ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「家畜」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「家畜」に関する情報が集まったページです。

仏で動物愛護に関する法案が可決、ペット店での犬猫販売・水族館のイルカ飼育が禁止に 動物愛護団体と水族館の反応を取材
動物愛護に関する法案が可決されました。(2021/12/1)

蓄電・発電機器:
「ギ酸」で発電できる新型燃料電池、ジェイテクトが50W級の開発に成功
ジェイテクトは酢酸製造や樹脂製造の副産物であるギ酸を利用して発電できる新しい燃料電池を開発。手に入りやすく安全なギ酸で発電できる、環境性能の高い燃料電池として実用化を目指すという。(2021/11/10)

光ファイバーで「スマート酪農」に挑むYeo Valley【後編】
「スマート酪農」で乳製品をよりおいしく  乳製品メーカーの高速ネット活用法
英国の乳製品メーカーYeo Valleyは、新しく構築した高速ネットワークを業務効率化だけでなく、さまざまなビジネスに生かそうとしている。どのように活用するのか。(2021/10/20)

「ハイパースケールクラウド」から学ぶ【第1回】
一般企業もまねしたい「大規模クラウド」の設計・運用ノウハウとは?
企業は「ハイパースケールクラウド」の知識を取り入れれば、ストレージの設計や運用を最適化できる。何を学べばいいのか。(2021/10/14)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
食用油、大豆、小麦、肉、卵の「値上げ」が連鎖! 背景にある中華料理の“爆食い”と不作
食用油、大豆、小麦、コーヒー、卵、肉などの値段が上がっている。食用油は今年に入って3度目の値上げとなっている。背景に何があるのか?(2021/8/27)

スイーツ、フィットネスジム、紙芝居 大学生社長のコンサル企業が、SDGs商品を次々とリリース
SDGs推進のコンサルティングを行うネクストエージは、10月までにSDGsを推進するオリジナル商品を続々とリリースする。同社のSDGsブランドであるENA(Ethical New Action)シリーズから発表。中小をはじめとした多くの企業にSDGsを考えるきっかけを提供することで売り上げ拡大を狙う。(2021/8/25)

畜産業界のAIカンパニー:
夢破れた格闘家、年商1億円の社長に NTT東、プリマハムも認めた「儲かる畜産」
格闘家人生を諦めた吉角裕一朗さんは、社長を目指し、地元熊本で2つの事業を立ち上げた。それぞれ年商1億円規模に成長させている。東京で夢破れた若者が、格闘技とはまったく関係のないビジネスの世界でなぜ成功することができたのだろうか。(2021/7/3)

司書みさきの同人誌レビューノート:
鳥インフルが発生したとき獣医師はどう対応するのか 同人誌『鶏殺処分日記』が伝える、現場のリアル
過酷な現場をかわいらしい絵で表現。(2021/6/27)

飼い主「自分もアライグマと思っているのだろうか?」 アライグマの子どもたちと一緒にごはんを食べる子犬
アライグマと一緒にディナー?(2021/6/24)

米陸上選手「ドーピングに引っ掛かったのはブリトーのせい」 4年の出場禁止処分に反論、東京オリンピックの有力候補
髪の毛からは検出されず。(2021/6/16)

6月30日に発売:
キユーピー、卵不使用の「卵商品」を開発 食感は?
キユーピーが国内で初となる「代替卵」を開発した。大豆を原料とし、スクランブルエッグのような見た目と食感を再現した商品になっている。2030年には世界中でたんぱく質が不足する「たんぱく質危機」に直面すると言われている。対策として植物肉が注目を集めているが、代替卵もたんぱく質危機の救世主になるかもしれない。(2021/6/10)

クラウドネイティブ時代のデータベース(1):
クラウドネイティブ時代、データベースに求められる要件を整理する
クラウドネイティブは、その要素技術としてコンテナやマイクロサービスなどを含んでおり、近年の開発において一般的となりつつある。では、データベースにもそうした技術要素は取り込まれていくのだろうか。本連載では、クラウドネイティブ時代のデータベース設計で考慮すべきポイントを検討する。(2021/4/20)

