ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  R

  • 関連の記事

「RPA」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Robotic Process Automation:ロボットによる業務自動化

関連キーワード

マスクド・アナライズのAIベンチャー場外乱闘!:
「僕と契約してデータサイエンティストになってよ!」 分析少女ありさ☆アリスの悲劇
未経験からデータサイエンティストを目指した「分析少女」に起きた悲劇とは。一部の怪しいデータサイエンティスト養成スクールへの警鐘を鳴らす物語。(2019/6/27)

IT業務部の挑戦!:
積水ハウスの全工程“一気通貫”CADプラットフォーム、業務別200以上のアプリを開発
積水ハウスは、住宅業界におけるITを活用した働き方の改革の取り組みを進めている。その象徴である2010年からプロジェクトがスタートした「邸情報プロジェクト」は、総額89億円を投じ、社内でこれまでバラバラに運用されていたCADシステムを一元化するだけでなく、開発から、設計、生産、施工、引き渡し、アフターケアまで全工程一気通貫の全社最適化を実現した。この成果として、年間87億円もの継続したコストダウンが達成されたという。(2019/6/26)

「DX」が影響か:
新規IT活用に経営層の関与強まる、ノークリサーチが分析
ノークリサーチは、中堅中小企業を対象とした「新たなIT活用の意思決定者」に関する調査の分析結果を発表した。2019年は2018年と比べて、経営層の割合が増えたのに対して、現場部門や間接部門、IT管理部門の割合はいずれも減った。(2019/6/25)

PR:ガス・電力自由化で競争力アップは必須 東京ガスが重視する「Face to Face」な会議を社内で実現する鍵は
(2019/6/25)

RPAで医療現場の負荷軽減と医療の質を向上、慈恵大学の研究にRPAテクノロジーズがツールを提供
慈恵大学は、RPAテクノロジーズの「BizRobo!」を、「医師・病院業務等の働き方改革に関する研究:RPAの有効性の検討」に利用した。RPAのロボットを構築して、医療現場の負荷軽減に成功した。(2019/6/21)

Interop Tokyo 2019:
「EDA」が実現するリアルタイムなIoTサービス、推進団体が事例を披露
EDAコンソーシアムは「Interop Tokyo 2019」に出展。同コンソーシアムの参加企業が、EDA(Event Driven Architecture:イベント駆動型アーキテクチャ)の取り組み事例を多数披露した。(2019/6/21)

「AI」と金融の深まる関係【後編】
Amazonのレジなし店舗だけではない 「小売業×AI」の可能性と課題
本人確認と決済承認手段の方法として、人工知能(AI)技術を利用する実験的取り組みが始まっている。ただしAI技術には、依然として倫理的な課題が残っている。(2019/6/21)

利用ユーザー数は772万人に増加:
2023年の国内クライアント仮想化関連市場は8858億円、IDCが予測
IDC Japanが発表した国内クライアント仮想化関連市場の予測によると、2018〜2023年の年間平均成長率は4.2%、2023年の市場規模は8858億円の見込み。クライアント仮想化の利用ユーザー数は、2023年に772万人に増加する。(2019/6/19)

医療に役立つ「AI」6つの用途【後編】
「Hey Siri」「OK Google」で健康相談 「AI」で自動化進む患者対応
AI技術が医療にもたらす効果は、医療従事者の業務効率向上だけではない。生活指導や診療の予約など、患者の利便性向上に役立つAI技術の活用例を3つ紹介する。(2019/6/18)

UiPath、SAP ERPユーザー向けにマスターデータ登録を最適化する部品を提供
UiPathのマーケットプレース「UiPath Go!」に、SAP ERPで使える共通部品「Master Data Create Components」が加わった。(2019/6/17)

ソフトバンク孫社長「日本復活のシナリオは、RPA+AIによる生産性向上」
米国トップシェアを誇るRPAツールのイベントにソフトバンクの孫正義社長が登壇。RPAとAIを掛け合わせた労働生産性の向上とは。(2019/6/14)

「AI」と金融の深まる関係【前編】
不正検知だけではない「金融AI」の使い道 与信審査の“失敗”も回避
膨大なデータを有効に活用し、顧客とより密接につながるために、決済処理に人工知能(AI)技術を利用する動きが広がっている。事例を基に、その実態を探る。(2019/6/14)

医療に役立つ「AI」6つの用途【前編】
医療従事者の負担を軽くする「医療AI」の使い道3選
医療機関の間で、AI技術を活用する動きが広がりつつある。医療画像解析や診断支援など、医療従事者の業務改善に役立つAI技術の活用例を3つ紹介する。(2019/6/13)

