ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  R

  • 関連の記事

「RPA」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Robotic Process Automation:ロボットによる業務自動化

人材多様性を高める求人票「4つのヒント」【第1回】
求人票で“ロックスター”を募集してはいけない納得の理由
求人を通じて人材の多様性を実現したい――。そう考える採用担当者にとって重要なのが、求人票の作成だ。求人票に盛り込んだ内容が、多様性の実現を遠ざけてしまう可能性があるという。どういうことなのか。(2022/5/19)

名古屋市が道路標識の点検・管理業務を効率化 古河電工のRPA技術を活用
名古屋市は「道路標識メンテナンスDXプロジェクト」で実施した実証実験で、古河電工が開発中の「みちてんクルーズ」を導入した。道路標識の点検や管理業務を効率化する他、データ蓄積による中長期的な利点も期待できる。(2022/5/17)

疲弊するデータ入力現場を救う新たな一手
AI OCRと人の力を組み合わせて「コア業務への集中」を果たした2社の事例
人材不足の昨今、多くの現場作業者は業務とデータ入力業務に疲弊している。データ入力をITで効率化してコア業務への集中を支援する「AI OCR」と「クラウドワーカー」を組み合わせた今までにないサービスとは。(2022/5/18)

BAS:
クラウド×AIで設備管理の完全自動化を目指す、アズビルの提案する未来志向のBAS
アズビルは、2050年のカーボンニュートラル達成や設備管理者の人手不足の波を受け、建物管理の完全自動化までのロードマップを定めている。自動化の実現には、クラウドやAI、ビッグデータの活用が不可欠で、現状でもワークプレースの在り方や設備の維持管理業務を効率化させるデジタル技術を用いた各種サービスを展開し、さらなる機能拡張を計画している。(2022/5/13)

三菱地所ハウスネット、国産iPaaSの活用でデータ連携基盤の構築を内製化 賃貸業務を効率化
三菱地所ハウスネットは、賃貸業務の効率化に向け、国産のiPaaS「DataSpider Cloud」を導入し、不動産テックを支える各種クラウドシステム間の柔軟なデータ連携基盤を自社開発した。(2022/5/13)

どうする? 電子帳簿保存法Q&A:
役立つ「OCR」4選 請求書から日付・金額など読み取り 電子帳簿保存法Q&A
電子帳簿保存法の改正に伴い、日付、金額および取引先などの検索要件に関わる項目を自動判別できる高度なOCRツールを探している──そんな質問に対する、専門家の回答は?(2022/5/13)

「同一労働同一賃金」を実現するITツール【後編】
「私の年収、低過ぎ?」の不満をなくすIT製品とは?
従業員に賃金を平等に支給し、適正な金額であること証明する上で役立つIT製品がある。「同一労働同一賃金」の実現に役立つ主要製品を紹介する。(2022/5/11)

SAP SuccessFactorsで検証:
そろそろ無視できない「人的資本経営」に、タレントマネジメントを活用する
国内でも重要視され始めている「人的資本経営」を実現するためには、社内の人材に関する情報を管理していくことが求められます。こうした情報の管理に関して、タレントマネジメントシステムの活用は有効なのでしょうか?(2022/5/11)

中堅・中小企業は「自動化」に何を求めている? ノークリサーチが分析結果を発表
ノークリサーチによると、RPAなどによる「自動化」は中堅・中小企業市場のニーズが依然として高く、主要な販社/SIerも活性化傾向にあるという。ユーザー企業に効果的なソリューションを提供するために必要な自動化の3つの構成要素とは?(2022/5/10)

従業員の身元調査にまつわる是非【中編】
優秀な従業員を失う可能性があっても、“あの業界”が採用後の身元調査を継続する理由
身元調査は企業にも従業員にも一定のリスクがある。それでも採用後の身元調査を継続する企業が少なからず存在する。Honk Technologiesの取り組みを見ていこう。(2022/5/10)

まず着手すべきこと:
“経営に役立つ人事戦略”は、どうすれば実現できる? 人事の「人的資本経営」の始め方
最近注目の「人的資本経営」。国内でも、対応する動きが確実に進んでいます。人的資本経営を進める上で、人事部に期待されるものは何でしょうか。(2022/5/10)

ITワード365:
【ITワード365】Webスキミング/パスワードレス認証/RPA/アジャイル/DBaaS/プラチナバンド/Born Global
最新IT動向のキャッチアップはキーワードから。専門用語でけむに巻かれないIT人材になるための、毎日ひとことキーワード解説。(2022/5/6)

「同一労働同一賃金」を実現するITツール【前編】
あのExcelが「同一労働同一賃金」実現に役立つ?
D&Iを強化しようと考える世間の風潮の中で、賃金格差の解消に目を向ける企業がある。賃金格差の解消に役立つIT製品を紹介する。身近な“あのツール”も有用だ。(2022/4/29)

