ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「不渡り」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「不渡り」に関する情報が集まったページです。

あなたの会社は大丈夫? 『倒産の前兆』を探る(9):
主要取引先に依存する経営への“警鐘” そごう倒産で破綻に追い込まれたアパレル企業に学ぶ
成功には決まったパターンが存在しないが、失敗には『公式』がある。どこにでもある普通の企業はなぜ倒産への道をたどったのだろうか。存続と倒産の分岐点になる「些細な出来事=前兆」にスポットを当て、「企業存続のための教訓」を探る。(2019/9/3)

あなたの会社は大丈夫? 『倒産の前兆』を探る(7):
信用失墜が企業の「死」――親密取引先の破綻で連鎖倒産した“建機レンタル業界の異端児”
成功には決まったパターンが存在しないが、失敗には『公式』がある。どこにでもある普通の企業はなぜ倒産への道をたどったのだろうか。存続と倒産の分岐点になる「些細な出来事=前兆」にスポットを当て、「企業存続のための教訓」を探る。(2019/8/16)

世界を「数字」で回してみよう(49) 働き方改革(8):
私を「疾病者」にしたのは誰だ? 労働と病(やまい)の切っても切れない関係
現代の社会において、労働と病(心身の)の関係は切っても切り離せません。会社組織には、「労働者」を「疾病を抱える労働者」へと変貌させる機能が備わっているのかと思うほどです。今回は、「労働者の疾病」に焦点を当ててシミュレーションを行ってみました。(2018/5/22)

セミナーも開催か:
ジャパンライフ関係者が新会社設立 消費者庁が指導へ
消費者庁が、17年末に事実上倒産したジャパンライフ関係者が新会社を立ち上げ、顧客を集めたセミナーなどを始めていることを明らかにした。(2018/1/15)

国家公務員法違反:
消費者庁職員、ジャパンライフに天下りか 在職中に情報提供?
消費者庁から1年間に4度の業務停止命令を受け、事実上倒産したジャパンライフに、同庁の元課長補佐が天下りしていた可能性があることが判明。(2017/12/28)

事実上倒産か:
ジャパンライフ、資金ショートで銀行取引停止処分
東京商工リサーチによると、健康用品販売のジャパンライフが銀行取引停止処分を受けた。12月20〜21日に手形が不渡りとなったためで、東京商工リサーチは「事実上の倒産」とみている。(2017/12/26)

世界を「数字」で回してみよう 人身事故(29):
大いなるタブーなのか――人身事故を真面目に検証する
電車を日常的な移動手段にしている者にとって、疲れ果てている時、急いでいる時に発生した人身事故ほど、心が疲弊するものはありません。ですが、声を大にして人身事故を批判することはタブーである、という暗黙の了解が、なぜか存在するのです。今回から始まる新シリーズでは、この「(電車での)人身事故」について、「感情的に」ではなく「数学的に」検証したいと思います。(2016/4/25)

事務ごよみ:
3月決算の方針の検討と準備事務を――3月の事務ごよみ【経理・税務】
決算に当たっては、まず自社の決算方針を定めることから始まります。決定した決算方針をもとに、実地棚卸、現金・受取手形・売掛債権・有価証券などの実査、各種引当金の設定資料の準備などを段取りよく進めましょう。(2015/2/25)

RPGで理解する生産管理(2):
RPGクリアに欠かせないアイテム管理と在庫管理
製造業にとって重要な要素である「生産管理」ですが、なかなか初心者には理解するのが難しい……。そんな生産管理初心者に向け、RPG(ロールプレイングゲーム)になぞらえて分かりやすく生産管理を解説する本連載ですが、第2回となる今回は、5Sと在庫管理について紹介します。(2015/2/20)

