ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  D

  • 関連の記事

「Danger」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Danger」に関する情報が集まったページです。

DC-DCコンバーター活用講座(26):
DC-DCコンバーターの安全性(1) 感電保護
今回からDC-DCコンバーターの安全性に関して説明します。まずは、DC-DCコンバーターの1つの機能である「感電保護」を取り上げます。(2019/3/27)

「Androidが作ってしまった不自由な現状を打破したい」 “Androidの父”Essential創業を語る
“Androidの父”アンディ・ルービン氏が、新製品「Phone」と「Home」を発表したEssential Products立ち上げの理由を説明した。自分にも責任のある“Androidが作ってしまった不自由なテクノロジーの現状”を打破したいとしている。(2017/5/31)

PR:ライカのダブルレンズで至高の一枚を――「HUAWEI P9」のカメラを徹底検証
ファーウェイのSIMロックフリースマホ「HUAWEI P9」は、ライカのカメラレンズを2つ搭載しているのが大きな特徴。P9のカメラは何がすごいのか? ライターの荻窪圭がシーン別の作例とともに徹底検証する。(提供:ファーウェイ・ジャパン)(2016/11/11)

45秒以内にBotを10体倒せば倍率ドン FPS型のギャンブルマシン「Danger Arena」が米国のカジノで稼働中
ビデオゲームを利用したギャンブルマシン「Danger Arena」。(2016/11/9)

話題の卓球ロボットはギネスに認定!:
自動運転時代に向けたセンサー群、オムロン展示
オムロンは、「CEATEC JAPAN 2016」(2016年10月4〜7日/千葉市幕張メッセ)で、車載環境下でも非接触で脈拍を測定できるセンサーと、人工知能を搭載した車載向けセンサーを展示した。(2016/10/5)

Pepper、ルンバ、RoBoHoNの担当者が語る「ロボットは味方か脅威か」
「ロボットが人間の脅威となる」この論調はロボットの発達がめざましいという共通認識の裏返しといえるが、実際にロボットを送り出す側はどう考えるのか。Pepper、ルンバ、RoBoHoNの担当者が語るロボット論。(2016/2/22)

“Androidの父”アンディ・ルービン氏、ガジェットメーカー支援企業を立ち上げ
“Androidの父”として知られる元Googleのアンディ・ルービン氏が、ガジェット製造を目指す新興企業を支援するインキュベーターPlayground Globalを立ち上げた。同氏はまた、Playground Globalに出資するVC、Redpointのパートナーに就任した。(2015/4/7)

全員当たる「iTunesギフト券贈呈キャンペーン」も実施中!:
PR:プログラミング不要、たった5分で“モノとつながるアプリ”を作る方法
(2015/2/27)

タップ or クリック!!:
OTOTOYの最新アルバム・ランキングはこれだ!!
音楽配信サイト「OTOTOY」の最新ランキングを調べてみた。第1位は、ベテランロックバンドのアルバムが獲得した。(2015/2/20)

タップ or クリック!!:
OTOTOYの最新アルバム・ランキングはこれだ!!
音楽配信サイト「OTOTOY」の最新ランキングを調べてみた。第1位は、菅野よう子とベテランバンドのコラボレーション作品が獲得した。(2015/2/13)

政府のネット監視に対抗、スパイウェア検出ツール公開
Windows向けのオープンソースツール「Detekt」は、各国の政府機関が市民監視に使っているスパイウェアを検出できるという。(2014/11/21)

目標額たったの10ドルだったKickstarterの「ポテトサラダ」 5万5000ドルを集めて支援募集終了
イベント「PotatoStock 2014」開催決定!(2014/8/4)

動物が緑の兵隊人形に変身 ガチャ「グリーン・グリーン・アーミー」が8月発売
ホッキョクグマがM1ヘルメットや手榴弾を身につけ、あの緑の人形そっくりに。(2014/7/28)

ビジネスニュース 企業動向:
特許訴訟で公開されたジョブズ氏のメール
現在行われているアップルとサムスン電子の特許裁判において、故スティーブ・ジョブズ氏のメールが公開された。本稿の2ページ目にその原文を掲載する。(2014/4/15)