2030年度AIビジネス市場は2018年度の5.4倍に拡大 富士キメラ総研予測
2018年度の国内AIビジネス市場の規模は、金融業や製造業を中心に5301億円の見込み。今後はさまざまな業種でAIの導入が進み、2030年度には5.4倍に拡大すると予測される。(2019/6/11)

RPAは「なし崩し的に導入しろ」──“しくじり先生”が語るRPA失敗談とその教訓
“RPAしくじり先生”が、RPA失敗談と教訓を語った。RPAはごく小さな業務から適用していくべきだという。(2019/6/11)

RPAツール群雄割拠の時代の戦略は? Blue Prism日本法人の新社長に聞いた
老舗RPAベンダーのBlue Prism日本法人に、日本人の社長が就任した。オラクルなどの大手IT企業で活躍した経歴を持つ新社長は、日本のRPA市場をどう見つめ、どのような戦略を打つのか。(2019/6/11)

CADニュース:
CADの操作ができるRPA登場、ロボット作成にプログラミング言語を使用
キャパは、CADの操作ができるRPA「Cadropper」の提供を開始した。ロボット作成にプログラミング言語を使用するのが特徴で、従来のRPAとしての機能だけでなく、これまで困難だったCADツールの自動化ができる。(2019/6/10)

“脱Excel”か“活Excel”か
古参Excelユーザーほど新しい関数を知らない? 便利な新関数をおさらい
「Office 365」の普及が進めば、最新バージョンの「Microsoft Excel」利用者も増える。そうなれば「互換性のために古い機能を使う」場面は減る。「Excel 2007」以降に追加された代表的な関数をおさらいしよう。(2019/6/12)

“RPA+ジョブ管理”が可能な統合管理ソリューションが登場
伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は、RPAの統合管理ソリューション「RPAplus」を開始。RPAとジョブ管理を統合し、PCの特定業務を自動化するだけでなく、一連の業務プロセスも自動化できる。部門を超えて連携した一連のビジネスプロセス全体の管理も可能になる。(2019/6/10)

ヘルスケア商社のイワキ、ロボットを内製し、販売実績集計や基幹システムへの入力業務を自動化――日立ソリューションズのRPAソリューションを導入
ヘルスケア/ファインケミカル商社のイワキは、日立ソリューションズの「RPA業務自動化ソリューション」を導入。「Automation Anywhere」を活用し、営業事務で発生する「値引き申請のデータ入力処理」を自動化。業務時間縮減と業務効率向上を実現した。今後、適用業務を拡大する。(2019/6/7)

AI搭載のRPAソフトウェア、NECがWorkFusionと提携し販売開始
NECはWorkFusionと戦略的提携を結び、AIを搭載したRPAソフトウェア「WorkFusion Smart Process Automation」を全世界で販売する。WorkFusion Smart Process Automationは、人が判断や修正をしていたような作業を、自動で継続的に学習する。(2019/6/6)

IT化と業務効率化を同時に進める
医療大手が医師の“IT疲れ”を解消するために取った方策とは
EHR(電子医療記録)に関する、医療従事者の作業負担は増えつつある。IT化に伴う医師の疲弊を軽減するためのITツールを開発し、“ITをもってITを制する”ことを試みるKaiser Permanenteの事例を紹介する。(2019/6/6)

Computer Weekly日本語版
AI市場を巡るGPU、TPU、FPGA、ASICの競争に意外なプロセッサが参戦
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2019/6/5)

リクルート流RPA大作戦 「ROIを考えると導入はムリ」な業務にどう導入した?
リクルートグループでRPA導入を進めるリクルートコミュニケーションズ。グループ全体で効率よくRPAを開発するコツとは。(2019/6/17)

富岡市、市民サービスの向上に向け、RPAで定型業務を効率化――NTT東日本と共同で実証実験を開始
富岡市は、NTT東日本群馬支店の協力の下、RPAで定型業務などを自動化する実証実験を開始。定型作業の負荷軽減、効率化により、職員の時間を従来以上に市民の相談や窓口業務などに振り向け、市民サービスの向上に寄与できるかを焦点に検証を行う。(2019/5/30)

製造ITニュース:
IoTやAIの導入で感じる課題は? 情シス部門と業務部門の回答に大きな隔たり
JEITAがITプラットフォームの国内市場動向の調査結果について説明。今回は、1999年度から続けている情報システム部門向けの書面調査に加えて、2018年度から業務部門向けのオンライン調査を行ったことが初の試みとなる。(2019/5/29)

RPAで仮想環境での作業や非構造データ処理の自動化が可能に
オートメーション・エニウェアは、RPA関連の2製品「IQ Bot 6.5」と「Automation Anywhere Enterprise 11.3.2」を発表した。仮想環境での利用や、bot開発時の利便性を向上させた(2019/5/27)

