ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「研修」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「研修」に関する情報が集まったページです。

電子ブックレット(BUILT):
2021年上期の注目施設内見、屋内で消火体験できるビル管理研修棟など
ウェブサイトに掲載した記事を印刷しても読みやすいPDF形式の「電子ブックレット」にまとめました。無料のBUILT読者会員に登録することで、ダウンロードすることができます。今回のブックレットは、2021年上半期に竣工または開業した特徴ある民間施設の内覧会ピックアップです。(2022/1/25)

炎上、美人局に気をつけろ! プロ野球「新人研修会」SNS編 新庄監督はメディア戦略で巧みに活用
プロ野球「新人研修会」が開催されたが、ルーキーたちはSNSの活用術にくぎ付けだったという。日本ハム・新庄剛志監督も若手への叱咤激励に用いるなど今やなくてはならないツールだが炎上や美人局など悩ましい事情もある。(2022/1/14)

凡人エンジニアが経営コンサルタントに生まれ変わるまで(6):
人は何かに体当たりしなければ、変わることはできない
ある大手メーカーのエンジニアが、さまざまな紆余(うよ)曲折を経て、新たなキャリアとして経営コンサルタントになるまでのいきさつを描く本連載。第6回は、コンサルティング研修プロジェクトチームに参加した時に直面した2つの課題と、それらにどのように向き合ったかについて紹介する。(2022/1/12)

テレワークのオペレーター養成のポイント【後編】
コンタクトセンターのリモート研修、成功に導く7つのヒント
コロナ禍を背景に、コンタクトセンターの管理者はエージェントにリモートで仕事を教える方法を習得しなければならなくなった。リモート研修を成功させるヒントを7つ紹介する。(2022/1/6)

2021年、企業が無償公開した新人エンジニア向け研修資料 機械学習やゲーム開発、AWS入門、数学などさまざま
2021年も、さまざまな企業が自社の社内研修資料を無償公開したことが話題になった。2021年に無償公開した、企業の社内研修資料を取り上げた記事を紹介する。(2021/12/24)

「対面で実施を希望する」が7割以上:
「入社式や新入社員研修がオンラインだと不安」が67.3% 学情が「入社式・新入社員研修」に関する調査結果を発表
学情は、2022年4月に入社を控える新社会人を対象とした「入社式・新入社員研修」に関する調査結果を発表した。対面での入社式や新入社員研修を希望する人が7割以上いることが分かった。(2021/12/21)

400人強に調査:
入社式は「リアル」と「オンライン」どちらを希望? 2022年入社に聞いた結果
就職情報サイトを運営する学情(東京都千代田区)は12月20日、「入社式・新入社員研修」に関するアンケート結果調査の結果を発表した。オンラインとリアルのどちらを希望しているのか。(2021/12/20)

研修とは“真逆”のアプローチ:
研修で不正は防げない!──「コンプラなんて他人事」の社員を変えるものとは
研修を実施し、社員のコンプラ意識を向上させる──多くの企業が実施しているコンプラ施策だが、これだけでは、不正を必ずしも防ぎきることはできない。社員を変える、研修とは“真逆のアプローチ”とは。(2021/12/8)

「空気を読む」を逆手に取って社内のITリテラシー向上 Cygamesが実践した4つの工夫
研修も監査もITリテラシー向上効果が薄かったCygames。そんな同社がリテラシー向上に成功したのは、ある取り組みで社内の“空気感”を変えられたためという。Cygamesが進めた取り組みとは。(2021/12/3)

「スクショで共有」はなぜだめなのか freeeがアクセシビリティー研修の資料を無償公開
freeeが、社内で実施している「アクセシビリティー研修」の資料を無償公開した。ITエンジニアやデザイナーなどさまざまな職種にアクセシビリティー向上の必要性やテクニックを解説したもので、採用活動の一環として公開したという。(2021/12/1)

調査を実施:
「忘年会の開催」と「忘年会の費用をボーナスで支給」のどちらがいいか 社員に聞いた結果は?
業員向け研修などを手掛ける識学(東京都品川区)が「会社の忘年会に関する調査」を実施した。社長と社員で忘年会に対する考え方の違いが浮き彫りになった。(2021/11/30)

理研が不正アクセス被害、1万4000件の個人情報が流出か 指摘済みの脆弱性を悪用される
理化学研究所は、職員の研修などに利用している学習管理システムが不正アクセスされ、1万4000件の個人情報が流出した可能性があると発表した。(2021/11/5)

