ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  D

  • 関連の記事

「DreamWorks」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「DreamWorks」に関する情報が集まったページです。

PR:もはや「ワークステーション=据え置き型」という考え方は常識ではない? 日本HPの新型「ZBook」シリーズに注目
(2021/1/27)

ハリウッドレベル超短編配信サービス「Quibi」、1年ももたずに終了
DreamWorks Animationの共同創業者とeBay共同創業者が4月に立ち上げた超短編動画配信サービス「Quibi」がもう終了する。残った資金は株主に還元し、コンテンツとプラットフォーム技術の売却先を探す。(2020/10/22)

Apple、VRスタートアップ企業「Spaces」を買収
(2020/8/26)

ジャーナリスト数土直志 激動のアニメビジネスを斬る:
『千年女優』の今 敏監督作品が世界で「千年生き続ける」理由――没後10年に捧ぐ
『千年女優』『東京ゴッドファザーズ』などを手掛けた今 敏監督。没後10年、今なお特に海外のファン・評論家から愛され惜しまれる。その作品が世界で「千年生き続ける」理由にビジネス・作品論から迫る。(2020/8/24)

中国アニメ『羅小黒戦記』ヒットの舞台裏【後編】:
中国産CGアニメがディズニーやピクサーを駆逐する――市場規模1兆円「中国映画ビジネス」の帰趨
日本のミニシアターでロングランヒットを続けているアニメ映画『羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ)』は、中国では2019年9月に公開され、中国国内で3.1億元(約48億円)の興行収入を記録した。アニメビジネスに詳しいジャーナリストの数土直志氏に、アニメ業界で生まれつつある日本と中国との新しい関係を聞く。(2020/5/26)

中国アニメ『羅小黒戦記』ヒットの舞台裏【中編】:
『鋼の錬金術師』監督が語る、中国アニメ『羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ)』ロングランヒットの訳
『羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ)』というタイトルのアニメ映画が、東京都内のミニシアターで、2019年9月から劇場を替えつつロングランを続けている――。今回の中編ではアニメーション監督で本作の制作スタッフとも交流のある、アニメーター・アニメ演出家の入江泰浩氏に『羅小黒戦記』の魅力と、日本で人気が広がる過程について聞く。作画だけでなく「感動できる作品」になっていることに衝撃を受けたという。(2020/5/22)

ハーブと果物で作られた「宝石和菓子」が神秘的な美しさ コロナ禍のピンチに支援が集まる
事業が認められてさあこれからというときにコロナが……。(2020/5/15)

米ユニバーサル、新作映画を配信でも提供へ ドリームワークス新作などを新型コロナウイルス対策で
レンタル配信で、価格は19.99ドル(約2100円)。(2020/3/17)

CES 2020:
4月スタートのハリウッドレベル超短編配信サービス「Quibi」が機能紹介
4月にスマホ向け超短編配信サービスを開始予定の新興企業Quibiが、CES 2020でサービスについて説明した。Quibiは元Walt Disney Studios会長が立ち上げており、コンテンツは“最高品質のハリウッドスタイル”になる見込み。(2020/1/9)

「オープンソースの投資信託」とは:
オープンソースにも戦略がある、Linux Foundationの2020年
Linux Foundationは特に2019年、一見「バブル」とも受け取れるさまざまな動きを見せた。その裏にある戦略について、2019年12月に東京で開催された「Open Source Forum」で同ファンデーションのエグゼクティブディレクターおよびデベロッパーリレーションズ担当バイスプレジデントが語った。(2020/1/7)

「ヒックとドラゴン 聖地への冒険」デュボア監督インタビュー 完結編は「2人の人生に訪れる、避けられない変化」の物語
ついに「ヒクドラ」が日本のスクリーンに帰ってくる! (2019/12/19)

世界を読み解くニュース・サロン:
中国が政治利用、韓国は規制をもくろむ「ハリウッド映画」市場のインパクト
11月に公開された『アナと雪の女王2』など、ハリウッド映画には話題作が多い。そんな中、ハリウッド映画を巡って、中国と韓国の騒動が相次いで報じられた。その影響力を政治利用しようとする中国、制限しようとする韓国。それぞれの思惑とは?(2019/12/5)

ジャーナリスト数土直志 激動のアニメビジネスを斬る:
『AKIRA』悲願のハリウッド映画に! 日本作品の実写化が止まらない真相
『AKIRA』が17年越しでハリウッド実写化についに日の目。背景には日本アニメを取り巻く世界市場の変化がある。アニメ・映像ビジネス報道の第一人者が斬る。(2019/7/5)

NHKアニメ「ピアノの森」キャスト・スタッフ発表 主演カイ役に斉藤壮馬、アニメ制作はガイナックススタジオ
放送が待ちきれない。(2018/1/31)

「ベアブリック」をテレビアニメに 電通とDreamWorksが共同製作
電通はDreamWorksと、クマ型フィギュア玩具「BE@RBRICK」(ベアブリック)を原作としたアニメの共同企画開発契約を結んだ。(2017/12/25)

