ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  E

  • 関連の記事

「E06SH」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「E06SH」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

KDDI、auケータイ15機種のアップデートを開始 電子証明書関連
KDDIは7月19日と26日、au携帯電話15機種を対象にしたケータイアップデートを開始する。電子証明書をより強固な仕様に変更するほか、SMS(Cメール)受信時の表示不具合を改善する。(2012/7/19)

携帯電話のバーコードリーダーを活用したSaaS型在庫管理システム「クラウド de 在庫管理」
SETソフトウェアは、バーコードリーダー搭載携帯電話を入力端末として利用することで、初期投資費用を抑えながら幅広いエリアで利用できるSaaS型在庫管理システム「クラウド de 在庫管理」を発売した。(2010/10/25)

KDDI、ワイヤレスジャパン2010に出展――LTEやMediaFLO、auフェムトセルなど披露
KDDIが「ワイヤレスジャパン2010」に出展することを発表した。LTEやauフェムトセル、MediaFLO、UQ WiMAX、ARプラットフォームなど最新技術を紹介するほか、法人向けソリューションやiida新製品も披露する。(2010/7/7)

auケータイ27機種の代替機や譲渡機に不具合
KDDIはauケータイ27機種に不具合があると発表。対象となるのは、過去に別の電話番号で利用履歴のあるau端末。同社は3月25日からケータイアップデートを実施する。(2010/3/25)

店舗管理にiPhone、Android端末を活用――アスタリスクの店舗管理システム「Salasee」
アスタリスクが、iPhoneやAndroid端末に対応する店舗管理システム「Salasee」をリリース。リテールテックJAPANの同社ブースでデモを実施している。(2010/3/9)

auケータイ95機種の代替機や譲渡機に不具合
KDDIはauケータイ95機種に不具合があると発表。対象となるのは、過去に別の電話番号で利用履歴のあるau端末。同社は12月10日から順次、ケータイアップデートを実施する。(2009/12/10)

au「S001」「biblio」「T002」「G9」「PLY」「E06SH」に不具合
KDDIは「Cyber-shotケータイ S001」「biblio」「T002」「G9」「PLY」と法人端末「E06SH」に不具合があると発表。ケータイアップデートで対応する。(2009/10/30)

auケータイ4機種に不具合、ソフト更新で対応
auの「E06SH」「Cyber-shotケータイ S001」「W61T」「W65T」の4機種に不具合があること発表。KDDIは改修済みソフトの提供を開始した。(2009/9/17)

EZニュースEX、対応機種を大幅拡大――2機種から90機種へ
KDDI、テレビ朝日、朝日新聞社がau携帯向けに提供しているニュースサービス「EZニュースEX」がEZwebに対応。対応機種が2機種から約90機種へと大幅に拡大した。(2009/8/31)

5分で分かる、先週のモバイル事情――8月1日〜8月7日
電気通信事業者協会が7月の契約数を発表。純増数はドコモが3年ぶりにトップに返り咲いた。KDDIはバーコードリーダーを搭載した法人向け端末「E06SH」を発売。8月3日には、MVNO方式の携帯電話サービス「ECナビケータイ」がスタートした。(2009/8/11)

SaaSで受発注管理サービスを――KDDIが「Business Port」に追加
KDDIが企業向けSaaS型サービスの「Business Port」に、エイ・アイ・エスの受発注管理サービスを追加。8月6日にリリースする法人向け端末をハンディターミナルとして利用できる。(2009/8/5)

KDDI、バーコードリーダー搭載の法人端末「E06SH」を発売――8月6日から
KDDIが、バーコードリーダーを搭載した法人向け端末「E06SH」を8月6日に発売する。販売は業務用途向けに限られ、購入にあたっては業務用途で利用することを証明する書類が必要となる。(2009/8/5)

7月22日〜24日:
ワイヤレスジャパン2009、今年の見どころは
ドコモやKDDIが、今話題のAR技術を用いた展示を行うなど、次世代技術や新たなサービスのデモが多数登場する「ワイヤレスジャパン2009」が、来週水曜日、7月22日に開幕する。各社の見どころをまとめた。(2009/7/16)

「F-10A」がJATE通過――ドコモ向け「らくらくホン」の新機種か
NTTドコモ、au、ソフトバンクモバイル向けの夏モデルがJATE(電気通信端末機器審査協会)を通過した。このほか、富士通製の「F-10A」も通過。ドコモ向けの次期モデルだと思われる。(2009/6/15)

