ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「環境ビジネス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「環境ビジネス」に関する情報が集まったページです。

産業動向:
高砂熱学工業が第3弾の共同開発ベンチャーを募集、環境ビジネス創出など
高砂熱学工業は、第3弾となる建設業界向けの新たなソリューションを共同で開発するパートナー企業の募集を開始した。対象となる技術は、建設/設備の現場管理を効率化するICTやウェルネスを考慮したオフィスづくり、環境ビジネスの3テーマ。エントリー企業は、審査を通過後に、高砂熱学工業の資金面も含めたバックアップのもと、テストフィールドでの実証実験を経て、事業展開をともに検討していく。(2020/4/20)

ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の実現プロジェクト:
“空の道”の整備進む、ドローン37台を運行管理システムに相互接続
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は「ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の実現プロジェクト」を推進している。この計画では、インフラ点検などの分野で活用できる無人航空機やロボットの開発、社会実装するためのシステム構築および飛行試験などを実施。物流ドローンが都市部で安全に使える環境の整備を目指している。2019年10月23〜24日、福島県南相馬市の「福島ロボットテストフィールド」で行われた運行管理システムの相互接続試験では、一般事業者のドローンとつなげることを成し遂げ、ドローンを危険なく扱える土壌をさらに整えた。(2019/11/5)

太陽光:
長崎の離島に480MWの超大型メガソーラー、計画再始動で2018年度着工へ
九電工や京セラなどが長崎県佐世保市の「宇久島」で計画している、出力480MWという超大型のメガソーラーを建設するプロジェクトが再始動。一部ではソーラーシェアリングを実施する計画で、2018年度の着工を目指す。(2018/2/1)

自然エネルギー:
日本初の再エネ100%大学、電力地産地消と学生指導に貢献
千葉商科大学は、日本初をうたう「自然エネルギー100%大学」を2020年度までに目指すと発表した。地域分散型エネルギー社会実現への研究や学生指導に役立てるという。(2017/11/14)

自然エネルギー:
神戸市の全処理場がバイオガスを活用、下水汚泥が再生可能エネルギーに
神戸市は、市内の下水処理場で発生する汚泥を活用したバイオガス発電事業を推進している。このほど神鋼環境ソリューションなどと、新たに「玉津処理場」における消化ガス発電事業の実施について基本協定を締結。これにより、市内で汚泥処理を行っている全処理場で、バイオガスを活用する体制が整う。(2017/7/11)

視点:
デジタル時代の新規事業着想法――IoT/AI/Fintechを「目的」とせず「手段」と捉えよ
デジタル新技術を活用した新規事業開発をいまやらなければ時代に取り残されると危機感を抱いている企業も多いだろう。しかし、自らの優れた経営資源を最大限活かすことを原点に着想することを決して忘れてはならない。(2017/1/30)

省エネ機器:
MITと開発した自然採光システムで特許取得、重さ半分の太陽光パネルも
不動産事業を手掛けるヒューリックはMIT(マサチューセッツ工科大学)と共同開発した自然採光システムと、太陽工業、岐阜プラスチック工業と共同開発した軽量かつ高強度な太陽光パネルの2製品について特許を取得した。自社物件に導入し、省エネなどに活用していく計画だ。(2017/1/10)

三星ダイヤモンド工業 Mera-AQUA:
環境に優しい過熱蒸気処理装置、樹脂成形用金型の洗浄などに活用
三星ダイヤモンド工業は、過熱蒸気技術を活用した環境ビジネス事業への参入を発表。トクデン製「UPSS」を搭載した過熱蒸気処理装置の開発、製造、販売を行う。(2016/8/3)

12cへの移行がクラウドのメリットを最大化する:
PR:Oracle Database 12cを核としたオラクルのクラウド戦略はなぜOPEX削減にも効果があるのか
製品名にクラウドの名を冠した「Oracle Database 12c」が、さらなる進化を続けている。オラクルのハイブリッドクラウド戦略で核となる同製品が指向する次世代のデータ管理アーキテクチャとは、どのようなものなのだろうか?[パブリッククラウド][プライベートクラウド/データベース統合][Oracle Database 12c][Oracle Cloud][Oracle Mutitenant][Oracle Enterprise Manager](2016/3/15)

知財専門家が見る「トヨタ燃料電池車 特許開放」(2):
トヨタの狙いをIBMのパテントコモンズ構想から考察する
トヨタ自動車の燃料電池自動車(FCV)特許無償公開の狙いについて解説する本連載。今回は「標準化」の観点をさらに掘り下げ、IBMが提唱した「パテントコモンズ」構想から、トヨタ自動車の狙いを考察してみます。(2015/2/26)

