ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「研修」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「研修」に関する情報が集まったページです。

プロジェクト:
大和ライフネクストが研修で使えるホテルを開業、研修室はコロナ対策で1時間に4回換気
大和ライフネクストは、東京都江東区南砂7丁目で、カンファレンスホテル「L stay&grow南砂町」をオープンした。L stay&grow南砂町は、戸田建設が所有する「南砂工作所」跡地を有効活用する事業の一環として開発された物件。働く人と企業を支援する快適な研修施設の提供を目的に掲げている。(2021/5/4)

人事施策のよくある誤解と失敗例(4):
1on1ミーティング、研修受け放題サービス導入……なぜ失敗? 良かれと思った育成施策の落し穴
あらゆる人事施策には、メリットとデメリットがあります。他社にとっては良い施策でも、自社で導入してみると合わなかったということも起こり得ます。今回は、マネジメントや人材育成に対する誤解を紹介します。(2021/4/30)

コロナワクチン接種をVRで“研修” 筋肉の動きも見える「注射シミュレーター」
新型コロナワクチンの接種は、注射に慣れていない医療者が行う可能性も。そういった人向けに、筋肉注射の“VR研修”コンテンツが登場した。(2021/4/27)

感染拡大で辞退者続出、オンラインに変更……五輪ボランティア研修にも影響
コロナ禍のため延期となった東京五輪の開幕まで3カ月。収束の見通しが依然立たない中、会場となっている宮城・福島県ではボランティアの辞退者が続出。研修をオンラインで行うなど、両県の担当者は対応に苦慮している。(2021/4/26)

維持検査・点検:
JR東日本、新幹線構造物の大規模改修に向け実物大の模擬設備を構築
JR東日本は、橋りょうやトンネルなどの新幹線構造物の大規模改修に向け、JR東日本総合研修センターの敷地内に、コンクリート橋、トンネル・土工設備、線路などの実物大の模擬設備を構築したことを発表した。(2021/4/9)

リモート新人研修を成功に導く7個のヒント【第4回】
“いきなりテレワーク”の新入社員をどうサポートすればよいのか?
テレワーク前提の新人研修では、人事部門は新入社員をどうサポートすればよいのか。取り組みのヒントを紹介する。(2021/4/7)

リモート新人研修を成功に導く7個のヒント【第3回】
「リモート新人研修」を楽しく、短く、シンプルにする方法とは?
テレワーク前提の新人研修である「リモート新人研修」を成功させるために、人事部門がやらなければならないこととは何か。幾つかのポイントを紹介する。(2021/3/31)

入社式、対面そろり復活も……研修はオンラインが一般的に
例年4月1日に開かれる企業の入社式。2020年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で対面式による開催は見送られたが、21年はオンライン併用も含め、対面式が復活している。一方、新入社員研修ではデジタル化が一気に加速している。(2021/3/30)

「安全なWeb会議」の実現方法【前編】
“危ないWeb会議”を防ぐには「従業員研修」だけでは駄目なのか?
これまでの会議のセキュリティ対策は、会議室やデバイスといった物理的な要素を考慮しておけばよかった。Web会議のセキュリティを確保するには、それだけでは不十分だ。何をすればよいのか。(2021/3/25)

VRニュース:
バーチャル空間で事故車の損害調査を実施、コロナ禍での研修をVRで実現可能に
Synamonは、三井住友海上火災保険が実施している「事故車損害調査 基礎研修」にVR(仮想現実)技術を提供し、「VR事故車損害調査研修」を共同開発した。バーチャル空間に事故車の損害調査が行える環境を構築することで、全国どこからでも研修への参加が可能になるという。(2021/3/24)

リモート新人研修を成功に導く7個のヒント【第2回】
事務手続きは入社前に完了、研修課題は控えめに 「リモート研修」効率化の極意
終わりの見えないコロナ禍において、リモート新人研修を実施せざるを得ない企業もある。リモート研修の効果や効率をより高めるために、人事部門ができる事前準備とは。(2021/3/24)

三井住友海上、自動車保険の損害調査研修をVR空間で 3Dモデルで実技研修を再現
三井住友海上火災保険が、Synamonと共同で、自動車の損害調査をVR空間で学べる研修システムを開発した。自動車の3Dモデルを操作することで、リモートで現実に近い研修を実現する。(2021/3/22)

約6割の企業がオンライン研修を実施:
「オンラインでは雰囲気や人柄が分からず、配属先を決めにくい」 manebiが新入社員研修に関する調査結果を発表
manebiは、「2021年のオンライン新入社員研修」に関する調査結果を発表した。2021年の新入社員研修をオンラインで実施する予定の企業は全体の約6割だった。オンライン研修での課題については、コミュニケーションに関するものが多かった。(2021/3/19)

