ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「入試」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「入試」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

ベルトのバックルにディスプレー:
入試に忍び寄る? ハイテク“カンニング機器”
大学入試で相次ぐ不正行為を受け、大学入学共通テストを運営する大学入試センターはスマートフォンの禁止を厳格化するなど対策を強化する。だが、その隙をついた新たな不正が生まれる可能性も否めない。(2022/6/15)

志願者数は減少:
主要私立大の人気学部ランキング、3位「観光」、2位「薬学部」、1位は? 
近年、受験生に人気がある学部は何か。大手私立110大学の集計で、志願者が1万人を超えている系統を対象に、前年を100として算出した指数でランキングした。(2022/6/10)

結果が誰に影響を与えるのかを考えなければならない:
「説明可能なAI」に欠陥、少数派の扱いが不公平になるとMITが指摘する根拠は?
マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究チームは、機械学習モデルの予測を信頼するかどうかをユーザーが判断するためによく使われる「説明モデル」には問題があることを示した。少数派を公平に扱えないという問題だ。なぜこのようなことが起きるのだろうか。(2022/6/9)

2022年度私立大志願者ランキング ぶっちぎり9年連続1位は?
 今回は2022年度の私立大一般選抜志願者数ランキングを見ていく。(2022/6/3)

教材系SaaS企業がリアル塾開校 51億円調達したスタートアップ・atama plusの狙い
AIを活用した学習塾向け教材サービス「atama+」を提供するatama plusが、塾の運営を始める。塾の運営で得た知見をatama+や同サービスで提供するコンテンツの改善に役立てるという。(2022/5/18)

元子役の谷花音「18歳になりましたー!!」 制度変更により成人に「もう大人の仲間入りやん」「時の経つのは速いわね」
選挙はOK、お酒はまだ。(2022/5/5)

木下博勝、息子が寮生活から帰宅でウキウキ「家が明るくなりました」 新型コロナの影響でオンライン授業に
大維志くん愛されてる。(2022/4/21)

地方受験生400人に調査:
オープンキャンパス、Web開催に「メリットある」9割に
入学試験のDXに取り組むサーティファイは、地方在住の受験生を対象に「オンラインオープンキャンパス」についての意識調査を実施した。その結果オンラインでの実施が一般化した場合、4割以上の受験生が「受験対象として考えていなかった大学を見るきっかけになる」と回答したことが分かった。(2022/4/20)

ジャガー横田、高校入学で親元離れた息子に愛情あふれる手紙 夫・木下博勝「僕までウルッとくる内容」
ジャガーさん「子どもの新たな門出を喜んであげなければならないのが親」。(2022/4/11)

近大入学式の恒例行事「各学部の入試倍率をたたえあう謎の儀式」が無駄にかっこいいと話題に 4.8倍から93倍まで上がる激アツ演出
近年恒例のつんく♂プロデュース演出。(2022/4/8)

木下博勝、息子の入寮を報告も子離れできず 「時々帰って来るって言ってんじゃん!」と諫められる
木下さん「だけど、帰宅してお前が居ない事が無かったから不安なんだよ」(2022/4/5)

新高1は新科目「情報I」必修 プログラミング経験の無い教員も
2022年度から高校で「情報I」が必修科目となった。現行の情報科目より専門性が高まり、25年からは大学入学共通テストの出題教科にも加わる。ただ、多くの教員はプログラミングの授業をした経験がないなど課題も浮上している。(2022/4/1)

528日間、作家に勉強を報告し続けた受験生が大学入試に合格するまで 「ラノベ化決定」「温かさ優しさに感動……」
やりとりに「ラノベ化しよう」とのコメントも。(2022/3/29)

ジャガー横田、高校合格の息子が4月から寮生活に 夫・木下博勝は寂しさあらわ「せめて大学進学からにして欲しい!」
10校目で合格を勝ち取った息子の大維志さん。(2022/3/28)

書籍『全スーパー戦隊コンプリート超百科』で表紙カバーにファイブレッドが掲載されていない痛恨のミス発覚 カバー交換対応へ
間違い探しの難易度が高すぎる……!(2022/3/26)

小学3年生が作った「ドラクエ時計」が天才的だと話題に ナンバリング作品を文字盤に見立てた飾り方がオシャレでかっこいい
ナンバリング最新作が飾られる日が楽しみ……!(2022/3/26)

「めちゃくちゃ重いものを運んで腰やったエフェクト」「確実に漏電」 ピカチュウのフィギュアと仕事猫を組み合わせたらどう見ても労災
「労災保険は適用されますか?」(2022/3/26)

「1人だけジブリみたい」って言われた―― 古風なキャンパーが想像以上にラピュタのポムじいさん
小鬼じゃ、小鬼がおる。(2022/3/26)