“日本が知らない”海外のIT:
テレビと会話し、ストーリー分岐 “テレビ離れ”防ぐ番組作りの今
“テレビ離れ”の流れに対抗できるか。視聴者がストーリーの行方を選択できる「インタラクティブストーリー」とは何なのか?(2017/12/15)

「ヴォルトロン」ついに日本で配信開始! 「百獣王ゴライオン」合体メカのわくわくが蘇る
待ちわびました!(2017/7/6)

ねっと部:
ハリウッド実写版「攻殻機動隊」、アニメ版声優が日本語吹き替え 田中敦子さん、大塚明夫さん、山寺宏一さんが担当
ハリウッド版実写「GHOST IN THE SHELL」で、アニメ版「攻殻機動隊」の声優陣が再集結。田中敦子さん、大塚明夫さん、山寺宏一さんが声を演じる。(2017/3/10)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
審査委員長直伝! 第9回「ブルーレイ大賞」レビュー(後編)
(2017/3/9)

バトーさんも初お目見え:
ハリウッド版「GHOST IN THE SHELL」の東京発イベントで2分30秒トレーラー初公開
日本の士郎正宗作品「攻殻機動隊」のハリウッド版実写映画「GHOST IN THE SHELL」のイベントが東京で開催され、監督が配役などについて語った。2分30秒のトレーラーも公開された(記事に転載)。(2016/11/14)

目印は赤白ボーダー! 「コップのフチ子とウォーリーをさがせ!」10月31日より捜索スタート!
シークレットもあります。(2016/10/20)

ハリウッド版「Ghost In The Shell」のプロデューサー、「必ず満足してもらえる」と自信
実写版「攻殻機動隊」のプロデューサーが、日本人のはずの主役(草薙素子少佐)に白人のスカーレット・ヨハンソンを配したことを含め、見た人を満足させることができると請け合った。なお、主役は「草薙素子」ではなく「少佐」と呼ばれるとしている。(2016/7/5)

「攻殻機動隊」ハリウッド実写版に日本人女優の福島リラが出演のうわさ
主人公の日本人(完全義体だが)を白人のスカーレット・ヨハンソンが演じることで“ハリウッドの白人化”だという批判もある「攻殻機動隊」の実写版「GHOST IN THE SHELL」に、日本人女優の福島リラが出演する。(2016/5/26)

ITはみ出しコラム:
「攻殻機動隊」実写版キャストで今分かっていること
「少佐」の写真が初公開され、注目が高まってきました。(2016/4/17)

「攻殻機動隊」ハリウッド実写版、草薙素子の画像が初公開 主な配役も発表
ハリウッド版「攻殻機動隊(GHOST IN THE SHELL)」の撮影が始まったとして、Paramount PicturesとDreamWorks Picturesがスカーレット・ヨハンソン扮する草薙素子の画像を公開した。荒巻課長(北野武)以外の主な配役も発表された。(2016/4/15)

雪ミク×日本ハムファイターズのコラボみたび発動! バッティングセンターで雪ミクさんが全力投球しますぞ!
天使の雪ミクさん、バーチャル投手として北の大地に登場。(2016/2/6)

1980年代の米ロボットアニメ「ボルトロン」をNetflixがリメイク決定 DreamWorksとの強力タッグで
日本の「百獣王ゴライオン」と「機甲艦隊ダイラガーXV」を合体させた謎アニメがよみがえる。(2016/1/6)

3DCG映画の制作現場から学ぶ:
日本人サーフェイサーが語る「ヒックとドラゴン」の映像進化とその制作プロセス
オートデスク主催のユーザーカンファレンス「Autodesk University Japan 2015」において、ドリームワークス・アニメーションで活躍する日本人“サーフェイサー”山本原太郎氏が登壇。日本未公開の「ヒックとドラゴン2」の制作における取り組みと挑戦について語った。(2015/10/20)

Hulu、パラマウント映画の配信を開始――第1弾は「トランスフォーマー」「インディ・ジョーンズ」「シュレック」など48作品
動画配信サービス「Hulu」は、パラマウントとライセンス契約を結び、9月7日から順次映画作品の配信を開始する。第1弾は「トランスフォーマー」シリーズ、「インディ・ジョーンズ」シリーズなど。(2015/8/25)

ガンダム、エヴァなど日本のコンテンツ多数登場のSF小説「ゲームウォーズ」 スピルバーグ監督で映画化決定
なんかめっちゃ楽しそう!(2015/8/8)

まるでフィギュアのよう ドリームワークスのアニメーターが作った3Dカップケーキのクオリティが高すぎる
食べるのがもったいないかわいさ。(2015/4/5)

やったあああああ! 「ヒックとドラゴン2」、東京アニメアワードフェスティバルで公開!
オープニング作品として公開決定。(2015/2/23)

「攻殻機動隊」実写版、米国封切りは2017年4月14日
スカーレット・ヨハンソンが草薙少佐役に決まったとうわさのDreamWorks Studiosの実写版「Ghost In The Shell」の封切りが2017年4月14日に決定したとWalt Disney Studioが発表した。(2015/1/14)