世界を「数字」で回してみよう(11) 環境問題:
地球温暖化の根拠に迫る
今回は、二酸化炭素(CO2)がどのように地球を暖めるのか、そして、「2100年には、最悪で平均気温が4.8℃上昇する」という説に根拠があるのかを検証したいと思います。地球温暖化の仕組みは、太陽と地球をそれぞれ「ラジオ放送局」と「ラジオ受信機」と考えると分かりやすくなります。(2015/1/21)

LEDシーリングに“見やすさ”を足し算――中高年に優しい日立の新技術
日立アプライアンスは8月6日、LEDシーリングライトの新ラインアップを発表した。ボタン1つでより明るく、太陽光に近い自然な明かりになる「ラク見え」機能を新搭載。(2014/8/6)

伊藤昌良の「知覚動考」(4):
コマ大戦という「道具」をどう使いますか?
「全日本製造業コマ大戦」は、大会を開催することや、参加するだけが「目的」ではない。「道具」としてどう使うかが重要だ。(2014/6/25)

自然エネルギー:
お米を食べて「稲わら」は液体燃料へ、1リットル70円
大成建設は米を収穫した後に残る「稲わら」から、効率良くバイオエタノールを作り出す技術の開発に成功した。1L(リットル)のバイオエタノールを約70円で製造できる。化学的な前処理工程を一本化することで実現した。化石燃料ではない、有力な液体燃料として利用できる可能性がある。(2014/6/9)

【連載】ブランド戦略としての「学びのコミュニティ」:
第6回 (後編)企業の枠組みを超えて――『HOUSE VISION』という発想の転換
「(前編)全然売れなかった……から始まった大逆転劇」に引き続き、土谷貞雄氏に話を聞く。LIXIL、蔦屋書店、HONDA、住友林業……数十社の企業が参画するプロジェクト『HOUSE VISION』とは?(2014/3/24)

PR:太陽光発電の新しい形と風力発電も見せたLooop
東京ビッグサイトで2014年2月26日〜28日の期間開催中の「スマートエネルギー Week 2014」では、太陽光発電所を「キット」化したLooopがさまざまな新製品を見せた。太陽光発電ではさまざまなMY発電所キット製品や農業との共存が可能な製品、監視用システムがある。同社は風力発電システムにも参入。2種類の製品を展示した。(2014/2/26)

【連載】ブランド戦略としての「学びのコミュニティ」:
第4回 産廃屋で絶品うどんが食べられる理由――おもてなし経営で脱・産廃屋を実現した石坂産業
石坂産業は埼玉県三芳町に立地する産業廃棄物処理会社。普通の産廃所とは大きく異なり、武蔵野の美しい四季の景観を愉しめる。工場見学の後には、地域の野菜をふんだんに使ったうどんをいただくことができる。『おもてなし経営企業選』にも選ばれた同社の社長 石坂典子氏と経営企画室室長の熊谷豊氏に話をうかがった。(2013/12/12)

業務利用を徹底追求した新世代クライアントPC:
PR:ビジネスに最適なUltrabookとは?――「HP EliteBook Folio 9470m」という回答
ノートPCのトレンドは薄型のUltrabookだが、ビジネスに必要なポート類や拡張性を犠牲にした製品も多い。「HP EliteBook Folio 9470m」はこうしたビジネスニーズを網羅し、幅広い業務での活躍が期待できる新世代のクライアントPCだ。(2013/1/31)

ワークスタイル2012:
出張先でビジネスラウンジ「リージャス」を使ってみた
仕事柄、全国への出張が多い。ただ、どこでも仕事はしたい。しかしホテルのロビーなどでの作業には制限がある。そこでビジネスラウンジの「リージャス」を1年ほど利用した。月会費は3500円程度だが、はたしてそれが見合った金額なのか検証してみた。(2012/12/10)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2012/8/7)

世界一周サムライバックパッカープロジェクト:
“社会起業家”は結果であって、目的ではない――ルワンダ発フェアトレード事業の内側
ルワンダでバナナ繊維事業のプロジェクトを行っていたり、フェアトレード事業「Ruise B」(ルイズビィ)に現地代表として関わっていたりする三戸優理さん。日本人女性が、ルワンダで働くことの難しさとやりがいについて尋ねた。(2012/1/17)

