ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  D

「DynamoDB」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「DynamoDB」に関する情報が集まったページです。

AWSチートシート:
「Amazon S3」にアップロードしたCSVファイルを「Amazon DynamoDB」に自動登録する「AWS Lambda」関数の作り方
AWS活用における便利な小技を簡潔に紹介する連載「AWSチートシート」。今回は、「AWS Lambda」を使って「Amazon S3」にアップロードしたCSVを「Amazon DynamoDB」に自動登録する方法を紹介する。(2021/9/24)

二酸化炭素排出量の削減に「AWS」を生かす【中編】
省エネ企業が「AWS」で構築した光熱費削減システム 気になるその中身とは?
環境保護に関する事業を手掛けるCarbon Lighthouseは、AWSを使って自社で構築したデータ分析システムを、顧客企業のエネルギー消費量の削減に役立てている。同社はどのようにAWSを活用しているのか。(2021/9/23)

特集:「惰性をやめる、慣習を疑う」こんどこそ楽になる運用管理(2):
AWS初心者でもサーバレスでここまでできる――クラウド運用の定型業務を9カ月で自動化した新入社員の挑戦
運用管理者に光を当てるオンラインイベント「Cloud Operator Days Tokyo 2021」。NTT東日本のセッション「新入社員が9ヶ月でクラウド運用の自動化システムを作ってみた」から、AWS初心者が運用監視の定型業務を自動化する際の流れ、苦労するポイントを学ぶ。(2021/8/31)

製造業IoT:
IoTデバイスのデータを自動処理するオンラインデータベースサービスを提供
ソニーネットワークコミュニケーションズスマートプラットフォームは、IoTデバイスのデータを自動保管し、システムの一部として利用できるオンラインデータベース「MEEQデータプラットフォーム IoTストレージ」サービスの提供を開始した。(2021/8/12)

AWSチートシート:
サーバレスのバックエンド作成サービス「AWS Amplify」で認証認可機能付きのダッシュボードを作る
AWS活用における便利な小技を簡潔に紹介する連載「AWSチートシート」。今回は、「AWS Amplify」で認証認可機能付きのダッシュボードを作成する方法を紹介する。(2021/8/13)

「クラウドファースト」を具現化するウェザーニューズ【第3回】
ウェザーニューズが実践 「AWS」を安心して安く使う工夫とは?
ウェザーニューズは「AWS」を利用し、気象データを提供する「WxTech」サービスを運用している。AWSの“ヘビーユーザー”である同社は、AWSの利用コスト抑制のために、どのような工夫を取り入れているのか。(2021/8/10)

ずっと無料で使えるクラウドの「Free Tier」主要サービスまとめ 2021年版
AWSやMicrosoft Azureなど各クラウドサービスで提供されている、期間の制限なくずっと無料で使える、いわゆる「Free Tier」や「Always Free」と呼ばれる無料枠のサービスをまとめた。(2021/6/21)

AWSチートシート:
「AWS Configルール」と「AWS Systems Manager」の「Automation」を利用したリスクあるリソースの自動検知、自動修復
AWS活用における便利な小技を簡潔に紹介する連載「AWSチートシート」。今回は、「AWS Configルール」と「AWS Systems Manager」の「Automation」を利用したリスクあるリソースの自動検知、自動修復を紹介する。(2021/2/15)

Twitter、「タイムライン」機能の基盤にAWSのクラウド採用
Twitterが、タイムライン機能のシステム基盤にAWSのクラウドを採用。Twitterがタイムラインの処理にパブリッククラウドを使用するのは初。契約は複数年にわたるという。(2020/12/17)

AWS、DynamoDBをSQLで操作可能に SQL互換のクエリ言語「PartiQL」対応を発表
AWSがDynamoDBをSQLで操作可能に。SQL互換のクエリ言語「PartiQL」に対応した。米国や東京リージョンなどで利用できる。(2020/11/30)

AWSで構築:
AIがカンニングや替え玉受験などオンライン試験の不正を検知、NTT東日本とイー・コミュニケーションズが共同開発
NTT東日本とイー・コミュニケーションズは、オンライン試験の不正監視サービス「Remote Testing AIアナリスト(仮称)」の事前予約受付を開始した。AIを活用してオンライン試験でのカンニングや替え玉受験を防止するという。(2020/10/7)

