ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  R

  • 関連の記事

「RPA」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Robotic Process Automation:ロボットによる業務自動化

関連キーワード

「メンタルヘルスケア」5つの方法【後編】
心を守るメンタルヘルス支援策「あるのに使われない」問題 解消する方法とは?
企業がどれだけ素晴らしいメンタルヘルス支援策を用意しても、従業員に知られず、使われなければ意味がない。従業員に利用してもらうには何をすればよいのか。(2021/5/6)

ウィズコロナ時代のテクノロジー:
テレワークはどこまで定着するのか 問われる日本企業の「本気度」
コロナ禍も、遠いトンネルの先にかすかな光が見えてきた。もしもトンネルを抜けたら日本企業はテレワークをどうするのか?(2021/4/30)

「メンタルヘルスケア」5つの方法【前編】
社員の「心の健康」を守る方法とは? まずは「今どんな気持ちか」を理解しよう
企業が従業員のメンタルヘルスを健全に保つためには、まずは従業員の現状を正しく認識することが大切だ。具体的にはどうすればよいのか。(2021/4/29)

「RPA」と「AI」の違い【前編】
いまさら聞けない「RPA」の基礎 何ができ、何ができないのか
RPAとAI技術は普及が進む一方で、両者の特性や連携の意義についての理解は進んでいない。両者の違いを理解する前に、まずはRPAの基本事項をおさらいしよう。(2021/4/28)

「RPA」の8大メリットと5大デメリット【第3回】
「RPA」が社員や顧客のモチベーションを高める“これだけの理由”
RPAによる業務の自動化は、結果として従業員と顧客の両方に良い心理効果を与える可能性がある。それはどういうことなのか。RPAがもたらすメリットを整理する。(2021/4/27)

PR:リモートワークで不正リスク増は避けられない! 経理部門が採るべき固定資産管理のシステム化の道筋とは
リモートワークの課題の1つが、作業が他人の目に触れにくくなるとともに、社内調査の迅速な実施も困難になることで、不正が生じやすくなることだ。特に、システム化が遅れている会計領域として川崎氏が警鐘を鳴らすのがExcelなどが多く駆使されている固定資産管理だ。(2021/4/26)

IT革命 2.0〜DX動向調査からのインサイトを探る:
DX人材に必要なスキルと、調査で見えてきた「今本当に必要なこと」
DXの推進には、ITスキルと、ビジネススキルの両輪が求められるようです。DXの現場に従事する情シスを対象にした調査からその詳細を探ります。(2021/4/23)

「Microsoft Ignite Recap Community Day」をダイジェストで紹介:
PR:Microsoftの“今と未来”が分かる「Microsoft Ignite 2021」の見どころをギュッと凝縮!――日本のコミュニティリーダー厳選の発表内容総まとめ
Microsoftが自社の最新テクノロジーとその展望を披露する年次カンファレンス「Microsoft Ignite」。そのMicrosoft Igniteを聴講した日本の技術コミュニティのリーダーが“特に気になった発表内容”を厳選して紹介する日本独自の振り返りイベント「Microsoft Ignite Recap Community Day」をダイジェストでお届けする。(2021/4/22)

IT革命 2.0〜DX動向調査からのインサイトを探る:
100社が回答した「わが社のDX推進目標」に見るDXのトレンド
調査によると、DX推進企業が掲げる「DXの目標」は、“攻めのDX”も“守りのDX”も含め、種々様々であることが分かりました。分析を通してその傾向を探っていくと、自社のDXを振り返るヒントになるかもしれません。(2021/4/21)

「RPA」の8大メリットと5大デメリット【第2回】
いまさら聞けない「RPA」のメリット 「迅速化」と「人の有効活用」の魅力とは
「RPA」による業務の自動化は、ビジネススピードや効率性の向上にどう役立つのか。専門家の話から、その実力を探る。(2021/4/20)

治験の大量文書をクラウド管理 医療業務を健やかに速やかに
新型コロナウイルスのワクチン開発でおなじみになった「治験」。大量の書類が発生し、コストや時間がかかる要因の一つになっている。この問題をクラウドを活用して取り組む企業がある。現在の状況や今後の展望を社長が明かす。(2021/4/16)

「RPA」の8大メリットと5大デメリット【第1回】
いまさら聞けない「RPA」のメリット 「効率向上」「人的ミス低減」の効果は?
調査会社GartnerはRPA市場の大幅成長を予想している。ITリーダーがRPAのメリットを認識し始めたことが、その背景にある。具体的にどのようなメリットがあるのか。(2021/4/14)