カーボンニュートラルに向けた自動車政策検討会(2):
カーボンニュートラルで石油やLPガスはどう変わる? 運輸業が電動化に望むことは
国土交通省と経済産業省は2021年3月26日、「カーボンニュートラルに向けた自動車政策検討会」の第2回の会合を開催した。同検討会は、2020年末に経済産業省が中心となって発表した「2050年カーボンニュートラルに伴うグリーン成長戦略」の実現に向けた自動車分野での取り組みを検討するため、関係する業界からヒアリングを行っている。(2021/3/30)

「号泣しながら読んだ」「真剣に備えます」 東日本大震災を体験した“獣医師の思い”を描いた漫画が心に響く
考えさせられます。(2021/3/21)

IoTで新ビジネスを創出:
PR:Globalstarが日本の衛星IoT市場に本格参入 注目3製品を紹介
(2021/3/8)

材料技術:
世界が挑む「バイオものづくり」、日本は高機能化学品にチャンス
NEDOが短信レポート「環境・エネルギー分野へ貢献するバイオ産業 ―バイオものづくりの課題と可能性―」について説明。日本政府の「バイオ戦略」や「グリーン成長戦略」の達成に求められる「バイオものづくり」を、日本国内でどう進めるべきかについての分析を報告した。(2021/2/4)

ドラマ「賭ケグルイ双」、Amazon Prime Videoで3月配信 犬飼貴丈や生田絵梨花らも出演へ
3月26日から。滾ってしまいますわー。(2021/1/30)

事例紹介:
今年ブレイクしそうな「アップサイクル」、どうやって活用しているのか
「アップサイクル」という言葉をご存じだろうか。不要になったモノに新たな付加価値を与え再利用することだが、今年ブレイクしそうな予感が漂っているのだ。アップサイクルを活用している事例を見ると……。(2021/1/26)

『ミノタウロスの皿』が丑年早々無料公開 藤子・F・不二雄の傑作で黒い気分を満喫しよう
価値観とはなんぞやと考えさせられるSF短編。(2021/1/5)

スピン経済の歩き方:
焼肉業界で「大豆ミート」が主流になる、これだけの理由
外食産業が苦戦する中、「焼肉」が健闘している。カルビやハラミなどを好む人が多いだろうが、近い将来、肉を食べることができない日がやって来るかもしれないのだ。どういうことかというと……。(2020/12/15)

自然エネルギー:
家畜のふん尿が発電の原料に、LPガス化触媒を新開発
古河電気工業は2020年12月2日、家畜などのふん尿から得たバイオガスをLPガスに変換する触媒技術を開発したと発表した。今後この技術を利用した実証を進め、2030年の実用化を目指すという。(2020/12/4)

製造業DX推進のカギを握る3D設計(5):
3Dデジタルツインを再考する
日本の製造業が不確実性の高まる時代を生き抜いていくためには、ITを活用した企業の大変革、すなわち「デジタルトランスフォーメーション(DX)」への取り組みが不可欠だ。本連載では「製造業DX推進のカギを握る3D設計」をテーマに、製造業が進むべき道を提示する。第5回は製造業の新しい働き方を実現する有効な手段であり、それを支える「3Dデジタルツイン」について再考する。(2020/12/2)

スマートシティー:
バイオマスの町「鹿追町」と鹿島が、エネ地産地消などスマートソサエティー構想
鹿島建設は、北海道河東郡鹿追町と、バイオガスを活用したエネルギーの地産地消を軸に、地域活性化や住民サービスの向上などにつながる5つの施策に取り組むため、連携協定を交わした。(2020/11/16)

最大4個のGNSS衛星群を追跡:
ユーブロックス、GNSS測位プラットフォーム発売
ユーブロックスジャパンは、丈夫で消費電力が極めて小さいGNSS(全地球測位システム)測位プラットフォーム「u-blox M10」の販売を始めた。(2020/11/10)

意味がわかると怖い話:「潜入捜査」
教団の目的は……。(2020/11/8)