デル・テクノロジーズ株式会社提供Webキャスト:
「クラウドだから安心」ではない? AWSでのデータ損失を防ぐバックアップ術
AWS(Amazon Web Services)やMicrosoft Azureでオンプレミスと同等の高可用性を実現するには、利用環境によっては一定の作り込みが必要となる。この手間を運用の自動化によって削減できるという、SaaS型外部サービスの有効性とは?(2020/9/23)

製造業IoT:
水産養殖のスタートアップは魚の自動給餌機開発にAWSをどう活用したのか
AWSが2020年9月8日〜30日にかけて開催中のオンラインのユーザーイベント「AWS Summit Online」で、水産養殖向けテクノロジーを開発するスタートアップのウミトロンが事例紹介講演を行った。AWSの各種サービスを活用して同社開発の自動給餌機「UMITRON CELL」に機械学習システムやIoT機能を搭載した事例を紹介する。(2020/9/16)

AWS Summit Online基調講演:
コロナ禍でも事例続々、AWSジャパン長崎社長が手応え語る 「ソニーの電気自動車もシステム基盤はAWS」
AWSジャパンが、オンラインイベント「AWS Summit Online」をスタート。約150の講演動画を9月30日までオンデマンド配信する。基調講演のライブ配信には長崎忠雄社長が登壇。コロナ禍での事業の手応えを語った。(2020/9/8)

主要ベンダーの「DBaaS」を比較【前編】
AWS、Microsoft、Google、Oracleの「DBaaS」をラインアップで比較する
「クラウドデータベース」とも呼ばれる「DBaaS」には、用途に合わせた幅広いサービスがある。主要ベンダーであるAWSとMicrosoft、Google、Oracleの各社が提供する主要なDBaaSを紹介する。(2020/9/2)

Oracle Cloudが丸ごと顧客のデータセンターで動く 野村総研も取り入れた、新たなITインフラの実力とは
米Oracleが7月、新サービス「Oracle Dedicated Region Cloud@Customer」を発表した。「Oracle Cloud」の提供基盤をユーザー企業のデータセンター内に構築し、社内で利用できるようにするもの。競合サービスとはどんな違いがあり、日本市場ではどんな顧客に支持されるのか。(2020/8/3)

ずっと無料で使えるクラウド「Free Tier」主要サービスまとめ(主にIaaS・PaaS) 2020年版
クラウドサービスの多くには、期限なく無料で使える「Free Tier」というサービスが存在します。これらは開発環境やテスト環境としてクラウドを試すには非常に有効です。本記事では、主要なベンダーが提供しているFree Tierを紹介します。(2020/5/13)

連載:詳説VMware Cloud on AWS(9):
VMware Cloud on AWSとネイティブAWSサービスの連携(2) ENI接続の詳細と連携の具体例
前回から、VMware Cloud on AWSとネイティブAWSサービスとの連携を解説している。後半となる今回は、Elastic Network Interface(ENI)によるConnected VPCとの接続、そしてVMware Cloud on AWSとネイティブAWSサービスの連携に関する具体例を紹介する。(2020/3/26)

連載:詳説VMware Cloud on AWS(8):
VMware Cloud on AWSとネイティブAWSサービスの連携(1) AWSサービスによる違いと接続経路
VMware Cloud on AWSはネイティブAWSサービスとの連携に適している。ただし、連携するAWSサービスにより、接続形態は異なる。特定のAWSサービスが利用できるかできないかを判断する考え方、VMware Cloud on AWSからAWSサービスへの接続経路とその詳細を説明する。(2020/3/24)

採用時に確認すべきチュートリアル
「サーバレスアーキテクチャ」初心者ガイド まず検討すべき3大要素とは?
サーバレスアーキテクチャは開発チームに大きなメリットをもたらす一方で、採用の際には検討すべき要素が幾つかある。主要な3つの検討要素を紹介しよう。(2019/12/31)