キャリアニュース:
ニューノーマル新入社員の働く価値観を分析
日本能率協会マネジメントセンターが「イマドキ新入社員の仕事に対する意識調査2021」の結果を発表した。「新人研修はオンラインが主流だった」と約65%が回答し、「報告、連絡、相談」については、70%が「対面」が効果的と考えていた。(2021/11/4)

ソニー、社員に独自のAI研修 講師も社員 事務職含む4万人対象
ソニーグループは、国内の社員約4万人を対象に、eラーニングを使ったAIリテラシー研修を導入したと発表した。社員が講師を務める。(2021/10/28)

SNSによる児童の性被害を防げ 新潟県警が強化
SNSを通じて児童が性犯罪などに巻き込まれるケースが新潟県内でも増えている。県警はサイバーパトロールを強化するとともに、教員向け研修会を行うなどして歯止めをかけようとしている。(2021/10/19)

コールセンタースタッフの研修効果を高めるヒント【第4回】
「オンライン研修」だけでは駄目 “学んで楽しめる研修”をどう作るか
コールセンタースタッフの研修効果を高める方法を紹介してきた本連載。最終回は、オンラインだけでなく多彩な研修方法を取り入れた方が効果的な理由を紹介する。(2021/10/19)

人事の95%がオンラインOJTの難しさを実感 約7割が「対面時より研修効果が出づらい」
 オンライン学習プラットフォーム「UMU」を展開するユームテクノロジージャパン(東京都港区)は、研修担当の人事111人を対象に「人事担当者のオンラインOJT」に関する意識調査を実施した。その結果、95.5%の人事担当者が新入社員へのオンラインOJTの難しさを実感していることが分かった。(2021/10/15)

何を変えるべきなのか:
セクハラ研修の「形骸化」問題を考える 本当に不祥事を防ぐ、質の高い研修とは?
コンプライアンス研修を実施していても不祥事が発生してしまうのは、企業として伝えたいメッセージが従業員に届いていなかったためといえる。質の高いコンプライアンス研修の在り方とは。(2021/10/15)

コールセンタースタッフの研修効果を高めるヒント【第3回】
コールセンタースタッフ研修の「KPI」の決め方
コンタクトセンタースタッフ向けの効果的な研修を実施するためには、KPIの策定や、成長段階に合わせた研修の実施が重要だ。どのように対処すべきかを解説する。(2021/10/12)

FAニュース:
止まらない工作機械に貢献、DMG森精機が「修理復旧技能研修センタ」を新設
DMG森精機は2021年9月30日、全世界の修理復旧担当者の育成および技能向上を目的に、伊賀事業所内のDMG森精機アカデミーに新しく「修理復旧技能研修センタ」を開設したと発表した。(2021/10/5)

コールセンタースタッフの研修効果を高めるヒント【第2回】
「KSAC」とは? 研修前に定義したい「コールセンタースタッフの必要条件」
コールセンタースタッフ研修を成功させるためには、企業は幾つかの要素を押さえる必要がある。その一つが「KSAC」の要件を決めることだ。具体的な内容を紹介する。(2021/10/5)

マイクロラーニングを成功に導くヒント【後編】
「マイクロラーニング」はゲーミフィケーション、AI、モバイルでどう進化するか
マイクロラーニングは学習時間を短くすることで、研修の取り組みやすさや特定トピックの覚えやすさを高めている。L&D部門の取り組み方によっては効果をさらに高めることができる。その方法は。(2021/9/29)

コールセンタースタッフの研修効果を高めるヒント【第1回】
コールセンタースタッフへの「オンライン研修」3大メリット 離職防止にも有効
コロナ禍でテレワークを導入する企業が拡大し、コールセンタースタッフの役割が変わりつつある。コールセンタースタッフ向けにオンライン研修を実施するメリットを紹介する。(2021/9/28)

14時間分の機械学習教材も GMOペパボ、エンジニアの研修資料を公開
GMOペパボが、新人エンジニアの研修資料を今年も無償公開。今年は機械学習教材を一新した。(2021/9/22)

マイクロラーニングを成功に導くヒント【中編】
現場で撮ったスマホ動画も教材に 「マイクロラーニング」用教材の作り方
「マイクロラーニング」は人材開発に効果を発揮する可能性がある。企業がマイクロラーニング用の教材制作や研修の実施を成功させるためのヒントを4つ紹介する。(2021/9/22)

マイクロラーニングを成功に導くヒント【前編】
「マイクロラーニング」とは? 短時間でトピックごとに学べる研修方法
「マイクロラーニング」は、これまでの一般的な研修手法とはどう違うのか。そのメリットは何か。マイクロラーニングの基本的な内容を整理する。(2021/9/15)