DXに悩むITマネジャーにささげる! クラウドネイティブ講座(2):
ITマネジャーはクラウドネイティブ思考をどう活用すればいい?
本連載では、忙しいITマネジャーのために、クラウドネイティブを本質から解説している。第1回は「クラウドネイティブ思考」を解説したが、今回はそれをどう活用できるかについて、例を使って説明する。(2022/4/27)

従業員の身元調査にまつわる是非【前編】
「従業員の身元調査」の気になる中身と、実施に必要な“覚悟”とは?
調査によれば、9割以上の企業が従業員に対して何らかの身元調査を実施している。企業は従業員の何を調べているのか。身元調査に踏み切る企業が直面する課題とは何か。調査結果を交えて説明する。(2022/4/26)

2023年には企業アプリの60%がローコード/ノーコード開発に 一方でCoE設置の課題も――IDC予測
IDCの調査によると、ローコード/ノーコードプラットフォームを活用している企業は、2021年9月時点で4割弱に上った。ベンダーの支援策なども功を奏し、ローコード/ノーコード開発は急速に標準化していく見通しだ。(2022/4/22)

iPaaSの「Workato」、クラウドRPAとの連携でAPI非対応のWebアプリや社内システムとも連携可能に
Web操作を自動化するRPAサービス「クラウドBOT」がiPaaSの「Workato」との機能連携に対応した。WorkatoからクラウドBOTで作成したbotを利用できるようになり、APIを持たないWebアプリケーションや社内Webシステムとの連携も可能になった。(2022/4/21)

クラウドリフト・シフトが進む今がチャンス:
PR:クラウドリフトを契機に現行運用からの脱却と運用高度化の必要性を考える
自社固有の設定を盛り込んだ統合運用管理ソフトウェアはよほどのことがない限り変更したくないものの一つだろう。だが、企業ITシステムのトレンドがクラウドリフトに向かう今、従来型の運用を見直さなければクラウドのメリットを享受できない可能性がある。(2022/5/9)

徹底解説!Cookie規制と法改正:
個人情報保護法改正で、マーケティングに欠かせない「プロファイリング」はどう変わる?
改正個人情報保護法の施行により、これまで以上に個人データの取扱いには注意が必要となる。マーケティングに欠かせないプロファイリングの手法はどう変わるのか? いま注目のデータクリーンルームの運用は? 田中浩之弁護士×トレジャーデータ山森氏の対談をお届けする。(2022/4/14)

クラウドRPAを取り巻く業界動向【後編】
「クラウドRPAはこれから売れる」と専門家が予想する理由
さまざまなベンダーがクラウドRPAを提供する中、オンプレミスRPAに偏っていたユーザー企業のニーズに変化が見え始めた。「今後の新規導入はクラウドRPAが主流になる」と専門家は言い切る。その理由は。(2022/4/13)

コロナの打撃から回復できるか:
イオン決算 売上高8.7兆円越えで過去最高も、セブン&アイに届かず業界2位に
イオンが2022年2月期通期の連結決算を発表した。売上高にあたる営業収益が8兆7159億円。前期比1.3%増で、過去最高額だった。ただし、セブン&アイホールディングスの売上高には届かず、国内の小売業界売り上げ首位の座をセブン&アイHDに明け渡すことになった。(2022/4/11)

どうする? 電子帳簿保存法Q&A:
全くシステムを導入しなくてもOK? 電子帳簿保存法「電子取引」の対応法を解説
2022年1月から大幅に改正された電子帳簿保存法。2年間は「やむを得ない理由」がある場合、宥恕措置が適用されます。23年の年末までに、何をどこまで対応すればよいのか。最低限の対応から、推奨される対応まで解説します。(2022/4/11)

「経営層を説得するための材料として活用してほしい」:
DXで目指す「変革規模」と「組織成熟度」の指標を定義 IPAがDX実践手引書を改定
IPAは、「DX実践手引書 ITシステム構築編」を改訂した。「DXで目指す変革規模や現時点の成熟度を指標化する仕組み」「DXとセキュリティの関係」「外部サービスの活用方法」などが紹介されている。(2022/4/6)

徹底解説!Cookie規制と法改正:
新設の「個人関連情報」、規制を受けるケースとは? 第三者提供は何がNG? 弁護士に聞く
2022年4月施行の個人情報保護法改正で新設された「個人関連情報」。どんなケースにおいて規制を受けるのか? 広告やマーケティングなどの実務担当者がひとまず押さえておくべき法令のポイントについて、森・濱田松本法律事務所の田中浩之弁護士にインタビューしました。聞き手はトレジャーデータの山森です。(2022/4/1)

