ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「少子高齢化」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「少子高齢化」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

ボーダーレスを生む教育:
エストニアが「電子国家」に生まれ変わった本当の理由
5月に行政手続きを電子申請化する「デジタルファースト法」が成立した。マイナンバー制度のロールモデルであるエストニアはなぜ電子政府の仕組みを進めたのか。「e-Residency」(電子居住権制度)公式パートナーであるEstLynxのポール・ハッラステCEOに話を聞いた。(2019/7/18)

LINEに画像を送ると、AIが3秒で文字起こし 「企業や役所の働き方変える」 長崎のベンチャーが開発
紙の書類をスマホで撮影して「LINE」で送ると、約3秒でテキスト化して返信するAIアプリが登場。開発元は、長崎県西海市のベンチャー企業「西海クリエイティブカンパニー」。ユーザーがOCRソフトなどを用意しなくても、書類や帳票を簡単にデータ化できる点が特徴だ。(2019/7/11)

日本人43万人減 過去最大の減少幅 人口動態調査 三大都市圏も初の減少
国内の日本人は前年より43万3239人少ない1億2477万6364人で、10年連続の減少となった。(2019/7/11)

人口流出:
タワマン建設に待った! 神戸市が振り上げた「もろ刃の剣」の結末
神戸市が三宮地区など中心部でのマンション建設を規制する条例の制定に動き出した。神戸市は人口が川崎市に抜かれ政令市で7位に転落するなど、若者を中心に人口流出が続いており、根強い人気を持つタワーマンションの規制が「もろ刃の剣」となる可能性がある。(2019/7/4)

PR:チャット画面が業務アプリの入り口に? LINE WORKSで外出先の面倒な作業がラクになる理由
今や多くの企業が導入を開始したリモートワーク。いつでもどこでも働けるのはありがたいが、外出先でスマートフォンから業務アプリにアクセスするのは面倒なこと極まりない。この課題をビジネスチャットが解決してくれるとしたら……。(2019/7/1)

PR:カインズが“IT小売企業”に生まれ変わる ホームセンターの未来を変えるデジタル戦略、あなたのスキルが欲しい
(2019/7/1)

中韓と競うEV電池、トヨタ主導許すパナソニックの懐事情
パナソニックが、トヨタ自動車など他社との協業推進を経営の柱の1つに据えた。パナソニックは家電事業の不振などで業績が伸び悩んでおり、単独で成長が見込めない事業を再構築する必要に迫られている。他社の資金力や技術力に頼る戦略で、再び成長軌道を描くことができるのだろうか。(2019/6/28)

PHM Conference 2019 in JAPANレポート:
PR:コマツダイキン明電舎古野電気ANAが故障予測に活用した「PHM」とは
電通国際情報サービスが開催した「PHM Conference 2019 in JAPAN 〜 様々な取り組み事例に学ぶ 〜」では、コマツ、ダイキン工業、明電舎、古野電気、ANAの5社が登壇し、故障予測などに役立つ「PHM」の取り組み事例を紹介した。(2019/6/28)

AWSを使って問診票作成、薬剤師の接客改善――盛り上がる「クラウド×医療」
テクノロジーを駆使して医療を効率化・高度化する「ヘルステック」の分野が活性化している。「AWS Summit Tokyo 2019」に、「クラウド×医療」ビジネスを手掛けるベンチャー2社が登壇。AWSを活用した事業内容とその意義を紹介した。(2019/6/26)

2019年版中小企業白書を読み解く(1):
深刻化する中小製造業の人手不足――労働力人口の減少と大企業志向の高まり
中小企業の現状を示す「2019年版中小企業白書」が公開された。本連載では、中小製造業に求められる労働生産性向上をテーマとし、中小製造業の人手不足や世代交代などの現状、デジタル化やグローバル化などの外的状況などを踏まえて、同白書の内容を4回に分けて紹介する。第1回は、中小企業の人手不足の現状を明らかにするとともに、人手不足の状況下での雇用の在り方について解説する。(2019/6/26)