Gartner Insights Pickup(109):
金融機関のデジタルトランスフォーメーションにおける5つの性質
金融サービス企業の多くは、デジタルビジネスから価値を生み出す取り組みを進めている。これにはさまざまなルートやアプローチがあるが、世界の金融サービス企業のほぼ半数では、依然としてごく初期の段階か、あるいは未成熟な段階にある。(2019/5/24)

企業がAIを活用するための8つのヒント【前編】
優秀なAI人材を得る3つの方法とは? 汚いデータを使えるようにするには?
企業でのAI(人工知能)利用について、前後編にわたり8つのポイントを説明する。前編ではAI人材の確保やビジネスへの活用、データの収集・整形方法について、具体例を交えながら紹介する。(2019/5/23)

ホワイトペーパー:
RPA成功の方程式、「5のルール」と「センターオブエクセレンス」に注目せよ
RPAはどんな業務でも効果を発揮するとは限らないが、成功の秘策はある。社内のどこでRPAを使うと効果的かを見抜く「5のルール」、そしてRPA管理を従業員に任せて組織に浸透させる「センターオブエクセレンス」について解説する。(2019/5/21)

RPA導入成功事例
IT部門主導のRPA導入を成功させる不可欠な要素
英国の水道会社がIT部門主導のRPA導入を成功させつつある。RPAからメリットを引き出すため、RPAチームを率いるリーダーが重視する不可欠な要素とは何か。(2019/5/20)

年間1500億ドルのコスト削減に期待
「バーチャルナース」から「Apple Watch」まで AIが医療を変える5つの分野
医療業界では、特定の外科手術における臨床的な意思決定と支援のためのテクノロジーが進化するとともに、人工知能(AI)技術の応用に注目が集まっている。(2019/5/17)

製造ITニュース:
PoCだけで終わっている現場へIoTの実導入を後押し、インフォシスとPTCが協業
インフォシス リミテッド 日本支店とPTCジャパンは、AIおよびAR技術を活用した次世代IoTソリューションで協業し、国内に向けたソリューション提供を開始する。(2019/5/16)

AIが学生の質問に答える
近畿大学が導入した「バーチャルTA」とは? 多忙な教員やTAを楽に
近畿大学は、JIECの問い合わせ返答サービス「manaBrain」を使ったバーチャルティーチングアシスタント(V-TA)を導入した。講師とTAの業務負担軽減や、時間を問わない受講生の疑問解決に効果が見られたという。(2019/5/16)

PR:IT×人事の技で最適人材の発掘を POSITIVEが導く未来型HR Tech
ITで人事の仕事を変えるサービス、HR Tech。中でもPOSITIVEは社内のあらゆる人事情報を集積・分析し、最適な運用や配置につなげられるという。(2019/5/14)

TechTargetジャパン・キーマンズネット会員 共同アンケート
「RPAの導入・利用」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様に「Amazonギフト券(5000円分)」をプレゼント。(2019/5/13)

NTT-ATがWinActorをバージョンアップ、メール受信機能を備え画認識精度を向上
NTT-ATは「WinActor Ver.6.0」を5月31日に販売開始する。新たにメール受信機能を追加し、画像マッチングの精度を向上させた。Google Chromeでの操作の自動記録機能も備えた。(2019/5/10)

今日のリサーチ:
AIシステムとRPA、国内企業における利用状況は?――IDC Japan調査
IDC Japanは、企業におけるAIシステムおよびRPAの利用状況について、ユーザー企業調査結果を発表しました。(2019/5/8)

AWS、IBM、Microsoft、Googleも医療のAI活用に積極投資
AIの医療利用なしに「EHRが診断ミスを防ぐ」という理想は実現しない
EHR(電子医療記録)は、患者の異常所見を読み取るために必要な機能を万全に備えているとは限らない。人工知能(AI)技術をEHRに組み込むことで、見落としに起因する医療ミスの防止に役立つ可能性がある。(2019/5/7)

完全残業ゼロ:
PR:ブラックから“超ホワイト”に変身した会社が大切にする「改善の4ステップ」と「業務改善チーム」の全貌
長時間労働と高い離職率に悩まされてきた会社が、残業ゼロの“超ホワイト企業”に生まれ変わった。その会社が大切にしている「改善の4ステップ」と「社員が専任で取り組む業務改善チーム」とはどのようなものなのか。(2019/5/7)