リモート新人研修を成功に導く7個のヒント【第1回】
「リモート新人研修」はなぜ難しいのか? コロナ禍が生んだ新たな課題
新型コロナウイルス感染症のパンデミックにより、各国の企業でテレワークの導入が広がった。こうした中で人事部門を悩ませているのが新人研修だ。テレワーク前提の新人研修「リモート新人研修」の課題とは。(2021/3/18)

プロジェクト:
三井不動産がビル管理研修施設を開設、屋内で実際の火を使用する消火体験が可能
三井不動産は、所属するビル管理者の育成や専門知識の習得を目的に、体験形式で、さまざまな施設設備の操作方法や緊急時の対処を学べる研修施設「三井不動産 総合技術アカデミー」を開設した。施設内では、実際の粉末消火器を用いた放出訓練と実際の火を使用する消火体験も屋内で行える。(2021/3/15)

「色々な感情がこみ上げてきて」 ハロプロ研修生ユニット、新グループとしてデビューへ 「ハロドリ。」通じ見守ってきたファン歓喜
合同オーディションもあるしすごいことになりそう。(2021/3/8)

人工知能ニュース:
ダイハツがAI人材の育成を強化、生産から開発、事務も対象にAI啓発研修
ダイハツ工業は2021年3月4日、AI(人工知能)関連の教育プログラムを開始し、全社に展開すると発表した。2020年12月からスタッフ職全員を対象としたAI啓発研修をスタートしており、習得したAIの基礎知識をそれぞれの職場で普及させていく。より高度なAI活用を検討する部門には「AI道場」などの業務領域に応じた専門研修を実施する。社内のデータを活用した研修も行う。およそ1年かけて、社内のAIプロジェクトをけん引できる人材を育てる。(2021/3/5)

即戦力化:
オンライン新人研修で業績1.5倍に 商談のコツを伝授しあう「中古車のガリバー」
「中古車のガリバー」を展開しているIDOMは、従来はリアルで研修していた部分を、動画サービスを活用したオンライン研修に切り替えた。どんな効果があったのか。(2021/3/5)

NTTとKDDI、テレワーク・ITスキル研修を無償提供 資格取得や就職を支援
NTTとKDDIが、テレワークやITスキルをレクチャーする研修を一般向けに無償提供する。高校や大学などを卒業した50歳未満の人が対象。(2021/2/16)

全事業所で:
パチンコホール運営の「ダイナム」が就業時間内禁煙を実施 グループ従業員1万6000人が対象
パチンコホールを展開するダイナムが就業時間内禁煙を実施する。全事業所(店舗、本社、物流センター、研修所)が対象。グループ従業員約1万6000人が取り組む。(2021/2/16)

研修にはオンラインも活用:
4月の入社式は「対面開催のみ」が8割弱 「オンラインのみ」は1割未満にとどまる
ディスコが発表した調査結果によると、2021年4月の入社式開催予定の企業のうち、対面のリアル開催のみを予定している割合が8割弱。新入社員研修では4割弱がオンラインを活用する予定だが、入社式では顔を合わせることを重視する企業が多い。(2021/2/13)

「総務」から会社を変える:
すごろくから、ポケモンGOへ? コロナ禍でオンライン化が進む社内研修の今
『月刊総務』編集長の豊田健一氏による、総務とDXを巡る連載。コロナ禍により従来式の研修がオンライン化しつつある今、総務の現場からはどのような声が挙がってきているのだろうか。調査のデータを基に解説していく(2021/2/3)

製品動向:
戸田建設が自己治癒コンクリートを研修センターの擁壁部に適用
田建設は微生物の代謝活動によってコンクリートのひび割れを閉塞する自己治癒コンクリートを同社が開発を進める施設「南砂PJ研修センター」の擁壁部に適用した。今後も、擁壁部の経過観察を行うとともに、継続して自己治癒コンクリートの有効性を検証していく。(2021/2/2)

会えなくても密なコミュニケーションを:
内定辞退が減少、時間や金銭面も効率化! ユナイテッドアローズが挑むオンライン研修の舞台裏
コロナ禍で迎える2度目の入社シーズンに向けて、企業は研修体制の抜本的な見直しが迫られている。ユナイテッドアローズでは、オンライン研修を取り入れたことで新人と“密”なコミュニケーションを取れただけでなく、内定辞退率の減少や、実店舗での素早い戦力化につながっているという。また、管理者向けの研修では、大幅な時間削減と、コストカットを実現した。具体的な研修方法やオンライン研修による成果について聞いた。(2021/2/5)

