ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「北朝鮮」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「北朝鮮」に関する情報が集まったページです。

世界を「数字」で回してみよう(68)番外編:
「コロナワクチン接種拒否」に寄り添うための7つの質問
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチンについて、必要回数のワクチン接種が完了した割合が70%を超えた日本。今回は、テーマをこれまでとは180度転換し、「コロナのワクチン接種を拒否することが、理論的か否か」について語ってみたいと思います。ワクチン接種を拒否する人も、肯定する人も、お互いの立場に立って、ワクチン接種について考えてみたいのです。今回もおなじみ、“轢断のシバタ先生”が、超大作の「シバタレポート」を執筆してくださいました。(2021/11/1)

『タイムアウト』が調査:
代官山が「世界で最もクールな街」35位に選出 理由は?
『タイムアウト東京』は、「2021年、世界で最もクールな49の街」の日本語版を公開。日本からは東京の代官山が35位にランクインした。その選出理由は……?(2021/10/22)

サイバー犯罪サービスの市場が成熟化:
70ドル以下で手に入る攻撃ツール、Microsoftがサイバーセキュリティレポートを発表
Microsoftはサイバーセキュリティ動向に関する年次レポート「2021 Microsoft Digital Defense Report」を発表した。「サイバー犯罪の現状」「国家の脅威」など6つの分野に焦点を当てている。5つの対策を実施することで基本的なセキュリティ対策を講じることができ、攻撃の98%を防ぐことが可能だという。(2021/10/20)

CIO Dive:
経営者はITエンジニアの「あのクラウドは使いたくない」の声に耳を傾けるべきなのか
世界中のITエンジニアを対象とした調査の結果「使いたくないクラウドインフラ」に明らかな傾向が見えた。だが経営者のクラウドインフラ選定の判断指針はエンジニアの意向だけではないようだ。調査結果をリサーチャーとともに読み解く。(2021/9/15)

テロ、火災……失われた文化財がクローンで蘇る
世界の貴重な文化財を東京芸術大学が特許技術を用いて精密に再現した「クローン文化財」が、愛媛県新居浜市の市美術館「あかがねミュージアム」で展示されている。(2021/8/10)

世界を読み解くニュース・サロン:
東京五輪は「無事に」終わるのか セキュリティ担当者の懸念と不安
東京オリンピックがいよいよ始まろうとしている。本番を迎えるにあたってゴタゴタが続いたわけだが、これで本当に「終わり」なのか。筆者の山田氏はセキュリティに不安を感じていて……。(2021/7/21)

世界を読み解くニュース・サロン:
サイバー攻撃が増えているが、日本は対処できるのか 不安と期待の動き
世界的な大規模サイバー攻撃がニュースをにぎわせているが、日本は大丈夫なのか。「サイバーセキュリティ能力は低い」という報告書もあるが……。(2021/7/8)

巧妙化するサイバー攻撃 「国益守る」警察庁の狙い
警察庁が新たにサイバー局を創設し、捜査を担う直轄隊も設置する方針を示した。その背景には、都道府県のみならず国境さえも超えて巧妙化する攻撃などに対し、国益を守り抜く体制が必要との判断があったとされる。(2021/6/25)

警察庁、サイバー局創設へ 中露北の攻撃警戒、直接捜査も
警察庁が、サイバー被害や国際的なサイバー攻撃に対応する「サイバー局」を、2022年度に創設する構想を明らかにした。付属機関の皇宮警察本部を除き、警察庁が直接的に捜査に乗り出すのは初となる。(2021/6/25)

調査レポート:
世界の5G対応スマートフォン出荷、トップはAppleだがSamsungとVivoが急成長──Stragegy Analytics調べ
Strategy Analyticsによると、第1四半期の5Gスマートフォンの総出荷台数は過去最高の1億3600万台。メーカー別ではAppleが前期に続けて首位だったが、Samsungと中国勢が急成長してシェアを大きく奪った。(2021/6/18)

プライバシー侵害のトップ3は中国、ロシア、UAE:
「顔認識技術」は日本や世界でどのように使われているのか
比較サイトComparitech.comは、顔認識技術利用状況を調査した結果を発表した。日本を含む世界99の国と地域を対象とした調査だ。政府機関や学校など用途別に得点を付けた結果、侵害的に広く利用している国のトップ3は中国、ロシア、UAEだった。ただし、これに続いて日本、チリ、インドが同点で並んだ。(2021/6/11)