KubeCon+CloudNativeCon North America 2019報告(3):
「マイクロサービスアプリ構築を容易にする」、Microsoftが始めたOSSプロジェクト「Dapr」について、生みの親に聞いた
Microsoftは2019年10月、マイクロサービスアプリケーションの開発を容易にするオープンソースソフトウェアのプロジェクト、「Dapr(Distributed Application Runtime)」を開始した。その「生みの親」であるルーク・キム(Luke Kim)氏とヤーロン・シュナイダー(Yaron Schneider)氏に、2019年11月開催のKubeCon+CloudNativeCon North America 2019で聞いた。(2019/12/19)

AWS re:Invent 2019リポート(3):
AWS re:Invent 2019における、インフラ/データベースに関する大量発表の文脈
Amazon Web Services(AWS)は12月第1週に開催した「AWS re:Invent 2019」で、同社が定義する意味での「値下げ」は発表しなかった。代わりに、インフラ関連では自社開発ハードウェアの活用をはじめ、「あの手この手」でパフォーマンスあるいはコストパフォーマンスを向上させる自社の取り組みをアピールした。(2019/12/18)

105億レコードの処理が課題:
ダイソーが6年でIT内製化、マイクロサービス化、サーバレスに成功した理由
アイティメディアが開催した「ITmedia DX Summit 2019年秋・ITインフラ編」の特別講演にダイソーの丸本健二郎氏が登壇。内製化によって、データ管理基盤の最適化、高度化を図ったいきさつと結果について講演した。(2019/11/28)

AWS、約75ペタバイトのOracle DBを自社DBに移行 ダウンタイムなし Amazon Prime、Kindle、Alexaで使用
(2019/10/18)

コストと性能以外にも利点あり:
Amazon、75ペタバイトの業務データをOracle Databaseから各種のAWSサービスへ移行
Amazonは、7500近くのOracle Databaseに保存していた75PBのデータを、さまざまなAWSデータベースサービスに移行した。レガシーなデータベースの運用管理から技術者を解放し、より優れた顧客エクスペリエンスの提供へと向かうためだ。コスト削減と性能向上にも成功した。(2019/10/18)

バークリー音楽大学がボストン音楽院の統合で直面
音楽大学は「大学統合」で生じたシステム連携問題をどう乗り越えたのか
バークリー音楽大学は、ボストン音楽院との統合を受けて、2校のシステムを連携し、共通のデータ分析基盤を構築する必要があった。そのためのデータ統合ツールとして、SnapLogic製品を選んだ理由は何か。(2019/9/19)

2019年のAmazon Prime Day。AWS上の42万6000台相当のサーバや1900個のデータベースインスタンスなどで乗り切る
Amazonは毎年行っている、プライム会員向けのセールである「Amazon Prime Day」。2019年は7月15日と16日の2日間行われ、世界中の人に利用されました。AWSのチーフエバンジェリストであるJeff Barr氏がブログを更新し、どれだけAWSのコンピューティングリソースが使われたのか紹介しています。(2019/8/20)

「負荷テスト」や「自動復旧」を活用:
1000万ダウンロード規模の「ロマサガRS」が障害を回避できた理由
アカツキでエンジニアを務める駒井祐人氏が、スマートフォンゲームアプリ「ロマサガRS」でどのように障害を回避したのか紹介した。(2019/8/23)

「この虫の名は?」すぐ解決 20万匹の害虫画像を学習した、駆除を支える「クラウド×AI」がスゴい
大阪に拠点を置く、害虫駆除機器の専門商社「環境機器」が、害虫の画像を自動で取得し、名前を判定するサービス「Pest Vision」を開発。画像は、Amazon Web Services上に構築したAIを使って分析している。環境機器の担当者に、その仕組みと精度について聞いた。(2019/7/5)

AWSのデータがBIツール「Domo」で活用可能に――「Domo for Amazon Web Services」発表
Domoは、Amazon Web Services(AWS)との連携を強化したBIプラットフォーム「Domo for Amazon Web Services」を発表。20種以上のAWSサービスから得られるデータをDomo上で統合し、ビジネスの意思決定や価値創出に向けたインサイトの発見、共有に活用できる環境を提供する。(2019/6/28)

