ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「自動車学校」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「自動車学校」に関する情報が集まったページです。

高齢ドライバーらの事故防止へ:
運転技能を即時診断、オムロンらがシステム開発
オムロンのグループ会社と近畿大学は、ドライバー安全運転管理サービス「DriveKarte(ドライブカルテ)」を活用した、「リアルタイム運転技能診断システム」を開発した。(2020/2/18)

マーケターの育成について語る:
庭山一郎氏×油野達也氏 B2Bにおける「マーケティングの貧困」を抜け出すために
今、マーケティングを学ぶ機会を創出する意義とは何か。B2Bマーケティングおよびセールスの重鎮が熱く語った。(2020/2/12)

高い自動車ローンを変える クラウドローンが、銀行とユーザーをマッチングさせるプラットフォーム開始
自動車ディーラーなどでクルマを買うときに、提示されるローンに申し込む人は多いだろう。しかしその金利は実は高いことを知っているだろうか。金融系スタートアップのクラウドローンは、1月23日から、個人がマイカーローンや教育ローンを組むときに、複数の銀行との間でマッチングしてくれるサービスを開始した。(2020/1/23)

今日のリサーチ:
「車を所有する経済的な余裕がない」新成人が63.4%――ソニー損害保険調べ
毎年恒例となった新成人のカーライフ意識調査です。(2020/1/8)

「自動運転車の開発」支える:
トヨタ、ホンダも頼るVR技術会社 「極限の条件」を作り出してきた社長が自動車教習所に商機見いだす理由
自動運転車の開発や安全運転の実現に不可欠で、実用化が見込まれているシミュレーター装置を開発し、トヨタやホンダから重宝されているVR会社がある。建設・土木向けにコンピュータを使ったシミュレーターを開発し、VR技術を培ってきたフォーラムエイトの伊藤裕二社長に今後の展望を聞いた。現状は自動車教習所や病院、海外の交通事故対策などに商機を見いだしている――。(2019/12/28)

「やるやるw」「オレ左右2回派!」 MT車乗りが無意識にやる「ある儀式」が話題に これは何?
AT限定免許の人「全く分からん」。(2019/12/20)

“サポカー限定免許”導入へ 事故歴のある高齢者には免許更新時に実車試験も
警視庁の有識者分科会は高齢運転者の事故防止対策として、安全運転サポート車のみの運転を認める限定免許制度や、事故歴や特定の違反歴がある高齢者を対象にに免許更新時の実車試験を導入する方針を示した。(2019/12/20)

その立ち位置はやばすぎる!! 横断歩道で信号待ちの歩行者「あるある」描いたドライバー目線のイラストが「ほんと怖い」と話題に
そこは危ない。(2019/12/5)

堀江貴文が語る「予防医療」【後編】:
ホリエモンがHPVワクチンを打った理由――ハヤカワ五味と語る「感染しない、感染させない、感染源にならない」
ホリエモンこと堀江貴文氏と、女性ファッションデザイナーで実業家のウツワ社長ハヤカワ五味氏が対談。見えないニーズを掘り起こし革新的なビジネスモデルを築いてきた異端の起業家2人が今、最も注目しているのが「予防医療」の分野だ。社会課題を解決し、将来的な顧客をどのように育てていく術があるのか、2人の起業家の対談からヒントを得たい。後編では、子宮頸がんワクチンの定期接種が再開されない中で、ビジネスを通して予防と検診を呼びかける具体的な方策を語り合った。(2019/11/28)

入れてもらったときに“ありがとう” 「サンキューハザード」の由来は?
誰がやり始めたのでしょうね。あと、海外では怖いケースも。(2019/11/7)

黄金銃を持つ教官、号泣高速実習、チャラ男と鳥人間コンテスト……忘れられない合宿免許の思い出
普段なら出会わないような人に会う、それが合宿免許。(2019/10/3)

スマホで「ピザ屋さんスクーター」借りられる(!!) このサービス何? 「HELLO SCOOTER」早速使ってみた【写真10枚】
「原付スクーター」を分/時間単位で借りられるサービスが登場! でも……どんな人向けなの?(2019/10/1)

進む高齢化、超過酷な労働環境:
京急踏切事故で垣間見えたトラックドライバー業界の「構造的な闇」とは
電車の乗客ら35人が負傷、トラック運転手1人が死亡した京急踏切事故。その背景に筆者が垣間見たのは極端に高齢化が進むトラック業界の闇だった。データや現場取材、自身のドライバー経験を踏まえ迫る。(2019/9/25)

イケメンすぎるゴリラがあふれるパワーで人助けする漫画 シュールだけどトキメキが止まらない
ほれてまうわー。(2019/9/19)

機械学習&ディープラーニング入門(Python編):
Lesson 18 「Python言語基礎文法」と「いくつかの応用文法」のまとめ
コードを書く流れに沿って説明してきたPython言語の基礎文法と、いくつかの応用文法のポイントを箇条書きでまとめる。(2019/8/31)