経営者「とにかく何かやっときなさい」:
読者調査で分かったDX推進プロジェクト運営体制の課題
「よく知らないけれど、とにかく何かDXをやっておいて」との命令が下る組織はどのくらいあるだろうか。読者調査で見えてきたのは、DX推進体制の現実と経営層の意識とのちぐはぐさだった。(2021/4/13)

MicrosoftのRPAに対応:
Peaceful Morning、「Power Automate Desktop」の教材を期間限定で無償公開
Peaceful MorningはMicrosoftが提供するRPAツール「Power Automate Desktop」についてノウハウをまとめた教材を公開した。(2021/4/12)

NEWS
NTTデータ、鉄道業界向けERPを提供 多角化経営に特有の財務管理の課題を解決
NTTデータは、鉄道事業者向けのERP「Biz∫(ビズインテグラル)鉄道ソリューション」を提供する。ホテルや百貨店など多岐にわたって事業展開する鉄道業界ならではの課題や規則に特化した機能を搭載している。(2021/4/9)

「AI」「RPA」は仕事を奪うか【前編】
「AIは人の仕事を奪う」があり得ない“これだけの理由”
人工知能(AI)技術は何を実現し、何を実現しないのか。その認識は必ずしも正しい形で広がっているとは言えない。実際のところはどうなのか。特に労働者に対するAI技術の影響を専門家に聞いた。(2021/4/9)

データドリブン経営基盤の構築、アルペングループが語る「内製化を失敗させない」3つのポイントの意味
EC市場の拡大やD2Cビジネスに代表される取引先メーカー自身の独自販売チャネル開発が盛り上がる中、IT資源にも相応の投資をしてきたリテール企業はどんなDXを進めるべきだろうか。1000万SKU、500万顧客の情報を抱え、レガシーシステムと「Excel集計」業務からの脱却に挑むアルペングループが今本気で向き合うDXの状況を聞いた。(2021/4/8)

境界防御からエンドポイント防御へ
根本原因が分からなければ対症療法しかできない ディップが「EDR」を選んだ理由
求人メディアとAIやRPAといったDX関連事業という二足のわらじを履くディップは、クラウドサービスの業務利用の拡大によって境界防御に課題を感じていた。同社がこの課題を解決するために選んだセキュリティ製品とは何だったのか。(2021/4/12)

RPAベンダー各社が公共機関向け体制を強化 デジタル・ガバメント実行計画を受け
政府によるデジタル・ガバメント実行計画やRPA導入実践ガイドブックの発表を受けて、RPAベンダーに公共機関を対象とした体制強化の動きが出ている。RPAベンダーのBlue PrismとUiPathが発表した施策の詳細とは。(2021/4/7)

「データ活用」と「データドリブン」、何が違うか
「データ活用」と「データドリブン」の違いはどこにあるだろうか。「もう十分にデータを活用している」と自負する企業も、実はデータドリブンな活動には至っていない可能性がある。データドリブンな組織に求められるデータの性質を考える。(2021/4/5)

「アダプティブセキュリティ」「CMaaS」とは? 政府関連テクノロジーのトップ10を発表――ガートナー
ガートナーによれば、世界の政府機関ではレガシーシステムの近代化が加速するとともに、アジリティやレジリエンスを高める取り組みが進められているという。(2021/4/5)

RPA活用を身近に、自分ごとにするために
中外製薬が直面した「全社RPA活用の壁」を打ち破った方法とは
中外製薬はRPAによって累計7万7000時間もの削減に成功したが、取り組みに参加した部門や社員は限定的だった。これを全社的な取り組みにするにはどうすればよいのかと担当者は頭を抱えた。同社はこの苦難をある方法で乗り越えようと考えた。(2021/4/8)

DXレポート2をかみ砕く:
DXレポート2が提言 企業が取るべき超短期〜中長期のアクションとは何か?
短期連載「DXレポート2をかみ砕く」の第2回は、企業が取るべき超短期〜中長期のアクションについて紹介する。自社のDX推進進捗に併せて適切なアクションの選択が求められる。順を追って見ていこう。(2021/4/1)

データベース性能のリアルタイム可視化を実現:
PR:担当者の退職によりDBの運用管理が困難に――窮地の後任担当者を救った一手とは
間接材の購買サービスを提供するディーコープは、アプリケーションやデータベースに理解のある担当者の退職と、利用していたDBAサービスの提供終了によって、データベースの運用管理に課題を抱えることになった。同社は解決に向けてどのように取り組んだのか、担当者に聞いた。(2021/4/1)

リモート新人研修を成功に導く7個のヒント【第3回】
「リモート新人研修」を楽しく、短く、シンプルにする方法とは?
テレワーク前提の新人研修である「リモート新人研修」を成功させるために、人事部門がやらなければならないこととは何か。幾つかのポイントを紹介する。(2021/3/31)