教員研修履歴を一元管理 都道府県単位でデータベース化
文部科学省が教員免許更新制廃止後に導入を目指す新たな教員研修制度で、教員個別の研修受講履歴を管理するデータベースを都道府県の教育委員会ごとに整備する方向で検討していることが分かった。個々の受講実態を把握することで、効果的な教員育成を目指す。23年以降の新制度開始後にデータベースの共有を全国的に進め、研修の更なる充実を図る。(2021/9/6)

「デジタル研修」を生かすヒント【後編】
従業員が研修を進んで受けたくなる「ゲーミフィケーション」「VR」の可能性
良質な研修用教材を用意しても、従業員の学習が続かなければ成長はない。意欲的に学習を続けてもらうために、企業はどうすればよいか。有効な手段となり得るのが「ゲーミフィケーション」「VR」の活用だ。(2021/8/26)

リクルート、新人エンジニア向け社内研修資料を公開 AWS入門やマネジメント手法など20講座以上
リクルートが、新人エンジニア向けの社内研修資料を無償公開した。Webブラウザの仕組みやAWS入門、トヨタ生産方式など20講座以上の資料を公開している。(2021/8/23)

「セキュリティ文化」のすすめ 【前編】
「退屈な研修」はもう古い 社員のセキュリティ意識を“楽しく”高める方法とは?
企業は「セキュリティ文化」を築き、全従業員の高いセキュリティ意識を武器にサイバー攻撃に立ち向かうべきだ。攻撃が巧妙化する中で企業はどう変わればいいのか、具体的なアドバイスをまとめた。(2021/8/19)

「デジタル研修」を生かすヒント【中編】
Visaは「市販の学習サービス並みに使いやすい社員研修ツール」をどう実現したか
従業員研修を効果的に進める上で重要な視点が、研修における学習体験の改善だ。Visaは研修ツールの使い勝手を、消費者向け学習サービスと同等に高めようとしている。その取り組みから企業が得られるヒントとは。(2021/8/19)

「ITスキルギャップ」を埋める方法【第6回】
“理想のIT人材”を育てる研修プログラムの作り方
「ITスキルギャップ」を埋めるための効果的な研修プログラムを作成するには、企業は幾つかの手順を踏む必要がある。ビジネス目標達成に必要な従業員のITスキルを定めた後は、何をすればよいのか。(2021/8/18)

「デジタルバッジ」基本の基【前編】
最近見掛ける「デジタルバッジ」とは何か? メリットとデメリットは?
資格認定の証しとして「デジタルバッジ」を付与する動きが広がっている。デジタルバッジとはそもそも何なのか。採用や研修において企業がデジタルバッジを活用するメリットやデメリットは何か。(2021/8/12)

「デジタル研修」を生かすヒント【前編】
「オンライン研修」「ハイブリッド研修」が“勝ち組企業”を育てる当然の理由
企業が競争力を保つための重要な要素に、研修を通じた従業員のスキル向上がある。パンデミックのさなか、研修の中心的な手段となりつつあるのがデジタル研修だ。効果的なデジタル研修のヒントを紹介する。(2021/8/12)

「ITスキルギャップ」を埋める方法【第5回】
“できるIT人材”を育てる研修プログラム作り「8つの手順」
従業員のITスキルを高めることで「ITスキルギャップ」を埋めるには、企業は適切な研修プログラムを作成する必要がある。その方法は。(2021/8/11)

キャリア企業研修最先端 主流はeラーニング活用の「ハイブリッド型」
企業で実施する従業員向けの「キャリア研修」が、コロナ禍の影響で様変わりした。いま、キャリア研修は、複数の要素を組み合わせた「ハイブリッド型」が最先端を走っている。対面方式か非対面(オンライン)方式かという要素と、一斉学習(同期型)か個人学習(非同期型)かという要素の組み合わせである。(2021/8/5)

「動画で助かる」「IT基礎知識が一通り学べる」──各社が公開した新人エンジニア向けの研修資料が話題に 人気資料まとめ
IT企業が社内の新人エンジニアに向けた研修資料を無償公開して話題になっている。学べる内容はIT業界の文化からゲームエンジン「Unity」を使ったゲーム開発までさまざまだ。改めて公開内容と目的をまとめた。(2021/7/30)