TechTarget発 世界のITニュース
米司法省が「ランサムウェア」の被害抑止に本腰 国内外の連携強化へ
米司法省(DOJ)は増大するランサムウェアの脅威に対抗するためのタスクフォースを結成した。被害抑止に向けて、どのような取り組みを進めるのか。(2021/6/5)

世界を読み解くニュース・サロン:
世界中に広がるサイバー攻撃、日本企業は大丈夫なのか
世界的に発生する大規模なサイバー攻撃が大きな話題になっている。米国の首都ワシントンDCの警察も被害を受けたわけだが、日本企業は大丈夫なのだろうか。(2021/5/20)

スピン経済の歩き方:
退職金4000万円上乗せ! パナの「50代狙い撃ちリストラ」は“正解”なのか
パナソニックが「50代社員」を対象に、大規模なリストラに踏み切る――。ダイヤモンド編集部が同社の内部資料を入手して報じたわけだが、“働かないおじさん”をターゲットにしたことは吉と出るのだろうか。長い目で見ると……。(2021/5/18)

日本の最長距離列車は「新幹線のぞみ」、では「世界の最長距離列車」は何?
シベリア鉄道のロシア号かな……? いえ、ちょっと違います。(2021/5/17)

北斗晶&佐々木健介、26年前の“北朝鮮での出会い”を祝福 2ショット公開し「そこで初めて会ったこの人と愛の不時着」
恋のキューピッドはアントニオ猪木さん。(2021/4/27)

BlackBerryが2021年版 脅威レポートを発表:
コロナ禍のセキュリティ侵害、20%がテレワーク経由 2021年に警戒すべき3つの脅威とは
BlackBerry Japanは2020年のセキュリティ侵害の特徴や傾向などを分析した「脅威レポート2021」を発表。身代金を要求する二重脅迫型ランサムウェアが増加していると指摘した。(2021/4/22)

「整形した? て言われる」 エハラマサヒロ、15歳の写真に“面影ゼロ” 「何があったの!?」と注目集まる
何が彼を変えたのか。(2021/4/20)

Lazarus APTが検出回避技術を開発か PNGにzlibオブジェクトをBMPとして埋め込む
持続的標的型攻撃の実行グループが使う手法や技術は洗練化と巧妙化が進む。サイバー攻撃グループ「Lazarus APT」は、PNG画像の中にBMP画像に見せかけたzlibオブジェクトを仕込む技術を開発した。(2021/4/21)

PR:サイバー戦争に“普通の企業”が巻き込まれる現実 専門家が語る「フィッシング対策」が重要な理由
2021年1月、悪名高いマルウェア「Emotet」がテイクダウンされたことは大きなニュースになった。かといって安心はできない。昨今頻発するフィッシング攻撃の背景には、それらを入り口とした“サイバー攻撃エコシステム”の進化に加え、攻撃を“業務”として民間に委託する国家の存在があるという。一体何が起こっているのか。(2021/4/1)

370億ドルから増額:
バイデン大統領、半導体業界支援に500億ドル投入へ
米国バイデン大統領は2021年3月31日(米国時間)、2兆米ドル規模のインフラ投資計画を発表し、米国半導体業界の国内生産回帰の実現に向け、500億米ドルを割り当てることを明らかにした。(2021/4/6)

サイバー犯罪者が偽セキュリティ企業を設立か Googleが報告
Googleの脅威分析チームが、北朝鮮政府に支援されているとみられるサイバー犯罪者が偽のセキュリティ企業をでっち上げたようだと発表した。セキュリティ研究者をだますための偽のサイトだとGoogleは分析している。(2021/4/3)

TechTarget発 世界のITニュース
暗号資産を盗んだ疑いで北朝鮮のハッカー3人を起訴 「WannaCry」にも関与か
米司法省は、北朝鮮の情報機関所属のハッカー3人を10億ドル以上の暗号資産を盗んだ疑いで起訴した。ただしこれは氷山の一角にすぎない。(2021/3/31)

Twitter、世界的指導者アカウントの取り扱いについてのアンケートを開始
ドナルド・トランプ前米大統領の公式アカウントを(同氏が在職中に)永久凍結したTwitterが、今後世界的指導者の公式アカウントをどう扱うべきかについて、ユーザーの意見を求めるアンケートを開始した。日本語版も間もなく公開される見込みだ。(2021/3/21)

「真実でなく事実」を伝える男・丸山ゴンザレスに聞く“諜報活動のリアル”
映画「太陽は動かない」公開にかこつけて、私たちの知らない世界を聞きました。なお映画については「令和のタカとユージ」とのこと。(2021/3/5)

「愛の不時着」カップルが新作CMで共演 ラブラブぶり感じるシーンに「チョコレートより甘い甘いギフト受け取りました」
実生活でも交際中。(2021/2/15)