3つのディフェンスライン(3LOD)とデジタルリスクマネジメント Redgelinezが示すDXのリスク
「デジタルリスクを正しく管理できている組織はわずか15%」――。企業間システム連携やサービス拡充、グロースハックと、DX推進はめまぐるしい変化の連続だが、変化が激しい状況にリスクマネジメントの体制が追いついていない実態が明らかになった。対策は3つのディフェンスラインにヒントがあるという。(2021/3/29)

羽ばたけ!ネットワークエンジニア(38):
「つなぐ」を自動化するIPaaS、在宅勤務のチーム連携業務を効率化しよう!
コロナ禍で長引く在宅勤務。プロジェクトチームのメンバーが目の前にいるオフィスワークと違い、在宅勤務ではいかにメンバー間の連携を効率的にするかが課題だ。今回は分散環境で仕事をするプロジェクトの生産性向上に役立つIPaaSについて述べる。(2021/3/29)

古いシステムで困り続けるか、さっさと片づけてDXに笑うか:
PR:もう先送りできない、経営課題として「SAP2027年問題」と向き合う方法
SAPによるERPソフトウェアの保守サポート終了、いわゆる「SAP2027年問題」が目前に迫っている。さまざまな課題の中で先送りにされがちだが、経営とITのレベルを引き上げるために対応は不可避だ。どうすればその一歩が踏み出せるか、具体策を探る。(2021/3/29)

「RPAと業務改善」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2021/3/25)

全体最適はDXの第一歩
現場主導の「RPA」管理が失敗しがちな理由、鍵は「ガバナンス」強化
RPA(ロボティックプロセスオートメーション)の能力を最大限に引き出して使いこなすには、部門ごとの運用管理では限界がある。「野良ロボット」「休眠ロボット」などのリスクを回避し、ガバナンスを強化する秘策は。(2021/3/26)

リモート新人研修を成功に導く7個のヒント【第2回】
事務手続きは入社前に完了、研修課題は控えめに 「リモート研修」効率化の極意
終わりの見えないコロナ禍において、リモート新人研修を実施せざるを得ない企業もある。リモート研修の効果や効率をより高めるために、人事部門ができる事前準備とは。(2021/3/24)

中堅・中小企業のRPA導入の進め方
RPA導入を成功させるために必要な“3つのスキル”とは
労働人口の減少や残業時間削減の解決策としてRPAによる業務自動化に期待が集まっている。しかしRPAにはセキュリティやガバナンスを維持するのが難しいという課題もある。こうした課題を解決し、導入を成功させるために必要なスキルとは。(2021/3/24)

なぜ2年で100を超える業務自動化に成功したのか?
コロナ禍でも事業は拡大できる 社労士事務所のAI-OCR・RPAによるDX奮闘記
中小企業の業務はデジタル化が進んでいない。中小企業の行政手続きを代行する社労士事務所もアナログ業務から脱却できずにいた。悪循環を断ち切り、業務のDXに成功した社労士法人が存在する。同社はいかにしてデジタル化を成し遂げたのか。(2021/3/24)

【AI insideの衝撃 後編】SaaS企業からAIプラットフォーマーへ
今期40億円を超える売上を見込み、250%を超える売上高成長率を達成しながらも「SaaSでの展開はあくまで通過点」と、AI insideの渡久地CEOは次の展開を見据えています。後編でも「企業データが使えるノート」のアナリストが、引き続き渡久地氏にインタビューを行いながら「GAFAが競合になり得る」というポテンシャルを持つ、AIプラットフォーマーとしての可能性を探っていきます。(2021/3/19)

PR:業務の効率化、非対面のセールス活動──コロナ禍ならではの“課題”を解決できる人材を育てるには?
(2021/3/18)

現場が付いてこなければ意味がない
課題は「現場への定着」、中小企業が目指すべき「AI-OCR・RPA導入の最適解」とは
国内全体で人手不足が進み、その波は中小企業にまで及んでいる。少人数で業務をまわすには業務効率化が不可欠だ。しかし、デジタル化はなかなか進まない。それはなぜか。業務効率化のボトルネックを解消するAI-OCR・RPAとは?(2021/3/17)

AI insideの衝撃【前編】売上を250%成長させるSaaSの逆セオリー
手書き書類を人工知能(AI)を用いて高精度にデジタルデータに変換するOCRソフトウェア 「DX Suite」を提供するAI insideは、2021年3月期の業績予想売上高が対直近年度+281%を見込み、3月期決算の国内上場企業で最も高い成長率での着地を見込んでいます。同社がいかにSaaSプロダクトを急成長させたか。また、新たに展開を加速させているAI プラットフォーマー化への展望を前編・後編でお伝えしていきます。(2021/3/12)