「わたしはお肉を食べることをやめました」 吉川ひなの、肉断ち宣言 環境問題に対する“個人的な取り組み”
動物たちの現状には「本当に悲しくなりました」。(2020/11/4)

食いしん坊ライター&編集が行く! フードテックの世界:
大豆を“肉”にどう変える? 焼肉やステーキはできる? ファミマと不二製油に聞いた
焼き肉やステーキなど、ごちそうに直結する食材である肉。肉に代わる食材として「大豆ミート」が注目を集め、最近はコンビニでも手に入るようになった。大豆ミートはどのように作られ、なぜ注目されているのか――国内でいち早く開発に取り組んできたファミリーマートと不二製油に聞いた。(2020/9/30)

AI・機械学習のデータセット辞典:
Reuters newswire:ロイターのニュース記事のトピック分類データセット
データセット「Reuters newswire」について説明。1万1228件のロイターニュース配信テキストに対するトピック分類問題が扱えるデータセットについて説明する。TensorFlow/Kerasにおける利用コードも紹介。(2020/9/16)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
シトロエン・ベルランゴ 商用車派生ミニバンの世界
商用車と商用車ベースのクルマにはまた独特の良さがあって、筆者もそういう世界は聞きかじり程度に知っている。こんな世界にこの8月、ニューカマーとして日本市場にやってきたのがこのシトロエン・ベルランゴである。いろいろ覚悟ができる人にとって、ノア/ボクシーを避けつつ、家族をもてなすクルマという意味での存在価値はそれなりに高い。さらにいえば、運転することの楽しさも放棄しないで済む。(2020/9/7)

環境と健康:
セブンが大豆ミートを使った商品を発売 ファミマやローソンでも進む開発
セブンが大豆ミートを使った商品を九州で先行販売する。健康意識の強い顧客にアピールする。ファミマやローソンも同様の商品開発を進めている。(2020/8/21)

牛のお尻に目の模様を描くと肉食獣から守れる 豪大学が研究結果を発表
模様によって捕食される数に違いがありました。(2020/8/14)

世界を「数字」で回してみよう(64)番外編:
あの医師がエンジニアに寄せた“コロナにまつわる13の考察”
あの“轢断のシバタ”先生が再び(いや、三たび?)登場。現役医師の、新型コロナウイルスに対する“本気の考察”に、私(江端)は打ち震えました。今回、シバタ先生が秘密裡に送ってくださった膨大なメール(Wordで30ページ相当)に書かれていた、13の考察をご紹介します。(2020/7/23)

毎日が“戦場のような忙しさ” パン屋で働いていたときの大変さを描いた漫画に反響あつまる
「おいしい」の裏の戦場。(2020/5/29)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
「上司の顔色伺い」は激減? テレワークでは通用しない“働かないおじさん”
新型コロナによって、多くの企業がテレワークや在宅勤務の導入を余儀なくされた。今後は新しい働き方として定着していくだろう。そうなると、上司と部下の関係も変わる。前例や慣習が通じない世界が待っている中、新しい上司部下関係を構築していく必要がある。(2020/5/22)

無印良品が大まじめに“コオロギせんべい”を発売 世界の食糧危機対策として昆虫食を提案
エビに近い、香ばしい味。(2020/5/13)

ねこのトリセツ 〜毛柄と性格って関係するの?〜
ネコの毛柄の違いによって、性格が違う……!?(2020/5/3)

好物を聞くとイメージが変わるマリー・アントワネット 彼女が愛した素朴な郷土料理「クグロフ」とは
パンがなければケーキを食べれば……なんて言ってないらしい。(2020/4/8)

ミツバチの社会から私たち人間が学ぶべきこととは
(2020/3/9)

ケンタッキー全国一食べる沖縄県民、でも鶏肉消費量は44位のワケ
ケンタッキーフライドチキンの1人当たりの消費量をみると、全国トップは沖縄県だ。コンビニやスーパーなどが“チキン戦争“に参入し、しのぎを削っているが、那覇市の一世帯の鶏肉消費量は意外にも44位。なぜ……?(2019/12/24)