Webデザイン初心者でもできる、Bootstrapの使い方超入門
話題のレスポンシブWebデザインも簡単にできる、CSSフレームワーク「Bootstrap」の概要と基本的な使い方をサンプルとコードを交えて紹介します。(2016/4/11)

ドスパラ、「EVE Online」の10周年記念パックと推奨モデルを発売
ドスパラは、MMORPG「EVE Online」の豪華限定版「EVE: The Second Decade Collector's Edition」と、ゲーミングPC「EVE Online 推奨モデル」を発売する。(2013/10/22)

NASに新たな可能性:
QNAP「HD Station」徹底活用
前回お伝えしたように、QNAP「TurboNAS」のファームウェア3.81は、サーバ機能のみならずメディアプレーヤー機能までサポートした革新的なバージョンアップだ。今回はその新機能「HD Station」を掘り下げて解説していく。(2013/2/6)

“図解”から“図観”へ――マンダラに学ぶ情報の視覚化
「図解」が1つのリテラシーとして注目されつつあるが、さらにその発展形として「図観」というものを「マンダラ」をキーワードに考えてみたい。(2012/7/18)

遠藤諭の「コンテンツ消費とデジタル」論:
Androidに至るモバイル進化の系譜
スマートフォン全盛、とくにAndroid端末の多様性はまさに花盛りの昨今。ふと「いまAndroidってやばいんじゃないか?」という印象を持った筆者。今のAndroidの状況は、PalmOS全盛期に似ている――そこで、PDAの歴史を振り返ってみることにした。(2011/7/21)

Amazon.comを例に:
GNUプロジェクト創設者のリチャード・ストールマン氏、「電子書籍は危険」と警告
フリーソフトウェア運動家のリチャード・ストールマン氏は、電子書籍には紙書籍と異なり「表現の自由」を阻害する危険性があると警告する文書を自身のサイトで公開した。(2011/6/8)

短命に終わったMicrosoftのソーシャル携帯「KIN」、復活か?
発売から数カ月で製造中止になったMicrosoftのソーシャル携帯「KIN」を、米キャリアVerizonが機能を削って再び売り出すという。過剰に抱えた在庫を片付けるためかもしれないが……。(2010/11/15)

「Project Pink」の正体:
Microsoft、オリジナルブランドのWindows Phone「KIN」を発表
Microsoftの初のオリジナル携帯は、ソーシャル機能に特化し、Zuneの音楽機能を搭載した若者向けの「KIN」。5月に米国で発売する。(2010/4/13)

EvAndroidに聞くAndroidのキモ 第1回:
そもそも、「Android」って何?
2010年中に国内3キャリアから端末が出そろい、iPhoneの独走に“待った”をかけるのか注目が高まっているAndroid。本連載ではTwitter上で集めた意見を参考にしながら、Androidの可能性を探っていく。第1回では、Androidの基本的な“キモ”をおさらいしよう。(2010/3/19)

Microsoftケータイ「Project Pink」、2カ月以内に発表か
Microsoftが、Windows Mobile 7を搭載したZune風の自社ブランド携帯電話「Project Pink」を、2月か3月に披露すると予想されている。(2010/1/22)

Google AndroidはWindows Mobileを駆逐するか
Androidがモバイル市場で急速に勢力を伸ばしており、iPhoneキラーになるかもしれないとも言われている。だがむしろ、Android台頭で打撃を受けるのはMicrosoftだろう。(2009/12/11)

Microsoft、T-Mobileの消失データ再提供開始を発表
被害に遭ったSidekickユーザーは、サービスサイトにアクセスすることで10月1日時点の連絡先データを復活できる。(2009/10/21)

Microsoft、T-Mobileのユーザーデータは「ほぼ復旧」と発表
Microsoftは傘下Dangerによるモバイル向けクラウドサービスでのユーザーデータ消失について、被害に遭ったのは少数のユーザーで、データはほぼすべて復旧できる見通しだと発表した。(2009/10/16)

Microsoft、Dangerでのユーザーデータ消失について声明
Microsoft傘下のDangerによるモバイル向けクラウドサービスでのユーザーデータ消失について、Microsoftが状況を説明した。(2009/10/14)