特集:日本型デジタルトランスフォーメーション成功への道(10):
クラウドに対する淡い期待を5つ持っていませんか?――富士フイルム柴田氏が明かす、現実とのギャップの解消方法
近年、既存システムのクラウド移行を検討する企業が増えている。移行のハードルも下がってきており、「データを外に出せない」「セキュリティが心配」といった不安は着実に解消されつつある。一方で、クラウドに移行したにもかかわらず、「コストが増えた」「手間が増えた」といった声が聞こえてくるのは、なぜなのか? 自社に最適なサービスを選択し、「コスト削減」「ビジネスへの寄与」を実現するには何から始め、何をすればいいのか? どうすれば移行を成功させ、社内できちんと成果を評価してもらえるのか? 富士フイルムホールディングスの取り組みから「成果につながるクラウド移行」実現のポイントを探る。(2019/4/26)

北海道の9自治体、RPAとAIを使った業務の自動化を検証――その結果は?
NTTアドバンステクノロジ(NTT-AT)ら5社は、北海道と道内8市町村の協力の下、自治体向けの共同利用型RPAとAI-OCRによる定型業務自動化に関する実証実験を実施。ふるさと納税の自治体向け通知の省力化、要介護認定申請の入力支援など、自治体に共通する業務の支援策として展開を図る。(2019/4/24)

Mostly Harmless:
「そのRPA、DXの足を引っ張ってない?」――企業考えるべき現実的な組み合わせとは
「RPA(Robotics Process Automation)」は、うまく活用しなければ、「デジタルトランスフォーメーション(DX)」の足を引っ張ることになりかねません。RPAとDXを理想的な形で推進するために注意すべきポイントとは? 現状の問題を洗い出しつつ、考察してみしょう。(2019/4/24)

企業のAI/RPA活用状況、「利用中」「PoC実施中」ともに増加 今後は顧客指向の活用戦略が鍵――IDC調べ
IDC Japanによると、国内企業のAIシステム/RPAの利用率はともに2018年調査より増加。今後も活用が進むと見込まれるも、利用目的は内部改革を優先する現状が判明。デジタルトランスフォーメーションの推進には、顧客価値の向上を考慮したAI/RPAの活用戦略の確立が必要だという。(2019/4/19)

RPA:
RPAでトンネル切羽の評価点を自動予測、プロジェクターで安全性を色分けして投影
安藤ハザマは、トンネル切羽安定度予測システム「TFS-learning」に、RPAを用いて切羽前方の評価点を予測して地山等級を判定する機能と、カラーコンター図を切羽に投影するプロジェクションマッピング機能を追加した。(2019/4/18)

名大病院、RPAロボで病院の定型業務を自動化 約9800時間の効率化へ――RPAテクノロジーズの「BizRobo!」を導入
名古屋大学医学部附属病院は、RPAテクノロジーズの「BizRobo!」を導入し、院内の全事務部門で定型業務のRPA化を推進する。会議メールの自動送信や医師の勤務時間集計などの定型業務を自動化することで、職員がより付加価値の高い業務にシフトできる体制を整える。(2019/4/17)

提案にコストがかかるRPA:
中堅中小企業へのRPA導入、IT企業が提案の知見を蓄積するにはどのような案件が適しているのか、ノークリサーチが分析
ノークリサーチの分析によると、中堅中小企業のRPA導入金額を最大化させるには、高度な判断を伴うRPAの活用方法を提案することが必要だという。(2019/4/16)

食材宅配の電話注文にAIオペレーターが24時間対応――オイシックスとNTT Com、実証実験を開始
有機野菜などの食材宅配サービスを展開するオイシックス・ラ・大地は、NTTコミュニケーションズと共同で、「AI応対コンタクトセンター」を活用した電話注文受付の実証実験を開始。電話受付から事務処理までのプロセス全体を自動化し、AI応対への顧客満足度などを分析する。(2019/4/16)

俺たちの情シス 第12回 レポート:
初めての全社リモートワーク、めんどくさすぎる申請手続き、スマホの紛失対応――7人の情シスは、どうやってピンチを切り抜けたのか
初めてのリモートワークトライアル、スマホ紛失対応、めんどくさすぎる申請手続き、導入ツールが本当に生産性を高めているのか問題、社内相談の増加……。さまざまなピンチに情シスたちはどう対応したのでしょうか。(2019/4/16)

不正送金や支払先改ざんを引き起こす
RPAで深刻化、仕事の手順を勝手に変える「ビジネスプロセス詐欺」(BPC)とは?
企業の支払いフローを改ざんし不正送金させる「ビジネスプロセス詐欺」(BPC)のリスクが、ロボティックプロセスオートメーション(RPA)ツールの普及とともに増加する恐れがある。具体的な対策は何だろうか。(2019/4/22)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。