ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「うつ病」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「うつ病」に関する情報が集まったページです。

今夜最終回「ラジエーションハウス」未回収の伏線はどうなる? 唯織(窪田正孝)はついに医師をカミングアウトするか
「ずっと一緒に働けますように」の願いはかなうのか?(2019/6/17)

うつ病の母の介護に限界が 公的支援サービスで“依存を分散させた”体験漫画が参考になる
いつか役立つときに備えて、読んでおきたい。(2019/6/11)

兄からの性的虐待、がん、退職強要、ブラック企業……不幸を抱え込む相談者に「甘えていい」の言葉が刺さる 「テレフォン人生相談」先週のハイライト
「生保、頼っていいんだよ」のアドバイスがすごい。(2019/6/10)

マシーナリーともコラム:
「レッド・デッド・リデンプション2」をクリアしたのでレビュー……ですらない、「RDR2面白かったよね会」をしました
素でバッドエンド突入してる人はじめて見た……。(2019/6/7)

急展開「ラジエーションハウス」残り3話はオリジナル展開へ 「医師か技師か問題」「四角関係」はどうなる?
ドラマが原作に追いついてしまった、オリジナル展開に期待。(2019/6/3)

世界を「数字」で回してみよう(58) 働き方改革(17):
障害者雇用対策に見る、政府の覚悟と“数字の使い方”
今回は、働き方改革のうち「障害者の雇用」に焦点を当てます。障害者雇用にまつわる課題は根が深く、これまで取り上げてきた項目における課題とは、少し異質な気がしています。冷徹にコストのみで考えれば「雇用しない」という結論に至ってしまいがちですが、今回は、それにロジックで反論してみようと思います。(2019/6/3)

「うつむき姿勢は、首に小学生がぶら下がっているのと同じ負荷」 コクヨ、姿勢を改善する新型オフィス向けデスク
コクヨが天板に傾斜を付けられるデスク「UPTIS」を発表した。(2019/5/27)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
「月28日勤務」「危険な環境」 東京五輪の建設現場に根付く“恐怖の文化”
2020年東京五輪の競技会場などの建設現場における「過酷な労働環境」を指摘する報告書が公表された。そこに記された「culture of fear(恐怖の文化)」という言葉が象徴するように、日本では非人間的な働き方が“当たり前”になっているのではないか。(2019/5/24)

【マンガ】上司「よくあることだから気にせず働いてね」 適応障害と診断された母親を休ませてくれなかった会社の話
ひどいっ。(2019/5/15)

医療技術ニュース:
「根気」を生み出す脳内メカニズムを解明
慶應義塾大学が、目標の達成まで行動を続ける「根気」を生み出す脳内メカニズムを解明した。根気を継続するには、腹側海馬の活動を抑制する必要があり、その活動抑制にセロトニンが関与していることが分かった。(2019/5/13)

感情を脳波で可視化、記者が体験 国内大手企業で活用進む
脳波測定により感情を可視化するシステムを、電通サイエンスジャムが5月7日に発表。Japan IT Weekで体験してきた。(2019/5/9)

専門家のイロメガネ:
わたし、定時で帰れるの? 残業を強制できるラインはどこか
ドラマ『わたし、定時で帰ります。』が話題になる背景には、多くの人にとって定時で帰れず残業が当たり前の状況があります。本来、残業をせずに定時で帰っていいラインとはどこにあるのでしょうか?(2019/5/8)

自殺未遂も多い:
10代の大麻は「うつ病発症率」が4割増 大麻解禁のあやうさとは……
今回ご紹介するエンターテインメントは、本当に久々となる「マリフアナ(大麻)」のお話でございます。(2019/3/7)

「内省と対話」を繰り返して得たもの:
麻布、東大、興銀……エリートコースをあえて捨てた男の仕事論
25万部超えのベストセラー『1分で話せ』の著者、Yahoo!アカデミア学長の伊藤羊一さんに、ポスト平成時代の働き方を聞いた。(2019/3/1)

「美大は“絵で食べる方法”を教えてくれない」 漫画『ブルーピリオド』作者と完売画家が考える“美術で生きる術”
漫画家の山口つばささん、画家の中島健太さんによる対談。美大や美術界の一端がわかる……!?(2019/2/23)

Gartner Insights Pickup(95):
“感情AI”技術、気付きにくい13の活用法
“感情AI”は企業の顧客エクスペリエンス向上やコスト削減にどう役立つのか。さまざまな業界における、13の気付きにくい活用方法を紹介する。(2019/2/8)

スピン経済の歩き方:
「アルコール離れ」は悪いことばかりなのか 関係者の“不都合な真実”
「ビール離れ」に歯止めがかからない。大手メディアは「消費者の節約志向」「豪雨や地震の影響」などと報じているが、ビールの消費量は14年連続で減少している。「減少が続いている」と聞くと、あまりいいイメージを抱かないかもしれないが、筆者の窪田氏はちょっと違う見方をしている。どういうことかというと……。(2019/1/22)

