ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  D

  • 関連の記事

「DreamWorks」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「DreamWorks」に関する情報が集まったページです。

NHKアニメ「ピアノの森」キャスト・スタッフ発表 主演カイ役に斉藤壮馬、アニメ制作はガイナックススタジオ
放送が待ちきれない。(2018/1/31)

「ベアブリック」をテレビアニメに 電通とDreamWorksが共同製作
電通はDreamWorksと、クマ型フィギュア玩具「BE@RBRICK」(ベアブリック)を原作としたアニメの共同企画開発契約を結んだ。(2017/12/25)

“日本が知らない”海外のIT:
テレビと会話し、ストーリー分岐 “テレビ離れ”防ぐ番組作りの今
“テレビ離れ”の流れに対抗できるか。視聴者がストーリーの行方を選択できる「インタラクティブストーリー」とは何なのか?(2017/12/15)

「ヴォルトロン」ついに日本で配信開始! 「百獣王ゴライオン」合体メカのわくわくが蘇る
待ちわびました!(2017/7/6)

ねっと部:
ハリウッド実写版「攻殻機動隊」、アニメ版声優が日本語吹き替え 田中敦子さん、大塚明夫さん、山寺宏一さんが担当
ハリウッド版実写「GHOST IN THE SHELL」で、アニメ版「攻殻機動隊」の声優陣が再集結。田中敦子さん、大塚明夫さん、山寺宏一さんが声を演じる。(2017/3/10)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
審査委員長直伝! 第9回「ブルーレイ大賞」レビュー(後編)
(2017/3/9)

バトーさんも初お目見え:
ハリウッド版「GHOST IN THE SHELL」の東京発イベントで2分30秒トレーラー初公開
日本の士郎正宗作品「攻殻機動隊」のハリウッド版実写映画「GHOST IN THE SHELL」のイベントが東京で開催され、監督が配役などについて語った。2分30秒のトレーラーも公開された(記事に転載)。(2016/11/14)

目印は赤白ボーダー! 「コップのフチ子とウォーリーをさがせ!」10月31日より捜索スタート!
シークレットもあります。(2016/10/20)

ハリウッド版「Ghost In The Shell」のプロデューサー、「必ず満足してもらえる」と自信
実写版「攻殻機動隊」のプロデューサーが、日本人のはずの主役(草薙素子少佐)に白人のスカーレット・ヨハンソンを配したことを含め、見た人を満足させることができると請け合った。なお、主役は「草薙素子」ではなく「少佐」と呼ばれるとしている。(2016/7/5)

「攻殻機動隊」ハリウッド実写版に日本人女優の福島リラが出演のうわさ
主人公の日本人(完全義体だが)を白人のスカーレット・ヨハンソンが演じることで“ハリウッドの白人化”だという批判もある「攻殻機動隊」の実写版「GHOST IN THE SHELL」に、日本人女優の福島リラが出演する。(2016/5/26)

ITはみ出しコラム:
「攻殻機動隊」実写版キャストで今分かっていること
「少佐」の写真が初公開され、注目が高まってきました。(2016/4/17)

「攻殻機動隊」ハリウッド実写版、草薙素子の画像が初公開 主な配役も発表
ハリウッド版「攻殻機動隊(GHOST IN THE SHELL)」の撮影が始まったとして、Paramount PicturesとDreamWorks Picturesがスカーレット・ヨハンソン扮する草薙素子の画像を公開した。荒巻課長(北野武)以外の主な配役も発表された。(2016/4/15)

雪ミク×日本ハムファイターズのコラボみたび発動! バッティングセンターで雪ミクさんが全力投球しますぞ!
天使の雪ミクさん、バーチャル投手として北の大地に登場。(2016/2/6)

1980年代の米ロボットアニメ「ボルトロン」をNetflixがリメイク決定 DreamWorksとの強力タッグで
日本の「百獣王ゴライオン」と「機甲艦隊ダイラガーXV」を合体させた謎アニメがよみがえる。(2016/1/6)