IT活用で“ニューノーマル”の人事課題をどう解決するか【後編】
“コロナ鬱”をITでどう防ぐのか? 会計事務所やRPA企業に聞く
成人の約80%がパンデミックに起因したストレスを抱えていることが、米国心理学会の調査で明らかになった。疲れ切った従業員の心身の健康を企業はどう守ればよいのか。対策となり得るITと、その活用事例を紹介する。(2021/3/11)

PR:老舗製薬会社の生き残り戦略はシステムの内製化 自由なデータ活用、開発の高速化を実現
(2021/3/8)

Microsoft Focus:
日本独特の“ハイブリッドクラウド需要”にどう応える? MSがAzure Stack HCI刷新で見せたクラウド戦略のゆくえ
日本マイクロソフトは2021年2月末、新たな機能を加えた「新世代」Azure Stack HCIソリューションを発表した。その背景には、単なるソリューション刷新ではなく、クラウド化に当たって日本市場独特のニーズに応えようとする新たなクラウド戦略がある。その具体的な中身を取り上げつつ、Azure Stack HCIが可能にするクラウド移行の形を解説する。(2021/3/5)

給付金オペレーションの裏側 自治体が体験した激動の2週間、奄美市役所の場合
「10日後に給付金手続き開始せよ」に自治体はどう対応したか。2020年4月、急きょ体制整備が命じられた給付金受付業務。システムも手続きも未整備の中、200の自治体の「手作業地獄」回避に貢献した人物が当時を振り返った。(2021/3/4)

IT活用で“ニューノーマル”の人事課題をどう解決するか【中編】
「キャリアの不透明さ」が退職理由の5割 電機大手は「AI」で状況をどう変えたか
電機大手Schneider Electricでは、退職者の約半数が「キャリアの不透明さ」を理由に職場を去っていた。キャリアの不透明さを解決し、人材流動性を高めるために、同社が注目した手段がAI技術だ。どう活用したのか。(2021/3/4)

Microsoft純正のRPAツールが無償に Windowsユーザーの働き方は変わるか
マウスを多様する決まりきった退屈な作業、でもミスが許されないといった作業を、もしかすると今後は自動化できるかもしれない。MicrosoftがPower Automate Desktop for Windows 10を追加費用なしで使えるようにすると発表したからだ。将来的にはWindows 10への組み込みも予定されている。(2021/3/3)

Microsoft Ignite 2021:
Microsoft、自社製RPAツールを全Windows 10ユーザーに無償提供 マウスクリックやキーボード入力をGUIで自動化
米Microsoftが、RPAツール「Power Automate Desktop」の無償提供を、Windows10ユーザー向けに開始した。(2021/3/3)

仕分け時間を最大50分の1に NECがAIで未整理データを自動分類するサービスを開始
NECは、大量の未整理データをAIで自動的に仕分けし、データ整理を支援するクラウドサービス「データ自動仕分けサービス」を発表。特別な知識やスキルがなくても3ステップで簡単にデータを分類して、データ分析の高速化/効率化やタイムリーなデータ活用が可能になる。(2021/3/3)

長岡市、自治体DXに向けたデジタル化推進 3年目の成果
地方自治体の業務や手続きのデジタル化が徐々に成果を現しつつある。2018年からデジタル化を推進してきた長岡市は、初年度に想定の20倍の成果を出したという。同市における3年間の取り組みの成果を見てみよう。(2021/3/1)

「AI-OCR/RPA」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2021/3/3)

医療ITニュースフラッシュ
信州大学医学部附属病院が新型コロナの検査報告に「RPA」導入 その効果とは?
佐賀県の嬉野医療センターがNutanixのHCI製品を導入した事例や、新型コロナウイルス感染症の検査報告業務にUiPathのRPA製品を導入した信州大学医学部附属病院の事例など、医療ITの主要ニュースを紹介する。(2021/2/28)

特集:Microsoft & Windows最前線2021(4):
これからはあなたも主役に! Power Platformが仕事、社会、そして人生を変える
ニューノーマルな時代に向けたMicrosoft&Windowsテクノロジー活用の新たな道筋を探る本特集。企業のビジネス革新を支援し、エンドユーザーの利便性と生産性の向上に寄与するテクノロジーとはどのようなものか。第4弾は、コロナ禍で変わった働き方にMicrosoftの開発環境がどのように追随しているのかを見ていく。(2021/3/3)

ITリーダーが直面する「DX」の3大課題【後編】
DXリーダーにこそ「傾聴力」が欠かせないシンプルな理由
テレワークが当たり前になり、働き方の常識が大きく変わった。企業はDXを推進する上で、こうした変化を捉えて組織構造やリーダーシップのスタイルを見直す必要がある。どう見直せばよいのか。(2021/2/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。