世界を読み解くニュース・サロン:
「就職希望です!」「研究成果を見て!」――巨大IT企業も狙われる、北朝鮮の巧妙な“攻撃”手口
北朝鮮のサイバー攻撃がまたニュースになっている。米国ではグーグルに対して、コンピュータ研究者を装って接触する攻撃を仕掛けた。過去には就職希望を装ってメールし、リンクをクリックさせる手口も。コロナ禍の混乱の中、日本も油断は禁物だ。(2021/2/4)

セキュリティ研究者狙い撃ちの攻撃キャンペーンをGoogleが警告 背後に北朝鮮か
Googleが、セキュリティ研究者を標的とした攻撃キャンペーンが数カ月前から進行中だと警告した。最新版のWindows 10とChromeブラウザを使っていても被害に遭ったケースもある。(2021/1/26)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
このままでは第2の「珪藻土・アスベスト」事件が起きる ニトリやカインズは真相を解明できるか
2020年末、珪藻土バスマットなどにアスベスト(石綿)が混入していたとして大騒動になった。はたして、真相は解明されるのか。結局は、“うやむや”にされてしまう可能性もある。(2021/1/14)

ランサムウェアの脅威が変化:
Microsoft、サイバーセキュリティ年次レポート「Digital Defense Report」を公開
サイバーセキュリティ動向に関するMicrosoftの年次レポート「Digital Defense Report」は、攻撃者がこの1年間に手口を急速に巧妙化させているために、攻撃の検知が困難になったこと、セキュリティに詳しい人をも脅かしていることを明らかにした。最も基本的な対策の一つが多要素認証(MFA)だという。(2020/10/12)

この頃、セキュリティ界隈で:
セキュリティ企業が描き出す「歪曲された」実態 大学研究者が検証
サイバー攻撃の実態として報道されているものにはバイアスがかかっているという報告。(2020/9/23)

「見えないWeb攻撃」──情報漏えい対策の盲点:
ウイルスには“ワクチン注射” 記録に残らない「Webスキミング攻撃」の可視化と対策の最前線
“見えないWeb攻撃”の一つである「Webスキミング」にどう対抗すればいいのか。CDNサービスを手掛けるアカマイ・テクノロジーズの中西一博氏が対策方法の最前線を解説する。(2020/9/18)

スピン経済の歩き方:
そろそろ「旅行だから、学校休みます」を認めませんか? 戦後最悪GDPから脱するために
新型コロナの感染拡大に伴い、日本経済が大ダメージを受けている。4〜6月期の実質GDPは、戦後最悪の年率27.8%減。このままだと7〜9月期も大変なことになりそうだが、筆者の窪田氏は「旅行を理由に学校を休む自由」を認めるべきだという。どういう意味かというと……。(2020/8/18)

金脈は身近なところにある:
「景気後退認定」で露呈した“経済指標のタイムラグ”埋めるか 巨大市場となったオルタナティブデータ業界
政府の「景気後退認定」によって発表される経済指標にはタイムラグがあることが露呈された。もう少し経済の状況をリアルタイムに把握できないのか。速報性のある経済指標を算出しようとするオルタナティブデータが注目されている。経済アナリストの森永康平が解説する。(2020/8/7)

EU、中国やロシアの個人と組織に制裁 マルウェア「WannaCry」「NotPetya」などに関与
制裁対象となる中国人2人とロシア人4人および中国、ロシア、北朝鮮の3組織は、マルウェアを使った大規模攻撃や世界の企業を標的とするサイバースパイ活動に関与したとされる。(2020/7/31)

米司法省、中国人2人を新型コロナ関連情報窃盗目的のサイバー攻撃で起訴
米司法省が、中国政府と繋がりがあるとみている2人の中国人ハッカーを起訴した。新型コロナウイルス感染症対策ワクチン関連情報などを盗んだとしている。(2020/7/22)

スピン経済の歩き方:
「新人は白シャツ」「ツーブロック禁止」 会社や学校で、“謎ルール”が存在している事情
会社で「新人は白シャツ強制」、学校で「ツーブロック禁止」――。日本の会社や学校で、意味不明な“謎ルール”が存在しているが、なぜ昭和的な発想がいまもはびこっているのか。筆者の窪田氏はこのように見ていて……。(2020/7/21)