3DCG映画の制作現場から学ぶ:
日本人サーフェイサーが語る「ヒックとドラゴン」の映像進化とその制作プロセス
オートデスク主催のユーザーカンファレンス「Autodesk University Japan 2015」において、ドリームワークス・アニメーションで活躍する日本人“サーフェイサー”山本原太郎氏が登壇。日本未公開の「ヒックとドラゴン2」の制作における取り組みと挑戦について語った。(2015/10/20)

Hulu、パラマウント映画の配信を開始――第1弾は「トランスフォーマー」「インディ・ジョーンズ」「シュレック」など48作品
動画配信サービス「Hulu」は、パラマウントとライセンス契約を結び、9月7日から順次映画作品の配信を開始する。第1弾は「トランスフォーマー」シリーズ、「インディ・ジョーンズ」シリーズなど。(2015/8/25)

ガンダム、エヴァなど日本のコンテンツ多数登場のSF小説「ゲームウォーズ」 スピルバーグ監督で映画化決定
なんかめっちゃ楽しそう!(2015/8/8)

まるでフィギュアのよう ドリームワークスのアニメーターが作った3Dカップケーキのクオリティが高すぎる
食べるのがもったいないかわいさ。(2015/4/5)

やったあああああ! 「ヒックとドラゴン2」、東京アニメアワードフェスティバルで公開!
オープニング作品として公開決定。(2015/2/23)

「攻殻機動隊」実写版、米国封切りは2017年4月14日
スカーレット・ヨハンソンが草薙少佐役に決まったとうわさのDreamWorks Studiosの実写版「Ghost In The Shell」の封切りが2017年4月14日に決定したとWalt Disney Studioが発表した。(2015/1/14)

アニメ映画「ヒックとドラゴン2」が「ベイマックス」をおさえてゴールデングローブ賞を受賞!
むっちゃ見たいけど、日本では公開されてないぞ!(2015/1/12)

ファン待望の「攻殻機動隊」ハリウッド実写版 草薙素子役はスカーレット・ヨハンソンか
2008年の制作発表から、プロジェクトが大きく前進しつつある。(2015/1/6)

「攻殻機動隊」のハリウッド実写版、草薙素子役はスカーレット・ヨハンソン
攻殻機動隊ファンのスティーブン・スピルバーグ氏が率いるDreamWorks Studiosが制作する実写版「攻殻機動隊」の主役に「LUCY/ルーシー」などで活躍するスカーレット・ヨハンソンが決定したとThe Varietyが報じた。(2015/1/6)

ソフトバンク、「GODZILLA」手がけた米映画会社に270億円出資
ソフトバンクは、ハリウッド版「GODZILLA」などを手がけた映画会社・Legendaryに2億5000万ドル(約270億円)を出資する。(2014/10/3)

ソフトバンクがDreamWorks Animation買収交渉──米報道
Alibaba上場で約46億ドルの利益を得たソフトバンクが、米アニメ映画製作大手DreamWorks Animationに約34億ドルでの買収を提案していると複数のメディアが報じた。(2014/9/29)

「ヒックとドラゴン2」日本公開を求める署名運動にまさかの監督本人降臨 → 突然のサプライズにファン大歓喜!
配給会社さああああああん!(2014/9/8)

「トランスフォーマー博」8月開催 9メートルの巨大トランスフォーマー像が出現
巨大ジオラマにプロジェクションマッピングも!(2014/4/17)

ドリームワークスのCG職人が自分の息子の動画にガチでエフェクトをつけた結果→
完全なるプロの犯行。(2014/4/1)