苦戦する電通、ホワイト化するワタミ:
「24時間戦えますか?」から30年 平成の日本から“ブラック企業”は減ったのか
平成初期に「リゲイン」のキャッチフレーズ「24時間戦えますか?」が流行してから、約30年がたった。だが現在も、長時間労働が常態化している“ブラック企業”に苦しめられる労働者が後を絶たない。この30年間で、日本企業の労働環境は本当に改善されたのか。“ブラック企業アナリスト”こと新田龍さんに意見を聞いた。(2018/12/30)

ねとらぼ編集部員の「2018年買ってよかったもの」30選
「マジで買ってよかった」やつを聞きました。(2018/12/30)

世界を「数字」で回してみよう(53) 働き方改革(12):
口に出せない介護問題の真実 〜「働き方改革」の問題点とは何なのか
今回は、介護に関する「働き方改革」の問題点に迫ります。本稿をお読みいただき、政府が声高にうたう「働き方改革」が現実に即しているかどうかを、ぜひ皆さまなりに考えてみてください。(2018/11/30)

日本の製造業を創造業に変える! マインドフルネス(1):
GoogleやIBMなどが能力開発に取り入れている「マインドフルネス」とは?
「マインドフルネス」をご存じだろうか。「念」や「気付き」に由来するそのトレーニング法が注目され、近年ではGoogleやIntel、IBMといった世界的企業がビジネスパーソンの能力開発に活用している。何かに行き詰まった思考から抜け出し、自分自身の能力を最大限に引き出すマインドフルネストレーニングについて解説する。(2018/11/30)

「入院は痛いことばかり」「頑張れって言わないで」 aiboは“子どもの心”癒やせるか 初の検証へ
ソニーと国立成育医療研究センターが、犬型ロボット「aibo」によって長期入院中の子どもを癒やせるかを検証する。(2018/11/29)

「照れ臭い反面、凄く嬉しい」 城田優、「深イイ話」で話題の“ぶっとび母&超美人妹”と愛情たっぷり3ショット
自慢の家族。(2018/11/24)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
医師の命は軽い? 過労自殺を生み続ける“加害者”の正体
「過労死」「過労自殺」は何度も問題になっているが、2018年版「過労死白書」では働く人たちの苦悩が続いている現状が浮き彫りになった。過労自殺は長時間労働だけが問題なのではない。教職員や医師・看護師の働き方の分析から、私たちが考えるべきこととは?(2018/11/9)

働き方改革で「地方格差」なくせ:
「地方の障害者雇用」を創出するリクルートのテレワーク
「障害者雇用の水増し」は自治体や裁判所などにも拡大している。望むべき姿は、障害のある人が、障害のない人と同じように普通に働ける環境を作ることだ。その理想に向けて取り組むリクルートの子会社を取材した。(2018/9/19)

薬だけでなく患者個人に向き合う:
患者1000人以上がかかりつけ レジェンド薬剤師が貫く仕事の作法
患者の薬全般の指導を請け負う「かかりつけ薬剤師」の中でも1000人以上を担当する“レジェンド”な女性が日本調剤にいる。秘訣は患者に寄り添い心を開かせる接客にあった。(2018/8/21)

将棋を指せない棋士が残したもの 書評『うつ病九段』
将棋界の狂騒の影で、一人の棋士に起こっていたこと。(2018/7/29)

1000社導入の「褒めるSNS」:
社内表彰をしても、若手が辞めてしまうのはなぜか
社内表彰などの「褒める制度」を導入している企業はたくさんあるが、それはモチベーションや定着率の向上につながっているだろうか。1000社が導入した「褒め合い」システムを開発した企業に、褒める文化が根付かない理由や称賛の考え方などを聞いた。(2018/7/2)

ハンマーで殴られて漫画を描こうと思った エッセイ漫画『セックス依存症になりました。』作者インタビュー
描こうと思った理由について聞きました。(2018/6/29)

男性ホルモン減少の原因は……:
「会社に行きたくない」 その不調、“男性更年期障害”かもしれない
「毎朝、元気がない」「やる気が出ない」「会社に行きたくない」――。それは、男性ホルモンの減少による「更年期障害」かもしれない。男性社員がホルモンマネジメントに取り組む「ホルモン部」を立ち上げたアンファーの活動から、男性ホルモンを減少させないためのポイントを探った。(2018/6/8)

今までの常識を覆す:
就活をやめてエストニアへ そこで私が確信した日本と世界のキャリア観の決定的な違い
普通なら就職活動真っ只中の期間である大学3年生の1月から大学4年生の6月までの約半年、就活を中断してエストニアに留学中の筑波大学4年生、齋藤侑里子さん。そんな彼女が現地で感じた、日本の就活への違和感、グローバルスタンダードなキャリアの築き方とは――。(2018/6/6)

うつ病からの脱出描いた田中圭一『うつヌケ』が実写ドラマ化 主演・田中直樹で2018年秋にネット配信
アシスタントのカネコ役は、女優の大後寿々花さん。(2018/5/23)

ブラックな働き方でも「自分よりもっと大変な人はいる」 頑張ってしまった経験を描いた漫画に反響
自分の味方は自分だけ。(2018/3/23)