ソフトバンク宮内社長が株主総会で語った戦略 “通信障害での発言”を追及する声も
ソフトバンクが6月24日、第33回株主総会を開催。宮内謙社長兼CEOは、通信事業と非通信事業(新領域)の2軸で攻める戦略を語ったが、株主からは株価について厳しい質問も。2018年12月の通信障害に関する宮内氏のコメントを「不用意な発言」と批判する声も挙がった。(2019/6/25)

トヨタの全販売店で全車種が購入できる 併売化、20年5月に前倒し
最大5年前倒しします。(2019/6/25)

架空世界で「認証」を知る:
アニメ「BEATLESS」で味わう“認証とシンギュラリティ”
小説、漫画、アニメ、映画などの架空世界に登場する「認証的なモノ」を取り上げて解説する連載をITmediaで出張掲載。第17回のテーマは「認証とシンギュラリティ」。(2019/6/20)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(54):
終身雇用崩壊時代の「働き方のグラデーション」
終身雇用が崩壊する――ショッキングなニュースが飛び込みました。この先の働き方を考えたとき、エンジニアは何を意識し、何をしていけばいいのでしょうか。(2019/6/19)

資本業務提携を解消:
スシローと元気寿司の経営統合が“破談” 別々の道を歩むと決意
「スシロー」などを運営するスシローグローバルホールディングス。元気寿司との経営統合を進めてきたが、“破談”となった。経営戦略の違いなどが鮮明になったことが原因。(2019/6/18)

PR:デジタル・トランスフォーメーションの行く末 Dell Technologies 日本 最高技術責任者 黒田氏に聞く
成長や競争力強化のためにデジタル技術を活用するデジタル・トランスフォーメーション。いわゆる「2025年の崖」など多くの課題も指摘されているが、Dell Technologiesの日本 CTO(最高技術責任者)を務める黒田晴彦氏は、デジタル変革は「人に幸せをもたらす」と胸を張る。ITmedia エグゼクティブの浅井英二が話を聞いた。(2019/6/12)

ネット「まじで正論」:
せやろがいおじさん「老後2000万円」に物申ーす! 金融庁にツッコミ
「100年安心の年金制度って豪語していて、急に人生百年時代の蓄えを〜!って自助努力呼びかけられてもビックリするわ!」。金融庁が公表した報告書を巡り、沖縄のお笑いコンビ「リップサービス」のツッコミ役で「せやろがいおじさん」こと榎森耕助さんがそう叫ぶ動画を発信した。(2019/6/12)

なぜモノづくり日本でアートシンキングなのか【後編】:
オリジンベースドアートシンキングで創造的なモノづくりを進めるには
「オリジンベースドアートシンキング」とは何か? 今回はデザインシンキングやロジカルシンキングとの違いを交えながら理解を深めていきます。また京セラをアートシンキングの角度から考察。まとめとして、日本のオリジンとモノづくりの関係性について紹介します。(2019/6/12)

0.5歩先の未来を作る医療IT:医療機関の働き方改革【前編】
病院のバックオフィス業務を効率化するITの使い方 患者の流れはどう変わる?
働き方改革に伴い一層の効率化を目指す医療機関には、「患者」と「スタッフ」の流れをマネジメントするためのIT活用が効果的でしょう。患者の待ち時間やスタッフの残業時間の低減に役立つITツールとは。(2019/6/6)

キャリアニュース:
キャリアの再スタートを支援するプログラムで連携
日本マイクロソフトとGEヘルスケア・ジャパンは、キャリアの再スタートを支援するプログラムで連携する。両社はお互いの知見を生かしつつ連携し、さまざまなキャリアステージにある人が、経験を生かしてスムーズに再スタートできるよう支援する。(2019/6/7)

海外医療技術トレンド(47):
WHOが推進する社会課題解決型の「デジタルヘルス介入」とは
本連載では米国やカナダ、欧州、オーストラリアなど各国と地域のデジタルヘルスを取り上げてきたが、世界レベルの取り組みも本格化している。その推進役となっているのがWHO(世界保健機関)だ。(2019/6/7)