オンプレミスよりも信頼性が高いのはなぜか
Amazon、Google、IBM 各ベンダーの「クラウドベースIAM」を比較する
Amazon、Google、IBMは、それぞれクラウドサブスクリプションの一部として、IDおよびアクセス管理(IAM)サービスを提供している。企業はこうしたサービスの利用を開始する前に、それらを慎重に評価する必要がある。(2019/3/19)

製造マネジメント インタビュー:
日本の化学産業は研究開発をデジタル化できるのか「海外勢から2〜3周遅れ」
製造業の中でも、最もデジタル化が進んでいない領域といわれているのが、化学産業の研究開発部門だ。化学産業におけるデジタル化の取り組みを支援するアクセンチュアは、日本の化学産業が、欧米の大手化学メーカーなどの海外勢から2〜3周遅れの状況にあると指摘する。(2019/3/5)

リアルタイムで音声や映像をAI処理
クラウド連携可能なWebRTC開発キット NTTコミュニケーションズが提供
NTTコミュニケーションズが2019年1月に提供開始した「Media Pipeline Factory」は、クラウドサービスとの連携で音声・映像のAI処理などが可能なWebRTC開発キットだ。(2019/2/1)

2019年中にクロスリージョン対応を予定:
AWS、ポリシーに基づきバックアップを統合管理できる「AWS Backup」を発表
Amazon Web Servicesは2019年1月17日(米国時間)、AWS上のストレージやデータベースをポリシーベースでバックアップするためのツール「AWS Backup」を発表した。正式提供を開始したという。(2019/1/17)

AWS re:Invent 2018発表まとめ(4):
AWS re:Invent 2018で、CEOのアンディ・ジャシー氏が競合他社について語った理由
AWS re:Invent 2018の基調講演で、Amazon Web Services CEOのアンディ・ジャシー氏は競合他社について言及した。そして「right tool for the right job」、つまりやりたいことに最適なサービスや利用方法、機能を選べることの利点を語った。(2018/12/5)

AWS re:Invent 2018発表まとめ(3):
AWS、サーバレスの進化とクラウドネイティブアプリケーションの広がり
AWS re:Invent 2018におけるAWS Step Functionsの新機能は、AWSにおけるクラウドネイティブアプリケーション開発へのメッセージを強化する役割を果たす。(2018/12/4)

自動化、自己保護、自己修正が可能な自律型DBの新サービス:
自律型データベース「Oracle Autonomous NoSQL Database」をOracleが投入
Oracleは、自律型データベース「Oracle Autonomous Database」のポートフォリオを構成する新サービス「Oracle Autonomous NoSQL Database」の提供を開始する。低レイテンシやデータモデルの柔軟性、弾力的なスケーリングといった要件を持つNoSQLアプリケーションに対応する。(2018/10/4)

Oracle Databaseからの移行例も
「NoSQLにACIDトランザクションは無理」という“常識”をMongoDBが変える
NoSQLベンダーのMongoDBは、同社のドキュメント指向データベース管理システムをアップグレードし、ACIDトランザクション関連機能を強化した。この取り組みが意味することとは。(2018/9/28)

スモールスタートから重要なビジネス基盤への成長
「モンスト」の裏側を支えるログ分析システムを、ミクシィはどのように構築したか
ゲーム「モンスターストライク」(モンスト)で躍進するミクシィのデータ分析基盤を支えたのは、新しいワークスタイルだった。たった数人から始まったチームが全社を支える一大プロジェクトまで育った背景とは。(2018/10/3)

X-RayとCloudWatchだけでは不足する場合も
導入経験者が語る「新しいサーバレス監視ツール」の魅力と弱点とは
サーバレス監視ツールはほんの数年で目覚ましい進歩を遂げてきた。だが、サーバレスインフラを包括的に可視化する機能は依然強く待ち望まれている。(2018/8/30)

注目の「AppDynamics for Kubernetes」とは
Kubernetesが再認識させた「アプリケーションパフォーマンス管理」(APM)の重要性
Kubernetesの時系列データを表示するダッシュボードと、IT自動化ツールに同期する監視アラートを導入し、「Prometheus」への要求水準を上げた2社の事例を紹介する。(2018/7/31)