あなたは大丈夫!? あおり運転しそうな人10項目……複数当てはまると要注意
常磐自動車道で発生したあおり運転殴打事件。傷害容疑で逮捕された宮崎文夫容疑者(43)の言動は特異なケースかもしれないが、運転中にカッとなったことのある人は少なくないはずだ。山梨大学大学院安全医工学研究室の伊藤安海教授に、あおり運転につながる可能性がある10項目をピックアップしてもらった。「複数当てはまると要注意」だという。(2019/8/28)

「そんなヤツいんの!?」「初心どこいった」 自動車学校の悲痛な叫び「教習車をあおらないで」がTwitterで話題に
教習車を見ると「がんばれ」って気持ちになる……。(2019/8/26)

GT-Rや試作車も再現できちゃうの!? 日産自動車の秘密基地に潜入、世界最高峰のドライブシミュレーターを体験してきた
まるで実車のような挙動を体験してきました。(2019/7/28)

25年の歩みを社長に聞く(後編):
PR:小回りが利く対応力とお客さまからの学びで生まれる「なくてはならないエプソンPC」を目指して
エプソングループの中でPC事業を担うエプソンダイレクト。1993年の設立から一貫して守り続けてきたこと、それを踏まえた上での新たなビジネス領域への挑戦、そして、今後の事業方針について栗林社長に聞いた。(2019/7/16)

ドローン:
會澤高圧コンクリート、米ベンチャー開発のドローンをインフラ点検に活用
會澤高圧コンクリートが、米航空宇宙ベンチャーのトップフライトテクノロジーズと戦略的な提携を発表。高性能産業用ドローンを導入し、インフラの点検や農地管理などに活用する。(2019/7/10)

医療機器ニュース:
自宅のTVで実施する運転技能向上トレーニング・アプリを開発
東北大学は、自宅のTVで実施できる運転技能向上トレーニング・アプリを開発した。高齢者を対象に効果を検証したところ、自動車運転技能、認知力(処理速度)と抑制能力、ポジティブ気分(活力)が向上した。(2019/6/6)

建設・測量生産性向上展2019:
無人化施工で働き方改革へ、2025年の実現目指しコベルコとMSが協業
コベルコ建機と日本マイクロソフトは、ICTを活用して、コベルコ建機が目指す、働く人を核に据えた建設現場のテレワークシステム「K-DIVE CONCEPT」構築のため協業する。コベルコ建機が、既に検証を進めている建設機械の自動化ノウハウと、マイクロソフトのクラウド「Microsoft Azure」をプラットフォームにして、AI、IoTなどの各種テクノロジーを掛け合わせ、現場の無人化施工を実現し、建設業における働き方改革を推し進める。(2019/5/23)

滑舌の悪い岡山弁で危機一髪! 教習所の実体験漫画に「あるある」の声
焦ってるときに言われたら、「どっち?」ってなっちゃうやつ。(2019/5/20)

安室透に励ましてもらい、自動車免許をとった話
わたしが安室さんにしてあげられることはなんだろう?(2019/2/3)

キャプテンながはまの100万円で「船長」になる(3):
「3日間13万円くらい」で船舶免許は取れる
昔は難関といわれていた一級小型船舶も、今は結構簡単になりました。(2018/10/6)

水曜インタビュー劇場(ブルンブルン公演):
バイクは事故が多いのに、なぜヤマハは「バイクレンタル」に挑むのか
ヤマハ発動機販売は10月1日、2輪車レンタル事業「バイクレンタル」をスタートした。国内2輪車メーカーがレンタル事業を始めるのは初めてのことだが、疑問がひとつある。バイクは事故が多いのに、事業を継続してやっていけるのだろうか。同社の担当者に話を聞いた。(2018/10/3)

つながるクルマ キーマンインタビュー:
MaaS時代の一人一人に合わせたサービスへ、変わる自動車保険
トヨタ自動車がクラウン、カローラスポーツを皮切りに展開を強化するテレマティクス保険について、あいおいニッセイ同和損害保険 トヨタ事業部 部長の荒川裕司氏と、トヨタ自動車 国内企画部 コネクティッド・新規事業PT プロジェクトリーダーの垣迫和行氏に話を聞いた。(2018/8/29)

台湾電動スクーターメーカーの野望(前編):
電動スクーターを“普通に”使えるように、台湾二輪車メーカーはインフラ計画も描く
日本では現在、クルマの世界ではハイブリッド車の存在感が増し、少しずつ電動化の流れが強まってきていることを実感している人は多いはず。しかし2輪では、台湾が日本のはるか先を行く。そんな思いを抱かせる新型スクーターが登場した。(2018/7/31)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
バイクのスピード感と、生身で道路のど真ん中にいる感じ
タンデムシートに乗ったときの目線の高さは、ハイエースの運転席と同じくらいでした。(2018/7/11)

「ついに手にした権利」:
サウジアラビアで女性の運転が解禁、抑圧の象徴に風穴
サウジアラビアで女性の自動車運転が解禁された。イスラム教国として非常に保守的な同国で、長く女性抑圧の象徴とみなされていた問題に風穴が開いたことになる。(2018/6/25)