“ネタバレ厳禁”の海外産ギャルゲー「Doki Doki Literature Club!」に待望の非公式日本語化パッチ登場
やっと日本語でドキドキできます。(2018/2/10)

世界を読み解くニュース・サロン:
私たちの心は「スマホ」に乗っ取られたのか
海外メディアを見ていると、以前からデジタル機器に人々が依存している問題が話題になっているが、最近、またスポットライトが当たっている。デジタル機器やコンテンツへの依存は私たちにどんな影響があるのか。調べてみると……。(2018/2/8)

「ゲーム障害」を疾病に分類 WHOの草案で
ゲーム業界団体は方向展開を求めています。(2018/1/4)

「メンヘラの孤立を解消したい」 支援団体のデータベース作成を目指すクラウドファンディングが実施中
目標は、当事者と支援者のリアルなつながり。(2017/12/29)

最も多い世代は40代:
「心の病」10〜20代で増加傾向 理由は?
うつ病などの「心の病」が10〜20代で増加傾向に。その理由は? 日本生産性本部調べ。(2017/12/20)

スマートウォッチと混同するなかれ
血糖値センサーや心電図モニターがウェアラブルになる未来はすぐそこ
「Apple Watch」や「Fitbit」など、ヘルスケア目的で利用するウェアラブルデバイスからのデータは、臨床現場では価値がないと専門家は言う。ただし、医療専用のウェアラブルデバイスは確かに進化している。(2017/12/13)

精神疾患の苦しみから生まれたホラー再び 海外の病みゲー「Neverending Nightmares」がまさかの漫画化
強迫性障害と鬱病の苦しみから生まれたゲームの漫画化です。(2017/11/30)

ノミネート理由を解説:
17年の「ブラック企業大賞」9社ノミネート NHKなど
“今年1番のブラック企業”を決める「第6回ブラック企業大賞」のノミネート企業9社が発表。NHK、パナソニック、ヤマト運輸などが名を連ねた。(2017/11/28)

世界を「数字」で回してみよう(45) 働き方改革(4):
意味不明の「時短」は、“ツンデレ政府”のSOSなのか
「働き方改革」において、「生産性」に並ぶもう1つの“代表選手”が「時短」、つまり「労働時間の短縮」ではないでしょうか。長時間労働の問題は今に始まったことではありませんが、どうしても日本では「時短」がかなわないのです。それは、なぜなのでしょうか。(2017/11/20)

胃液に反応してシグナル発信:
大塚製薬のデジタル錠剤が承認 センサーで服薬状況記録
大塚製薬が、錠剤にセンサーを組み込んだ医薬品「エビリファイ マイサイト」が米食品医薬品局(FDA)に承認されたと発表。(2017/11/15)

週末珍ゲー紀行:
絶対にネタバレは見ないでください 海外生まれのビジュアルノベル「Doki Doki Literature Club!」があなたに問いかけるもの
ヲタクの妄想に秘められたアンチテーゼ。(2017/10/27)

東京ゲームショウ2017:
アイドルが耳元でささやくVR「透明少女」に思わず赤面 シャンプーの香りも漂う
「ねえ、どっちが好きなの?」――女性アイドルが耳元でささやくVRコンテンツ「透明少女」が登場。映像に合わせ、シャンプーや香水などの香りも。(2017/9/21)

Googleでの「臨床的うつ病」検索結果に「PHQ-9」質問カード
米国のモバイル版Google検索で「clinical depression(臨床的うつ病)」を検索すると、うつ病診断のための「PHQ-9」質問票カードが表示され、入力できるようになった。(2017/8/24)

管理職が学ぶべきメンタルヘルス・マネジメント:
優秀な人材確保には、メンタルダウンしにくい職場づくりから
1つの大きなストレス要因がきっかけの場合もあるが、多くはさまざまなストレス要因が絡み合ってメンタルダウンにつながっている。(2017/8/9)

ユーザー心理をわしづかみ:
市民アスリート集団が開発する健康サービスの“ホンキ度”
ヘルスケアサービスなどを提供する、ネオスという東証1部上場の会社がある。同社のサービスは利用者の気持ちを心底分かっていると人気だ。なぜなら開発メンバーの社員たち自身が市民アスリートとして同じような悩みや課題を経験しているからだ。(2017/7/25)

世界を「数字」で回してみよう(41) 働き方改革(1):
上司の帰宅は最強の「残業低減策」だ 〜「働き方改革」に悩む現場から
あなた(あなたの会社)は、「働き方改革」に本気で取り組んでいますか? 読者の皆さんの中には、「誰かの上司」という立場である方も極めて多いと思われます。そんな皆さんに伝えたい――。シミュレーションで分かった「残業を減らす最善策」、それは皆さんが今すぐ、とっとと帰宅することなのです。(2017/7/13)

声から“心の健康状態”を分析するサービス 日立システムズから
日立システムズが音声を分析して“心の健康状態”を数値化する「音声こころ分析サービス」を発売。本人でも分かりにくい心の状態を可視化し、“こころの不調”の自覚や早期対策を促し、健康経営や働き方改革の推進を支援する。(2017/6/28)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。