「スウォッチ」限定モデル発売で一時騒然、購入希望者殺到で販売中止に 「大半が転売ヤー」との声も
現地にいた人に話を聞きました。(2022/3/26)

「Nationalという謎のメーカーです」 39年現役続ける炊飯器の雄姿に注目集まる
Nationalさんじゃないですか……!(2022/3/26)

カービィ新作の謎技術「攻撃が当たっているように見えるときは当たったことにする仕組み」が話題に 3Dアクション慣れしていない人向けに考案
時代劇の「ぐわーっやられたー」みたいな感じ?(2022/3/26)

京大の“伝説的入試問題”をバースデーケーキに 高校生への高度なお祝いが「発注した親も請けた店もすごい」と話題
1995年の数学問題をプレート上で再現。(2022/3/25)

上位に名門校:
高校別合格者ランキング 東大&京大の合格躍進校の秘密
国立大の最難関、東大と京大の高校別合格者ランキング(10日までの判明分)が明らかになった。それぞれ上位30校に全国の名門校が並ぶなか、躍進が目立ったのは……。(2022/3/23)

ジャガー横田、息子を“見守る姿勢”に称賛の声 6度の不合格も「信じて待つ事しか出来ない」
ジャガーさん「努力、諦めない気持ちが実りなんだと改めて思います」(2022/3/20)

ジャガー横田の長男、“七度目の正直”で高校受験に合格 笑顔で結果報告の父に「ホント良かった」と祝福の声
よかった……。(2022/3/19)

起業しか生きる道がなかった:
でんぱ組.inc、虹コンの生みの親「もふくちゃん」に聞くディアステージ立ち上げ秘話
「でんぱ組.inc」「虹のコンキスタドール」をプロデュースしているのが音楽プロデューサーの「もふくちゃん」こと、福嶋麻衣子さんだ。インタビュー前編では、福嶋さんの学生時代から就職、ライブ&バー「秋葉原ディアステージ」の立ち上げから、「でんぱ組.inc」を生み出すに至った経緯を聞く。(2022/3/16)

“ビリギャル”小林さやか、名門コロンビア大学院へ合格を報告 受験決意公表から2年「意思あるところに道は拓ける!」
ハーバード大学は残念ながら不合格に。(2022/3/15)

木下博勝、長男の高校受験巡って一部報道に反論 記事と異なり息子は“親の言うこと聞け!が無い“と証言
また、子どもの近況について「受験から解放された」とも。(2022/3/14)

ジャガー横田長男、5度目入試も不合格で「嫌われている」 木下博勝「心が折れなければ人生何とか何とかなります」
木下さん「息子を信じて応援し続けます」(2022/3/9)

木下博勝、4度目入試も不合格長男の様子を報告「親ですが見習いたい」 今後の予定は明かさず
桜咲かず……。(2022/3/8)

木下博勝、高校受験に挑む息子が入試3度目も不合格に 「親としては、いつも味方で、どんな時も応援する立場」
ずっと見守り続けている木下さん。(2022/3/4)

木下博勝、高校入試3度目の挑戦へ向かう息子は「全くの平常心に見えました」 夫婦2ショットでエール
前日には愛あるメッセージを投稿。(2022/3/3)

東大、入試草稿・個人情報入りUSBを紛失 データの悪用は「確認されていない」
東京大学の教員が、2022年度学士入学試験問題の草稿や入学希望者の個人情報が入ったUSBメモリを紛失した。草稿はすでに破棄。個人情報についても悪用は確認されていないという。(2022/2/24)

家電メーカー進化論:
クラファンでバカ売れ! 売れるほど赤字だったライト一体型プロジェクター「popIn Aladdin」誕生秘話
設置性の高さや使い勝手が話題となったシーリングライト一体型プロジェクター「popIn Aladdin」。20年には「popIn Aladdin 2」、21年には据え置き型「Aladdin Vase」を発売。プロジェクター開発の経緯とその先にある野望を、popInの程濤社長に聞いた。(2022/2/22)

早大は2年連続で:
私大志願者数最終速報 1位は近大、躍進したのは?
大学通信の協力を得てまとめた、私大の「55校志願者数最終ランキング」が判明した。近畿大が9年連続で1位となったほか、法政大や関西学院大の躍進が目立った。その理由は――。(2022/2/16)

志願者数は減少:
「国公立大志願者数」状況 人気の大学は?
主要国公立大学66校の最新志願者数の状況が明らかになった。コロナ禍から2年目となる今年は、大阪市立大と大阪府立大を母体に4月に新設される大阪公立大が人気となったほか、旧帝大では北海道大が倍率を上昇させた。(2022/2/13)