Smart Mobility Asia:
NTTドコモが実証実験でつかんだ「サイクルシェアリング」の可能性
サイクルシェアリング(コミュニティサイクル)は、欧州などで先行して事業化が進んでいる自転車の共同利用サービスだ。NTTドコモも2010年から実証実験に参画しているが、コストの低減や自転車専用レーンの可視化、予約や返却の簡便化、携帯・スマートフォンと連携した利用者へのサービス提供など、日本でサービスを提供する上での課題が見えてきた。(2011/12/29)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
日本が蘇るために必要な「グリーン・オーシャン戦略」という選択
自然の恵みである限られた資源を感謝して使う。そしていかにして次世代に残すかも考えなくてはならない。(2011/7/21)

世界一周サムライバックパッカープロジェクト:
日本のベンチャーを“世界”のベンチャーへ――川鍋仁氏
シリコンバレーにある、ベンチャー企業を対象としたインキュベーション施設「プラグアンドプレイテックセンター」。そこで日本企業向けの支援活動をしているサンブリッジの川鍋仁さんに、今までの歩みや現地の状況について尋ねた。(2011/6/14)

週末散歩:
エコカー、乗りまくろうぜ――エコプロダクツ2010
12月11日まで、東京ビッグサイトで環境にフォーカスした展示会「エコプロダクツ2010」が開催中だ。電気自動車や燃料電池車などの体験乗車ができる。(2010/12/10)

誠 Weekly Access Top10(2010年10月9日〜10月15日):
日本貿易振興機構のレポートが面白い
官公庁系のWebサイトでは有用なデータやレポートが無料で提供されていることが多い。中でも筆者が読み物としても面白いと思っているが、日本貿易振興機構のレポートである。(2010/10/21)

環境ビジネスは本当に成長分野なのか
「環境ビジネスは今後の日本の成長の柱」とよく言われるが、本当にそうだろうか。マクロの視点での安易な議論にあおられて、多くのしかばねが残される結果となりはしないだろうか。そんな予兆になりそうな日本政策投資銀行の調査結果を紹介する。(2010/9/28)

何かがおかしいIT化の進め方(45):
持続可能社会とITシステムはどう在るべきか(前編)
年々、関心が広がっている地球温暖化問題。日本は「2020年までに1990年比でCO2を25%削減する」と国際社会の場で世界から突出した約束をした。しかし、それをそのまま受け入れてしまっても良いものだろうか? CO2削減の動きを作り出している“背景”について、われわれが自ら考えてみる必要があると思う。(2010/4/7)

藤田正美の時事日想:
トヨタのリコール問題が示唆する日本製造業の未来
トヨタのリコール問題が世界中を騒がせている。孤軍奮闘で日本の製造業を支えてきた、自動車産業の雄が苦境に陥った原因はどこにあったのだろうか。(2010/2/8)

Oracle Open World 2009 Report:
オムロンと米Oracle、センサーを組み合わせた製造業向けソフトウェアを共同開発
米Oracleとオムロンは電力消費を可視化し、環境保護を実現するためのソフトウェアを共同開発したと発表した。(2009/10/13)

SAPが環境維持への取り組み方針を発表:
“環境維持は儲からない”というのは勘違い
(2009/7/15)

頭脳放談:
第109回 シリコン・バレーはいまやグリーン・バレー?
シリコンバレーと呼ばれてIT企業が集中していたカリフォルニア州サンノゼ周辺。しかしIT企業は環境事業へシフトし、グリーンバレーへと。(2009/6/24)

オムロンと日本IBM、物流分野の環境ビジネス強化で協業
オムロンと日本IBMは、物流分野の環境ビジネスを強化するため協業する。(2009/4/3)

伴大作の木漏れ日:
日本の技術力が生きる「グリーンニューディール」
バラク・オバマ氏が米国第44代大統領に就任した。米国で長年虐げられてきたカラード出身者では最初の大統領だ。彼は就任演説で、幾つかの政策を明らかにしたが、その中で僕が注目しているのは「グリーンニューディール政策」だ。(2009/2/3)

VAIO堅牢モバイルの進化型:
より速く、より強くなった「VAIO type G」を検証する
軽量、頑丈、長時間駆動をウリとしたソニーのビジネス向けモバイルノートPC「VAIO type G」は、フルモデルチェンジで何が変わったのか? その実力に迫る。(2009/1/28)

【新春特別企画】コミュニティーリーダーが占う、2009年大予測:
世の中に利益をもたらす企業に変革すべき
2009年から数年は新たな時代に向けたパラダイムシフトの期間であり、企業は自社の利益だけでなく、世の利益を広く意識できる組織に変革することが求められるという。(2009/1/21)

「2009 逆風に立ち向かう企業」:みずほフィナンシャルグループ:
銀行、証券の垣根を超えITポートフォリオを見直す
みずほ銀行の大規模なシステム統合を過去に経験してきたみずほフィナンシャルグループ。「2009年は厳しいだろうが、乗り切る準備はできている」と話す本山博史常務取締役に、2008年に始まった情報システム関連部門の取り組みを聞いた。(2009/1/19)