MicrosoftのT-Mobile向けクラウドでユーザーデータ消失
T-Mobileが販売するスマートフォンのデータバックアップサービスで、Microsoftのサーバ障害によりユーザーデータが消失した。(2009/10/13)

情報システム用語事典:
損益分岐点(そんえきぶんきてん)
break-even point(2009/5/21)

プレーヤーたちに送る:
モバイル/ワイヤレス分野、2009年の“期待”リスト
年始めにその1年間の予測を行うのは、アナリストにとって毎年の恒例行事だ。Knowledge Centerのモバイル/ワイヤレス担当アナリスト、J・ゲリー・パーディ氏は、モバイル/ワイヤレス市場における2009年のウィッシュリストを作成した。(2009/1/21)

+D Style News:
「007」歴代悪役がスウォッチになって一挙襲来?!
長い歴史と多くのファンを持つ映画“007シリーズ”の悪役をイメージしたウォッチが登場。全22作の悪役をコンプリートした22製品を一挙公開! 悪の組織を象徴するあの白い猫も……?(2008/10/2)

MSの組織再編で昇進した14人の幸運な幹部たち
Microsoftは社内の多数の部門に関係する大規模な組織再編で14名の幹部を昇進させた。(2008/2/20)

Mobile World Congress 2008:
激変期を迎える携帯プラットフォーム市場、英Symbianの対抗策は
Mobile World Congres 2008では、携帯向けプラットフォーム分野でさまざまな動きが見られた。Linux陣営やWindows Mobile陣営がシェア拡大に向けた取り組みを本格化させる中、英Symbianはどんな施策で対抗するのか。英Symbianのベレンス氏とシンビアンの久社長に聞いた。(2008/2/18)

Mobile World Congress 2008:
米Microsoftが携帯向けソフトウェアメーカーを買収へ――コンシューマー分野を強化
米Microsoftが、スペイン・バルセロナで開催された「Mobile World Congress 2008」で米Dangerの買収を発表。Dangerは人気端末「Sidekick」のソフトウェアを開発するメーカーで、米Googleの「Android」の開発者であるAndy Rubin氏が創業にかかわった企業だ。(2008/2/12)

MS、モバイルSaaSのDangerを買収
Microsoftは、DangerのメッセージングやSNS、Webブラウザなどの携帯向けサービスやアプリを活用し、コミュニケーション事業の強化を図る。(2008/2/12)

「SAGA6:新生の扉」にイメージソングにTRFの楽曲を起用――「エミル・クロニクル・オンライン」
(2007/6/25)

AOU2007アミューズメント・エキスポ(後編)――懐かしいようで新しいアーケードの今後
アーケードマシンを一堂に集めた「AOU2007アミューズメント・エキスポ」が開催。KONAMIの「オトメディウス」や「SILENTHILL THE ARCADE」、スクウェア・エニックスの「ドラゴンクエスト モンスターバトルロード」など初出展。(2007/2/16)

新興企業、携帯向け無料ビデオサービスを開始
シリコンバレーの新興企業mywavesが、携帯電話向けのビデオ配信サービスを開始した。(2006/12/19)

Danger、聴覚障害者向けにhiptopの機能強化
(2004/9/17)

QWERTYキーボード携帯電話が新たなブームに
数字キーによるテキスト入力に、モバイルユーザーたちは不満を感じている。その不満を解決する、TreoなどのQWERTY配列のフルキーボード付きスマートフォンが人気を集めつつある。(IDG)(2004/9/6)

Danger、カメラ内蔵の新モデル「Sidekick II」発表
(2004/8/5)

Dangerに3700万ドルの追加出資
PDA付き携帯電話「Hiptop」のメーカー米Dangerが、ソフトバンクなどから3700万ドルの追加出資を受けた。パートナー関係の拡大や、各地での売上拡大に使う予定だとしている。(2004/7/24)

シャープ、PDA付き携帯電話「Hiptop」を共同開発へ
シャープは7月23日、北米・欧州市場向けの通信機能付きPDAを米Dangerと共同で開発すると発表した。Dangerのソフト開発力と、シャープがPDA「ザウルス」で蓄積した独自技術を融合する。(2004/7/23)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。