デジタルだけでは不十分:
ベネッセHD小林仁社長「学校による格差なくしたい」 生徒に寄り添い最適な学びをサポート
小中学校の学校現場で授業を補完する教材などを長年にわたり提供してきたベネッセ。デジタル教材を活用して生徒に寄り添った学びのサポートを進めようとしている。「教育や介護事業は形やモノではなく、その理念が重要」と強調する小林仁社長に、デジタル時代の教育事業に在り方について聞いた。(2022/2/11)

Go AbekawaのGo Global!〜Carlos Planter編(前):
恐竜かプログラミングか、それが問題だ
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回はmedibaのCarlos Planter(カルロス・プランテル)氏にお話を伺う。小さなころから日本のアニメやゲームに親しんでいたプランテル氏が「Web開発者の道」を意識し始めたのは1冊の雑誌がきっかけだった。(2022/3/9)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
学歴社会是正へ「入試移民」「進学実績公表」「学力特待生」厳禁、中国当局の本気度
先日の大学入試共通テストは津波、刺傷事件、カンニング、過去最低の平均点と、歴史に残る混乱ぶりだった。中国では過熱する受験戦争、学歴社会を抑えるため、21年7月に宿題と学習塾の規制、22年1月に大学入試の競争を抑制する規制が発表。今回は、中国の“不公平”な大学入試制度と、1月の規制の中身を紹介する。(2022/2/3)

不景気で理工系が人気:
私大志願者数ランク速報 3位早稲田大、2位明治大、1位は?
コロナ禍で2年目となる大学入試。受験関連の分析に定評のある「大学通信」の協力を得て、私立大の主要55校の出願状況速報(別表)を検証した。志願者を減らす大学が多い中、人気を集める大学や学部には、受験生の意識の変化が反映されているという。(2022/2/2)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
スマートフォン悪用の「カンニング大作戦」登場 次はどんなITガジェットが狙われる?
カンニングで使われた、または使われそうなさまざまなIT技術について語り合ました。(2022/1/31)

「情報」が国立大入試で必須化、6教科8科目制に 「大学教育を受ける上で必要な基礎能力」
国立大学協会が、2024年度実施の国立大学入学試験から「情報」を必須科目の一つにする方針を発表した。これまでの国語、英語、数学、理科、社会に加えて6教科8科目制になる。(2022/1/28)

リクルート調べ:
「勉強しなさい」「いい大学に入りなさい」が減少 高校生と保護者の進路に関する意識調査
リクルートは「第10回 高校生と保護者の進路に関する意識調査2021」の結果を発表した。「進路の話をするときに保護者がよく使う言葉」を聞いたところ「勉強しなさい」「いい大学に入りなさい」が減少したことが分かった。(2022/1/27)

大学進学にいくらかかるのか
大学進学を考えるうえで気になるのが、必要となる費用だ。入学金や授業料のほかに、どのくらいお金が必要になるのか確認し、奨学金の活用なども検討したい。(2022/1/27)

小寺信良のIT大作戦:
Twitterのスクショ投稿が違法?  判決で示された学びと悟り
Twitter上での論争に関わる裁判で判決が出た。そこで特に重要なのは、「ツイートのスクショ」の著作権問題である。(2022/1/25)

保護者に聞いた:
子どもが資格・検定試験を受ける目的 中高生は「入試に役立てるため」が最多、小学生は?
栄光は、小学1年生〜高校3年生の子どもを持つ保護者に、「小中高生の資格・検定に関する調査」を行った。これまでに資格・検定試験を受検したことがある子どもは、小学生で61.9%、中高生で91.6%にも上ることが分かった。(2022/1/22)

目指せ海外赴任:
多くの人が勘違いしている!? 「英語を学ぶ」前に知っておくべきこと
中学、高校、大学で英語を勉強したのに、ビジネスの場で活用できないことがある。どうすれば実践的な英語を身に付けることができるのか。著者のアドバイスは……。(2022/1/22)

小寺信良のIT大作戦:
出身地ガチャが生み出すGIGAスクール格差 高校の1人1台端末導入はどうなる?
(2022/1/19)

好きな教科、嫌いな教科:
将来、役に立ちそうな教科は? 高校生に聞く
将来、役に立ちそうな教科は何だと思いますか? 高校生に聞いたところ……。(2022/1/9)

踊るバズワード 〜Behind the Buzzword(17)STEM教育(5):
課題満載のSTEM教育でも、コロナ下で起きていた教育現場のパラダイムシフト
本シリーズでは、STEM教育の中でも特にプログラミング教育を取り上げてきましたが、やはり課題(ツッコミどころ)は満載です。それでも、いろいろと調べていくうちに、いくつかの光明も見えてきました。(2021/12/27)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。