Facebook、匿名化OS「Tails」ユーザーの正体暴く技術を開発 米FBIへ提供していたことが明らかに
米Facebookが米連邦捜査局(FBI)に協力し、犯罪者のネット上での足取りを割り出す技術を開発、提供していたことが分かったと、米ニュースサイトが報じた。この技術の利用により、ネット上での動きを“匿名化”していた性犯罪者の逮捕に至ったという。日本でも、ウイルスを使った捜査を取り入れるか検討の準備が始まっている。(2020/6/30)

世界を読み解くニュース・サロン:
「追加で8万円給付」の詐欺メール 背後に“外貨がほしい”北朝鮮の影
北朝鮮が新たな大規模サイバー攻撃を始めた。目的は、新型コロナで疲弊する国家財政を補う外貨の獲得。各国政府が給付する支援金をネタにした偽メールを大量に送付している。北朝鮮のサイバー攻撃能力は高い。手口を知り、冷静に対処することが必要だ。(2020/6/25)

Twitter、トランプ米大統領のツイートに初めて信頼性関連のラベル追加
Twitterが、トランプ米大統領のツイートに初めてラベルを表示した。郵送投票は詐欺に繋がると主張するツイートに表示されるラベルをタップすると、それを否定する説明が表示される。(2020/5/27)

スピン経済の歩き方:
コロナ不況を乗り切るために「コンビニバイトの時給アップ」が必要なワケ
新型コロナウイルスの感染拡大によって、「コロナ不況がやってくるのではないか」といった声が出てきた。そうした状況のなかで、筆者の窪田氏は「コンビニバイトの時給をあげるべき」と主張する。どういう意味かというと……。(2020/4/21)

世界を読み解くニュース・サロン:
“テレワーク急増”が弱点に? 新型コロナで勢いづくハッカー集団の危険な手口
新型コロナウイルス感染拡大で世界が混乱する中、それに便乗したサイバー攻撃が激増している。中国やロシアなどのハッカー集団が暗躍し、「弱み」につけ込もうと大量の偽メールをばらまいている。新型コロナに関する情報と見せかけたメールには注意が必要だ。(2020/3/19)

“いま”が分かるビジネス塾:
トイレットペーパー買い占めに走る人を“情弱”と笑えない真の理由
新型コロナで広がるトイレットペーパー買い占め。買ってしまう人を笑う風潮に筆者が苦言。「頭がいい」と思ってる人ほど落ち込むワナがそこにある。(2020/3/17)

映画「PMC:ザ・バンカー」レビュー 北の最高指導者を捕まえることになった特殊部隊のド派手アクション大作
「単にハリウッドっぽいアクション映画ってだけでは収まらないぞ!」という心意気。(2020/3/14)

スピン経済の歩き方:
「新型コロナには一致団結で!」と叫ぶ組織が、残念な結果を招く理由
新型コロナウイルスの対応について、各国から批判の声があがっている。クルーズ船に3711人を閉じ込めたこと、乗客を下船させたこと、公共交通機関で帰宅させたこと。日本には“優秀”な官僚や感染対策の専門家がいるのに、なぜこのような事態を招いてしまったのか。(2020/2/25)

スピン経済の歩き方:
新型コロナ感染拡大でも、日本が「中国人」を受け入れ続ける理由
日本国内でコロナウイルスの感染拡大が本格的に始まった。アメリカやオーストラリアなどは中国全土からの外国人入国拒否という対応をとったのに、なぜ日本は同じことができないのか。筆者の窪田氏は、できない理由として……。(2020/2/18)

米司法省、Huaweiと子会社を追起訴 RICO法違反や企業秘密窃盗罪で
Huaweiは、組織犯罪取り締まりを目的としたRICO法違反の共謀罪、米国企業の知的財産を不正に流用したとされる企業秘密窃盗罪、北朝鮮とイランへの商品やサービス輸出に関与した罪に問われている。(2020/2/14)

米司法省、中国Huaweiを16の罪で追起訴
昨年1月にHuaweiを技術窃盗などの罪で起訴した米司法省が、詐欺などの新たな罪で同社を追起訴した。Huaweiは「この申し立てが無根拠で不公平だと証明する」としている。(2020/2/14)

スピン経済の歩き方:
日本社会から「単身赴任」がなくならない、根本的な理由
「4月から転勤することになったよ」と嘆いているビジネスパーソンもいるのでは。家族を残して「単身赴任」する人もいるだろうが、そもそもなぜこのような制度が存在しているのだろうか。歴史をさかのぼると、根深い理由が存在していて……。(2020/2/11)

人類滅亡までのカウントダウン「世界終末時計」の針が「残り100秒」に進み過去最短に 核の脅威と地球温暖化が影響
2つの脅威に対する国際的な取り組みが弱まっていると指摘しています。(2020/1/24)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。