重要なのがセキュリティ:
PR:コロナ禍で注目される研修などの動画配信 Web会議ツールでは不十分な理由とは?
新型コロナウイルスの影響により、多人数を一堂に集めた研修が行いにくくなっている。その代わりに注目されているのが、動画を利用した研修だ。そこで今回は、セキュリティに関する機能を豊富に搭載し、オンプレミス/クラウドの双方で運用できる動画配信プラットフォーム「viaPlatz」を紹介する。(2021/1/28)

KDDI、DX人材育成で新会社 研修、eラーニング事業を強化
KDDIが、人材育成事業を手掛けるチェンジとDX人材の育成を目的にした合弁会社を設立し、4月1日に事業を始めると発表した。(2021/1/27)

パソナ、契約社員1000人を募集 コロナ禍で内定なしの新卒が対象 淡路島で研修
パソナグループがコロナ禍で就職先が決まっていない新卒の大学生らを対象にした契約社員の募集を始めた。最長2年間の期限付きで、募集人数は1000人。(2021/1/21)

看護部長・師長向けVR研修、NTTコムが提供 上司・部下の面談を疑似体験 接し方を学ぶ
NTTコミュニケーションズと関東学院大学が、看護部長・看護師長向けのVR研修コンテンツを提供すると発表した。部下である看護師との効果的なコミュニケーション方法をレクチャーする。(2021/1/21)

製造IT導入事例:
メンテナンス作業者向けに、ARを活用した体感型トレーニングシステムを構築
電通国際情報サービスは、明電舎が新たに開設した体感型技術研修センター「Manabi-ya」に、メンテナンス作業者向けARトレーニングツール「バーチャルアセット」を納入した。(2021/1/21)

大浦龍宇一、コロナ禍で始めた副業・葬儀社の研修終了を報告 自分を隠さず仕事は芸名で
12月から研修に励んでいた大浦さん。(2021/1/18)

「不正をするな」から「正しいことをしよう」へ 従業員の意識を変えるエモーショナルコンプライアンスの基礎(前編)
研修をいくらしても、一向に不祥事は減らない。これが、コンプライアンスの偽らざる現状と言って良いでしょう。では、その原因はどこにあるのでしょうか? 企業コンプライアンスに詳しい増田英次弁護士が、絶えず不祥事を繰り返してきた旧来型の管理支配型アプローチの問題点にメスを入れ、自律的発展成長型のアプローチである「エモーショナルコンプライアンス」がもたらす効果について2回にわたって解説します。(2021/1/7)

人事担当者に聞いた:
入社式と新人研修「リアル」で開催、企業の6割 オンラインだけでは「つながりが希薄」
2021年4月の新入社員の入社式について、6割の企業が「リアル」での開催を予定している──そんな結果を、学情が発表。(2020/12/28)

上司は「ネットの知識を得て欲しい」:
リモート会議での顔出し強要はパワハラ? 会社員1000人に調査
ハラスメント対策の研修を専門に行うダイヤモンド・コンサルティングオフィス(東京都港区)が「世代間におけるハラスメントに対する感じ方、認識の実態調査」を実施。世代間での認識の差が明らかになった。(2020/12/25)

事例紹介:
新人研修で育む、データサイエンティストのコアとなる“書く”スキル
データ分析企業のARISE analyticsでは、データサイエンティストとして必要なスキルを育むため、約3カ月の新人研修プログラムを導入している。そのなかで、ビジネスライティング、つまり仕事で使う“書く力”を鍛える研修を導入しているのが特徴だ。(2020/12/25)

コロナ禍でオンライン化も進むが……:
なぜ、企業研修・セミナーは「つまらない」のか 大学のオンライン授業で得た気付き
「つまらない」と感じる人が意外と多いのが、企業研修やセミナーだ。コロナ禍を受けてオンラインで受ける機会が増えたが、面白いと思えるものは多くない。なぜ、つまらないのか。法政大学で講師を務め、オンライン授業も実施している筆者が解説する。(2020/12/24)

“VR松屋”でアルバイトの研修 仮想空間で調理、接客、トラブル対応など学ぶ
牛丼チェーン「松屋」での接客を体験できるVRコンテンツが登場。松屋でのアルバイトスタッフの教育を効率化する狙い。受講者がVR空間で、牛丼などの調理やトラブル対応を体験できる。(2020/12/22)

テレワークで高まるサイバー攻撃リスク 注意喚起を強化 埼玉県警
テレワークが浸透する中、埼玉県警は、会社の外で業務をする人らを狙ったサイバー攻撃のリスクが高まっているとして、被害予防の取り組みを強化している。人を集めた研修会を開くのが難しいため、YouTubeに手口を解説する動画も公開している。(2020/12/16)

研修や説明会、サービス紹介セミナーに:
「ウェビナー・Web会議」のシステム選定と活用のポイント
新型コロナウイルスの影響により、研修や説明会、サービス紹介セミナーなどをオンラインで実施する機会が増えた。用途に合わせたウェビナーとWeb会議のシステム選定方法や、それに伴うメリットとデメリットを整理して解説する。(2020/12/18)