環境ビジネス基礎講座:
きちんと理解しておきたい! よく聞く「カーボン・オフセット」とは?
カーボン・オフセット付きの年賀はがきや住宅ローンなど、今や多くの商品やサービスに「カーボン・オフセット」を見かけるようになった。しかし説明しようとしても、できない人も多いはず。そこでもう一度、カーボン・オフセットについて勉強しよう。(2008/12/19)

エコプロダクツ2008:
「エコプロダクツ2008」開幕――過去最大規模の758社出展
東京・有明の東京ビッグサイトで、環境に関連する製品・サービスや企業の取り組みを紹介する展示会「エコプロダクツ2008」が開幕。過去最大規模の758社・団体が出展している。12月11日から13日まで。(2008/12/11)

環境ビジネス基礎講座:
洞爺湖サミットの成果とは?
7月9日に閉幕した洞爺湖サミット。サミットで地球温暖化問題に関して得られた成果は何だったのか、そしてそれが今後の国際交渉にどういった影響を与えるかについて考えてみた。(2008/10/22)

環境ビジネス基礎講座:
温室効果ガスの削減目標に中期的視点を
2050年までに温室効果ガスを半減させる、という長期目標が共通認識となりつつある。しかし、より重要なことは、現在の指導者たちが責任を持って実行できるような中期目標を設定することではないだろうか。(2008/10/8)

環境ビジネス基礎講座:
環境問題と経済成長をつなげる「エコファンド」とは?
地球温暖化など環境問題への関心は、投資の世界にも広がっている。「投資」と聞けば自分の利益だけ、ともとらえがちだが、環境のために投資することもできる「エコファンド」。環境問題に取り組んでいる企業の株式などに投資するという、エコファンドについて考察してみた。(2008/9/30)

頭脳放談:
第100回 テクノロジで希望を作れ!
テクノロジーに閉塞(へいそく)感が漂っている。環境や第1次産業など、電子デバイスが応用できる分野はまだあるのだが。この閉塞感を打開するには……(2008/9/26)

環境ビジネス基礎講座:
“環境問題”が変える企業経営
温暖化をはじめとする地球環境問題に企業が反応するようになったのは、1990年頃のこと。失われた10年の間にはかえりみられる機会は少なくなったものの、2000年代に入るとCSR経営の一環として環境問題に対応することが重要なミッションだと位置づける企業が増えてきたのだ。(2008/9/18)

環境ビジネス基礎講座:
地球温暖化が問いかける“環境問題”の意味
環境問題は、これまで主要なトピックが公害問題から廃棄物問題へと時代とともに移り変わってきた。そして今、最も注目のテーマとなっているのが地球温暖化問題。地球温暖化問題は、これまでの環境問題のように一部の企業だけの問題なのではなく、全ての企業に責任がある問題なのだ。(2008/9/5)

建物もグリーン化、日米双方とも法規制がきっかけ
環境問題に対する企業活動が熱を帯びる中、入居するビル施設それ自体の省エネ化、グリーン化が注目を集めている。ただしすべてがメリットを感じて自発的に取り組んでいるわけでもなさそうだ。(2008/7/24)

誠 Weekly Access Top10(2008年5月17日〜5月23日):
9つのチェックポイント、いくつ実行してますか?
世界の他都市に比べると、東京人は「環境意識は高いが、知識不足&行動しない」のだそう。江戸っ子の記者が9つのチェックポイントを試してみたところ……。ECO誠の開始を記念して、今週のTop10は環境ネタでお送りします。(2008/5/28)

松田雅央の時事日想・特別編:
ゴミビジネスが“熱い”理由――ミュンヘン環境メッセIFAT(後編)
ゴミ処理場にはさまざまな“エネルギーのもと”がある。焼却した余熱、電力、温水、埋め立て場から発生するガス……。ドイツの清掃局はこれらを売って収入を得ているエネルギー事業者でもあるが、それを可能にしているのはドイツの社会システムだ。(2008/5/20)

松田雅央の時事日想・特別編:
世界的な課題は「水」、ミュンヘン環境メッセIFAT(前編)
世界中で12億人が飲料水不足に直面する今、“水”は地球規模の課題といえる。5月5〜9日、ドイツのミュンヘンで、国際上下水処理・廃棄物処理・リサイクリング専門見本市「IFAT2008」が開催された。IFATで見た、水や廃棄物処理ビジネスの最前線をレポートする。(2008/5/13)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。