「テクノロジー戦略とは企業戦略そのものだ」 ServiceNowが強調する「従業員体験の向上」とは?
ServiceNow JapanはNow Platformの最新版「San Diego」を日本国内で正式に提供開始した。同社が強調するEX(従業員価値)とは何か。なぜ、エクスペリエンス向上を重視すべきなのか。(2022/4/1)

クラウドRPAを取り巻く業界動向【中編】
「クラウドRPA」がすぐには売れない理由
ユーザー企業の間でクラウドサービスへのシステム移行が加速する中、クラウドRPAの導入が進まない。「オンプレミスRPA以外は選ばない」というニーズも根強い。この理由を、専門家はどう見るか。(2022/3/31)

UiPathとISIDがDX人材育成プログラムを共同で提供 日本初の協業契約締結
UiPathはISIDは、「UiPathパートナープラクティス発展のための協業契約」を日本で初めて締結した。両社は、企業内で実施可能なDX人材育成プログラムを提供する。(2022/3/30)

ノークリサーチが調査、小売業のクラウド活用はライブコマースやキャッシュレス化に期待
ノークリサーチの調査によると、小売業のクラウド活用はライブコマースの国内向け展開やキャッシュレス化などに期待が集まり、業種の特性を加味したSaaSやIaaSなどによる共有サーバの活用が検討される傾向があるることが分かった。(2022/3/31)

RPAを導入した英国大学のポジティブな変化【後編】
RPA導入の大学IT幹部が語る「コロナ禍の大混乱」と「Azure×スマホ」活用
「RPA」導入により校務効率化を進めるスタッフォードシャー大学。同校のIT幹部は、パンデミックにおける混乱にどう向き合ったのか。今後ITをどう活用しようとしているのか。(2022/3/30)

クラウドRPAを取り巻く業界動向【前編】
「クラウドRPA」が売れない 「RPAはオンプレミス」がまだ常識
RPA市場でクラウドシフトの機運が高まらない。RPAベンダー各社がクラウドRPAをこぞって提供する一方で、ユーザー企業の間ではクラウドRPAの利用は広がっていないという。調査結果を基に実態を整理する。(2022/3/29)

PR:国内でも本格化する「プロセス・オーケストレーション」をどう実現すればいい?
変化に強い業務システムを実現するにはツールの設計に合わせた標準化が重要だ。だが、生産性を重視するならば部門が求める業務特化型アプリを否定するのは困難だ。業務システムのサイロ化を回避しながら生産性を高める方法はあるのだろうか。(2022/3/29)

RPAを導入した英国大学のポジティブな変化【中編】
「RPA」は効率化にも「DX」にも役立つ――大学IT幹部が断言
スタッフォードシャー大学で「RPA」導入を担当するIT幹部は、RPAは効率化だけでなく「DX」にも役立つと評価する。その理由と、実際に起きた変化は。(2022/3/28)

従来型システム監視は失敗リスクが高まっている:
PR:なぜハイブリッド/マルチクラウドを前提とした運用管理を再定義すべきなのか?
さまざまな環境に分散したITインフラを効率良くモニタリングするシステム監視をどう実現すべきか。運用管理における業務プロセスの見直し機運が高まっている。導入のシンプルさと機能の豊富さで人気の「Hinemos」が目指すものとは何か。(2022/3/31)

徹底解説!Cookie規制と法改正:
Cookieが廃止・規制されたら「別の方法」はある? ポストCookie時代の対応Q&A
Cookieの規制が進む中、来たるべき「ポストCookie時代」には、どのような手法が代わりになるのか? 何から対応を始めればいい? ユーザーの同意取得は、どのように管理すべきか?──Q&A形式で解説をお届けします。(2022/3/25)

中堅・中小企業が無料で今すぐできる業務効率化の一手:
PR:Windows 11の無償RPAツールはハイブリッドワーク時代の生産性問題をどう解決するか
「Windows 11」には、Microsoft製のRPAツール「Power Automate for desktop」が標準で搭載された。中堅・中小企業が今すぐ生産性を上げる手段として有効である上に、ハイブリッドワーク時代のパフォーマンス課題を解決する鍵にもなるという。(2022/3/24)

2022年の熱いIT投資先【後編】
次世代RPA「ハイパーオートメーション」が急成長か Gartnerが予測
Gartnerは、2022年に大幅な成長が見込まれる分野として「ITサービス」と「ハイパーオートメーション」を挙げる。これらの2つの分野が伸びる理由とは。(2022/3/25)

業務自動化の現在地を探る:
自社業務なのに自動化は"外注任せ"? ハイパーオートメーションの実現を阻む障壁は
RPAやiPaaSを活用した業務自動化に取り組む上で何が障壁となるのか。ITmedia エンタープライズが実施した調査から業務自動化における企業の実態が明らかになった。(2022/3/24)