開発チームの時間を節約する
サーバレスアーキテクチャの長所と短所 コンテナとの違いは?
サーバレスのトレンドは開発者にメリットをもたらす可能性がある。だがトレードオフは必要だ。サーバレスコンピューティングには開発者が理解すべき側面がたくさんある。(2018/7/20)

AWSとオープンソース(1):
AWSはなぜ、ECSがあるのにKubernetesのサービスを始めたのか、コックロフト氏に聞いた
Amazon Web Servicesが、オープンソースへの取り組みを強めている。同社は具体的に、何をどのようにやろうとしているのか。AWSクラウドアーキテクチャ戦略バイスプレジデントのエイドリアン・コックロフト氏へのインタビューを、2回に分けてお届けする。前半では特に、Kubernetesベースのコンテナ管理基盤運用サービスを提供開始した理由などを聞いた。(2018/6/11)

Amazon、Baidu、Clouderaなど紹介
人工知能(AI)インフラ製品、主要ベンダー18社の特徴をつかむ(前編)
人工知能(AI)インフラ市場はまだ歴史が浅く、各社さまざまなツールを市場投入している。クラウドサービスも、パワフルで高価なハードウェアもある。Amazon、Baidu、Clouderaなど、主要な18社を紹介する。(2018/5/29)

SaaS、PaaS、IaaSの違いとは?
いまさら聞けないクラウドコンピューティングの基礎用語
クラウドコンピューティングの世界にこれから接する読者のために、一般的な展開モデル、サービスの種類、主要ベンダーなど、押さえておくべき基本的な用語をまとめた。(2018/3/13)

【完訳】CNCF Serverless Whitepaper v1.0(4):
サーバレスアーキテクチャを詳しく知る
本連載では、サーバレスコンピューティングの概要とユースケース、コンテナオーケストレーションやPaaSとの使い分け方などを解説した、Cloud Native Computing Foundationのホワイトペーパーを完訳してお届けしている。第4回は、サーバレスアーキテクチャとはどのようなものかを、技術的に解説した部分を掲載する。(2018/3/7)

AWS re:Invent 2017、大量発表の文脈(1):
AWSの機械学習/ディープラーニングサービス、新たな展開とは
Amazon Web Services(AWS)は、2017年11月末から12月初めにかけて開催したAWS re:Invent 2017で、さまざまな分野にわたる大量の発表を行った。本連載では、各分野における発表の文脈を探る。第1回は、機械学習/AI関連の発表について紹介する。(2017/12/6)

AWS re:Invent 2017:
VMware Cloud on AWS、Direct Connect対応、Site Recoveryなど大幅な機能強化
VMwareとAmazon Web Services(AWS)は2017年11月28日(米国時間)、VMware Clooud on AWS(以下、VMC on AWS)で、新リージョン、Direct Connect、Site Recoveryサービスの提供など、大幅な機能強化を発表した。「続・VMware Cloud on AWSについて、現時点で分かっていること」という記事の中で、VMwareのVMC on AWSプロダクトマネジメント担当シニア・ディレクター、ナラヤン・バラワジ氏の発言として紹介したことは、おおむね実現した。(2017/11/29)

ビッグデータ分析にクラウドを活用するポイント【前編】
OSSやクラウド(AWS、GCP)を使ったビッグデータ分析、基本的な流れをつかもう
クラウドベンダー各社は、データ分析に特化したクラウドサービス提供に注力している。こうしたクラウドサービスやOSSツールを活用したビッグデータ分析の基本的な流れを紹介する。(2017/10/31)

データのETLとセキュリティの自動化:
AWSのデータ関連新サービス、Amazon GlueとAmazon Macieとは
Amazon Web Services(AWS)が2017年8月14日(米国時間)にAWS Summit New Yorkで、発表した、ETL(抽出/変換・加工/ロード)を自動化するサーバレスサービスの「Amazon Glue」、および機械学習を活用したデータセキュリティモニタリングサービスの「Amazon Macie」を紹介する。(2017/8/17)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。