ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「クリエイティブ・チョイス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「クリエイティブ・チョイス」に関する情報が集まったページです。

マネジャーに贈るこの一冊:
ポジティブさの効用を科学する〜『ポジティブな人だけがうまくいく3:1の法則』
自己肯定的な心の状態を保ち良い感情を生み出す好循環を形成できたら、ものごとはうまくいく。「ポジティブ心理学」の観点から、ポジティブな感情の効能を考えましょう。(2010/8/28)

マネジャーに贈るこの一冊:
ふつうの人々の並外れた選択〜『持続可能な未来へ』
地球環境を未来へつなげる試みは、ビジネスで報われるのか。マネジャーは世界に対して何ができるのか。センゲの著書を通じて、世界と企業の「持続可能性」を考える(2010/6/26)

マネジャーに贈るこの一冊:
あなたのルールを見つけよう〜『魂を売らずに成功する-伝説のビジネス誌編集長が選んだ 飛躍のルール52』
誰にもルールが分からない時代だからこそ、自分の経験則を作る。1つ1つの経験から学び、それを自分のルールとして昇華させる過程こそが、持論を育てるべきマネジャーの参考になるであろう。(2010/2/28)

マネジャーに贈るこの一冊:
予見力のトレーニングにもなる 〜 『目に見えない資本主義』
すべてを数値化することに綻びが生じ、大きな力が小さな力をコントロールすることに疑問を感じるようになった現在(いま)、『目に見えない資本主義』を題材に、組織のマネジメントが抱える問題について考えてみよう。(2010/1/31)

マネジャーに贈るこの一冊:
抑制、シンプル、自然さ〜『プレゼンテーションZEN』
意味のある情報を強調するのではなく、意味のない情報を省く――『プレゼンテーションZEN』を題材に、「効果的なプレゼンテーションのコツは何か」を考えてみよう。(2009/12/13)

マネジャーに贈るこの一冊:
自他の感情を知り、調整する〜『EQ こころの鍛え方』
なかなか自分ではコントロールできない“感情”。感情のクセを知り、行動することでそれを調整する――そんなEQ理論の活用法について考えてみよう。(2009/11/15)

マネジャーに贈るこの一冊:
人生の“壁期”を考える〜『いま20代女性はなぜ40代男性に惹かれるのか』
いま、20代女性と40代男性の恋愛が増えているという。2つの世代をつなげる共通の悩み“壁期”との向き合い方を考えてみよう。(2009/10/25)

マネジャーに贈るこの一冊:
信頼されるアドバイザーへの道〜『選ばれるプロフェッショナル』
部下というクライアントに選ばれるために、マネジャーはどうあるべきか――プロフェッショナルのあるべき姿を書いた書籍を題材に、マネジャーが持ちたい視点や心のありさまを読み解いていこう。(2009/10/12)

個人の意欲が創造性の源:
夏休みには思考エンジンのメンテナンスを
景気のよくない時の夏休みこそ、ビジネスの目的をじっくり考えるチャンス。自分を突き動かす、自分だけの思考エンジンの燃料を、この機会に探してみよう。(2009/8/15)

達人のクリエイティブ・チョイス:
自利利他とオープンソース――創造的選択インタビュー全文公開(後編)
自分の利は他人の利である――自利利他、最澄の言葉だ。「自分の利益のために利他的な行動をするという、ある種、利己的なことが利他的な行動」。これはオープンソースにもつながるという。(2009/7/24)

達人のクリエイティブ・チョイス:
タイムカードは導入しない――創造的選択インタビュー全文公開(中編)
例えば遅刻をなくそうという時、タイムカードを導入すればある程度の効果はあるはず。ですが、「タイムカードは導入しない」という選択肢もあるのです。その心は――。(2009/7/23)

達人のクリエイティブ・チョイス:
いま掃除しかできないんだったら、掃除をやるしかない――創造的選択インタビュー全文公開(前編)
「ロジカルであることからは多分何も生まれない」「我がことを突き抜けると、皆のことになる」「いま掃除しかできないんだったら、掃除をやるしかない」――。カヤック、博報堂などのキーパーソンが集った『クリエイティブ・チョイス』インタビューの全文を公開する。(2009/7/22)

達人のクリエイティブ・チョイス:
片腕が動かなくなったらどうする? イラストレーター古賀さんの“前向きな選択”
事故で片腕が動かなくなったらどうする? そんな体験をしたのは、イラストレーターの古賀さん。彼はどういう選択をして、イラストレーターになっていったのだろうか。(2009/6/5)

達人のクリエイティブ・チョイス:
生活者の選択は「自利利他」、企業のCSRはCtoBに
「生活者のクリエイティブ・チョイスも始まっている」と指摘するのは博報堂の吉川さん。ポイントは「自利利他」だ――。(2009/5/29)