アニメ映画「ヒックとドラゴン2」が「ベイマックス」をおさえてゴールデングローブ賞を受賞!
むっちゃ見たいけど、日本では公開されてないぞ!(2015/1/12)

ファン待望の「攻殻機動隊」ハリウッド実写版 草薙素子役はスカーレット・ヨハンソンか
2008年の制作発表から、プロジェクトが大きく前進しつつある。(2015/1/6)

「攻殻機動隊」のハリウッド実写版、草薙素子役はスカーレット・ヨハンソン
攻殻機動隊ファンのスティーブン・スピルバーグ氏が率いるDreamWorks Studiosが制作する実写版「攻殻機動隊」の主役に「LUCY/ルーシー」などで活躍するスカーレット・ヨハンソンが決定したとThe Varietyが報じた。(2015/1/6)

ソフトバンク、「GODZILLA」手がけた米映画会社に270億円出資
ソフトバンクは、ハリウッド版「GODZILLA」などを手がけた映画会社・Legendaryに2億5000万ドル(約270億円)を出資する。(2014/10/3)

ソフトバンクがDreamWorks Animation買収交渉──米報道
Alibaba上場で約46億ドルの利益を得たソフトバンクが、米アニメ映画製作大手DreamWorks Animationに約34億ドルでの買収を提案していると複数のメディアが報じた。(2014/9/29)

「ヒックとドラゴン2」日本公開を求める署名運動にまさかの監督本人降臨 → 突然のサプライズにファン大歓喜!
配給会社さああああああん!(2014/9/8)

「トランスフォーマー博」8月開催 9メートルの巨大トランスフォーマー像が出現
巨大ジオラマにプロジェクションマッピングも!(2014/4/17)

ドリームワークスのCG職人が自分の息子の動画にガチでエフェクトをつけた結果→
完全なるプロの犯行。(2014/4/1)

2014 CES:
Intel、次世代UI技術「RealSense」を正式発表――3D Systemsと協業し3Dスキャン技術の提供も
米Intelは「2014 International CES」のプレス発表会において、ジェスチャー、音声認識、顔認識などを実現する「Intel RealSense」を発表。その第1弾製品として、Ultrabookなどへの組み込みを前提としたモーションセンサーモジュール「Intel RealSense 3Dカメラ」を披露し、2014年度下期以降、PCメーカー各社から搭載製品がリリース予定であることを明らかにした。(2014/1/8)

WikiLeaks映画「The Fifth Estate」のトレーラー公開
米国では11月に公開予定のWikiLeaks内幕映画「The Fifth Estate」の初のトレーラーがYouTubeで公開された。主役のジュリアン・アサンジ氏を演じるベネディクト・カンバーバッチがそっくり。(2013/7/18)

HP World Tour Beijing Report:
中国と悠久のパートナーシップをコミットするHP、IT変革を企業に訴求
HPが中国・北京で開催中のアジア太平洋地区向けのカンファレンス2日目の基調講演には、メグ・ホイットマンCEOが登場。中国進出30年の歴史とさらなる関係の強化をアピールした。(2013/6/25)

Maker's Voice:
オンプレミスと全てのクラウドを1つに、オープン戦略のHPが放つ次の一手
2016年までに企業の75%がハイブリッドクラウドを展開する予測するHP。オンプレミスとクラウドをオープンプラットフォームで一元化する「HP Converged Cloud」戦略を、新たなフェーズへ移行させつつある。(2013/6/17)

アニメビジネスの今:
アニメ海外進出のカギは何? 大切なのは産業と文化の並立
アニメの市場規模を増やすための議論を行ったアニメビジネス・パートナーズフォーラムのテーマ・ワーキング。そこで筆者が感じたのは「中国から東南アジアへのシフト」「オールジャパン体制」の2つであるという。(2013/3/12)

アニメビジネスの今:
ジブリなしでも好調だった2012年のアニメビジネスを振り返る
スタジオジブリ作品の公開がなかったにもかかわらず2012年の劇場アニメは好調、テレビアニメの制作分数も前年以上となる見込みだ。2012年最後の記事ということで、2012年のアニメビジネスを振り返ってみたい。(2012/12/28)

アニメビジネスの今:
“アニメ”化するハリウッド映画
かつてはスター俳優が軸となって制作されていたハリウッド映画。しかし、収益手法の多様化によって、“アニメ”と似たようなビジネスモデル、作り方になっているのである。(2012/11/20)

アニメビジネスの今:
5年ぶりに制作分数が増加、レポートから見るアニメ業界の現状
リーマンショック以降、4年連続で減少していたテレビアニメの放映分数。しかし、このほど発表された「アニメ産業レポート2012」によると、2011年は増加に転じたという。今回は「アニメ産業レポート2012」の内容を詳しくお伝えする。(2012/9/25)

アニメビジネスの今:
細田守作品からNARUTO、海外勢まで――今夏劇場アニメの行方を占う
年間を通じて最大の市場となる夏休みの映画興業シーズン。多くの劇場アニメが公開されるが、『おおかみこどもの雨と雪』や『NARUTO』、『メリダとおそろしの森』など注目の作品を取り上げ、その先行きを占う。(2012/7/10)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。