これからのAIの話をしよう(恋愛編):
「結婚は“好き”だけじゃない」 母親の仲人経験を婚活アプリでAI化、22歳若手社長の挑戦
「行きたい店」で出会うマッチングアプリ「FANCY」。22歳若手社長は、仲人経験のある母親のノウハウをAI化したという。(2019/5/28)

元楽天トップセールスが編み出した「半年でチームを自走させる」マネジメント、3つの秘訣
少子高齢化に伴う人材不足が深刻化する中、“今、いるメンバーの力をどうやって最大化する”かが、リーダーの腕の見せ所だ。元楽天のトップセールスマンが編み出した、短期間で自走するチームを作る方法とはどんなものなのか。(2019/5/23)

「デジタル化の力」で顧客接点を豊かに:
PR:大分銀行が掲げる“地域総合プラットフォーム構想”とは
デジタル化により顧客との新たな関係を築こうとしている大分銀行。2018年にはクラウドベースの顧客関係管理で世界市場を牽引しているSalesforceを戦略的IT基盤として採用した。数ある選択肢の中からSalesforceを選んだ決め手は何だったのか。そして大分銀行が目指すビジョンとは。(2019/5/13)

川崎市、AIを使ったゴミの収集と運搬の最適化を探る
NECと川崎市は、AIを活用した廃棄物収集運搬と処理業務最適化の実用化可能性について調査した。複数の業者を連携させて最適な運搬ルートで廃棄物を収集できるよう、排出場所や排出量、収集希望時間などの情報をAIで分析した。(2019/5/10)

日本郵便の専務が語る:
間違った方向に行きかけたとき、プロジェクトを止める勇気を持てるか――「東証を変えた男」が考えるリーダーシップの形
今やビジネス課題の解決に欠かせない存在となっているIT。この「ビジネスとITをつなぐ」かけはしの役割を担うリーダーになるためには、どんな素養、どんな覚悟が必要なのか。(2019/4/27)

即席!3分で分かるITトレンド:
コレ1枚で分かる「人工知能(AI)とロボット」
人工知能(AI)とロボットの違いについておさらいしつつ、それらが実現する未来の可能性やメリットについて確認しておきましょう。(2019/4/26)

製造マネジメントニュース:
ジェイテクト、新規事業として製造業マッチングサービスを開始
ジェイテクトは、ウェブサイトを用いた製造業マッチングクラウドサービスを立ち上げた。利用者がサイト上で図面や加工要件を登録すると、受注候補となる企業がリスト化され、オンライン上で発注できる。(2019/4/17)

今日のリサーチ:
サブスクリプションサービス、2018年度の国内市場規模は5627億円――矢野経済研究所調査
データ活用需要や新規参入事業者増などを背景に好調推移を予測。(2019/4/12)

カシワバラコーポレーションの狙いとは?:
難題山積みの建設業を救えるか?世界で注目される「Con-Tech(建設テック)」の日本版が始動!
マンションの大規模修繕工事を手掛けるカシワバラコーポレーションは、「建設×テクノロジー」で業界の課題解決を目指し、有望なITスタートアップ企業へ投資する「JAPAN Con-Tech(建設テック) FUND」を開始した。当初の投資枠は50億円で、建設業に技術革新をもたらす企業を募っていく。(2019/4/12)

”自動化×自動化”で、「攻めるIT」を加速:
PR:次世代のRPAは、JP1×UiPathで実現
デジタルトランスフォーメーションの潮流や少子高齢化、人手不足を背景に、急速に企業導入が進むRPA。だがこれに伴い、RPAが誰にも管理されない“野良ロボット”化し、ガバナンスやセキュリティ面のリスクを増大させてしまう問題も増え続けている。これに対し、「ビジネスへの貢献」が強く求められているIT部門としては、どのような対応ができるのだろうか?――伊藤忠テクノソリューションズ(以下CTC)と日立製作所に、一つの“具体策”を聞いた。(2019/3/29)