達人のクリエイティブ・チョイス:
会社ごとを自分ごとにする方法――カヤックの創造的選択
例えば遅刻を防ぐためにどうするか。「タイムカードの導入を結論にしない。考えさせ続ける」というのは“面白法人”カヤックの柳澤代表。こんなカヤックのクリエイティブ・チョイスはどのように生まれるのだろうか。(2009/5/21)

達人のクリエイティブ・チョイス:
やりたいことはやるな、できることをやれ――“最善”の選び方
困難な選択を迫られたとき、あなたらならどういう選択肢を創り出し、選ぶことになるだろうか――。そんなクリエイティブ・チョイスを実践する4人の達人、『地頭力』の細谷さん、カヤックの柳澤さん、博報堂生活総研の吉川さん、『クリエイティブ・チョイス』の堀内さんが集まった。(2009/5/11)

クリエイティブ・チョイス:
【最終回】「我がこと」について考えるとき、人間はもっとも創造的になれる
「ほんとうにやりたいことをやっていいんだって、どこか本気で思えない」――。そんなことを感じている人は意外に多いはず。「自分勝手」と呼ばれることを恐れているのかもしれません。一方同じように振る舞っても「ワガママ」と呼ばれるどころか愛され、尊敬されている人たちもいます。(2009/5/1)

クリエイティブ・チョイス:
「北極星」は価値観、「まだ見ぬ島」はビジョン
「北極星」は、船長にとって進むべき方向を判断する基準。「まだ見ぬ島」は、船長にとって目的地を知るためのイメージでした。われわれが「創造的な選択」を試みる、つまり目的と手段を再定義しようとするときにも、同じように基準やイメージが必要なのです。(2009/4/30)

クリエイティブ・チョイス:
明確な目的意識を持って生まれてくる赤ちゃんはいない
人間は生まれつき目的を持って生まれてくるわけではありません。「人生の目的を明確に定めてからでないと、創造的な選択ができない」と思い込んでいませんか?(2009/4/28)

クリエイティブ・チョイス:
目的の目的の目的……を考える
「創造的な選択」とは目的と手段の関係を問い直していくことですが、つい目新しい手段ばかりに目が行きがち。目的をていねいに考えることこそがカギです。目的の目的の目的……を考えるために、目的展開図を作ってみるのもいいでしょう。(2009/4/27)

クリエイティブ・チョイス:
マザー・テレサは何をした?――目的が明確であるほど、手段から自由になれる
「○○のためなら手段を選ばない」――と言えるまでに強い目的意識を持つことができたなら、「創造的な選択」をする準備はできています。マザー・テレサ、ムハマド・ユヌスといったノーベル平和賞受賞者たちはいったいどんな選択をしたのでしょうか。(2009/4/24)

クリエイティブ・チョイス:
尊敬する上司の不正、あなたはどうする? 「創造的な選択」をはばむ人間心理
あなたは上司の不正を発見しました。上司を尊敬するあなたとしては信じたくない状況です――。「創造的な選択」をはばむ最大の障害は、あいまいな状況に身を置き続けることを不快に感じてしまうという、人間の心理的な傾向です。あなたはどのような選択をするのでしょうか。(2009/4/23)

クリエイティブ・チョイス:
「創造的な選択」の四つの原則
われわれの選択は1人1人、1回1回、違うもの。こうした選択のうち、創造的な選択を実践するためのヒントはないか? という切り口でまとめたのが、「創造的な選択」の四つの原則です。(2009/4/22)

クリエイティブ・チョイス:
「創造的な選択」のめざすもの――4つのポイント
「君のこの経理処理はちょっと“創造的”すぎやしないか!?」「ありがとうございます!」「勝手にルールを作るな」――ということにならないためにも「創造的」ということについて考えたいと思います。これまで「なんとなく」だった選択に自分の意志を反映していける。その積み重ねが、自他ともに認める「創造的な選択」につながっていくのではないか。これが本連載の仮説です。4つのポイントで説明しましょう。(2009/4/21)

クリエイティブ・チョイス:
いつの時代にも求められている「創造的な選択」
やるか、やらないか――、そんな二分法的思考から脱却し、第三の選択肢を模索する連載「クリエイティブ・チョイス」。この考え方自体は決して新しいものではありません。古代ギリシアのソクラテスの時代から、人間は二分法的思考を乗り越えよう試みて来たのです。(2009/4/20)

クリエイティブ・チョイス:
「創造的な選択」への入り口
二者択一のワナに陥るな――。われわれは功罪相半ばする選択を日常的に迫られています。どちらかを選ばなければなりません。多くの場合は期限付きで、じっくり考える時間もないのです。しかし問題を「イエスかノーか」に絞り込んでしまうのも性急。選択肢以外の「第三の解」を創り出してみませんか。(2009/4/17)

塙 Biz.ID:
誠 Biz.IDでお世話になります!
ついに4月1日誠 Biz.IDが誕生しました。実はメンバーもリニューアルしたんです。(2009/4/2)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。