2014 CES:
Intel、次世代UI技術「RealSense」を正式発表――3D Systemsと協業し3Dスキャン技術の提供も
米Intelは「2014 International CES」のプレス発表会において、ジェスチャー、音声認識、顔認識などを実現する「Intel RealSense」を発表。その第1弾製品として、Ultrabookなどへの組み込みを前提としたモーションセンサーモジュール「Intel RealSense 3Dカメラ」を披露し、2014年度下期以降、PCメーカー各社から搭載製品がリリース予定であることを明らかにした。(2014/1/8)

WikiLeaks映画「The Fifth Estate」のトレーラー公開
米国では11月に公開予定のWikiLeaks内幕映画「The Fifth Estate」の初のトレーラーがYouTubeで公開された。主役のジュリアン・アサンジ氏を演じるベネディクト・カンバーバッチがそっくり。(2013/7/18)

HP World Tour Beijing Report:
中国と悠久のパートナーシップをコミットするHP、IT変革を企業に訴求
HPが中国・北京で開催中のアジア太平洋地区向けのカンファレンス2日目の基調講演には、メグ・ホイットマンCEOが登場。中国進出30年の歴史とさらなる関係の強化をアピールした。(2013/6/25)

Maker's Voice:
オンプレミスと全てのクラウドを1つに、オープン戦略のHPが放つ次の一手
2016年までに企業の75%がハイブリッドクラウドを展開する予測するHP。オンプレミスとクラウドをオープンプラットフォームで一元化する「HP Converged Cloud」戦略を、新たなフェーズへ移行させつつある。(2013/6/17)

アニメビジネスの今:
アニメ海外進出のカギは何? 大切なのは産業と文化の並立
アニメの市場規模を増やすための議論を行ったアニメビジネス・パートナーズフォーラムのテーマ・ワーキング。そこで筆者が感じたのは「中国から東南アジアへのシフト」「オールジャパン体制」の2つであるという。(2013/3/12)

アニメビジネスの今:
ジブリなしでも好調だった2012年のアニメビジネスを振り返る
スタジオジブリ作品の公開がなかったにもかかわらず2012年の劇場アニメは好調、テレビアニメの制作分数も前年以上となる見込みだ。2012年最後の記事ということで、2012年のアニメビジネスを振り返ってみたい。(2012/12/28)

アニメビジネスの今:
“アニメ”化するハリウッド映画
かつてはスター俳優が軸となって制作されていたハリウッド映画。しかし、収益手法の多様化によって、“アニメ”と似たようなビジネスモデル、作り方になっているのである。(2012/11/20)

アニメビジネスの今:
5年ぶりに制作分数が増加、レポートから見るアニメ業界の現状
リーマンショック以降、4年連続で減少していたテレビアニメの放映分数。しかし、このほど発表された「アニメ産業レポート2012」によると、2011年は増加に転じたという。今回は「アニメ産業レポート2012」の内容を詳しくお伝えする。(2012/9/25)

アニメビジネスの今:
細田守作品からNARUTO、海外勢まで――今夏劇場アニメの行方を占う
年間を通じて最大の市場となる夏休みの映画興業シーズン。多くの劇場アニメが公開されるが、『おおかみこどもの雨と雪』や『NARUTO』、『メリダとおそろしの森』など注目の作品を取り上げ、その先行きを占う。(2012/7/10)

アニメビジネスの今:
アニメから実写へ、CGが変える映画監督のキャリアパス
先日公開された映画『ジョン・カーター』のアンドリュー・スタントン監督のように、米国ではアニメーション映画で実績を積んだ監督が、実写映画にも進出する例が増えている。実写映画でもCGが活用されるようになったため、「デジタルの画作りが分かる」人材が求められていることが背景にある。(2012/5/1)

アニメビジネスの今:
『コクリコ坂』が転機に!? 揺れるジブリのビジネスモデル
『もののけ姫』『千と千尋の神隠し』など、映画史に残る作品を数々送り出してきたスタジオジブリ。しかし今、その劇場オリジナルアニメ中心のビジネスモデルが揺らぎつつある。(2012/4/18)