Zabbixとも相性良し、運用自動化ツール「新たな選択肢」:
PR:限られた予算・スキルでも、その日から運用コスト削減・品質向上を両立する方法
DX(デジタルトランスフォーメーション)トレンドの進展や人材不足などを背景に、一層のインフラ運用効率化が求められている情報システム部門。運用自動化はコスト削減、効率向上の大きな切り札だが、魅力的なツールは複数あれど、コストがハードルとなり導入を見送らざるを得ないケースも多い。そうした中、大手企業集団など多数の企業の注目を集め、着実に導入実績を伸ばしているという。運用自動化ツール“新たな選択肢”の中身とは?――ITソリューションの販売・構築を手がけるワイドテックに話を聞いた。(2019/4/8)

束田光陽の不動産投資の教室:
不動産投資のリスクを、4年で半分、9年でゼロにする
資産運用の王道の一つが不動産投資です。銀行からの借入を行なって利益を増幅するのですが、長期間の事業となるとリスクも出てきます。短期間でリスクを減らす方法はあるのか? ファイナンシャルアカデミーで不動産授業を担当する束田光陽先生にポイントを聞きました。(2019/4/1)

スマートモビリティーで激変する乗り物と移動のかたち:
ドライブデートの行く末はメタバースだ
日産+ドコモが提案するメタバースドライブデート。いったいどういうものなのか?(2019/3/29)

プレミアムフライデー×キャッシュレス、共通点は? 経済産業省でキャッシュレス推進キックオフイベント開催
経済産業省とキャッシュレス推進協議会が、「プレミアム“キャッシュレス”フライデー」と「キャッシュレスウィーク」のキックオフイベントを開催。キャッシュレスの推進に向けて官民がタッグを組む。(2019/3/29)

「機械化、自動化は避けて通れない話」:
生産性高めるスマート農業 最新技術で耕作面積増加にも対応
ロボット技術やICT(情報通信技術)で作業の効率化を図るスマート農業が今、日本の農業を大きく変えようとしている。日本の農業は、小規模農家が多いために生産性が低く、農業従事者は少子高齢化で減少の一途をたどっている。「日本の農業は機械化が遅れている上に、農業就業人口が減少していますから1人当たりがカバーしなければならない面積が増えている。機械化、自動化は避けて通れない話です」(農林水産省の別所智博技術会議事務局長)(2019/3/29)

束田光陽の不動産投資の教室:
借金はコワイ?  不動産投資で安心してローン返済を行う方法
資産運用の王道の一つが不動産投資です。その特徴は、銀行からの借入を利用して、利益を増幅する点にありました。しかし借金はコワイものです。どうしたら安心して借金ができるのか? ファイナンシャルアカデミーで不動産授業を担当する束田光陽先生にポイントを聞きました。(2019/3/29)

火曜インタビュー劇場(海外公演):
米国発のオンライン学習に、145カ国以上の女性が学んでいる秘密
米国の非営利団体「1 Million Women To Tech」が提供するオンライン学習が、ちょっと話題になっている。プログラミングなどを学ぶことができるわけだが、なぜ多く人が受講しているのか。運営をしている担当者に話を聞いたところ……。(2019/3/26)

設計開発効率化:
PR:需要増と個別対応の増加、相反する要望に包装機械メーカーが開く突破口とは
安全に届ける役割の他、商品力やマーケティングにも強い関係がある「包装」。包装の役割は増え続けており包装機械の需要は高まっている。一方で、ニーズそのものは細分化が進み、機械メーカーにとっては対応が難しい局面が続いている。こうした環境をどう切り抜けるのか。「包装」の現場を70年以上支えてきた包装機械のリーディングカンパニーである大森機械工業に取り組みを聞いた。(2019/3/18)

PR:社会をより良くするAIを実現するために ビジネスで求められる“説明可能なAI”の可能性とは
(2019/3/15)

