかけてスギ花粉の飛散ピークを迎える。日本気象協会は今春の花粉飛散量について、東北や関東甲信、東海にかけて例年比1.5〜2倍以上と予測。ドラッグストアや雑貨店では、マスクや点鼻薬などの対策グッズがずらりと並ぶ中、今シーズンはどのような商品が売れ筋なのか。(2023/3/11)

大阪市内で最も利用されているスーパー 「業務スーパー」「万代」を抑えた圧倒的1位は?
マーケティングリサーチ会社のアスマークは、「大阪市のスーパー・ドラッグストア・商業施設の利用実態把握調査」を実施した。(2023/2/13)

J-Coin Pay、ドラッグストア、家電量販など対象の10%還元キャンペーン 還元上限1万円
みずほ銀行は、キャッシュレス決済サービス「J-Coin Pay」にて決済金額の10%を還元するキャンペーンを実施する(2023/2/13)

「なんで日本くんはできない?」 人気YouTuber佐伯ポインティの「アフターピル使った人」の体験談動画が「めっちゃ有益な情報」と好評
日本では医師の診察が必要なため薬局で入手できなかったり、費用が高かったりなどの課題があるとされています。(2023/1/24)

解熱剤に購入制限を──厚労省が薬局・ドラッグストアに要請 “爆買い”阻止へ
厚生労働省は薬局やドラッグストアの業界団体に対し、各店舗で一般用解熱鎮痛薬の購入制限を課すよう要請した。新型コロナの症状緩和のため、大量購入する事例があり、医薬品の安定供給に支障が出ると判断した。(2023/1/11)

薬局向けSaaSのカケハシが76億円調達 新規事業の立ち上げを積極化
薬局向けの業務支援サービスを提供するカケハシが76億円を調達。資金は新規事業立ち上げに向け、ITエンジニアの採用や新サービスの開発などに充てるという。(2023/1/11)

年間売れ筋ランキング2022:
2022年に売れたカップ麺 3位「日清焼そばU.F.O」、2位「カップヌードル」、1位は?
True Data(東京都港区)は、全国のドラッグストア、食品スーパーマーケットにおける購買データをもとに、カップ麺、冷凍調理品、スナック菓子、シャンプー、衣料用合成洗剤の「年間売れ筋ランキング2022」を発表した。(2022/12/29)

富士レビオ:
コロナとインフルを同時検査できるキット発売 20分以内に検査、薬局やECで取り扱い
富士レビオ(東京都新宿区)は12月26日、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)抗原とインフルエンザウイルス抗原を同時に検査できる抗原定性同時検査キット「エスプライン SARS-CoV-2&Flu A+B(一般用)」を一般用検査薬(第1類医薬品)として発売した。(2022/12/26)

1万人にアンケート:
よく利用するドラッグストア 3位「サンドラ」、2位「マツキヨ」、1位は?
マイボイスコムは、アンケートモニターを対象に「ドラッグストアの利用」に関する調査を行った。直近1年間に利用したドラッグストア1位は「ウエルシア」だった。(2022/12/16)

小売・流通アナリストの視点:
“九州の覇者”コスモス薬品に、ウエルシアが真っ向勝負 ドラッグストア戦争の行方は?
ドラックストアの覇権争いが激化している。ウエルシアHDはイオン九州との合弁会社イオンウエルシア九州を設立した。「生鮮フード&調剤ドラッグ」の業態を展開する同社は、九州で圧倒的勢力を誇るコスモス薬品の牙城を崩すことを狙う。ドラックストア業界で何が起きているのか? 九州が覇権争いの最前線となっている理由は何か? アナリストが解説する。(2022/10/24)

ドコモとココカラファイン、dポイントとココカラポイントの“ダブル進呈”を可能に
ドラッグストア「ココカラファイン」の1100店舗で、dポイントとココカラポイントの“ダブル進呈”が可能になる。NTTドコモとマツキヨココカラ&カンパニーが9月30日に発表。1度の会計で合計2%のポイントをためられるようになる。(2022/9/30)

AI・データサイエンスで遊ぼう:
ドラッグストアの開店予想で足りなかったモノ
ドラッグストアの開店候補地を予測するニューラルネットワークモデルが出した答えは果たして使い物になるのか、いろいろと考えてみましょう。(2022/8/26)

「トモズ」「くすりの福太郎」「スギ薬局」アプリのお得なクーポン【8月最新版】 水曜に15%オフや、ポイント20倍進呈も
スマホアプリやWebサイトで得するクーポン。対象店舗などで提示すれば、対象商品が安くなる。2022年8月時点で配信されている「トモズ」「くすりの福太郎」「スギ薬局」アプリのお得なクーポンをまとめた。(2022/8/6)

AI・データサイエンスで遊ぼう:
ドラッグストアチェーンの開店場所の推測でやっていること
ニューラルネットワークモデルで開店場所の候補地を推測する際に、どんなデータを使ったか、どんなコードをJupyterノートブックに書いたかを説明します。(2022/8/5)

AI・データサイエンスで遊ぼう:
次はドコ!? ドラッグストア3チェーンの開店場所をAIで勝手に予想してみた
たまたま手元にあった山盛りの店舗データを使ってこんなことしてみた! AI開発の試行錯誤を実際に体験してみよう!(2022/7/29)

あの企業が使うバックオフィスSaaS:
急成長スタートアップはどんなSaaSを使ってる?:カケハシ編
バックオフィス業務へのSaaSの導入が活発化している。外資系ベンダーだけでなく、国産ベンダーも市場に参入し、ユーザーは多くの選択肢の中から最適なものを選ぶ環境が整ってきた。こうしたSaaSを積極的に活用しているのは、しがらみの少ないスタートアップ企業だろう。今回は調剤薬局のDX化を進めるバーティカルSaaS企業、カケハシに聞いた。(2022/7/12)

ファミマで処方薬が無料で受け取れる「ファミマシー」 都内約2400店舗で開始
5月26日から「とどくすり薬局」との取り組み。(2022/5/25)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。