ミクシィの新卒エンジニア研修資料が話題 講師は「モンスト」エンジニアなど iOS/AndroidアプリやUnity開発などを公開
ミクシィが公式ブログで無償公開している、新卒エンジニア向け研修資料と講義動画がネットで話題だ。iOS/AndroidアプリやUnity開発などを学べる内容で、「IT基礎知識の一通りのことが身につく」などの反応がある。(2021/7/30)

サイボウズの“駆け出しエンジニア”向け研修資料が話題 Webアプリ開発やIT文化の基礎を無償公開
サイボウズが公式ブログで無償公開している、新人ITエンジニア向けの研修資料がTwitterで話題だ。Webアプリ開発の基礎知識などが学べるといい、「初心者(エンジニア)の指針になる」などの声が出ている。(2021/7/27)

人材派遣や教育は減収:
パソナの純利益11倍、21年5月期通期 BPOや再就職支援が好調
パソナグループが2021年5月期通期の連結業績を発表。純利益が前期比約11倍の67億円だった。人材派遣や研修などのサービスは減収だったが、BPOや再就職支援事業が好調だった。(2021/7/15)

新入社員のオンライン研修、人事の約半数が「事務的な説明は対面よりも効率的」
「会社・サービスの説明」や「PCや管理システムの操作方法」はオンライン研修の方が効率的であると、人事の約半数が回答した。(2021/6/24)

【お仕事楽しい】研修が始まった瞬間「あ、私この会社退職する」―― 「あ、この人と結婚する」みたいなノリで退社を直感、実際その通りになった話
研修が始まったときにビビビッ! ときたそうです。(2021/6/14)

自社にデジタルに強い“右腕”を サイボウズと船井総合研究所がDX人材育成プログラムを開始
サイボウズと船井総合研究所は、DX人材を育成する研修プログラム「3カ月集中デジタル人財育成研修『デジタル右腕』」を開始する。自社の経営課題を発見し、自社の課題に適したITツールを導入できる人材を育成する。(2021/6/8)

社長「なぜパワハラしてはいけないんでしょう?」 新人研修での教えを描いた漫画に「素敵」「見習いたい」
いつかは若い人に追い越される。その時、大切になるのは……。(2021/5/23)

リノベ:
東京・豊島区の「鹿島児童館」を新研修施設「KX-LAB」にコンバージョン
鹿島建設は、近隣社宅在住者の子女に約60年間幼児教育を行ってきた東京都豊島区の「鹿島児童館」を次世代リーダー育成の場としてコンバージョンし、新研修施設「KX-LAB」に生まれ変わらせた。KX-LABは、鹿島グループの成長・変革(トランスフォーメーション)に向けた新たな人材開発の拠点となる見込み。(2021/5/17)

NECネッツエスアイ、Zoomでのオンラインイベント向け「同時通訳サービス」を開始
オンラインでの授業や研修、セミナーなどに活用できるNECネッツエスアイのイベント配信サービス「Zoomオンライン配信サービス」に、新機能「同時通訳サービス for Zoom」が追加された。登壇者の発話をリアルタイムで通訳し、視聴者に提供する。(2021/5/13)

エイチーム、全新入社員にAI研修を実施
エイチームが、2021年4月に入社した全新入社員を対象に、AIの基礎知識などを教える研修を行うと発表。さまざまな業種の社員にAIの知識を身に付けてもらうことで、AIを活用した事業やサービスの開発を円滑にするという。(2021/5/11)

プロジェクト:
大和ライフネクストが研修で使えるホテルを開業、研修室はコロナ対策で1時間に4回換気
大和ライフネクストは、東京都江東区南砂7丁目で、カンファレンスホテル「L stay&grow南砂町」をオープンした。L stay&grow南砂町は、戸田建設が所有する「南砂工作所」跡地を有効活用する事業の一環として開発された物件。働く人と企業を支援する快適な研修施設の提供を目的に掲げている。(2021/5/4)

人事施策のよくある誤解と失敗例(4):
1on1ミーティング、研修受け放題サービス導入……なぜ失敗? 良かれと思った育成施策の落し穴
あらゆる人事施策には、メリットとデメリットがあります。他社にとっては良い施策でも、自社で導入してみると合わなかったということも起こり得ます。今回は、マネジメントや人材育成に対する誤解を紹介します。(2021/4/30)

コロナワクチン接種をVRで“研修” 筋肉の動きも見える「注射シミュレーター」
新型コロナワクチンの接種は、注射に慣れていない医療者が行う可能性も。そういった人向けに、筋肉注射の“VR研修”コンテンツが登場した。(2021/4/27)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。