IIoT時代にこそ、日本のモノづくりが世界で強みを発揮する(8):
現場から見た画像処理の将来像
「IIoT(Industrial IoT)」を実現させ、新たなモノづくりを創造するために、生産設備の在り方の見直しが進んでいる。今回は、新光電気工業 設備技術統括部 第二設備技術部 部長代理の高橋義広氏との対談を通じ、現在の画像処理技術が抱える課題と目指すべき将来像を紹介する。(2019/3/8)

ポスト平成の採用戦略:
「65歳以上の社員募集」「未経験可」――パソナが“仰天採用”に込めた狙いとは
パソナグループが1月末に「65歳以上の“新入社員”を80人雇用する」という斬新な採用戦略を発表。この施策を始める狙いを同社の南部靖之代表取締役に聞いた。こうしたシニア雇用は、生産年齢人口のさらなる減少が抑制される“ポスト平成”時代のスタンダードになるのだろうか――。(2019/3/6)

エンジニア不足は社内で解決できる 驚きのジョブチェン、営業メンバーをSalesforceの開発者にしたビズリーチの挑戦
Salesforceを導入した企業の多くが悩んでいるのが、アプリの開発者不足。この課題を解決すべくビズリーチが取り組んだのは、営業メンバーをエンジニアにスカウトすることだった……。(2019/2/28)

製造業のIoTスペシャリストを目指そうSeason2(6):
働き方改革で注目される「RPA」とは何か?
製造業でIoTを導入したプロジェクトを成功させるには、幅広い知識が必要です。今回はIoT(Internet of Things)の本筋から少しだけ離れて、今話題の「RPA」について取り上げます。(2019/2/28)

品質保証の本質とIoTの融合(1):
日本製造業の品質保証が抱える問題、解決の方向性を示す
2017年後半から検査不正問題や製造不良による事故の発生が相次ぎ、高品質をウリとする日本製造業ブランドを揺るがしかねない状況です。そこで本連載では、これまで日本製造業では品質保証をどう行ってきたのか、品質保証における問題は何かといった点に注目し、問題解決の方策について各種手法や最新技術の活用、組織マネジメント論の面から取り上げます。(2019/2/26)

“動物の幸せ”が集客に:
「ゾウはいません」と掲げる動物園が、閉園危機から復活できた理由
地域産業の衰退とともに閉園危機にあえいでいた動物園の“復活”が注目されている。福岡県の大牟田市動物園だ。「ゾウはいません」と掲げ、大規模改修もしていない同園に人が集まる理由は、職員の「知恵」と、動物への「愛情」だった。(2019/2/26)

日本最小級のコンビニ続々:
駅ナカで売れる“三種の神器”に変化 商機を見いだす“ローソンの野望”
ローソンが駅ナカに積極的に進出している。単に目先の売り上げ増を狙っているだけでなく将来への布石でもあるという。ローソンの狙いとは?(2019/2/20)

スピン経済の歩き方:
なぜファミマの社会貢献は「24時間テレビ」のように見えるのか
ファミリーマートの「ファミマこども食堂」をめぐって、激しいディスり合いが行われた。「売名行為だ」と批判の声もあれば、「悪いことだと思わない」といった意見も。企業の社会貢献で叩かれるケースと、そうでないケースはどのような違いがあるのか。(2019/2/19)

桜田五輪相「がっかりしている」発言にネットは批判100% 「恥ずかしい」「選手は駒ではない」
競泳の池江璃花子選手の白血病公表について、桜田五輪相が「がっかりしている」などと述べたことに批判が殺到。ネットではネガティブ100%という結果に。(2019/2/13)

経営資源注ぐ:
老人ホーム紹介なども手掛ける 生保が“おまけ”で勝負、その背景にある苦労とは……
生命保険会社が顧客向けに提供する健康支援などのシニア向けサービスの開発に知恵を絞っている。保険商品そのものだけでなく“おまけ”とも言えるサービスに経営資源を注ぐ背景には、商品だけでは差別化しにくい生保ならではの苦労がある。(2019/2/13)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。