5分で分かる、先週のモバイル事情――5月23日〜5月29日
auが2009年夏モデルの8機種を発表。iidaブランドの4機種と、法人向け端末「E06SH」を加えた計13モデルで夏商戦に臨む。ドコモはiモード機能に不具合が見つかったことから「P-07A」の販売を一時停止。マイクロソフトはWindows Mobile端末向けのクラウドサービス「My Phone」の日本語β版を開始した。(2009/6/1)

KDDI、2009年夏モデルにアクロディアの携帯向けミドルウェア群を採用
auの夏モデルに、アクロディアの「VIVID UI」と「VIVID Movie」が採用された。同社の「VIVID Communicator」をベースとした「MYスライドビデオ」は9機種が対応する。(2009/5/29)

HD動画撮影、ソーラー充電、読書――写真で見るau夏モデル8機種
au春モデルは「他社より1歩先を行く」特徴的なモデルをそろえた。各端末を写真で紹介する。(2009/5/25)

HDムービー、ソーラー充電、防水スポーツ、読書──個性的なau 2009年夏モデル8機種
KDDIが5月25日に発表したau 2009年夏モデルは、個性豊かな8機種をラインアップ。EZブックコンテンツが快適に楽しめる「biblio」や防水スポーツケータイ「Sportio water beat」、HDムービーカメラ搭載の「Mobile Hi-Vision CAM Wooo」、ソーラーパネル搭載の「SOLAR PHONE SH002」など多彩な端末をそろえた。(2009/5/25)

モバイルソリューションと内線サービスが成長を牽引――KDDI 山本泰英氏に聞く法人戦略
「不況だからこそ、潜在ニーズはむしろ顕在化しやすい」――KDDIの法人部隊を率いる山本泰英氏は、法人向けモバイルソリューションやFMC分野は、「今だからこそ成長のチャンスが大きい」と見る。(2009/4/2)

需要喚起と長期利用の狭間で:
KDDI、au携帯電話に新コンセプト導入
KDDIは春商戦向けのau携帯電話新機種を発表。1台の端末を長期利用する傾向やニーズが強まる中、新コンセプトモデルで需要喚起を図る。(2009/1/29)

1月17日〜1月23日:
5分で分かる、先週のモバイル事情
ウィルコムがおサイフケータイ対応の春モデル2機種と新料金プランを発表した。KDDIは法人向けの新戦略と内線ソリューションを披露。1月23日には決算を発表し、端末販売台数の減少に伴って営業収益を2000億円下方修正した。(2009/1/26)

法人顧客に“オンリーワン”サービスを――KDDI、法人ソリューションの新戦略
携帯キャリア各社が法人向けサービスを強化する中、KDDIが法人ソリューションの新戦略を発表。顧客のニーズをくんで最適化した提案ができる体制を整えるとし、柔軟な組み合わせが可能な内線ソリューションを発表した。(2009/1/25)

au、防水・耐衝撃性能備えた法人用端末 .NETアプリにも対応
auの法人向け端末に、防水・耐衝撃性能を備えた法人向け端末「E05SH」「E06SH」が加わった。BREW上で.NET Framework対応アプリを利用できる「.net by au」に対応する。(2009/1/22)

KDDI、.NET資産を使ったBREWアプリを開発できる「.net by au」を発表
KDDIは、マイクロソフトの「.NET Framework」と互換性があるBREWアプリ開発用プラットフォーム「.net by au」を発表した。.net by auで開発されたアプリは、シャープ製の法人向け端末「E05SH」「E06SH」上で動作する。(2009/1/21)

日本IBMもユーザーに:
KDDIが新サービス、モバイルを中核とするITベンダーへ
KDDIは、企業向け内線サービスと新端末、アプリケーションフレームワークを発表。法人市場では、通信事業者の枠の留まらないITベンダーとしての存在を目指すと表明した。(2009/1/21)

KDDI、構内PHSや無線LANに対応した「E05SH」とバーコードスキャナ装備の「E06SH」を発表
KDDIは、SDIOスロットを備え、専用の構内PHSカードや無線LANカードを装着できるシャープ製の法人向け端末「E05SH」と、バーコードスキャナを装備しハンディターミナルとして利用できる「E06SH」を発表した。(2009/1/21)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。