人とくるまのテクノロジー展2018:
1社では難しい「レベル4」、オープンソースの自動運転ソフトが提供するものは
「人とくるまのテクノロジー展2018」(2018年5月23〜25日、パシフィコ横浜)の主催者企画の中から、ティアフォーの取締役で、名古屋大学 未来社会創造機構 特任教授でもある二宮芳樹氏の講演を紹介する。(2018/6/20)

「運転できるの意外」「免許持ってるんだ」 橋本環奈、マネジャーとのドライブで運転しファンから驚きの声
助手席に乗りたさしかない。(2018/5/18)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
初対面でクルマを話題にする前に
相手がクルマ好きじゃなくても、免許持ってなくても、ガッカリせずにいきましょう。(2018/4/12)

「3本目の棒が見えたらハンドルを……」 トヨタ、教習所向けの標準教習車「トヨタ教習車」を刷新 22年ぶり
運転しやすそうなやさしい工夫が随所に。(2018/2/2)

「眩しい夕日の中から突然自転車が……」 交通ヒヤリ体験を投稿する「危なかッター」キャンペーン、入賞作品がどれも怖い……
こんな体験したくないですね。(2017/12/20)

特集・ミライのクルマ:
増える高齢ドライバー事故 「自動運転で減らす」 国交省の見解
社会問題化している「高齢ドライバーの事故」問題。自動運転技術でどれほど改善できるのか、国交省に聞いた。(2017/12/18)

高橋一生が教習所の“俺様教官”に ダイハツのPR動画がときめきしかない
教官とおしゃパン食べに行きたいです!(2017/12/3)

ASUSTOR製NASの機能を学べる法人向け体験セミナーが開催中
ユニスターが、ASUSTOR製NASに関するハンズオンセミナーを開催している。(2017/8/21)

斜陽産業で戦う改革者:
南福岡自動車学校が“人生相談”を始めた理由
少子化の影響で苦境に立たされている自動車教習所業界。この逆境の中でもユニークな取り組みを実践し、入校者数を伸ばしている教習所が南福岡自動車学校だ。その取り組みとは?(2017/8/21)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
ポンコツドライバーの運転も広い度量で受け止める? 新型「カムリ」
へなちょこな運転でも快適に走るので、「ボンカレーはどう作ってもうまいのだ」という言葉を思い出しました。(2017/7/12)

マストドンつまみ食い日記:
マストドン新書著者5人座談会 「今はフラット化が行きすぎてる」「Twitterは広がりすぎた」
「マストドン 次世代ソーシャルメディアのすべて」出版記念セミナーの第2部である、著者5人によるパネルディスカッションをレポートする。(2017/7/11)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
ハンドルの自動化について考え直そう
クルマの自動運転はまだ実現できないが、運転支援システムを組み込むことによって、人のエラーを減らそうとしているのが現状である。そこで今回はハンドルの自動化について指摘したい。(2017/6/26)

「スパイダーマン、自動車教習所に行く」の巻 アウディーとのコラボCMが運転へたすぎてハチャメチャな展開に
運転支援機能のおかげで、奇跡的な無事故運転。(2017/6/21)

ほんとに仮免許26回落ちた人ですか? 木下優樹菜、11年ぶりのリベンジで自動車免許取得
「生まれてから29年で1番勉強した」と木下さん。(2017/6/7)

自動運転技術:
事故でよくある“あのパターン”を回避する自動運転の要素技術を確立
三菱電機は、車両間通信を活用することで他車の検知情報を活用し、1つの自動車だけでは見えない死角を補うことで、安全に自動運転を行える技術を開発した。2021年度の事業化を目指し、研究開発をさらに進める。(2017/5/30)

スピン経済の歩き方:
アクセルと踏み間違えない「左ブレーキ」が、普及しない理由
高齢者がアクセルとブレーキを踏み間違えて、事故を引き起こすケースが相次いでいる。30年ほど前から「AT車の場合、左ブレーキにすれば踏み間違うことはない」といった議論が出ているが、なぜ普及しないのか。(2017/5/9)

「若者のクルマ離れ」が収束する?:
“マイカー”持つ新成人、4年ぶり増加
2017年に新成人を迎える若者たちの、自動車の保有状況や購入に対する意識はどうなっているのだろうか――ソニー損保調べ。(2017/1/5)

地面を指す紅白の矢印、何の道路標識か知ってる? 「北国はこれがないと死ぬ」
ヒント・雪。(2016/12/19)

パチンコ業界でVR?:
「GANTZ:O」のVRコンテンツを産んだ京楽に聞く、映像表現のこれから
2016年はさまざまなコンテンツプロバイダーがVRに参入し始めている。「GANTZ:O_VR」を手がけた岩野氏に話を聞いた。(2016/12/16)

高井尚之が探るヒットの裏側:
ロードスターが高く評価されるワケ
ジャーナリスト・経営コンサルタントの高井尚之氏が、人気企業・人気商品の裏側を解説する連載。今回はこの4年で3度「日本カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞したマツダのクルマづくりを読み解く。(2016/11/3)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。