人材開発部に聞く:
3カ月で出社は3回! 短期間で新人研修をオンライン化、ソニー生命の対応力
ソニー生命で採用・教育研修を担う人材開発部に、コロナ禍を受けた働き方への対応を聞いた。(2020/12/21)

au携帯電話や美術作品がズラッと並ぶ リアルの「KDDI MUSEUM」「KDDI ART GALLERY」が来館予約制で12月1日オープン
KDDIが、東京都多摩市の宿泊研修施設「LINK FOREST(リンクフォレスト)」に併設した博物館と美術館を12月1日にリアルオープンする。観覧料は無料だが、事前の来場予約が必要となる。(2020/11/25)

業界動向:
大和ライフネクスト、マンション管理員の研修にオンライン講義
大和ライフネクストは、マンション管理員の入社時研修にオンライン講義を採用し、全国共通のプログラムにリニューアルした。これにより、研修時間を短縮し、教育効果の向上も図る。(2020/11/25)

製造マネジメントニュース:
学ぶのは技術だけじゃない、パナソニック流のモノづくり人材育成研修とは
パナソニックは2020年11月13日、同社のモノづくり人材育成を目的とした研修用施設「モノづくり研修所」の取り組みを紹介する記者説明会を開催した。高校卒技術系社員などを対象とした研修では、専門技術だけでなく、マネジメントスキルやコミュニケーションスキルの涵養を目指した教育プログラムを展開している。(2020/11/18)

Web会議での議論を盛り上げるには? 「Teams」で研修を始めたOKIの工夫
コロナ禍でオンラインでの研修を始めたOKIの社内塾。Web会議では研修や議論が円滑に進まない懸念があったが、Teamsの機能を使った工夫で解決しているという。(2020/11/16)

導入事例:
“木造ハイブリッド免震建築”のタクマ研修センター、竹中の設計・施工で完成
タクマ本社で建設が進められていた「タクマビル新館(研修センター)」が、2時間の耐火を可能にした集成木材の柱など、竹中工務店の木造ハイブリッド建築技術を多数導入し、耐震安全性を確保しつつ、木の現しを内外観に表現した木造建築として完成した。(2020/11/5)

【特集】人材採用、育成のDX:
「個人最適型」の人材育成にデータ活用へ 鹿島建設が急ピッチで挑む変革の中身
職種によって特殊な技能が求められる土木、建設業界で、これまでオフラインの集合研修で進めてきた人材育成の形を変えようとしているのが鹿島建設だ。これまでの人事業務の在り方も見直し、全社規模でデータ活用を進める同社の狙いとは。(2020/11/5)

「近づけない、集めない」 時代を生き抜く、企業の知恵:
コロナだから集まれない みずほFGを悩ませた内定者500人の“ケア”問題、解決の秘策とは
コロナ禍の影響で内定者を集めた研修やイベントが難しくなっている。みずほFGは500人近い内定者をケアするためにあるオンライン体験型プログラムを導入した。参加者からも好評だという。(2020/11/4)

【特集】人材採用、育成のDX:
これは、2020年以降も続く挑戦だ――新卒採用と研修を完全にオンライン化した企業の気付き
2020年に大きな変化を余儀なくされた業務の一つが、新卒採用および新卒研修だ。全社テレワークを決めたことで、採用と研修を「全面オンライン化」した企業の担当者が、その方法やメリット、デメリット、今後の課題について率直に語った。今後の働き方の変化を見据える同社のより深い挑戦とは。(2020/10/28)

行員にデータ分析を基礎から インテックが伊予銀行に向けた研修を提供
インテックは、データを活用した業務高度化に向けて伊予銀行と連携する。伊予銀行の職員に「データ分析・ビジネス企画力の養成研修」を実施する。今回の研修を皮切りに、データ活用による地域金融ビジネスの高度化に向けた取り組みを進める。(2020/10/26)

プロジェクト:
先進技術を活用した体感型技術研修センター「Manabi-ya」開設
明電舎は、各事業分野の円滑な技術伝承と若手の早期戦力化を目的に、ICT・AR/VRを活用した体感型教育を実践する技術研修センター「Manabi-ya」を沼津事業所に開設した。地域貢献にも活用していく。(2020/10/23)

NECライフキャリア:
異動希望者をAIでマッチング、60歳以上のシニア人材活用 NEC、社員のキャリアを支援する子会社設立
NECは10月19日、社員のキャリア形成やスキル開発を支援する100%子会社のNECライフキャリアを設立したと発表した。新会社は、NEC社員向けのキャリア研修や、AIを用いたジョブマッチングのサービス導入、シニア人材の派遣や転職仲介などを実施する。(2020/10/19)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。