RPAを導入した英国大学のポジティブな変化【前編】
警察出身の大学IT幹部が語る、大学と警察が「RPA」を導入するそれぞれの理由
警察と大学で「RPA」導入に携わったスタッフォードシャー大学のIT幹部によると、RPA導入の理由は2つの組織で全く異なっていた。それぞれの導入理由とは。(2022/3/24)

管理会計Q&A:
本社共通費の配賦方法 できるだけ工数をかけない方法は?
配賦方法を一度決めたら、できるだけ工数をかけず、毎期配賦計算を行える仕組みはないのでしょうか。また、配賦される現場部門でも、配賦の過程や結果を分かりやすく利用できるような仕組みはないのでしょうか。(2022/3/23)

“デジタルトランスフォーメーション・ジャーニー”ではじめるDX2周目:
第1回 「荒ぶるDX四天王」に立ち向かうすべを備えているか
DXの取り組みに正解となる「道筋」があらかじめあるわけではない。あくまで自組織の現在の立ち位置(From)を踏まえて、どこに向かっていくか(To)を自ら定め、そのFromからToに至るためのギャップを乗り越えていく活動となる。(2022/3/22)

Computer Weeklyリバイバル
RPAを使うべきこと、使うべきじゃないこと
過去のComputer Weeklyから人気があったものを改めて紹介します。(2022/3/21)

Gartner Insights Pickup(249):
ビジネステクノロジストの台頭
ビジネステクノロジストは、企業における新しい技術提供モデルの確立に貢献している。(2022/3/18)

TechTarget発 世界のITニュース
CitrixがTIBCOと合併へ Citrixユーザー1億人にもたらされる「データ分析」の価値は
Citrix Systemsはデータ分析大手TIBCO Softwareと合併し、Citrix製品にデータの管理や分析ができる機能を追加する。ユーザー企業にとってのメリットは何なのか。(2022/3/18)

企業のDX志向は高く、IT投資は増加傾向 2030年度のDXソリューション市場は5兆円超へ――富士キメラ総研予測
富士キメラ総研によると、コロナ禍によるリモート化や顧客接点の改革、内製化などのニーズが高まり、国内企業のDX関連投資は増加傾向にあり、2030年度のDXソリューション市場は5兆1957億円に達する見通しだ。(2022/3/18)

メインフレーム人材確保の技【後編】
メインフレーム人材不足を解消する“アクセンチュア式トレーニング”とは?
ITサービスベンダーはメインフレームの運用や管理に精通する人材を確保するために、さまざまな対策を講じている。従業員育成、自動化技術の活用……。各社は何に力を入れているのか。(2022/3/17)

ENEOS根岸製油所、AIチャットbotで社内の問い合わせ対応と申請作業を自動化
ENEOS根岸製油所は、AIチャットbotを自社開発し、社内システムの問い合わせ対応と構内車両の修理申請作業を自動化し、業務効率化を図った。開発には、AIチャットbot構築プラットフォーム「KUZEN」を活用した。(2022/3/16)

AI:
安藤ハザマらがAIを活用した構造設計支援システムを開発、構造計算時間を半分に
安藤ハザマは、リバネス、ヒューマノーム研究所、ソーラーテックの3社とともに、AIを活用した構造設計支援システム「部材グルーピングシステム」を開発した。今後は、AIグルーピングシステムとRPAシステムのさらなる効率化と、両システムを一体のシステムとして利用できるように整備を進める。(2022/3/15)

PR:現場主導のDXを目指した村田機械、パートナー企業の“伴走支援”を生かす
システムが現場に浸透せず、システム部門は現場からの改修依頼に応え切れない。そんな苦しい状況を打開しようと村田機械が取り組んだのが現場主導のDXだ。プロジェクト推進の鍵は“伴走者”との関わり方にあった。(2022/3/10)

徹底解説!Cookie規制と法改正:
【Q&Aで簡単理解】Cookieとは? 規制で何が変わる? 広告ターゲティングへの影響は
サードパーティーCookieとは? Cookie規制で、全く使えなくなる? 規制されないCookieもある?──よくある疑問を、Q&Aで解決。Cookie規制が広告施策や、デジタルマーケティング全体に与える影響についても解説します。(2022/3/11)

事業継続の懸念も解消する
変わる働き方、中小企業が今こそRPAを活用すべき理由
膨大な作業を人海戦術でカバーするような働き方は、労働力人口が減っていくこれからの時代には通用しなくなる。少人数でも効率的に業務を進めるためにはRPAの活用が有効だ。RPAツールの導入時には、どのような点に注意すべきか。(2022/3/9)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。