「伝統とこだわり」をどう確立したのか:
“辺境の密造酒”スコッチ・ウイスキーが世界を制した訳――「資本主義の酒」の歴史的マーケティング
実は「辺境の密造酒」から始まったスコッチ・ウイスキー。「伝統とこだわり」のブランドを維持しつつどう世界に羽ばたいたか。人気ラノベ作家が歴史から迫る。(2019/12/27)

おいしい昆虫食の開発目指す無印良品、20年に「コオロギせんべい」発売へ
(2019/11/22)

5Gのユースケース【後編】:
5Gで加速する小売業、農業、AIの進化
5Gは小売業や農業、自動運転車やAIにどのような恩恵をもたらすのか。5Gによって実現する技術やイノベーションとは何か。各業界の識者が5Gの可能性を紹介する。(2019/11/20)

謎肉とは関係ありません:
「培養肉」を食べてみたいですか? 培養ステーキ肉の実用化を進める日清食品HDが調査
日清食品ホールディングスが調査を実施。世界的に注目されている「培養肉」について聞いた。実は同社は培養肉の開発も推進している。(2019/11/13)

浜田寿人の肖像【中編】:
「WAGYUMAFIA」 代表・浜田寿人が明かす“挫折からの復活劇”――そして「世界一」への果てしない挑戦
“和牛輸出王”浜田寿人がたどってきた道のりから、最高級の和牛ブランドを世界に広めているWAGYUMAFIAのビジネスモデルに迫る――。設立からわずか3年で急成長を続けるWAGYUMAFIAは、国内では堀江の事業というイメージが強いかもしれない。だが、実質的にトータルプロデュースと海外戦略を担当しているのは浜田だ。中編では共同設立者の“ホリエモン”こと堀江貴文との再会と、WAGYUMAFIAのブランディングの秘密に迫る。(2020/1/9)

湯之上隆のナノフォーカス(16):
日韓経済戦争の泥沼化、短期間でフッ化水素は代替できない
日本政府による対韓輸出管理見直しの対象となっている3つの半導体材料。このうち、最も影響が大きいと思われるフッ化水素は、短期間では他国製に切り替えることが難しい。ただし、いったん切り替えに成功すれば、二度と日本製に戻ることはないだろう。(2019/8/19)

ドローン:
2030年のスマート農業関連市場、ドローン活用が大幅に拡大へ
富士経済は、スマート農業関連市場の調査結果を発表した。2030年のスマート農業関連市場は、2018年比で53.9%増の1074億円と予測。農業用ドローンおよび農業用ドローン活用サービスの市場が大幅に拡大すると予測した。(2019/8/16)

医療機器ニュース:
高濃度臭気を安全、効果的に除去する次亜塩素酸水溶液脱臭システム
キヤノンマーケティングジャパンは、畜産業向けの「次亜塩素酸水溶液脱臭システム」を発表した。炭酸ガスを混合した次亜塩素酸水溶液を高濃度臭気に接触させることで、臭気を安全、安価に除去できる。(2019/7/26)

ディルバート(608):
「自分にしかできない仕事」の作り方
「仕事は自分で作るもの」との説がありますが、ウォーリーの場合、その作り方もやっぱり独特のようで……(2019/6/13)

マンホールをIoT計測しAIで異常検知など、下水道新技術9件を国交省が研究対象に採択
国土交通省は、2019年度のB-DASHプロジェクトと下水道応用技術研究の対象として計9件の新技術を採択した。B-DASHプロジェクトとは、新技術の研究開発および実用化を加速することで、下水道事業における低炭素/循環型社会の構築やライフサイクルコスト縮減、浸水の対策、老朽化対策などを実現し、企業による水ビジネスの海外展開を支援することを目的に、2011年度よりスタートした下水道革新的技術実証事業を指す。(2019/5/17)

料理の名前が「死んだおばあちゃん」!? コミックエッセイ『この社会主義グルメがすごい!!』発売
同人誌で人気の作品の商業版が登場。(2019/5/1)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。