新連載・アニメビジネスの今:
なぜジブリは国民的映画を創り続けるのか
『もののけ姫』『千と千尋の神隠し』など、映画史に残る作品を数々送り出してきたスタジオジブリ。世界の映画史におけるその位置付けを改めて確認し、何が今、課題となっているのかを探る。(2012/4/17)

戦うロボット:
映画「リアル・スティール」もリアルだったが、日本のリアル「リアル・スティール」はもっとリアルだった!!
2020年のアメリカでは、もはやボクサーとして闘うのは人間ではなく、高性能のロボットだった……という世界が描かれたのが映画「リアル・スティール」。2012年の日本には、そんな「リアル・スティール」の世界を体現するかのようなロボットが存在するんです。(2012/3/23)

2011年末プリンタ徹底検証:
日本HP「HP ENVY110」は、“ルックス至上派”を満足させるか?
何を選ぶにもデザインが最優先という人は少なくない。特にプリンタはその大きさと存在感から、家庭で置き場所に困るケースも多いはず。ならば、薄型スタイリッシュボディの「HP ENVY110」はどうだろうか。(2011/12/29)

YouTubeの米国での映画レンタルにディズニー作品が登場
米国のYouTubeユーザーは、「カーズ 2」や「パイレーツ・オブ・カリビアン」をPCやAndroid端末でオンライン視聴できる。(2011/11/24)

青山祐介のデザインなしでは語れない『特別編』:
PR:ボディが美しすぎる「HP ENVY100」か、多彩な機能を誇る「HP Photosmart Premium C310c」か――“ネットにつながる”複合機の魅力
日本ヒューレット・パッカードが投入した家庭向けインクジェットプリンタの2010年秋冬モデルは、“ネットとつながる”新しいタイプの複合機として話題を呼んでいる。その中でもとりわけ目立つ存在が、スリムなボディデザインを徹底して追求したモデル「HP ENVY100」と、大画面のタッチスクリーン液晶モニタを備えた多機能なモデル「HP Photosmart Premium C310c」だ。早速、それぞれの魅力を見ていこう。(2010/12/22)

メール送信/独自アプリから印刷可能:
日本HP、PCレスでネットにつながるA4複合機3モデル――厚さ102ミリの「HP ENVY100」投入
日本HPは、PCレスでのネット接続・印刷が可能なA4インクジェット複合機3モデルを9月30日から順次発売する。目玉は日本市場向けのスリムモデル「HP ENVY100」だ。(2010/9/27)

プリンタにもクラウドを:
これからは“ネットプリンタ”で攻める――「HP Photosmart Wireless B110a」発表会
日本HPは、PCレスでのネット接続・印刷が可能なプリンタ「HP Photosmart Wireless B110a」を8月5日に発売する。発表会では事業戦略や新製品の特徴が語られた。(2010/7/29)

アクトビラ、毎月30作品のワーナー映画が見放題になる定額サービス
アクトビラとワーナー・ブラザース テレビジョンは、毎月30作品のワーナー・ブラザース映画を月額1470円で配信する「WARNERFILMS(ワーナー・フィルムズ)」を開始する。(2010/6/30)

これだけ読めば大丈夫!?:
「E3 2010」まとめてみました(後編)
ロサンゼルスで開催された世界最大のゲームExpoを振り返る前後編。前編に引き続き、カンファレンスから今後の情勢を推測します。(2010/6/28)

Samsung、米で3Dテレビ多数投入 1700ドルから
Samsungが米国で3Dテレビ数十機種を投入する。最も安価なモデルは1700ドル(約15万円)で、3D普及促進キャンペーンも実施する。(2010/3/10)

2010 International CES:
Samsungら中韓勢も3Dに本腰――シャープもBD内蔵3Dテレビを準備
3Dテレビを推進するのはソニーとパナソニックだけではない。シャープのほか、SamsungとLGの韓国勢や中国勢も3D対応製品を投入する構えだ。(2010/1/10)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。