企業のネット炎上・風評被害を防ぐ方法はある?
炎上を未然に防ぎ、炎上してしまった時の対処法を学べる書籍を紹介。(2015/2/3)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
「予告編詐欺」な製品が増えているワケ
画期的な製品だと派手に発表された製品を予約し、やっと入手できたと思ったら、まるで「その域に達していなかった」──こうしたケースが近年増えている。その理由は一体何か。そして、こうした地雷を踏んでおきながら「お布施」と割り切ってよいものか。(2014/2/21)

ビジネス英語の歩き方:
『半沢直樹』の世界、外国人に英語で説明するには何といえばいい?
最終回の視聴率が42.2%と大ヒットとなったドラマ『半沢直樹』。このドラマが描く日本の銀行社会を外国人に説明しようと思うと、ちょっと大変かもしれません。「同期」「出向」など英訳が難しいキーワードが多いのです。(2013/9/26)

かつて、ぼくたちをビリビリさせたアルミPCケースがありました:
星野アイエヌジー、廃業
金属製PCケースを中心に販売してきた星野アイエヌジーが、6月15日に、営業を停止して廃業することを、自社Webページで明らかにした。(2012/6/15)

生き残れない経営:
ドラッカーの真意と夢にまでうなされたプロフィットセンターの実態
ドラッカーは難解だ。例えば、ドラッカー理論の最も基本的な部分「企業の目的は顧客創造である」に関わるテーマであるが、筆者が若い頃から嫌というほど経験し、泣かされてきた。(2010/9/30)

韓国携帯事情:
“謎の国”北朝鮮のケータイ事情に迫る
自他とも認めるケータイ大国の韓国。だがその隣国である北朝鮮のケータイ事情についてあまり知られることは少ない。韓国メディアが報じた内容から、北朝鮮ケータイの実情に迫った。(2009/6/24)

手形を渡したら喜ばれた。なぜ?
(2009/4/16)

集金したらその場で記帳 「モバイル通帳プリンタ」、NTTデータが販売
信用金庫の渉外担当者が、訪問先で集金したらその場で通帳に記帳できるようにする「モバイル通帳プリンタ」の販売をNTTデータが始める。(2009/3/24)

トランスデジタルが2回目不渡り JASDAQ上場廃止
トランスデジタルが2回目不渡りを出して事実上倒産し、JASDAQは上場廃止を決めた。(2008/9/1)

韓国携帯事情:
韓国を悩ます「テポフォン」問題とは?――2006年 携帯電話事件簿
WiBroやHSDPAなどの商用化が始まり、4G携帯への第一歩を歩み出した今年の韓国携帯業界。一方でキャリアやメーカーの再編、携帯と青少年の問題、携帯を使った犯罪の多発などが話題となった。(2006/12/25)

星野金属の不渡り余波:
「製造再開は今少し時間がかかる」――ソルダム
ソルダムは、星野金属工業の“事実上の倒産”による影響や、業務の対応状況などについて経過説明を行った。(2006/7/24)

韓国携帯事情:
高性能バッテリー開発も停止──広がるVK Mobile倒産の影響
7月10日に資金難から事実上倒産したVK Mobile。同社の倒産の影響は、端末供給だけでなく、合弁事業や高性能バッテリーの開発などにも影響を及ぼしている。(2006/7/21)

「WiNDy」PCケース製造元・星野金属工業が不渡り
「WiNDy」ブランドのPCケースを販売するソルダムによると、生産委託先の星野金属工業が1回目の不渡りを出し、生産を停止する事態に。(2006/7/11)

ソルダム生産委託先の星野金属工業が不渡り
ソルダムは、同社製品の生産委託先となる星野金属工業が、不渡りにより生産停止となったと発表した。ソルダムでは今後も通常営業を行なうほか、サポートの継続と原状回復を行なっていく予定。(2006/7/11)

韓国携帯電話メーカーVK Mobileが事実上倒産
6月末に不渡りを出し、会社の存続が危ぶまれていた韓国の携帯電話メーカーVK Mobileが事実上倒産した。(2006/7/10)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。